難聴のお客様へ
フリーダイヤル
最短20分で駆けつけ!
お急ぎの方!蛇口修理は
専門業者ですぐ解決!
  • 作業料金8,800円~
  • 最短20分駆けつけ
水のトラブルで困ったらまずはお電話ください!
0120-091-053
WEB限定
3,000円
割引
水道局指定店/
深夜・早朝でも対応!
イースマイル公式サイト TOP > 水漏れのトラブル TOP > 蛇口のお役立ちコラム > 蛇口交換は自分で簡単にできる!水漏れしたときに役立つポイント
蛇口交換は自分で簡単にできる!水漏れしたときに役立つポイント:イメージ
交換

蛇口交換は自分で簡単にできる!水漏れしたときに役立つポイント

蛇口から水漏れしていると、ほんの少しだとしても気になるものです。修理を依頼するため、すぐ業者に連絡する方もいますが、蛇口の水漏れの修理や交換は自分でも行えます。本記事では、蛇口から水漏れしているときの対処法や不具合の原因、業者に依頼すべきケースなどについて解説します。
目次
フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

蛇口から水漏れ!まず何をしたらよい?

蛇口からポタポタと水が漏れていても、すぐに業者を呼ぶ必要はありません。このような症状の修理はセルフでも行えるため、まずは落ち着いて行動しましょう。

まずやるべきことは、止水栓の操作です。台所やトイレ、洗濯機、浴室などの水周りに設置されている蛇口には、一般的に止水栓と呼ばれる給水を止める装置が備わっています。止水栓を操作すれば水が蛇口へ送られなくなるため、ひとまず水漏れが止まります。

止水栓にはハンドルを回すタイプ以外に、マイナスドライバーを用いて水を止めるものもあります。どちらのタイプか確認した上で操作しましょう。

水道設備が古い場合は、止水栓が備わっていないこともあります。その場合は、水道の元栓を閉じれば水漏れが止まります。ただし、不具合が発生していない正常な蛇口からも水が出なくなるため、注意が必要です。

元栓や止水栓を操作すれば、ひとまず水漏れは止まりますが、あくまでこれは一時的な処置です。根本的に解決するためには、水が漏れている箇所を確認しなくてはなりません。水漏れ箇所を確認したら、適切な手順で修理を行います。修理方法については、後ほど詳しく解説します。

フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

蛇口、水栓はどんな種類がある?

具体的な修理方法を知る前に、蛇口や水栓の種類を事前に把握しましょう。キッチンや浴室、洗面台など、場所によって設置されている蛇口や水栓が異なるケースは多々あります。

キッチンの蛇口

住宅のキッチンでは水だけでなくお湯を使うため、混合水栓がよく用いられます。混合水栓とは、給水管と給湯管から供給される水と湯を混合し、蛇口から出すタイプの水栓です。

キッチンに用いられる水栓は、一般的に壁付きのツーハンドルもしくはシングルレバー混合栓です。近年は少なくなりましたが、水かお湯のどちらかしか出ない単水栓が設置されるケースもあります。

キッチンには、台付きタイプと呼ばれる水栓もよく用いられます。シンクに穴を開けて給水管・給湯管と器具を接続するタイプです。取り付け穴が1つのものをワンホール、2つのものをツーホールと呼び、シングルレバータイプやツーハンドルタイプなどに分かれます。

浴室の蛇口

浴室に取り付けられるのも、混合水栓が一般的です。多くの浴室には、洗い場用と浴槽用として、それぞれ水栓が設置されています。浴室用の水栓は、シャワーを備えたものが多いことが特徴です。

浴室の壁から給水を行う壁付混合水栓や、サーモスタット混合水栓がよく用いられます。近年の新築住宅や新築マンションでは、サーモスタット搭載の水栓を設置するケースが増えています。温度を自動で調整する機能を備えており、最適な温度でお湯を供給できます。

台付サーモスタット混合水栓もポピュラーです。こちらは浴槽に設置するタイプで、浴槽の内側に配管があります。数はあまり多くありませんが、浴槽近くのタイルなどに器具を埋め込んで設置するタイプもあります。

洗面台の蛇口

洗面台の蛇口には、一般的に混合水栓が設置されます。相当古い洗面台であれば単水栓が備わっているものもありますが、近年はあまり目にしません。新築やリフォームなどでよく採用されるのは、水とお湯の両方を利用できる混合水栓です。

洗面台の蛇口の多くは、直接洗面台に取り付けられています。市販されている洗面台の多くも、水栓の取り付けを前提として設計されており、最初から配管用の加工が施されているものもあります。

よく見られるのは、ワンホールのシングルレバー混合栓です。1つの取り付け穴を利用し、1つのレバーで水量や温度を調節します。全体的にスッキリとした見た目に仕上がるのが特徴です。またツーホールのシングルレバータイプや、ツーハンドルタイプの混合栓が設置されるケースもあります。

洗髪用のシャワーを備えた混合水栓もよく見られます。洗面台にシャワーを格納できるものが多く、使用する際はシャワーヘッドを引き出します。

その他の場所

洗濯機に給水している蛇口から、水漏れが発生することもあります。洗濯機の給水には単水栓を用いるケースがほとんどで、洗濯機用の水栓には給水ホースをワンタッチで接続できるように加工されたものもあります。

蛇口とは直接関係ありませんが、給水ホースから水漏れすることもあります。洗濯スペースに水漏れの形跡がある場合、まずは蛇口と給水ホースのどちらから水が漏れているのか確認しましょう。場合によっては、排水ホースから漏れていることもあります。

洗車や庭の手入れ用として、屋外に蛇口を設置するケースも少なくありません。混合水栓が用いられるケースは少なく、ほとんどが単水栓です。屋外用の水栓は、他人による使用を防ぐためにハンドルの脱着ができるものや、デザイン性が高いものなどがあります。

【水栓別】水漏れが起こりやすい箇所

蛇口から水が滴るケースのほか、ハンドルのそばや取り付け穴付近など、水漏れのパターンはいくつかあります。水栓によって水漏れが起こりやすい箇所が異なるため、ここで確認する必要があります。

単水栓


単水栓で水漏れが発生しやすい箇所は、水が出てくる先端部です。ポタポタと水が滴るため、水漏れの発生を把握しやすい箇所といえます。ハンドルやレバーをきちんと締めているのに、先端から水が滴り落ちる場合は、何らかのトラブルが発生していると考えられます。

ハンドルの根元から、水が漏れるパターンもあります。少しずつ水が漏れている場合は、水を出したときに濡れたものと勘違いして、放置してしまうことも少なくありません。「ハンドルの周辺がいつも濡れている」と感じたら、要注意です。

単水栓によっては、長めのパイプを用いて延長しているものもあります。このようなタイプは、パイプと本体の接続口から水漏れすることがあるため、注意が必要です。また、蛇口を取り付けている壁や台との間から水が漏れるケースがあることも覚えておきましょう。

シングルレバー水栓

シングルレバー水栓も単水栓と同様に、吐水口の先端から水漏れが起こるケースが多いです。漏れている水量が多いと滴る量も多くなるため、音が気になることもあります。

シングルレバー水栓は、複数のパーツを組み合わせた構造になっています。胴体部分は複数のパーツで構成されており、そこから水が漏れるケースも少なくありません。「胴体の周辺が常に湿っている」といった場合は注意が必要です。

根元部分にも注意してください。台との接続部分から水が漏れていると周辺が濡れるため、すぐに気が付くでしょう。また、レバーハンドルの周辺から水が漏れることもあります。

ツーハンドル混合水栓

ツーハンドル混合水栓で水漏れしやすい箇所は、吐水口です。また、ハンドルの下部から水があふれる、吐水口の根元から漏れるといったケースも少なくありません。

壁付混合水栓の場合は、本体と壁面の接続部分から水が漏れることもあります。この場合は接続部分から漏れた水が壁をつたって流れ落ちるため、すぐに気付くでしょう。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

そもそも蛇口から水漏れする原因とは?

蛇口から水漏れする原因は、いくつかあります。例えば、吐水口から水がポタポタと滴るような場合は、水栓内部のケレップと呼ばれる部品が劣化している可能性があります。ケレップはコマとも呼ばれる部品で、ゴム素材が使われている部分が劣化しやすいのです。

ハンドルの根元から水が漏れる場合は、三角パッキンの劣化が考えられます。三角パッキンは、ハンドルの接続部分に用いられているパッキンです。こちらもゴム素材を使用したパーツなので、年月の経過に伴って劣化します。劣化が進むと、水圧に耐え切れなくなって水が漏れるのです。

本体とパイプの接続部分から水が漏れている場合は、Uパッキンが傷んでいるのかもしれません。パイプを接続するナットの内部に使われているUパッキンがダメージを受けていると、水漏れが発生します。パイプは左右に動かすことも多いため、Uパッキンには負荷がかかりやすく、劣化が進みやすいことを覚えておきましょう。

壁付混合水栓の本体と壁の接続部分から水が漏れている場合は、シールテープの劣化が考えられます。ネジ山に巻いていたシールテープが劣化すると、水漏れが発生します。

シングルレバー水栓は、バルブカートリッジやOリングの劣化、レバーの緩みなどで水漏れを起こすことがあります。シングルレバー水栓やサーモスタット混合水栓などは部品が多く、構造も複雑なので、DIYで修理する際は注意しましょう。

自分で蛇口の水漏れを修理する方法


蛇口の水漏れの修理や器具の交換は、セルフでも可能です。ただし、修理する水栓のタイプによって取るべき行動は変わります。ここでは単水栓と壁付混合水栓、シングルレバー混合栓の修理方法を解説します。

単水栓と壁付混合水栓

吐水口から水が滴る場合は、ケレップを交換しましょう。ケレップは、ホームセンターやネット通販などで購入できます。スパナやモンキーなどを使用してハンドルを外し、既存のケレップを取り出して新しいものを取り付けます。取り替えた後はハンドルを元に戻して、直っているかどうか確認しましょう。

ハンドルの根元から水漏れしている場合は、三角パッキンを交換すると解決できます。ハンドルを取り外すとナットの中に台形のパッキンがあるので、取り出して新しいものに替えてください。ナットを締める際、強く締めすぎるとハンドルが重くなるので注意しましょう。

Uパッキンを交換すると、本体とパイプ接続部の水漏れを解消できます。接続部のナットを工具で緩めて外し、Uパッキンを新しいものに交換しましょう。Uパッキンは挿入する方向が決まっているため、事前に確認してください。

本体と壁の接続部分から水漏れしている場合はシールテープの劣化が疑われるため、新たに巻き直しましょう。本体を壁から取り外し、シールテープを巻き直した上で取り付けます。

壁付混合水栓

壁付混合水栓は単水栓よりも接続部分が多いため、その分水漏れする箇所も多くなります。例えば、2本の取り付け脚と本体の接続部分は、水漏れが起こりやすい箇所です。

これは、偏心管パッキンの劣化が主な原因です。片方から水漏れしている場合でも、両方新しいものに交換することをおすすめします。取り付け脚と本体をつなぐナットを緩めて取り外し、パッキンを交換した後ナットを締めましょう。

壁付混合水栓の取り付け脚と壁の接続部分から水が漏れている場合は、シールテープの劣化が考えられます。この場合は本体を取り外した後、取り付け脚を取り外してシールテープを巻き直してください。

取り付け脚を外す際、捻るように力を加えると、壁内部の配管にダメージを与えるおそれがあります。内部の配管が破損すると、自分の手には負えなくなるため慎重に作業を行いましょう。

シングルレバー混合栓

吐水口からの水漏れは、バルブカートリッジやOリングなどの劣化が原因です。バルブカートリッジは、型番に合ったものを選ぶ必要があります。レバーを本体から外し、古いカートリッジを取り外して新しいものを取り付けましょう。

胴体部分の継ぎ目から水が漏れている場合は、パッキンを交換する必要があります。UVパッキンやOリングなど、内部のパッキンの劣化が考えられるので、新しいものに交換しましょう。交換する際は、胴体部分の分解が必要です。

レバーハンドルの下から水が漏れている場合はハンドルが緩んでいる可能性があるため、緩みがないか確認してください。緩みや破損がなければ、バルブカートリッジを交換します。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

自分で修理できない場合は早めに業者へ依頼


自分で修理できない、チャレンジしたが直らない、といった場合は専門業者に依頼することをおすすめします。水漏れを放置していると、余計な水道料金を支払わなければなりません。

また、工具の扱いに慣れていない方が無理に修理しようとすると、力加減を誤ってかえって状況が悪化するおそれがあります。正常なパーツが破損する、壁内部の配管がダメージを受けるといったことも考えられるため、無理に修理を行うのは控えたほうがよいでしょう。

蛇口からの水漏れにはさまざまな原因があるため、原因に応じた修理が求められます。専門業者であれば、すぐに原因を特定して適切な処置ができます。スピード対応を得意とする業者であれば、迅速に問題を解決してくれるでしょう。

業者に依頼するべき水漏れの症状とは?

わずかに水が漏れている場合は、すぐには被害が大きくならないと考えられるため、自分でも解決できるでしょう。しかし、勢いよく水が漏れている場合は、速やかに業者に依頼すべきです。

勢いよく水が漏れていると、短時間で多くの水道料金がかかります。アパートやマンションに住んでいる場合は、洗濯機に給水する水栓から大量に水が漏れると、階下の部屋まで被害が及ぶかもしれません。すぐに対処が必要な場合は、専門業者に依頼するべきです。

水漏れではないものの、ハンドルやレバーが固くて外れない、グラグラしている、といった場合も業者に相談したほうがよいでしょう。無理に力を加えると、本体が破損するおそれがあります。

業者に依頼した場合の費用相場

蛇口修理の費用は、修理内容や依頼する業者によって変わります。修理代金のほかに、出張料金や駐車場代、時間外料金などが発生することもあるため、注意が必要です。

水漏れ修理費用の相場は、8,000〜1万1,000円です。水栓のタイプや交換が必要な部品によって、費用は変わります。蛇口交換の場合は、8,000〜1万7,000円が相場です。これは工賃であり、別途水栓の代金がかかります。

業者のホームページで料金をチェックする際は、総額なのか工賃のみなのかを確認しましょう。また、別途発生する費用も把握しておくと安心です。緊急でない場合は事前に見積もりをしてもらい、正確な料金を確認した上で依頼しましょう。

まとめ

蛇口からの水漏れの修理や交換は、DIYでも対応可能です。「自分で何とかしたい」「できるだけお金をかけたくない」という方は、本記事を参考にしてDIYでの修理にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ただし、状況によっては専門業者へ依頼したほうがよいケースもあります。「大量の水が漏れている」「一刻も早く何とかしたい」といった場合は、専門業者に依頼することをおすすめします。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

駆けつけ修理エリアは
全国各地に展開しています

対応エリア

北海道・東北地方
四国地方
フリーダイヤル 各種お支払い方法
ページ上部へ
ページ上部へ