難聴のお客様へ
フリーダイヤル
最短20分で駆けつけ!
お急ぎの方!排水管・排水口
つまりは専門業者ですぐ解決!
  • 作業料金8,800円~
  • 最短20分駆けつけ
水のトラブルで困ったらまずはお電話ください!
0120-091-053
WEB限定
3,000円
割引
水道局指定店/
深夜・早朝でも対応!
イースマイル公式サイト TOP > 排水管・排水口のトラブル TOP > 排水管・排水口のお役立ちコラム > 排水管のトラブルを高圧洗浄機で解消!つまりの予防策や洗浄の頻度を解説
排水管のトラブルを高圧洗浄機で解消!つまりの予防策や洗浄の頻度を解説:イメージ
お役立ち

排水管のトラブルを高圧洗浄機で解消!つまりの予防策や洗浄の頻度を解説

水回りの汚れが排水管に蓄積すると、つまりなどのトラブルが生じてしまいます。とはいえ、つまり防止のために排水管を洗浄するタイミングや、業者に依頼するときの費用について、わからない方も多いのではないでしょうか。この記事では、つまりの原因をはじめ、高圧洗浄の概要や頻度、業者への対応について紹介します。

目次
フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

高圧洗浄の役割・仕組みについて


排水管のつまりを解消するためには、中を高圧洗浄をする必要がありますが、いったい高圧洗浄とはどのようなものなのでしょうか。高圧洗浄の仕組みや方法、高圧洗浄を行うメリット、デメリットについて説明します。

高圧洗浄機の仕組み

高圧洗浄とは、その名の通り高圧洗浄機を使って、水を高圧で噴射することによって、汚れを除去する方法です。この方法であれば排水管内にこびりついた汚れも比較的時間をかけずに取ることができます。

高圧ホースの先端についた特殊なノズルから水を強力噴射することで、洗剤や薬液を使わず、水の力だけで汚れを落とせる点が大きな特長です。噴出した水の力により、排水管の奥の方まで汚れを除去することができます。

なぜ高圧洗浄機が必要なのか

しかし、なぜ排水管の清掃に高圧洗浄機が必要なのでしょうか。主な理由は、排水管や配管に生じたつまりを除去するためです。排水管の内側の汚れは、機械を使わない限り容易に取り除くことができません。

また、汚れが蓄積すると排水管に水が流れなくなったり、排水管が故障したりします。また、排水管には排水トラップとして多くのカーブがあるため、高圧洗浄機のホースを上手に操作して洗浄しなければなりません。

高圧洗浄が必要なサイン

とはいえ、高圧洗浄が必要になるタイミングはそう頻繁にありません。どのような兆候が見られたら高圧洗浄が必要なのでしょうか。

ここで家庭の水回りに目を向けてみましょう。水が流れない場合は言うまでもありませんが、水しか流していないのに流れが悪くなっていたり、ゴポゴポといった何かがつまっているような音がしたりすれば要注意です。

排水口から水が逆流したり、嫌なにおいがしたりするのも高圧洗浄が必要だということを示しています。

また、前回の清掃からどのくらいの年数が経っているのかも重要です。大体の周期を把握しておくと、本格的につまる前に対処することができます。

高圧洗浄をせずにつまりを放置すると、悪臭がひどくなり、さらに虫がわくことも考えられます。小さなサインを見逃さずに、つまりを解消する対策を行っていきましょう。

排水管がつまった後に業者に依頼すると、つまりが生じている場所を明らかにして高圧洗浄を行うことになり、手間も時間もかかります。原因によっては大掛かりな高圧洗浄になってしまい、費用もかさみ排水管への負担も増します。

さらに、マンションなどに住んでいる場合は、排水管がつまると近隣の部屋に水漏れの被害が及び、トラブルになりかねません。

高圧洗浄を自分で行うメリット・デメリット

高圧洗浄機には業務用と家庭用のものがあり、家庭用の高圧洗浄機を購入して自分で高圧洗浄を行うことができます。家庭用の高圧洗浄を自分で行うことには、どのようなメリット・デメリットがあるでしょうか。

メリットは、一度高圧洗浄機を購入すれば何度でも使用でき、業者に依頼する費用を抑えられるという点です。高圧洗浄機を自在に扱えれば、費用はかなり節約できるでしょう。

自分の裁量で高圧洗浄機を使えるため、時間帯も気にせず、どのような排水管にも使用できるのも利点と言えるでしょう。

一方、デメリットは購入した高圧洗浄機が不良品であったり威力が弱かったりする恐れがある点です。安い高圧洗浄機は往々にして品質が悪く、使い勝手が悪いものです。数回使用しただけで壊れたり、結局汚れが取れなかったりするのでは意味がありません。

長い目で見れば高圧洗浄機を購入したほうが費用を抑えられるとはいえ、家庭用の高圧洗浄機には高額なものもあります。購入費用に見合った効果を得られなければ、かえって損をするでしょう。さらに、手入れや部品交換なども自分で行わなければならず、手間だけでなく知識も必要になることを押さえましょう。

また、排水管にはカーブがあるため、高圧洗浄機をうまく操作する必要があります。排水トラップの数や高圧ホースの硬さによっては排水管の中に入れるのが難しく、汚れを洗浄することができません。器用さや排水管の形状を理解することが求められるでしょう。

さらに、高圧洗浄により汚れや汚物が流れ出てくるため、周囲の衛生状況にも気を配る必要があります。

高圧洗浄を業者に依頼するメリット・デメリット

高圧洗浄を業者に依頼するメリット・デメリットについて説明します。
メリットとしては、業者はプロフェッショナルであるため、自分で洗浄する場合と異なり、安心して任せられるということです。

業者が使用している業務用の高圧洗浄機は、市販のものよりも高性能で強い威力が出るため、確実につまりを解消してもらえます。自分で高圧洗浄を行うと、周囲の衛生状況に気を配る必要がありますが、業者が準備も含めてすべて行ってくれるため、負担もかかりません。

デメリットについては、やはり費用面です。業者に依頼すると、自分で高圧洗浄をする場合に比べて費用が掛かります。業者に依頼し、見積を取ってもらうまで、正確な料金がわからないのも不安材料です。

さらに、中には悪質な業者もいるため、依頼していないのに見積料金や出張費として高額な請求をされる恐れもあります。見積を依頼する前に確認して、見積料金が無料の業者を選ぶことをおすすめします。

高圧洗浄の方法

高圧洗浄を行う方法は、住んでいる家によって異なります。マンションの場合は、下から上に高圧洗浄を行う必要があります。下の階の排水管の汚れがたまった状態で上の階から高圧洗浄を行い、汚水が流れると水漏れや漏水事故を起こしかねません。

すべての高圧洗浄が終了したら、排水テストをしてきちんと水が流れるのか、漏水はないかを確認します。居住者にも排水状況や排水トラップに問題がないか、目視で確認してもらってから、終了します。

フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

高圧洗浄が必要になる前に知っておくべきつまりの原因と対策


高圧洗浄が必要になる段階は、つまりが深刻化しています。建物の築年数が経っていると排水管のつまりも生じやすくなりますが、場所によりつまりの原因は異なります。高圧洗浄が必要になる前に、つまりの原因を押さえて対策をすることが重要です。

トイレの排水管

トイレの排水管は、家の中でも特につまりが生じやすい場所の一つです。流してはいけないものや、注意すべき点を説明します。

原因1: 水に溶けないもの

水に溶けないものはつまりの原因になるため、トイレに流してはいけません。

また、トイレットペーパーのように水溶性のものでも、流す量が多ければがつまるおそれがあります。トイレットペーパーだけでなく、ティッシュペーパーや生理用品などもつまりの原因になるため。生理用品や掃除に使ったものは、流さずにゴミ箱などに捨てましょう。

また、スマートフォンなどをポケットに入れたままトイレに入ると、便器の中に落としてしまう可能性もあります。ふとした瞬間にトイレの中に異物を誤って落とすことは充分あり得るため、常に気を配る必要があります。

原因2: 食べ物

食べ物や吐瀉物もトイレに流さないようにしましょう。食べ物のような固形物はなかなか流れ切らないため、たとえ少量でも、つまりの原因になってしまいます。

さらに、食べ物に含まれる油分には要注意です。油が混じった汁や、炒め物に使われた油などが冷えて固まると排水管の内側にこびりつきます。吐瀉物についても同様であり、トイレに流すと水の流れが悪くなったり、流れなくなったりするので、充分に気をつけなければなりません。

原因3: 水流の圧力不足

固形物や異物を流していなくとも、水流の圧力不足によってつまりが生じる場合もあります。水を流す際の勢いが明らかに弱い場合は、トイレの水量を調節する役割がある止水栓がしっかり開いているかを確認しましょう。
また、節水のためと称して、トイレのタンクの内部にペットボトルを沈めている人がいます。しかし、これはトイレのつまりの原因になるため控えましょう。

トイレのタンクの中にはさまざまな部品が収められていますが、ペットボトルを入れることで圧迫されて壊れることも考えられます。部品が壊れると水流が弱くなり、しっかり流すことができません。

確かにペットボトルを入れれば若干の節約にはなりますが、排泄物などを流すのに適当な水量を無理に減らすため、何度も使用するうちにつまってしまうのです。

ペットボトルを入れると、水が止まらなくなるといったトラブルが起きてしまいます。排水管のつまりだけでなく、状態が悪化すれば排水管の故障や、便器やタンクの故障につながってしまうことも考えられます。

節約をするどころか、つまりや故障によって高額な修理費用が生じてしまいます。さらに、トイレのレバーを「大」にして流すべきところを、「小」にして流すのもおすすめできません。

トイレのレバーが「大」で流すときの水量は8L、小」で流すときの水量は6Lと、2Lの差があるため、流すものの量が多い場合は、「大」を使いましょう。これを理解せず、レバーを「小」にして流すと、つまりが発生しやすくなってしまいます。

予防策

トイレが一度つまると、通常は自然に解消されません。自力で解消できない場合もあるため、トイレをつまらせないように気を付けましょう。トイレットペーパーを多く流す場合は小分けにすることを心がけましょう。

もし、誤って固形物を流してしまった場合は、目に見えるものは取り除きましょう。トイレのレバーの「大」や「小」についても、場合に応じて適切に使い分ける必要があります。

トイレは毎日何度も使用するため、汚れやすくつまりやすい場所です。パイプクリーナーなどを用いて定期的にトイレを清掃し、詰まらせないようにしましょう。

キッチンの排水管が詰まる原因と予防策

キッチンの排水管がつまる原因と、どのようにして予防していけばよいのかについて説明します。

原因1: 油汚れ

キッチンの排水管がつまる原因で最も多いものは、油汚れです。日々の生活では揚げ物をして大量に廃棄油が出たり、皿やフライパンに油汚れが付着したりするものですが、これらをそのまま排水管に流すのは控えましょう。

排水管に流した油は冷えると固まり、そこにゴミが付着します。すると排水管の内側にこびりついた汚れとなり、排水管を詰まらせます。

原因2: 洗剤や石けんカス

油汚れに加えて、洗剤や石けんカスにも注意しましょう。台所は、家庭の中で一番洗剤を多く使う場所です。しっかり洗剤を流さなければ蓄積してつまりの原因になります。

手洗いなどで石けんを使う度に、皮脂などの汚れと反応して石けんカスができてしまいます。時間が経つほど石けんカスは落ちにくくなるので早めの対応が必要です。

原因3: 食べ物くず

食べ物のくずが流れることでもつまりは生じてしまいます。細切れになった食材や食べ残しは、時に排水口のゴミ受けやネットをすり抜けて、他のゴミや汚れと混ざるうちに排水管をつまらせます。特に網目の間から流れやすい麺類や、水でふやけるうちにペースト状になった食べ物くずにも注意しましょう。

ゴミ受けにたまった食べ物くずを放置すると雑菌が発生してヌメリも生じ、より水は流れなくなります。やがて悪臭も生じ、虫なども寄ってきやすくなるでしょう。

原因4: 固形物

食べ物以外の、輪ゴムや爪楊枝、食材のキャップやパッケージの切れ端などの固形物を流さないようにすることも重要です。排水口には排水ネットなどを取り付けている家庭は多く、あまりにも大きな固形物は流れていかないような構造になっています。

しかし、ネットが壊れていたり、排水口掃除の際に落下したりすると、排水管に固形物がつまってしまうかもしれません。特に掃除用具などが落ちると、自力では中々取り除けません。

予防策

キッチンの排水管をつまらせないように、日頃から対策が必要です。日ごろから台所を掃除して、汚れがたまらないように心がけましょう。油汚れについては、そもそも油を流さないようにしましょう。大量の油を捨てる時には、布や紙などであらかじめ吸い取り、ふき取ってから洗うことが大切です。

洗い物をする際は水ではなくぬるま湯を使う、洗い物が終わった後にお湯を流すといった対策も重要です。

お湯といっても熱湯ではなく、50度くらいのお湯にしましょう。台所の排水管の多くは塩化ビニール樹脂からできており、その耐用温度は60度から70度であるため、100度近い熱湯を流すと排水管が変形する恐れがあるのです。

また、酸性の石けんカスの掃除にはアルカリ性洗剤が有効です。排水口のゴミ受けやネットにゴミが蓄積しないように、頻繁に取り換えましょう。

一日の終わりには、ゴミ受けやシンクを掃除しましょう。固形物が落ちないように、排水口やシンク周りには物をなるべく置かないようにすることも重要です。市販の洗浄剤を排水口に流して洗浄して、台所を清潔なまま保っていくことが対策になります。

お風呂の排水管が詰まる原因と予防策

お風呂の排水管がつまるのは、いくつもの原因があります。原因をしっかり押さえて、つまらせないように予防していきましょう。

原因1: 髪の毛

髪の毛は、排水管つまりの原因としてメジャーなものです。成人の抜け毛は平均して一日に50から100本程度と言われています。抜けたという感覚がなくとも、いつのまにか抜けていた髪の毛がシャンプーやワックスを流す際に一緒に流れてしまうのです。

一人暮らしでもかなりの抜け毛があるのに、家族で暮らしていると一日に数百本もの髪の毛が抜け、排水管をつまらせてしまうでしょう。特に長い髪の毛はつまりの原因になりやすく、髪の毛に他の汚れやごみが絡まりさらに大きな汚れになることも考えられます。

原因2: 石けんカス

石けんカスやシャンプー、リンスなどの蓄積も侮れません。これらは普段、洗い流しているときには気にならないほどの小さいものですが、排水管の中に堆積したり、髪の毛と絡まったりすることにより大きくなっていきます。

石けんカスだけではそれほど大きな汚れにはなりにくいものですが、ホコリや髪の毛などと絡まることでドロドロした汚れになり排水管の内側にへばりつきます。

原因3: 皮脂などの汚れ

お風呂で体を洗うことにより、皮脂などの汚れが少しずつ落ちて流れていきます。皮脂に汚れや石けんカスなどが絡まると大きくなり、排水管がつまってしまいます。

雑菌も繁殖し、不衛生です。皮脂自体を流さないようにすることはほぼ不可能なので、掃除をすることによってつまりを無くしていきましょう。

原因4: 固形物

体から出るものだけでなく、固形物がつまりの原因になる場合もあります。詰め替え用のシャンプーの切り取った部分や、ヘアアクセサリー、カミソリの刃やシャンプーのボトルのキャップなどが流れてしまうと、排水管がつまってしまいます。

予防策

お風呂は毎日使用するものであり、使用人数や頻度が多いほど汚れやすくなります。日頃から清掃を心がけましょう。

固形物は流さないように注意し、その他の髪の毛や石けんカスは排水口にゴミ取りシートやネットなどを取り付けて取り除いていきましょう。

目に見える大きさの大体のゴミはゴミ取りシートにひっかかるため、前述のシャンプーのキャップやプラスチックゴミなどが排水管へ落ちるのも予防できます。ゴミ取りシートを交換すればよいだけなので、手入れも簡単です。

液体パイプクリーナーを流して、つまりの原因を溶かすことも定期的に行っていきましょう。製品に貼ってある指示に従い、用法を守って使用して下さい。指示通りの時間が経ったら水で流せばよいので、それほど手間はかかりません。週に1回程度行うと汚れがたまりにくくなります。

液体パイプクリーナーのほかにも、重曹やクエン酸を使ってヌメリをなくす、真空式パイプクリーナーなどを用いて固形物を除去するといった予防法もあります。いずれの場合でも、日々のメンテナンスが重要です。

洗面所の排水管が詰まる原因と予防策

洗面所の排水管も、次第につまっていきます。洗面所の排水管の内径は小さいため、対策をしないとつまりやすい傾向があります。何がつまってしまい、どうすればよいのかを説明します。

原因1: 髪の毛やヒゲ、ホコリ

髪の毛やヒゲ、ホコリなどが蓄積すると排水管がつまってしまいます。よほど注意しない限り、ドライヤーで髪を乾かした際の髪の毛、ヒゲを剃る際に出たヒゲなどが排水口に流れてしまうのです。

さらに、洗面台にたまったホコリやちりが流れ、他の汚れと絡まることによってもつまります。洗面所は浴室や玄関の近くにあることが多いために人の出入りも頻繁にあり、衣服の繊維などもたまりやすい場所です。

原因2: 水垢

排水口や洗面台に、白い点のような汚れがこびりつくことがありますが、これは水道水に含まれるマグネシウムなどの金属イオンが固形化した水垢であり、アルカリ性の汚れです。水垢や石鹼カスを放置するとヌメリが発生してつまりの原因になるので、早目に取り除くことが大切です。

原因3: 固形物

洗面所では身だしなみを整えるため、物を落とすこともあります。歯磨き粉や化粧品のキャップなどを落とさないようにしましょう。ヘアキャッチャーがあるため、ある程度の大きさのものは受け止められますが、ヘアキャッチャーの目よりも小さな物には要注意です。

特に女性は、ヘアピンやピアスなどの小物を落としがちなので、洗面所では外さないようにするとよいかもしれません。

予防策

洗面所の排水管がつまらないようにするために、まずヘアキャッチャーやゴミ受けを掃除してゴミがたまらないようにしましょう。洗面台自体にホコリが溜まらないように、小まめにふき取り掃除も行いましょう。

金属イオンを含む水道水は硬水であり、水垢がつきやすいため、軟水器などを取り付けて軟水だけが流れるようにすると、水垢はつきにくくなります。すでに付着した水垢に対しては、重曹やクエン酸、酸性の洗浄剤が有効です。

洗面所の排水管がつまらないようにするために、市販のパイプクリーナーを使って清掃していきましょう。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

業者による配管高圧洗浄


高圧洗浄は個人でも可能ですが、プロフェッショナルである業者に依頼すると安心です。依頼する前に、どういうポイントを押さえればよいのでしょうか。業者による配管高圧洗浄の費用の相場や頻度、注意点について説明します。

費用の相場と所要時間

業者に高圧洗浄を依頼したらどのくらいの費用や時間がかかるのか、相場を知る必要があります。相場を知らないと、業者に高額な請求を請求されても疑わずに支払ってしまうからです。逆に、極端に安い料金を提示する業者にも要注意です。

高圧洗浄にかかる費用は業者により異なりますが、戸建ての場合は2、3万円前後が相場であり、マンションの場合は少し高めの25,000円から35,000円前後が相場とされています。

使用する機械や作業内容が変化するため、建物の高さや排水管の長さによっても費用は変動することを押さえておきましょう。高圧洗浄の所要時間は、1つの部屋あたり10分から15分程度であり、排水桝などの清掃を含めても2、3時間程度と言われます。

高圧洗浄の頻度

どのくらいの頻度で高圧洗浄を行うとよいのでしょうか。マンションに住んでいる場合は、管理会社がメンテナンスを担う場合が多く、定期的に高圧洗浄が行われます。

一軒家や戸建てに住んでいる場合は、自分で高圧洗浄を行うタイミングを決めなければなりません。忘れないようにカレンダーにチェックなどを入れておくことをおすすめします。

いずれの場合でも、半年から1年ごとに高圧洗浄を行うと排水管のつまりは生じにくくなるでしょう。つまりが生じてから高圧洗浄を行うのではなく、メンテナンスとして高圧洗浄を行うことが、何よりも排水管つまりの予防になります。

高圧洗浄の注意点

高圧洗浄をするうえで、どのような点に注意すればよいのでしょうか。
マンションの場合、高圧洗浄は前述のように下の階から始めることを押さえましょう。

また、あらかじめ住民に対して高圧洗浄を予告することが重要です。高圧洗浄では各部屋に入る必要があるため、その部屋の住人が不在だとマンション自体の洗浄を終了できません。高圧洗浄の予告が届いたら、排水管周りは掃除し、該当する時間帯は家にいましょう。

まとめ


排水管のトラブルが生じる原因は場所により異なりますが、キッチン、お風呂、洗面所のどの場所に生じたつまりでも高圧洗浄によって解消できます。

もしつまりが生じたら、自分だけで判断せずに優良な業者に依頼しましょう。イースマイルでは、年中無休で24時間依頼を受け付けているため、深夜にトラブルが起こっても対応してくれます。

全国に多数の拠点があるため、依頼後迅速に対応してくれるうえに、出張費、見積、深夜早朝料金、キャンセル料がかからないことも安心できるポイントです。

水道局指定給水装置工事事業者であるイースマイルは、設置関連全般の資格を有したスタッフで構成されています。トラブルが生じたら、まずは電話をしてみることをおすすめします。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する
駆けつけ修理エリアは
全国各地に展開しています

対応エリア

北海道・東北地方
四国地方
フリーダイヤル 各種お支払い方法
ページ上部へ
ページ上部へ