難聴のお客様へ
フリーダイヤル
最短20分で駆けつけ!
お風呂のトラブル 最速で解決
お風呂のトラブル最短20分駆けつけ!
水漏れ・つまり・破損
実質料金5,500円(税込)~
お急ぎの方!
イースマイルで最短解決!
フリーダイヤル
イースマイル公式サイト TOP > お風呂つまり・水漏れ・交換修理 TOP > お風呂のお役立ちコラム > お風呂の排水口つまりには排水口ネットで対策を!つまりの原因や解消法も解説
お風呂の排水口つまりには排水口ネットで対策を!つまりの原因や解消法も解説:イメージ
お役立ち 更新日:2023年11月9日

お風呂の排水口つまりには排水口ネットで対策を!つまりの原因や解消法も解説

お風呂は毎日利用するものであるため、快適な生活には排水口の流れが良いことが必要不可欠です。しかし、お風呂の排水口は汚れが溜まりやすく時につまることもあります。

そこでこの記事では、排水口のつまりの原因やつまってしまった時の対処法と併せて、排水口のつまり対策として排水口ネットを設置するメリットについて解説します。

お風呂の排水口の流れが悪いとお悩みの方は、ぜひご確認ください。
目次
フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

お風呂の排水口がつまる原因とは?

お風呂の排水口でつまりが起きやすい場所は、目皿やヘアキャッチャー、排水トラップから排水管につながる部分、排水管です。

お風呂で体や髪の毛を洗うと、皮脂やアカ、髪の毛などが排水口に流れます。これらの汚れが目皿やヘアキャッチャー、排水管などに溜まるとつまりの原因となります。どれか一つだけということはなく、複数の要素が絡み合うことで次第にヘドロ化し、つまりへと発展してしまいます。

それでは、つまりの原因を一つずつ見てみましょう。

原因①髪の毛

まず、代表的な原因として髪の毛が挙げられます。お風呂を利用する際には髪の毛を洗うため髪の毛はどうしても排水口に流れてしまいます。 髪の毛は1日に50〜100本程度抜け落ちることが分かっています。このうち60%もの髪の毛が洗髪時に抜けると言われています。

排水口にはヘアキャッチャーや目皿など大きなゴミをせき止めるパーツがありますが、髪の毛は0.08mm(日本人女性の平均)と非常に細く、これらのパーツをすり抜けて排水口へと流れてしまう分もあるのです。

原因②皮脂汚れや垢

お風呂で体を洗うと皮脂汚れやアカが流れます。皮脂汚れとは人体の皮脂から分泌される汚れであり、垢は古い角質が剥がれ落ちたものと皮脂分泌物が混じり合ったものです。 人体には必ず付いているもので、流れ落ちることを防ぐことはできません。

お風呂で出てくる皮脂汚れや垢は、毎日排水口に流れ少しずつ溜まっていきます。排水口内のヌメヌメとした汚れの原因の一つです。

原因③石鹸カス

お風呂ではシャンプー、リンス、ボディーソープなどを使いますが、それらの溶け残りが固まったものが石鹸カスです。これらが排水口に溜まることで、つまりの原因となる可能性があります。 もし、排水口を覗いたときにヌメヌメとしている様子があれば石鹸カスが溜まっている可能性があります。

原因④カビ

カビは温度が20度〜30度、湿度が70%ほどで発生しやすいことが分かっています。ですので、お風呂はカビが発生しやすい場所です。さらに、皮脂汚れや垢、石鹸カスなどを栄養源としてどんどん繁殖していきます。 カビは他の汚れに比べ頑固なため、放っておくと汚れが落ちにくくなってしまいます。

原因⑤固形物

お風呂にカミソリを置いていたり、お風呂場でシャンプーの詰め替えをおこなうことが多いかと思いますが、カミソリのカバーや詰め替え袋の切れ端など小さなものが知らないうちに排水口に流れていることがあります。

これらはなくなったことに気がつきにくく見落としやすいです。今までお風呂場にあったものが無くなっていないか確認してみましょう。また、排水口に固形物が入っていないか目視してみることもおすすめします。

排水口や排水管に固形物が流れ込むと、他の汚れと絡み合って大きな固まりになりやすいので、要注意です。

フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

排水口つまりは排水口ネットで対策を!

排水口のつまりを防ぐためには、前述したつまりの原因を排水口に流さないようにすることが重要です。完全に流さないことは難しいですが、最小限に抑えることは可能です。 その方法が排水口ネットの設置です。

排水口ネットの設置とあわせて、こまめな掃除もつまり予防には欠かせません。 ここからは排水口つまりの予防について解説していきます。

予防①排水口ネットを設置する

排水口ネットとは、目皿やヘアキャッチャーに設置しゴミが流れるのを最小限に防ぐアイテムの総称で、排水口カバーなどとも呼ばれています。

排水口ネットには複数のタイプがあり、それぞれ特徴が異なります。 自分に合ったタイプの排水口ネットをセットして、ゴミの侵入を防ぎましょう。

シールタイプ

排水口の目皿の上に貼って使用するタイプ。平面の丸形や四角いシールに小さな穴が空いており、表面に髪の毛や汚れが溜まったらシールごと剥がして捨て、新しいものに貼り替える。 着脱が簡単だが、貼る前に水気を拭き取る手間や交換頻度が高い点はデメリット。

ネットタイプ

元からある目皿やヘアキャッチャーに網状のカバーを取り付けることで、髪の毛の流れ込みを防ぐ。 伸縮自在で幅広い排水口サイズに対応できる一方で、シールタイプよりは多少の装着の手間がかかる。

カバータイプ

目皿やヘアキャッチャーそのものの役割をするタイプ。 繰り返し使える点や機能性や素材など豊富な種類の中から選択できる点がメリットだが、サイズの調整はできないため自宅の排水口サイズに合うかの確認は重要。

予防②こまめに掃除をおこなう

いくら排水口ネットを装着しているとはいえ、汚れはネットを通して排水口に流れ込みます。髪の毛もいくらか防げても100%ではありません。よって、つまりの予防にはこまめな掃除も必要なのです。

排水口ネットに溜まった汚れは、雑菌やカビの繁殖を抑えるためにこまめに取り除きます。 そしてヘアキャッチャーや排水口の内側の手がとどく部分は、汚れが少ないうちにスポンジとお湯などでサッと洗っておきましょう。汚れが気になるときは、お風呂用の中性洗剤や重曹を使うと良いでしょう。

パイプクリーナーを定期的に使って、排水管のつまり予防をしておくことも重要です。目安の頻度は月に1~2回ほど。こうすることで、お風呂の排水口を常に綺麗な状態にキープでき、排水口つまりに悩まされずにすみます。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

お風呂の排水口がつまっている場合の対処法

ここまでお風呂の排水口がつまる原因や予防策について解説しましたが、そもそもつまりが生じている場合は取り除くことが最優先です。もし、お風呂の排水口が現在つまっているのであれば自分に適した方法で対処をしていきましょう。

対処法①パイプクリーナーをつかう

最近では、排水口のつまりに効果的なパイプクリーナーが数多く売られています。これらの洗剤を使うことでつまりの原因となる髪の毛やヘドロを溶かして解消します。

排水口つまりの主な原因である髪の毛を溶かすのに効果的な成分は、「水酸化ナトリウム」や「次亜塩素酸ナトリウム」です。これらを多く含む洗剤をつかうことで、強力に効率的につまりを解消することが可能です。

ただし、強力である分人体にとって危険な成分が含まれるため、用法や注意事項を遵守して使用することが重要です。 おすすめの排水口用洗剤については以下の記事で紹介しています。各製品の使い方も併せて紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

対処法②ワイヤーブラシをつかう

ワイヤーブラシは細長いワイヤーの先にブラシがついた配管用の掃除道具で、つまりを物理的に削り落としてつまりを解消します。

使い方は簡単。

ワイヤーブラシでつまりを解消する手順
  1. 排水管にワイヤーブラシを入れていく
  2. つまりにブラシが届いたら、上下左右に動かしてつまりの原因を削るように落とす
  3. つまりの原因が剥がれると、隙間ができ水が流れるようになる

家庭用のワイヤーブラシはホームセンターやネット通販などで1,000円~3,000円ほどで購入できます。ワイヤーブラシは繰り返し利用できるので、持っていれば定期的な排水管掃除にも使用できるでしょう。

対処法③ラバーカップ(スッポン)をつかう

ラバーカップはカップ内に真空状態を作り出し、吸引力と圧力を利用してつまりを解消する道具です。軽度のつまりであれば簡単に解消することが可能です。

値段も300円〜1,500円ほどとリーズナブルに利用することができます。また、ワイヤーブラシと同様に繰り返し使用できる点もメリットです。

使い方は以下の通り。効果を高めるために、カップ部分が浸るくらいの水を張ってから作業をすると良いでしょう。

ラバーカップ(スッポン)でつまりを解消する手順
  1. ラバーカップを排水口に当てて隙間ができないようにする
  2. ラバーカップを強く押して密着させてしっかり圧力をかける
  3. 一気に引き上げる
  4. 一度でつまりを解消できなかったときは、何度か繰り返してつまりの原因を取り除く

対処法④真空式パイプクリーナーをつかう

真空式パイプクリーナーはラバーカップと同じ原理でつまりを解消することができます。真空式パイプクリーナーはラバーカップより吸引力が強いため、より強力な力でつまりを解消することが可能です。

使い方は以下の通り。

真空式パイプクリーナーでつまりを解消する手順
  1. 持ち手についているレバーを押し込んで、排水口にカップ部分を密着させる
  2. カップは押し付けたまま持ち手だけを引き上げる
  3. 一度でつまりを解消できなかったときは、何度か繰り返してつまりの原因を取り除く

真空式パイプクリーナーはホームセンターやネット通販などで2,000~3,000円程度で購入が可能です。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

自分で解消できない場合は業者に依頼をしよう

お風呂の排水口にあるつまりの固着力が強く、自分では対処がおこなえない場合があります。そのような場合は専門家である業者へ依頼し、適切な対処をおこなってもらいましょう。

ここでは、業者がおこなう場合の作業内容、費用相場、業者選びのポイントについて解説します。

主な作業内容

まずは、つまりがどこで起きているのか特定します。その後、トーラーや高圧洗浄機など業者専用の道具を使用してつまりを取り除いていきます。

排水管の内部は表から見えないため、つまり箇所の特定はその道のプロでないと難しい場合があります。また、トーラーや高圧洗浄機は家庭用の道具よりも非常に強力につまりを除去します。そのため、業者へ依頼をおこなうとスムーズかつ確実につまりを解消してもらえるのです。

費用相場

業者へ依頼した際の費用相場は、つまりが軽度であり簡単な作業で除去できる場合は5,000円〜10,000円ほど、トーラーを用いる場合は10,000円〜30,000円ほどとなっています。さらに、高圧洗浄機を使用してつまりを除去する場合は、15,000円~45,000円ほどが相場となります。

具体的な費用はつまりの状況や業者によって異なるため、あくまでも目安として参照いただき、具体的な費用については問い合わせや見積もりなどから確認しましょう。

業者選びのポイント

業者を選ぶ際は、最低限以下のポイントを抑えておくと良いでしょう。

  • 水道局指定業者である
  • 多数の実績がある
  • 事前に見積もりを提示してくれる

水道局指定業者であれば、一定水準以上の技術が保証されます。万が一業者との間でトラブルになった場合にも自治体に相談することが可能な点も、安心できるポイントの一つです。

また、多数の実績があることは信頼できる業者であることの証ともいえます。施工数や創業年数、利用者からの口コミなどもチェックしておくと良いでしょう。

これらはホームページなどで確認することができます。

また、作業を始める前に、作業の内容の説明とあわせて見積もりを提示してくれる業者を選びましょう。説明を端折ったり、見積もりを提示せずに作業を始めようとするような業者は論外です。見積もりを依頼する場合は、スタッフの対応は丁寧か、説明はわかりやすいかなども一緒に見ておくと良いでしょう。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

まとめ

本記事では、排水口のつまりの原因やつまってしまった時の対処法、排水口のつまり対策について紹介しました。

お風呂の排水口につまりがあると快適に過ごすことができません。現状、つまりが発生している場合は対処法を、まだ発生していない場合はネット設置による予防法をおこなっていきましょう。 もし、自分でつまりが解消出来ない場合は、専門業者へ相談しましょう。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する
駆けつけ修理エリアは
全国各地に展開しています

イースマイルの対応エリア

北海道・東北地方
  • 北海道
  • 宮城県
  • 山形県
  • 福島県
北陸・信越地方
  • 新潟県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 長野県
関東地方
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 山梨県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
東海地方
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
関西地方
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
中国地方
  • 岡山県
  • 広島県
  • 島根県
  • 山口県
四国地方
  • 愛媛県
  • 香川県
九州・沖縄地方
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 鹿児島県
フリーダイヤル 各種お支払い方法
ページ上部へ
ページ上部へ