難聴のお客様へ
フリーダイヤル
最短20分で駆けつけ!
お急ぎの方!洗面所つまりは
専門業者ですぐ解決!
  • 作業料金8,800円~
  • 最短20分駆けつけ
水のトラブルで困ったらまずはお電話ください!
0120-091-053
WEB限定
3,000円
割引
水道局指定店/
深夜・早朝でも対応!
イースマイル公式サイト TOP > 洗面所つまり・水漏れ・交換修理 TOP > 洗面所のお役立ちコラム > 洗面所のつまりは何が原因? つまりを解消する効果的な方法を解説
洗面所のつまりは何が原因? つまりを解消する効果的な方法を解説:イメージ
つまり

洗面所のつまりは何が原因? つまりを解消する効果的な方法を解説

家族が昼夜問わず何度も使用する洗面所は使用頻度が高いためつまりが起こりやすい場所です。そこでこの記事では、洗面所がつまる主な原因と自分で今すぐできる対処法について解説。

さらに日頃からできるつまりの予防法と、プロの業者に依頼した際の費用相場について紹介します。洗面所のつまりで困っている方はぜひ参考にしてください。
目次
フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

洗面所のつまりの原因

顔を洗ったり、歯を磨いたり、メイクをしたり、手洗いうがいをしたりなど、何かと使用頻度の高い洗面所は家の中でもつまりを起こしやすい場所です。まずはそんな洗面所がつまりを起こす主な原因について見ていきましょう。

洗面所のつまり原因1:固形物

洗面所は家族それぞれが顔を洗ったり、歯を磨いたりなど、使用頻度の高い場所です。そのため、つまりの原因となる「固形物」を落とす可能性が非常に高い場所ともいえます。

固形物が排水口に落ちてしまうと水の流れが急に悪くなり、つまりを発生することが多いです。

この対策として排水口に「ヘアキャッチャー」を使用している方も多いでしょうが、ヘアキャッチャーの目が粗いものを使用していると、それより小さな固形物は水と一緒に排水管に流れてしまいます。

たとえば、塗り薬の小さなキャップやアメニティグッズの歯磨き粉のキャップなどは要注意です。これらが排水管まで流れてしまうとつまりを引き起こしやすくなるだけでなく、そこに留まってしまうと流れてくる髪の毛や皮脂、ゴミなどと絡まって大きなつまりになることがあります。

また、指輪やピアスなどのアクセサリー類もつまりの原因となる固形物のひとつです。この場合、単につまりの原因になるだけでなく、アクセサリー類がサビたり、劣化したりするおそれもあるため、洗面所の前でアクセサリー類を取り外しするときや身だしなみを整えたりする際は気をつけて行うようにしましょう。

洗面所のつまり原因2:髪の毛

洗面所のつまりの原因として最も多いものが「髪の毛」です。洗面所で髪の毛をドライヤーで乾かしたり、髪の毛をとかしたり、ワックスやスプレーを使ってセットしたりする方は多いのでしょうか。また、洗面所がシャンプードレッサーなら洗髪する方もいるでしょう。

そしてこのときに落ちた髪の毛をそのまま排水口に流していませんか。実はその行為がヘアキャッチャーや排水管をつまらせる原因になります。

特に家族が多い方やシャンプードレッサーで洗髪することが多い方、髪の毛が長い家族がいる方は、つまりやすくなる傾向のため、日頃からつまり予防をすることが大切です。

洗面所のつまり原因3:水垢

意外に思われるかもしれませんが「水垢」もつまりの原因になります。水垢とは水道水に含有されるカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分が固形化したものです。白く結晶した水垢が排水管で固まってしまうと、そこに髪の毛やゴミなどが引っかかりつまりの原因になります。

水を使う場所のため避けられない原因ですが、普段何気なく使っている水道水は地域によってカルシウムとマグネシウムの含有量が異なります。

日本の水道水の場合、ほとんどが含有量の少ない「軟水」ですが、日本においても水の硬度が高い「硬水」の地域があります。

そのため、水の硬度によって水垢が発生しやすい地域にお住まいの場合には、水道水の硬度を下げてくれる「軟水器」の設置が有効です。

洗面所のつまり原因4:ぬめり

洗面所に発生する「ぬめり」もつまりの原因になります。厳密にはぬめりを放っておくことで、そこに髪の毛やゴミが絡まって、それが大きくなるとつまる原因になります。

そもそもぬめりとは、細菌やバクテリアなどが増殖する際に発生する粘着性のもので、水や食品のカス、歯磨き粉、石鹸、ハンドソープ、人間の皮脂、垢などをエサに繁殖します。そのため、洗面所はぬめりが発生しやすい場所のため、日頃から対策を講じる必要があります。

フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

洗面所のつまりを解消する効果的な方法

紹介したようにその原因を取り除けばつまりを解消できます。しかし、「アクセサリーを落とした」「急に排水が悪くなってつまった」などの場合は、一刻も早くつまりを解消しなければなりません。

そこでここでは自分でつまりを解消する方法をいくつか紹介します。ぜひ、適切な方法を試してみてください。

ラバーカップを使う

ラバーカップとはいわゆる「すっぽん」と呼ばれるもので、柄の先にお椀型のゴムが付いている道具です。これは、吸引力と圧力を使ってつまりを解消する方法です。

使い方は、まず洗面台のやや高い位置にあるオーバーフロー穴(水をためた際にこぼれないようにする穴)をガムテープや雑巾などでふさぎ、排水口にラバーカップを押し当てて密着させます。そこに、ラバーカップのゴム部分が隠れるくらいの水をためます(すでに水がたまっていたら必要なし)。

ラバーカップの柄を持ち、ゴムカップをゆっくりと押し付けながら真空状態をつくったら、一気に柄を引き上げます。この作業を数回くり返し、つまりが取れたようなら水を流してつまりが解消されたかチェックしましょう。10回程度行っても解消されない場合には、別の方法を試してみてください。

なお、洗面台でラバーカップを使う際は、床にビニールや新聞紙を敷いたり、歯ブラシやドライヤーなど洗面台付近にあるものを片づけたりするなど、水が飛び散った際の対策を行いましょう。特に歯ブラシやコップなどに汚れた水がかかってしまうと衛生的によくないため、必ず避難させておきましょう。

また、固形物がつまっている場合は、これらの方法で解消することは出来ません。さらに奥へと流れてしまわぬよう、水を流すことは避け、早めに業者へ相談しましょう。

パイプクリーナーを使う

排水管専用の洗浄剤を使って、汚れやぬめりを落とす方法も効果的です。洗浄剤は液体タイプ、ジェルタイプ、錠剤タイプなどさまざまなタイプがあり、髪の毛、ぬめり、水垢の除去に効果が期待できます。なかには、髪の毛をとかす強力な洗浄剤もあるため、使用の際は必ず取扱説明書の指示を守ってください。

一般的には洗浄剤を排水口に入れて、30分〜1時間程度放置したあとに十分な水を流すだけです。ただし、必要以上に長く放置すると汚れが固まってしまい、再びつまりの原因になることがあります。

そのため、取扱説明書の放置時間を必ず守り、効果が気になる場合には放置時間を延ばすのではなく、使用回数を重ねてみましょう。また、放置したあとに多めの水を一気に流すのも効果的です。水圧がかかって汚れを押し流す可能性が高まります。

重曹とクエン酸を使う

ある程度水が流れている状態のつまりであれば、強力な洗浄剤がなくとも重曹とクエン酸を使ってつまりを解消できます。

重曹は弱アルカリ性の粉末で消臭作用や吸湿作用などがあり、掃除や料理などで活用できるものです。一方のクエン酸は弱酸性のナチュラル素材で、お酢でも代用可能です。そしてこの2つの素材を混ぜ合わせることで、洗浄力が強くなります。

方法はまず排水口のヘアキャッチャーを外して重曹をふりかけます。しばらく置いてからクエン酸小さじ1と水200mlを混ぜたものを流し入れます。30分〜1時間程度放置し、最後に50度程度のお湯を流します。熱すぎるお湯は排水管を傷めてしまうため、気をつけましょう。

排水トラップを解体する

洗面所の排水管は、一般的に途中でS字状に上向きにカーブしてから折り返すように下向きに伸びています。

これをS字トラップといいます。ほかにもP字と呼ばれる形の排水トラップもあり、どちらもカーブ部分に水をためることで排水口に上がってくる下水のにおいや下水からきた害虫を防ぐ役割があります。

本来は排水管がこのようにカーブしていても勢いよく水を流すことで髪の毛や石鹸カスなどが下水に流れていくのですが、排水管に汚れが蓄積されると水の流れが悪くなり、カーブ部分にも汚れやゴミなどがたまってつまりやすくなります。

また、何か物を落とした際もこの部分に引っかかり、つまりを起こす可能性があります。このような場合には排水トラップを解体することでつまりを解消させましょう。

ただし、金属製の排水トラップやP字のもの、道具を使うような場合には、自分で作業すると破損するおそれがあるため、専門業者に依頼することをおすすめします。

道具を使わずに取り外せるS字トラップの場合には、まずトラップ下にバケツや洗面器を置いて取り出した排水トラップから水がこぼれるのを防ぎます。さらに万が一のことを考えて止水栓を閉めておきましょう。

準備ができたら掃除口の付いているタイプならば、掃除口のキャップを外して管内のゴミをかき出します。アクセサリーを落とした場合にはここにあることが多いため確認しましょう。管内を掃除し終わったら掃除口のキャップを戻します。しばらく水を流して問題なければ作業終了です。

掃除口がないときや掃除口を掃除してもトラブルが解消されない場合には、トラップの接続部分のナットを外して、S字トラップと排水管を取り外して掃除します。このとき、スマホのカメラで接続部分を撮影しておくと戻しやすくなるためおすすめです。取り外したら歯ブラシなどを使って掃除し、掃除が終わったらトラップを元に戻しましょう。

ワイヤーブラシを使う

業者が使う洗浄器具に「ワイヤーブラシ」という道具があります。長い金属ワイヤーの先端にブラシが付いていて、手元のハンドルを回すと先端のブラシが回転して汚れをかき出すことができます。一般家庭にはない掃除道具ですがホームセンターなどで手軽に購入できます。

「排水の流れがたびたび悪くなる」「キッチンや浴室の排水も悪い」という場合には、ワイヤーブラシを購入してみてはいかがでしょうか。

洗面所で使う際は排水管の中にブラシを入れ、ワイヤーを奥に突っ込んで先端がつまっている部分に触れると手応えがあるため、そこでブラシを回転させます。ゴミなどがゴッソリ取れて、排水管の内側を洗浄できます。

ヘアキャッチャーを掃除する

比較的新しい洗面台の排水口には、ボタンの押し引きで動くヘアキャッチャーが付いています。しかし、そのようなタイプは目で確認しにくいため、気づいたときには髪の毛や石鹸カスがたまっていることがよくあります。

また、旧式の洗面台では網目状のものをのせるタイプが多いです。この場合、髪の毛やゴミがたまったことがすぐにわかりますが、こまめに掃除しないと流れが悪くなります。そのため、外している方もいるかもしれませんが、外して水を使用すると固形物をはじめ、髪の毛やゴミなどが原因のつまりを起こしやすくなります。

ですので、ヘアキャッチャーは必ず付けるようにして、つまりが気になった場合には外して歯ブラシなどで髪の毛や石鹸カスなどを取り除きましょう。うまくいけばつまりが解消します。

それでもつまりが改善しないときは別の方法を試しましょう。

ストローを使う

ワイヤーブラシを購入するほどではないが、浅い位置に髪の毛やゴミなどが引っかかっているとわかるときは、家庭にあるストローを利用して取り除けるかもしれません。

まずストローの先端をハサミで三角に尖らせるように切ります。そして、5mm程度の間隔で数カ所に切り込みを入れます。排水口にストローを差し込み、ゆっくりと引き抜くと切れ込みにゴミなどが引っかかりつまりが解消されます。

この方法であれば、必要な道具を購入する必要がなく、安価で手軽に試せます。

ただし、作業中にストローを落とすとつまりの原因になるため、できるだけ長めのストローを使って慎重に行ってください。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

洗面所のつまりを予防する方法

洗面所のつまりは最悪の場合、専門業者しか直せないことがあります。そうなると費用も時間もかかってしまい、生活にも支障をきたすおそれがあります。

だからこそ、つまってからどうにかしようとせずに、日々の中でつまらないように予防することが大切です。そこでここからは日頃からできるつまりの予防対策について紹介します。

髪の毛やゴミを流さない

洗面所のつまりを予防するには、日頃から髪の毛やゴミ、汚れなどを排水口に流さないことが重要です。たとえば、使う人のために落ちた髪の毛や石鹸カスをきれい水で洗い流していませんか。

洗面台はきれいになりますが、排水管内はぬめりや髪の毛が積み重なってつまりを起こしやすくなります。

そのため、排水口には必ずヘアキャッチャーやフィルターカバーなどを付けて、こまめにたまった髪の毛やゴミなどを捨てるようにしましょう。

パイプクリーナーを使用する

洗面台のつまり予防には定期的な排水管の掃除が必要不可欠です。つまったり、流れが悪くなったりしてからクリーナーを使うのではなく、定期的に予防目的で使用するのが理想です。洗浄頻度は1〜2週間ごと。使用の際は、取扱説明書をよく読んで使用上の注意を守りましょう。

水流を利用する

洗面所でメイクを落とすためにクレンジングオイルを利用したり、ヘアケア剤のオイルやワックスがついた手を洗ったりしていませんか。これらの行為は油や皮脂を排水管に流していることになります。

もちろん、これが悪いことというわけではなく、これらの油が排水管の中で冷えて固まるとゴミなどが絡まりやすくなり、つまりの原因になることがあるのです。

そのため、このような油汚れを洗い流すために定期的に50度程度のお湯を一気に排水管に流したり、水圧が強めのシャワーを排水口に向けてたっぷりかけたりしましょう。

重曹とクエン酸を使う

市販のパイプクリーナーを使う以外に、重曹とクエン酸を使用する方法もあります。この方法なら環境にやさしく、ほかの掃除で重曹やクエン酸を使っているなら経済的にもお得といえるでしょう。

洗浄方法は排水口に重曹をふりかけ、クエン酸(なければ酢)と水を合わせたものを流します、30分〜1時間くらい放置し、50度程度のお湯で流します。これを定期的に行うことでつまり防止に役立ちます。

洗面所のつまりをプロの業者に依頼したときの費用相場

洗面所は家族が1日に何度も使う場所です。昨今は手洗いやうがいをするためにより使用頻度が増えた家庭も多いでしょう。そのため、洗面所でつまりが生じると日常生活に影響を及ぼしかねません。

万が一、つまりが生じた際に「つまり解消方法を試してみたがまたつまる」「すぐに流れが悪くなってしまう」という場合には、プロの業者に依頼するのが一番です。また、「一度徹底的にきれいにしてみたい」という場合にも専門業者に依頼するのが最適です。

ただ、いざ頼もうとした際に気になるのが費用です。どのくらい費用がかかるのかがわからないからと依頼を躊躇する方も多いのではないでしょうか。そこでここからはプロの業者に依頼した際の費用相場について解説します。

簡単なつまりの解消の場合

洗面所のつまりは多くの水道工事や水道修理を請け負う業者で対応してもらえます。

特別な道具を必要としない簡単なつまりの場合、費用相場はおおよそ8,000円〜15,000円程度です。また、特別な道具が不要で簡単な作業で、アクセサリーなどの小さな固形物を取り出せるようなら同じ程度の費用が相場です。どちらもプロからしたら簡単な作業のため、時間もそれほどかかりません。

ただし、料金体系は業者ごとで異なるため、基本料金、出張料金、部品代、時間外割増など合わせてどれくらいかを必ず確認しましょう。

部品の交換の場合

洗面所のつまりには、排水管やS字トラップ、接続部分のパッキンなど、部品交換が必要になる場合があります。このようなケースでは、作業料金のほかに部品代が加わるため、費用はやや高くなります。しかも、部品代は排水管、排水トラップ、パッキンなど交換するパーツごとに異なり、すべてのパーツを交換するとなるとかなりの費用が必要になります。

たとえば、パッキンの交換が必要な場合、つまりの作業費用に8,000円〜15,000円程度、パッキン代として2,000円程度がかかります。

排水管のつまりを解消する場合

比較的軽度のつまりであれば、それなりの費用で解消できますが、厄介なのは排水管のつまりがしつこい場合や床下排水管につまりがあるときです。

このような場合には特殊な道具が必要となり、作業時間もかかります。さらに排水管の長さによって追加料金が発生することが多く、場所によっては高額な費用が必要になります。

なかでも高圧洗浄機やトーラーといった業者用の専門道具を使うとなると、つまっている箇所までの距離が長くなるほど高額になり、距離が短くとも約3万円、つまりの箇所までの距離が長いと5万~10万円程度かかることがあります。

また、このような大掛かりな作業をする前にはつまりの状態を確認する調査が必要になり、業者によっては「調査費用」がかかります。これも業者や調査箇所、使用する機材によって費用に幅がありますが、おおよそ10,000円前後かかります。

そのため、依頼する際は調査費用の有無および調査費用、作業費用の見積もりを出してもらうようにしましょう。

使用頻度の多い洗面所はつまる要因も多い上、つまってしまうと日常生活で支障をきたします。日ごろから予防することでつまりを防ぎ、万が一つまってしまったら専門業者への依頼も検討しましょう。

まとめ

家の水周りの中でも使用頻度の高い洗面所は、アクセサリー類などの「固形物」、ヘアケアをする際に落ちる「髪の毛」、そして「ぬめり」や「水垢」などが原因でつまりを引き起こします。そのため、日々の掃除などでできるだけつまらないように予防することが大切です。

それでもつまりが生じた際にはラバーカップやパイプクリーナーなどを使用したりして、自分でつまり解消を目指すことができます。

ただし、特殊な道具が必要な場合や自分で解決するのが困難な場合には無理するとつまりの症状を悪化させてしまうため、できるだけ早い段階でプロの業者へ依頼することを検討しましょう。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

駆けつけ修理エリアは
全国各地に展開しています

対応エリア

北海道・東北地方
  • 北海道
  • 宮城県
  • 山形県
  • 福島県
北陸・信越地方
  • 新潟県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 長野県
関東地方
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 山梨県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
東海地方
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
関西地方
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
中国地方
  • 岡山県
  • 広島県
  • 島根県
  • 山口県
四国地方
  • 愛媛県
  • 香川県
九州・沖縄地方
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 鹿児島県
フリーダイヤル 各種お支払い方法
ページ上部へ
ページ上部へ