難聴のお客様へ
フリーダイヤル
最短20分で駆けつけ!
お急ぎの方!お風呂つまりは
専門業者ですぐ解決!
  • 作業料金8,800円~
  • 最短20分駆けつけ
水のトラブルで困ったらまずはお電話ください!
0120-091-053
WEB限定
3,000円
割引
水道局指定店/
深夜・早朝でも対応!
お風呂から水漏れ。その原因と対策を解説:イメージ
水漏れ

お風呂から水漏れ。その原因と対策を解説

お風呂は1日の疲れを癒し、リラックスできる場所ですが、そんな憩いの場所で起こるトラブルが水漏れです。今回はお風呂での水漏れトラブルが起こる原因と対処法を、箇所別に解説します。業者へ依頼したときの価格相場もご紹介しますのでぜひ参考にしてください。
目次
フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

お風呂の水漏れ対処方法

お風呂で水漏れトラブルが起こる箇所は意外と多く、水漏れが起こる箇所によって対処方法は変わります。しかし水漏れの場所や程度によっては、自分自身で対処できる場合もあります。

そこでお風呂の水漏れトラブルについて、各箇所別に想定される対処方法をご説明します。

シャワーホースからの水漏れの場合

シャワーホースは構造上、水が中に溜まります。
通常は水が漏れることはありませんが、使い方や使用年月によって金具が緩んだり部品が劣化してしまい、水が漏れだす場合があります。

まずはシャワーホースのどの部分から水が漏れだすのかを、しっかりと確認しましょう。
ホースに穴があったり傷がついている場合は、ホースの交換や防水テープを貼ることで解決できます。

ホース本体ではなく接続部分から水漏れがある場合は、水漏れ部分のパッキンが古くなっていないかやナットに緩みがないか確認します。
緩みがあれば対応する工具で締めたり、パッキンを交換したりすることで、水漏れが解消できる可能性があります。

蛇口からの水漏れの場合

お風呂の水漏れでもっとも多いイメージがあるのが蛇口です。

しかし一言で蛇口と言っても、さまざまなタイプがあります。

・サーモスタット混合水栓
・ツーハンドル混合水栓
・シングルレバー混合水栓
・単水栓

そして蛇口が付いている場所も壁付きタイプの水栓、台付きタイプの水栓蛇口の2つがあります。

さまざまなタイプがありますが、水漏れが起こる主な原因は以下の3つです。

1.パッキンなどの各部品が劣化することによるもの
2.給水管のトラブルによるもの
3.ナットやボルトなどが緩んでしまうことによるもの

一般的に水道器具が異常なく使用できる年数は10~15年ほどと言われています。

そのため、各部品はどうしても劣化していきます。水漏れでもっとも多い原因がパッキンの劣化です。
パッキンは各金属部品の間から水が漏れないように挟んでいるゴムのことです。ゴムで出来ているので劣化しやすいため、必要に応じて交換するようにしましょう。

給水管のトラブルの場合は、蛇口から直接水漏れというより蛇口が設置された壁や浴槽から水が漏れることが多いです。

台付きタイプの水栓蛇口の場合は癒着テープで補修することも出来ますが、この場合は修理業者に依頼をした方が確実でしょう。

ナットやボルトなどの各部品が緩んでいる場合は、ドライバーやモンキーレンチで締め直してみましょう。もし締め直しても水漏れが解決しない場合は、蛇口本体に問題がある可能性があります。その際は蛇口本体の交換が必要になるため、業者への修理依頼も検討しましょう。

浴槽の排水口からの水漏れの場合

お風呂の水漏れ箇所として、浴槽の排水口もあります。大抵、浴槽の排水口にはゴム栓が付いていて、浴槽内に水を溜めておけるようになっています。

しかし蛇口のパッキンのようにゴムは劣化しやすいため、使用年数によっては排水口から少しずつ水漏れしてしまいます。ゴム栓が劣化した場合は交換すれば大丈夫です。ゴム栓はサイズがさまざまあるので、購入する場合は注意してください。

換気扇からの水漏れの場合

お風呂の水漏れは意外にも、換気扇から起こる場合があります。正確にいうと水漏れではなく、換気扇に溜まった水がぽたぽたと落ちてくる状況です。

換気扇は浴室内の換気のため常に水分に晒されており、部品が劣化しやすいです。それが原因で換気が滞り、結露した水分が浴室に垂れてくることがあります。また換気扇が設置された壁面に異常がある場合は、雨水が侵入する場合も考えられます。

対処法としては、まず換気扇内の水をしっかりふき取ることです。それでも頻繁に換気扇から水が滴る場合は、部品が劣化している可能性があるので修理業者に点検してもらったほうがよいでしょう。

給湯器からの水漏れの場合

ガス風呂釜と呼ばれる、浴室内に設置するタイプの給湯器が故障して、水漏れを起こす場合があります。
給湯器で起こる水漏れは以下の5つが主な原因として挙げられます。

・浴槽のひび割れなどによる劣化
・給排水ホースの傷や穴
・パッキンなどの内部パーツの劣化
・ナットやボルトなど接続部の緩み
・水圧を抑える安全弁の故障

パッキンや接続部分の緩みなどは交換したり締め直すことで対処できますが、基本的に自分での対処は難しいと考えたほうがよいでしょう。

精密機械なので自分で対処をしようとして、かえって悪化させてしまうことも考えられます。

給湯器の水漏れを放置しておくと、ガスの不完全燃焼による爆発や一酸化炭素中毒の危険性などがあるためとても危険です。水漏れを発見次第、早めに修理業者に依頼するようにしましょう。

浴槽のひび割れからの水漏れの場合

浴槽は非常に頑丈に出来ていますが、経年劣化でひびが入ることもあります。浴槽にある一定の水位以上水が溜まらない場合は、その水位付近のどこからか水が漏れている可能性があります。

ひびが見つからないときは、水面に何か軽いものを浮かべてみましょう。ひび割れがあれば水の流れができるはずなので、ひび割れがある方向にものが流されていきます。

浴槽のひび割れの対処方法としては、市販のパテや防水テープ、シーリングなどで補修することです。しかしあくまでも一時的な補修として行い、その後プロの業者に依頼することがおすすめです。

床や壁からの水漏れの場合

浴室の壁や床は水を通さないようにシリコンなどで補強されている場合が多いですが、そこが経年劣化してくると水漏れにつながります。

加えて浴室の壁の内部には排水管なども通っているため、配管類の破損も考えられます。床や壁の中は素人では確認することが難しく、配管や水道管から水が漏れている場合は対処も困難です。

そのため修理業者に依頼することがおすすめです。

水漏れトラブルを業者に依頼した場合の価格相場は?

トラブルが起きて、自分で対応できないと判断した場合は修理業者に依頼しましょう。
業者へ修理を依頼した場合は以下の値段が相場です。

シャワーから水漏れ 10,000~25,000円
蛇口の水漏れ 5,000~35,000円
換気扇からの水漏れ 20,000~150,000円
給湯器の水漏れ 10,000~30,000円
浴槽のひび割れ 70,000~200,000円
床や壁からの水漏れ 20,000~100,000円

修理する規模や程度により値段は異なるので、依頼する業者に見積もりをとるようにしましょう。水回りの器具の耐用年数は10~15年といわれており、使い方や使用年数によりお風呂で水漏れが起こる可能性は十分にあります。

水漏れの箇所によっては自分で対処できますが、難しい場合は早めに修理業者に依頼するようにしましょう。

まとめ

お風呂で水漏れが起きる原因はたくさんあります。箇所によっては自分で修理できますが、難しい場合修理業者に依頼しましょう。

そのときは修理の箇所や程度により費用が大きく異なるので、依頼する業者にしっかり見積もりをとることが大切です。浴室は毎日使用する場所です。快適に過ごせるよう、異変が起きた場合は早めの対応を心がけましょう。

フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

 

 

駆けつけ修理エリアは
全国各地に展開しています

対応エリア

北海道・東北地方
四国地方
フリーダイヤル 各種お支払い方法
ページ上部へ
ページ上部へ