難聴のお客様へ
フリーダイヤル
最短20分で駆けつけ!
お急ぎの方!排水管・排水口
つまりは専門業者ですぐ解決!
  • 作業料金8,800円~
  • 最短20分駆けつけ
水のトラブルで困ったらまずはお電話ください!
0120-091-053
WEB限定
3,000円
割引
水道局指定店/
深夜・早朝でも対応!
イースマイル公式サイト TOP > 排水管・排水口のトラブル TOP > 排水管・排水口のお役立ちコラム > キッチンの排水口つまりを自分で解消!修理依頼の注意ポイント
キッチンの排水口つまりを自分で解消!修理依頼の注意ポイント:イメージ
つまり

キッチンの排水口つまりを自分で解消!修理依頼の注意ポイント

キッチンのシンクは、調理の際だけでなく、食器を洗う際や手洗いの際にも使用します。キッチンの排水口がつまってしまうと、水の流れが悪くなったり逆流などのトラブルが発生します。調理の際に水が使えないと、生活に支障をきたしてしまうこともありますので、注意しましょう。

また、つまりを放置しておくと、嫌なにおいが発生してしまう可能性もあります。水まわりのトラブルはできるだけ早く解消したいところですが、どう対処していいか悩んでしまう方もおられるでしょう。

そこで、今回の記事ではキッチンの排水口がつまった際に自分でできる解消方法をご紹介します。排水口がつまる原因や確認方法、解消方法の手順も記載しているので、参考にしてみてください。さらに、専門業者に依頼する際の目安についても解説しています。
目次
フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

キッチンの排水口つまりが起こる主な原因4つ

キッチンの排水口がつまる原因には、いくつかの種類が存在します。水の流れが悪くなったり逆流のトラブルが起ったりする症状は同じですが、原因ごとに対応策が異なるので注意しましょう。

ただし、普段から使用する頻度の高いキッチンですが、排水口の構造を把握している方は少ないのではないでしょうか。

以下の項目でキッチンの排水口がつまる主な原因をご紹介しているので、つまりが発生した際はもちろん、万が一のトラブルに備えるためにも参考にしてみてください。トラブル発生時にはパニックになってしまいがちですが、まずは落ち着いて原因を探ってみましょう。

キッチンの排水口がつまる主な原因には、油汚れ・食材カスおよびぬめり・洗剤カス・固形物など4つの種類が存在します。原因ごとの解説をご紹介します。

もし、原因を特定できない場合には、専門業者への相談を検討するのもおすすめです。水まわりのプロであれば、つまりの解消だけでなく、排水口や排水管に破損があった際に修理も依頼できます。

1、油汚れ

キッチンの排水口がつまってしまった場合に最も原因として疑われるのが油汚れです。排水口から流れ込んだ油は、水に溶けずに内部で蓄積してしまいます。

冷えて固まった油は排水口や排水管内部にこびりつき、水の流れを妨げてしまう可能性もあります。また、油汚れが蓄積すると、食材や洗剤のカスが付着して大きな塊になってしまいます。塊が水の流れを妨げてしまわないように注意しましょう。

2、食材カスやぬめり

調理中に発生する食材カスは、三角コーナーに廃棄するのが一般的です。ただし、細かな食材カスやぬめりは三角コーナーをすり抜けたりこぼれ落ちたりすることで、排水口まで流れてしまう可能性があります。

排水口にはゴミ受けは設置されていますが、目が粗い場合やズレが発生している場合には、排水管まで食材カスが流れ込んでしまうので注意しましょう。また、排水管に油汚れが蓄積している場合には、食材カスが付着しやすくなります。油や食材カスが結合して大きな塊になると、水の流れを止めてしまいます。

つまりの発生を予防するため、食材カスを排水口に流さないよう気をつけましょう。さらに、ゴミ受けや排水ネットは定期的に掃除し、清潔な状態を保持するのがおすすめです。

3、洗剤カス

キッチンシンクで調理器具や食器を洗う際には、洗剤を使用しますよね。洗剤は水で流してもすべてが水に溶けるわけではありません。排水口や排水管内に流れ込んだ洗剤カスは、付着して残ってしまう可能性があるので注意しましょう。

また、洗剤カスが油汚れと結合すると、白くねっとりとした物体になります。油汚れと洗剤カスを組み合わせた汚れが排水管内に蓄積されると、つまりが発生してしまうので気をつけましょう。

さらに、洗剤と同じようにキッチンで手を洗う場合にも注意が必要です。石鹸やハンドソープのカスは、洗剤と同じく、油汚れとともに蓄積してしまう可能性があります。

4、固形物

キッチンの排水口に誤って固形物を流してしまった場合にも注意が必要です。排水口に落ちた固形物は水に溶けないので、つまってしまった場合には時間が経過しても解消されません。

箸やスプーン、フォークなどの食器だけでなく、食材が入っていた袋の一部やつまようじなどが排水口に流れ込まないように注意しましょう。

また、指輪・イヤリング・ピアスなどのアクセサリーを付けたまま調理する場合にも落とさないように気をつける必要があります。万が一、排水口に固形物を落としてしまった場合には、専門の業者に相談するのがおすすめです。

特に排水口の奥まで流れてしまった場合は、自分での対応が難しくなります。トラブルの症状が悪化しないように速やかに業者に連絡しましょう。

フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

こんなときは、迷わずプロに相談を!

排水口付近に髪の毛・水垢・ぬめりが発生してつまっている場合には、掃除などによって自分で簡単に対応できる可能性があります。ただし、排水口や排水トラップなどの奥にある排水管でつまりが発生している場合には、自分での対応が難しいので水まわりのプロにまかせるのがおすすめです。

また、自分での対処に自信がない場合や手間を省きたい場合にも業者への依頼を検討しましょう。

以下に業者へ依頼する際の目安を記載しているので、参考にしてみてください。
1、水を流したあとにコポンコポンと音がする場合
キッチンの排水口でつまりが発生する初期症状として、水を流した際にコポンコポンと音がする場合があります。排水管内で固形物がつまっている場合はもちろん、食材カス・洗剤カス・油汚れなどが水の流れを妨げている場合にも音がします。

排水口が完全につまってしまうと、キッチンシンクが使えず困ってしまいます。症状が悪化して完全につまってしまう前にイースマイルまで気軽にご相談ください。

2、排水口に落とした固形物が奥まで入り込んでしまった場合
排水口に食器やアクセサリーなど落ちてしまった場合にも、排水管内でつまりの原因になる可能性があります。

排水管の奥まで流れてしまった固形物は、自分では取り除くのが難しくなります。水まわりのトラブルを解消する専門業者イースマイルまで気軽にご相談ください。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

自分でできるキッチンの排水口つまり解消方法(場所・方法&手順)

キッチンの排水口がつまった箇所によっては、自分で簡単に対応できることもあります。排水口に固形物を落としてしまった場合や油汚れが蓄積している場合など、原因よっても対処のしやすさは異なります。

まずは、つまりが発生している場所を特定し、適切な解消方法や手順を試してみましょう。

排水トラップやゴミ受けの汚れが原因の場合は、ブラシやスポンジで掃除するだけでトラブルが解消できる可能性があります。排水パイプがつまっている場合には、市販のパイプクリーナーを使用するのがおすすめです。

ただし、自分で対応できない場合はもちろん、原因の特定が困難な場合、手間を省きたい場合には、専門業者への依頼も検討してみましょう。

キッチンの排水口がつまっている場所の確認方法

キッチンの排水口でトラブルが発生した際には、まずは落ち着いて、つまっている場所や原因を特定することが重要になります。ただし、普段の生活で排水口や排水管内部の構造を知る機会は少ないので、どの部分を確認すればつまりの原因を特定できるかわからない方も多いでしょう。

以下に、キッチンの排水口がつまっている原因を特定する方法について記載しています。キッチンの排水口がつまった場合には、原因によって適切な解消方法が違ってきます。つまりがどこで発生しているか、どの程度つまっているかで緊急性も異なるので確認しておきましょう。

1、排水トラップを外すと水が流れる場合
一般的なキッチンでは、排水口部分に排水トラップを備えています。まずはゴミ受けや排水トラップを外し、水が流れるか確認してみましょう。

水が正常に流れた場合には、排水トラップより前でつまりが発生しています。食材のカスやぬめりがゴミ受け・排水トラップに付着していると、水の流れを妨げてしまう可能性があります。ゴミ受け・排水トラップをチェックして汚れが確認できた場合には、ブラシやスポンジで掃除してみましょう。

2、排水トラップを外すとつまりが解消されない場合
ゴミ受けや排水トラップを外してもトラブルが解消されない場合には、排水パイプや排水管、排水桝のつまりが疑われます。まずは、排水パイプに原因がある場合について見てみましょう。

排水パイプがつまっている場合には、洗浄剤を使って清掃するのがおすすめです。排水パイプは比較的簡単に分解できますが、取り付けを誤った場合には水漏れなどのトラブルが発生します。自信がない場合には、専門業者への依頼を検討しましょう。

3、排水パイプを掃除してもつまりが解消されない場合
洗浄剤を使用して排水パイプを清掃してもつまりが解消されない場合は、排水管・排水桝のつまりが疑われます。屋外に設置されている排水桝がつまっているのであれば、自分でも掃除できます。ヘドロや油の塊をすくい上げてキレイにしてみましょう。

ただし、床下の排水管内がつまっている場合には、自分で簡単に対応ができません。専門の業者への依頼を検討してみましょう。

キッチンの排水口つまりの解消方法・手順

これまでの項目では、キッチン排水口でつまりが発生した際に原因や場所を特定する方法についてご紹介してきました。つまりが発生している原因や場所が把握できたら、続いて具体的な解消方法や手順について見ていきましょう。

以下の項目では、解消方法や手順を解説してます。比較的簡単に試せる方法を記載しているので、参考にしてみてください。

アイテム1:タオル

軽い油汚れを除去したい場合には、タオルを使用するのがおすすめです。自宅にあるタオルを使用して簡単に行えるので試してみましょう。

以下に手順を記載しているので、参考にしてみてください。

手順
  1. ゴミ受けや排水トラップを取り外す
  2. 排水口にタオルの片方を入れ込んで栓をする
    タオルの反対側は引き抜く際に持つので、排水口外に出しておきましょう。
  3. シンクに40~50℃ほどのお湯を溜める
    排水パイプの耐熱温度は約60℃といわれています。温度が高くなりすぎないように調節しましょう。
  4. タオルを引き抜く
    タオルを抜くと、シンク内に溜まっていたお湯が排水口に流れ込みます。
    一気にお湯を流せば、水圧によって軽い油汚れを落とせます。

アイテム2:ペットボトル

キッチン排水口のつまりは、自宅にあるペットボトルを使用しても解消できます。

以下にペットボトルを使用したつまりの解消手順を記載しているので、参考にしてみてください。

手順
  1. ゴミ受けや排水トラップを取り外す
  2. ペットボトルのフタを開けて排水口に差し込む
  3. 排水口とペットボトルをなるべく密着させる
  4. ペットボトル本体を押えて排水口に空気を送り込む
  5. 4の工程を数回繰り返す
  6. ペットボトルを引き抜く

ペットボトルを利用した対処法は、排水口の軽いつまりにも有効です。水が少しづつ流れていく状態であれば、シンク内にある程度水を溜めてから空気を送り込んでみましょう。

使用するペットボトルが大きいほど送れる空気量も増加します。また、柔らかく凹みやすいペットボトルであれば、比較的簡単に空気が送れます。

アイテム3:お酢と重曹

排水口の汚れを落としたい場合には、お酢や重曹の使用も効果が期待できます。お酢や重曹は自宅にある可能性が高く、手軽に試せる点もおすすめです。

以下にお酢と重曹を使用した清掃手順を記載しているので、参考にしてみてください。

手順
  1. 重曹100g・お酢50ml・40~50℃のお湯を準備する
  2. 排水口に重曹をかける
  3. 重曹の上からお酢をかける
  4. 発泡したら30~60分ほど放置する
  5. 放置後に泡や汚れをお湯で流す

重曹とお酢が反応すると炭酸ガスが発生します。室内が狭い場合には気分を害する可能性があるので、作業を行う際はしっかりと換気しておきましょう。

アイテム4:パイプクリーナー

ホームセンター・ドラッグストア・スーパーなどに簡単に購入できる液体パイプクリーナーも、キッチン排水口の清掃には効果が期待できます。

以下に清掃の手順を記載しているので、参考にしてみてください。

手順
  1. 排水口に液体パイプクリーナーを注ぎ込む
  2. 一定の時間放置します
  3. 放置後にシンクの水を出して液体パイプクリーナーや汚れを洗い流す

また、液体パイプクリーナーは強力な洗浄力を有しており、皮膚に付くと危険です。利用する際はゴム手袋を使いましょう。

アイテム5:ラバーカップ

トイレがつまった際に使用するイメージのあるラバーカップですが、キッチンの排水口がつまった場合にも利用できます。キッチン用に新しくラバーカップを購入する場合は、でっぱりのない和式用の製品を選びましょう。

以下にラバーカップを使用したつまりの解消手順を記載しているので、参考にしてみてください。

手順
  1. 排水トラップを取り外す
  2. ラバーカップを排水口部分にあてる
  3. ラバーカップのゴム部分が浸かるくらいシンクに水を溜める
  4. ラバーカップを排水口に対して垂直にあてたまま押し込む
  5. ラバーカップを一気に引っ張り上げる
  6. 4~5の手順を数回繰り返す

つまりが解消された場合には、シンクに溜めた水がスムーズに流れていきます。また、ラバーカップと同様の方法でつまりを解消できるアイテム「真空式パイプクリーナー」もホームセンターなどで購入できます。

アイテム6:ワイヤーブラシ

排水口につながる排水管内部の清掃を行うのであれば、ワイヤーブラシの利用がおすすめです。ホームセンターでも販売されているので、排水管内の油汚れを落としたい場合には試してみましょう。

以下にワイヤーブラシを使用した清掃手順を記載しているので、参考にしてみてください。

手順
  1. ワイヤーブラシを排水口から差し込む
    ワイヤーブラシを差し込めなくなった部分が、つまりが発生している箇所です。
  2. ワイヤーブラシを回転させ、つまりの原因となっている汚れを取る
    穴を掘るように汚れを削り落とすのがコツです。ワイヤーブラシを取り出した際に脂や汚れが付いていれば、正しく清掃できています。
フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

キッチンの排水口つまり・対処時の注意点

これまでの項目では、キッチンの排水口でつまりが発生した際の具体的な対応方法についてご紹介してきました。排水口や排水トラップなどの汚れが原因の場合は、自分でも比較的簡単に対処できます。

ただし、個人で排水口のつまり対処する際は、いくつかの点に注意しながら行うのが重要です。

以下に対処時の注意点を記載しているので、事前に把握しておきましょう。
1、排水管自体は取り外さない
シンクから床面までに設置されている排水管は、比較的簡単な構造が採用されています。しかし、施工時に特殊な加工が施されていたり特殊なパーツを使用している可能性もあるので、安易に分解するのは避けるのが無難です。

また、取り付け時にミスがあると、水漏れが発生することもあります。シンク下で水漏れトラブルが起こると、床などを傷める原因にもなるので注意しましょう。

2、清掃の際に熱湯の使用は避ける
油汚れを溶かして落とすために熱湯の使用を検討する方もおられるでしょう。ただし、高温すぎるお湯は、排水管を変形させてしまう危険性があるので、50℃程度のお湯を使用しましょう。

排水管の素材には、一般的に塩ビなどのプラスチックが採用されています。塩ビおよびプラスチック製排水管の耐熱性は、60℃程度なので覚えておきましょう。個人では対応が難しい場合もあるので注意しましょう。

キッチンの排水口つまりの予防対策

キッチンの排水口につまりが発生した場合には、自分で対処を行ったり専門業者へ依頼する必要があります。ただし、つまりが発生してから対応したのでは、手間やコストがかかってしまいます。

キッチン排水口のつまりトラブルに悩まされないため、普段から予防対策を講じておきましょう。以下の項目では、キッチン排水口のつまりを予防する3つの対策方法を記載しています。

「油を流さない」「排水ネットを使用する」「排水口の定期的な清掃を実施する」などの予防法を詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

油を流さない

キッチンの排水口がつまってしまう原因として最も多いのは、油汚れによるものです。排水口から流れ込んだ油が排水管内で固まると、頑固にこびりついてしまいます。

また、油汚れに食材・洗剤・石鹸カスなどが付着し、大きな塊になって水の流れを妨げてしまう可能性もあるので注意しましょう。キッチン排水口のつまりを予防するには、普段から油を流さないように気をつけておくことが重要です。

調理時に出る油はキッチンペーパーで吸い上げたり凝固剤を使用して、ゴミ箱に廃棄するように心掛けましょう。

排水ネットを使用する

キッチンシンクの排水口には、一般的にゴミ受けが付いています。排水口に流れ込もうとする食材はゴミ受けに溜まり、細かいカスはそのまま流れてしまうことがあります。

ゴミを捨てる際に食材カスがこぼれ落ちてしまう可能性もあるので注意しましょう。排水ネットを使用すれば、ゴミ捨てが簡単に行えます。つまりの予防に効果が期待できるだけでなく、手入れの手間を軽減したい場合にも便利です。

排水ネットは、スーパー・ホームセンター・ドラッグストアのほか、100円ショップでも購入できます。比較的低価格で排水口がつまってしまうトラブルを回避できるので、試してみてください。

排水口の定期的な清掃を実施

キッチンの排水口を清潔な状態に保てれば、つまりの予防にも効果が期待できます。定期的なメンテナンスを行って、できるだけキレイな状態を維持できるように心掛けましょう。

排水口や排水トラップの汚れであれば、ブラシやスポンジを使用して比較的簡単に落とせます。排水管の油汚れを落としたい場合には、ワイヤーブラシや液体パイプクリーナーを利用してみましょう。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

自分で直せない、キッチンの排水口つまりはプロに相談

キッチンシンクの排水口がつまってしまった場合には、水が流せずに困ってしまいます。排水口がつまった際はパニックにならず、まず落ち着いて原因を特定しましょう。原因が把握できたら、自分で簡単に行える対応策を試してみるのがおすすめです。

ただし、自分で対処してもトラブルが解消されない場合には、専門業者への依頼も検討する必要があります。つまりの原因が自分で特定できない場合や、自分で対処する自信がない場合にも業者への相談がおすすめです。

24時間365日年中無休で対応できるイースマイルであれば、排水口つまりのトラブルへもスムーズに対応できます。トラブルが発生した際に時間や曜日を問わずご相談いただけるのがメリットです。

また、イースマイルでは、無料お見積りにも対応いたします。見積もりにご納得いただけない場合でもキャンセル料はかかりませんので、安心してご依頼ください。

水道局指定事業者のイースマイルには経験豊富なスタッフも多数在籍しています。水まわりのトラブルを解消したい場合には、気軽にご連絡ください。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

駆けつけ修理エリアは
全国各地に展開しています

対応エリア

北海道・東北地方
  • 北海道
  • 宮城県
  • 山形県
  • 福島県
北陸・信越地方
  • 新潟県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 長野県
関東地方
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 山梨県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
東海地方
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
関西地方
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
中国地方
  • 岡山県
  • 広島県
  • 島根県
  • 山口県
四国地方
  • 愛媛県
  • 香川県
九州・沖縄地方
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 鹿児島県
フリーダイヤル 各種お支払い方法
ページ上部へ
ページ上部へ