トイレのお役立ちコラム
イースマイル公式サイト TOP > トイレつまり・水漏れ・交換修理 TOP > トイレのお役立ちコラム > トイレつまりは自分で直せる?業者選びのコツも紹介
トイレつまりは自分で直せる?業者選びのコツも紹介:イメージ
つまり

トイレつまりは自分で直せる?業者選びのコツも紹介

水回りのトラブルの1つである「トイレつまり」。そんなトイレつまりは、ケースによっては業者に依頼をしなくても自分で解決できることもあります。この記事では、自分で直すか、それとも業者に依頼するかどうかの判断ポイントをご紹介します。また、自分で直す場合の方法や、業者に依頼する場合の選び方も併せてご紹介しますので、トイレつまりをどうしようかお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。
目次

つまりは自分で修理?業者に依頼?その判断ポイントを紹介

厄介な水トラブルであるトイレつまり。解決するには、自分で直すという選択肢と専門の水道業者に依頼するという選択肢があります。2つの内、どちらを選んだほうがよいのか、その判断ポイントをご紹介します。

つまりの原因

つまりはさまざまな原因により発生します。つまりが起こった場合は、まずはその原因をチェックしましょう。

・誤って異物を流してしまった
・トイレットペーパーを流しすぎてしまった
・排泄物が多かった
・オムツがつまった
・生理用品がつまった

こうした原因の中でも、トイレットペーパーの流しすぎによるつまりは、自分で直せる可能性があります。

一方、誤って異物を流してしまったような場合は、素人作業では状況を悪化させてしまうこともあります。また、原因が不明な場合も、水道業者に修理を任せることが安全で確実な方法となります。

水の引き具合

いつもよりは遅いけど、少しずつでも水が引いている場合は、まだ水の通り道は保たれている状態です。この段階なら、自分で直せる可能性があります。

つまりを自分で直す方法を紹介

つまりは、状況によっては自分で直すことが可能です。自分で直すことができれば費用もかかりませんので、これまでにご紹介してきた内容を参考に、状態によっては以下の方法を試してみましょう。

準備をする

自分で修理をするためには、まずは準備がかかせません。作業中に汚水が周囲に飛び散ってしまうことを防ぐため、便器をゴミ袋などで覆い、床にも新聞紙などを敷いておきましょう。作業後の掃除も楽になりますし、衛生面でも安心です。

また、作業中に何かの拍子でレバーが動いてしまうと、汚水が溢れてしまう恐れがあるので、ドライバーを使って止水栓を右回りで締めておくと、そうした事態を防ぐことができます。

さらに、作業の際は必ずゴム手袋を着けましょう。ウォシュレット付きトイレの場合は、電源プラグを抜いておきます。濡れた手で触ると大変危険です。衛生面もですが、ゴム手袋を着けることで感電も防ぐことができます。

水で流し込む

まずはバケツ、なければペットボトルを用意しましょう。これらの容器に水を入れて、やや高めの位置から便器内に流し込みます。

このように水圧を与えることにより、トイレつまりが解消される可能性があります。うまくいかない場合は、数回にわたり同様の作業を繰り返してみましょう。

水位をチェックし、元の状態に戻っていれば成功です。

お湯を流し込む

トイレットペーパーのような水で溶けるものは、お湯でより溶けやすくなります。このような水溶性の物質がつまりの原因となっている場合は、水ではなく、お湯を流すことにより解消できる場合があります。

ただし、陶器でできている便器は、熱湯により破損する恐れがありますので、お湯の温度は40℃~60℃程度に留めておくことをおすすめします。

バケツで数回流し、溶けるまでしばらく時間を置き、それから水を流してみましょう。
水位をチェックし、元の状態に戻っていれば成功です。

ラバーカップを使用する

「スッポン」「カポカポ」などとも呼ばれることも多いラバーカップ。ラバー製のカップが柄の先に取り付けられている、あのアイテムです。

このラバーカップの先端を排水口に押し込み、密着したところで引っ張りこむ動作を繰り返すことにより、つまりを解消することができます。トイレ用のラバーカップを持っている人は、ぜひ試してみましょう。

ただ、ここで注意しなくてはいけないのが、水位に関してです。ラバーカップは水位が低いと効果を発揮できませんので、その場合はバケツやペットボトルで水量を増やしてから作業するようにしましょう。

また、ラバーカップを押し込むと溢れてしまうほどの状態なら、水を汲み出す必要があります。バケツでも構いませんが、灯油ポンプを使えば、よりスムーズに汲み出すことができます。

トイレつまりの修理を水道業者に依頼するメリットとデメリット

自分で直せない場合は、専門の業者に依頼しましょう。水道業者は24時間営業している所も多いので、夜中や早朝でも修理を依頼することができます。

ここからは水道業者に依頼をした場合の、メリットとデメリットをご紹介します。

メリットは?

水道業者を利用するメリットとして、まず作業のスピーディーさが挙げられます。水道業者にもよりますが、大抵、到着から10分~1時間程度で修理が完了します。

また、業者の場合は、壁や床も適切に養生してから作業してくれるため、汚水が飛び散ることはありません。修理後には清掃をしてくれるサービスがある業者もあります。

つまる前と同じ状況にスピーディーに戻すことができます。

デメリットは?

水道業者に修理を依頼するデメリットは、修理代が必要になることです。また、業者によってサービスの質が異なりますので、信頼して任せられる所を選ぶ必要があります。

なるべくなら、トラブルが起きる前に、どこの業者に依頼するか、リストアップしておけるなら理想的です。依頼をする業者が事前に決まっていれば、いざという時に慌てることもありません。

信頼できる水道業者を見極める方法

それぞれサービスの質や内容が異なる水道業者ですが、いったい、どのように選べばよいのでしょうか?そのコツをご紹介します。

速やかに対応してくれるかどうか

1日どころか、数時間だけでも使えないと困ってしまうトイレ。そのため、少しでも早く対応してくれる水道業者を選ぶことが重要なポイントになります。

修理を依頼してからどれくらいで来てくれるのかどうか、必ず確認しておきましょう。

現場で見積もりしてくれるかどうか

水道業者のWebサイトには通常、おおよその料金が明示されていますが、つまりの状態によっては、部品代などが必要になることもあります。ただ、部品交換が必要な事態かどうかは、実際に業者が現場でチェックするまでわかりません。

そのため、正確な料金は現場に来た水道業者による見積もりで決まります。もし見積もりに不満がある場合は、この段階で依頼をキャンセルすることもできます。

しかし、水道業者の中には、そうした見積もりを行わずに修理を行い、後々高額な料金を請求する所もあります。

このようなトラブルを防ぐためにも、必ず現場で事前に見積もりを行っている水道業者を選ぶようにしましょう。

実績が豊富であるかどうか

長年営業していて、顧客満足度の高い水道業者は、それだけユーザーに選ばれてきた業者だといえます。
そしてこの事実は、技術があることの証明にもなりますので、このような業者であれば、安心して作業を任せることができるでしょう。

指定給排水装置工事事業者であるかどうか

給水装置工事にはさまざまな規定あるため、水道局の認可を受けた業者しか工事を行うことはできません。

水道局に認められた業者は、「指定給排水装置工事事業者」に指定されています。Webサイトなどにも記載されているので、修理を依頼する前に、必ず確認しておきましょう。

指定給排水装置工事事業者の表示がない場合、水道局の認可を受けていない業者なので、避けたほうがよいでしょう。

トイレつまりの修理は、業者に依頼するのが一般的ですが、トイレットペーパーのつまり程度なら、場合によっては自分で直すことができます。ただ、少しの間トイレが使えないだけでも、日常生活に支障をきたしてしまうものです。

この記事を参考に、「業者に頼む」か「自分でやるか」の判断にお役立てください。

フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル
ページ上部へ
ページ上部へ
当サイトの価格表示は全て(施工実績内料金を除く)、「税別」表示となっております。実際のご請求には、10%の消費税が加算されますので、予めご了承くださいませ。
Close