難聴のお客様へ
フリーダイヤル
最短20分で駆けつけ!
お急ぎの方!お風呂つまりは
専門業者ですぐ解決!
  • 作業料金8,800円~
  • 最短20分駆けつけ
水のトラブルで困ったらまずはお電話ください!
0120-091-053
WEB限定
3,000円
割引
水道局指定店/
深夜・早朝でも対応!
イースマイル公式サイト TOP > お風呂つまり・水漏れ・交換修理 TOP > お風呂のお役立ちコラム > お風呂の修理にかかる費用の相場…DIYのリスクや依頼のポイントを解説
お風呂の修理にかかる費用の相場…DIYのリスクや依頼のポイントを解説:イメージ
修理

お風呂の修理にかかる費用の相場…DIYのリスクや依頼のポイントを解説

「お風呂の修理にはいくらかかるんだろう」「自分で修理できるものなのか」
そのような疑問をお持ちではないでしょうか。ここでは、お風呂に異常があった場合のチェック項目から、修理費用の相場、業者に依頼する際のポイントまで、わかりやすく解説します。
目次
フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

お風呂を修理する前のチェックポイント

お風呂に異常が見られた場合は業者に相談するのが定石ですが、その前に状況を確認しましょう。自力で解決できるような、軽度の異常かもしれません。ここでは、お風呂を修理依頼する前にチェックするポイントについて解説します。

排水口のつまり

お風呂の異常でよくあるのが、排水口のつまりです。排水口のつまりも、軽度のものなら自力で解決できます。

つまる箇所は大別すると2つあり、一つはゴミ受けや排水トラップなどがある排水口付近、もう一つがその奥の排水管の中です。

前者の場合は、ゴミ受けや排水トラップなどを外せば水が流れるようになります。外した部品に髪の毛やほこりなどのゴミがつまっていることが原因なので、それらをキレイに掃除することで解決できます。

排水トラップなどを外しても直らない場合は、排水管の奥に洗剤カスやほこり、あるいはカミソリの刃やシャンプーのキャップのような固形物がつまっている可能性があります。その場合は、パイプクリーナーなどで溶かすと改善されることがあります。
それでも直らない場合は、プロの業者に修理を依頼しましょう。

水の出が悪い

水の出が悪い場合は蛇口やシャワーホース、ヘッドの水漏れ、あるいはカランとシャワーの切り替えハンドルの不調が考えられます。

水漏れが原因の場合は、まず漏れている箇所を確認しましょう。水漏れの多くは、中のパッキンが劣化することによって起こります。止水栓を閉めて水を止めた後、該当部分をレンチなどで分解します。ホームセンターなどで購入できる新しいパッキンと交換すると、改善することがあります。

切り替えハンドルも、ホームセンターや通販で購入が可能です。ただし型番やメーカー、互換性などをしっかり確認した上で交換しましょう。これらに異常がない場合は蛇口本体の故障が考えられるので、業者に修理を依頼しましょう。

水漏れがある

お風呂場の主な水漏れ箇所は、以下のとおりです。

・蛇口
・シャワーヘッド、ホース
・給湯器
・換気扇
・浴槽
・床下、壁内部の配管類

蛇口のパッキンやボルトの緩み、シャワーヘッドの交換などは比較的容易なので、自力で解決できるケースが多いです。以下のような場合は、基本的に自力で解決できると考えてよいでしょう。

・水漏れ箇所が明確にわかる
・交換部品を入手できる
・交換方法がわかる

このような場合は、DIYでの解決を検討してもよいでしょう。

浴槽の小さなひび割れはパテや補修テープなどで補修できますが、あくまでも一時的な処置に過ぎません。そのまま使用を続けると、ひび割れが大きくなります。

内部が複雑な給湯器からの水漏れや、排水管内の破損などは素人が修理するのは難しいため、業者に修理を依頼したほうがよいでしょう。

フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

お風呂の修理にかかる費用の相場を部位別に解説

ここでは、お風呂の部位別に修理費用の相場を紹介します。ただし、修理費用は症状によってある程度変動します。

蛇口やシャワーの水漏れ

蛇口やシャワーからの水漏れの場合、修理費用の相場は3,000円~30,000円です。パッキンの交換や接続の緩みが原因の場合は比較的安価ですが、業者に修理を依頼すると出張料がかかるため、10,000円を超えることもあります。

蛇口本体を交換しなければならないケースでは、修理費用がさらに高額になることもあります。

DIYで対応する場合、蛇口のパッキンは数百円で販売されているので、修理費用はかなり安く済むでしょう。シャワーヘッドは、数千円のものから数万円のものまであります。

排水口や排水管のつまり

排水口や排水管つまりの修理費用の相場は、8,000円~18,000円です。症状は水の流れが悪い、悪臭がするといったものですが、悪臭がする場合は排水管の奥がつまっている可能性があります。

つまりがひどい場合は高圧洗浄機を使うため、修理費用が高くなります。高圧洗浄機を用いて修理を行う場合の費用は、業者や排水管の長さ、立地、状況などによって変わります。

浴槽の修理・塗装

浴槽の修理・塗装費用は、浴槽の種類や修理の規模によって大きく変わります。浴槽の材質は、ガラス繊維強化プラスチック(FPR)や人造大理石、ホーロー、ステンレスなど、種類が多岐に渡るからです。

ガラス繊維強化プラスチックや大理石のひびやサビ、カビは塗装で対処するケースが多く、塗装の費用相場は9万5千円〜15万円です。浴槽を交換する場合、ホーローの浴室などは比較的高価ですが材質によって変わり、相場は1万円〜40万円です。

浴室のドアの修理

ドアの故障では、うまく開かない、パネルが破損しているといったケースが多いです。

ドアの建付け調整やドアパネルの修理費用の相場は1万5千円~3万円で、扉全体を交換しなければならない場合は5万円~16万円が目安です。

ただし、ドアのタイプによって相場は異なり、ドアの交換が一部か全体かによっても変わります。主なドアのタイプには、スイングドアとも呼ばれる開き戸タイプ、中間で縦に折れる折れ戸タイプ、スライドさせる引き戸タイプがあります。

ドアの外枠ごと交換する場合は作業に数日かかることもあるため、事前に所要日数を確認しておきましょう。

給湯器のトラブル

給湯器の主なトラブルは以下のとおりです。

・お湯が出なくなった
・温度が低い
・温度が不安定
・給湯器から水が漏れている
・中から異音がする

修理だけで済むか、交換が必要かによっても変わりますが、修理費用の相場は7千円~3万円、交換費用の相場は10万円~38万円です。

メーカーにもよりますが、一般的な給湯器の寿命は10年前後です。よって、すでに10年近く使用している場合は、修理で直るとしても交換したほうがよいでしょう。作業にかかる時間は、数時間から半日程度です。

給湯器に異常があった場合、早い段階で修理すれば安く済むこともあります。しかし異常を放置しておくと修理では直らなくなり、給湯器自体の交換が必要になるでしょう。

換気扇のトラブル

浴室は湿気が多いため、換気扇内にカビやサビが発生します。外気と浴室の温度差によって発生する結露がサビと混ざり、茶色い水が垂れてくることもあります。換気扇が動作しない、異音がするといったトラブルも少なくありません。

このような場合は、換気扇の修理・交換を検討します。

換気扇の修理費用の相場は3千円~5万円、交換費用の相場は3万円~15万円です。

費用相場は、修理の内容や換気扇の種類によっても変わります。交換の際に壁の一部を加工する場合は、費用がさらに高くなります。

壁・天井・床・タイルの交換

10年以上使用していて、壁や天井、床やタイルが傷んでいる、ひび割れている、カビが生えている、はがれているといった場合は、リフォームによる交換を検討しましょう。

各部位のリフォーム費用の相場は、以下のとおりです。

・壁のみ:8万円~30万円
・天井のみ:3万5千円~7万円
・床のみ:4万円~14万円
・壁・床・天井:10万円~30万円

浴室の天井は湯気で常に湿っていますよね。結露水も発生しやすいため、カビが発生しやすい部位といえます。天井で発生したカビは浴室全体に広がるため、放置すると健康にも悪影響を及ぼすことがあります。

天井をリフォームするなら、カビや結露対策にもなるパネルやフィルムの天井材がおすすめです。古い物件などでは天井裏に断熱材がないケースが多く、結露が生じやすいといえます。

暖房乾燥機のトラブル

洗濯物の乾燥にも使える暖房乾燥機の主なトラブルは、以下のとおりです。

・異音
・電源が入らない
・風量などの性能が低下

暖房乾燥機の中から「ギシギシ」「キュルキュル」といった聞きなれない音が聞こえた場合は異常の合図です。ベアリングなどの部品が摩耗していることが考えられます。

電源が入らないのはコンセントが抜けている、ブレーカーが落ちているなど、故障ではないケースも少なくありません。性能の低下は中にほこりが溜まっているケースが多く、フィルターを掃除すると改善されることがあります。

自力での解決が難しければ、修理や交換を検討しましょう。暖房乾燥機の修理費用の相場は1万5千円~5万円、交換費用の相場は10万円~40万円です。

DIYで行えるお風呂の修理

ここからは、DIYで行えるお風呂の修理について見ていきます。自分で修理できれば費用を抑えられるので、ぜひ参考にしてください。

シャワーヘッドの交換

シャワーヘッドの交換は、素人でも簡単にできます。シャワーヘッドにはホースとヘッドが一体になっているタイプと、ヘッドのみ交換できるタイプがあります。

ヘッドを交換できるタイプは、ヘッド部分を反時計回りに回すと簡単に外れます。長年の使用によって固着している場合は、ゴム手袋などをして回すと外しやすくなります。

シャワーヘッドは通信販売やホームセンターで購入できますが、もともと付いていたものと同じメーカーのものならそのまま交換が可能です。メーカーが異なるとアダプターが必要になることもあるので、メーカーや型番、規格はしっかり確認しましょう。ちなみに、アダプターも通信販売などで購入できます。

ホース一体型のシャワーを交換する際は、ホースの長さも考慮して選びましょう。最近はマイクロナノバブルによる美容効果や節水効果があるシャワーヘッドもあるので、機能性なども考慮しながら選んでください。

浴室の壁の塗装

浴室の壁の塗装はDIYでも対応できます。DIYに使用するのは、マスキングテープと下塗り剤、塗料です。その他、状況に応じてワイヤーブラシやサンドペーパー、補修材などが必要になることがあります。

まず、塗料を塗る面をキレイにします。水洗いをしたり、頑固な汚れはサンドペーパーなどでそぎ落としたりします。ひび割れている部分があれば、補修材でしっかり埋めておきましょう。

次に、塗料を塗らない部分にマスキングテープやビニールテープなどでマスキングします。塗料を塗る部分に下塗り材を塗り、5時間ほど乾燥させます。その後、上から塗料を塗って乾燥させます。下塗り剤を丁寧に塗ると、塗料の耐久性が上がります。

中には、浴室の壁がシートやパネルになっているところもあるでしょう。パネルとは防水加工が施された板のことで、掃除が容易、カビが生じにくいといったメリットがあります。パネルも市販されているので、適切にカットして貼り付けることでDIYでの修理が可能です。
その際は、以下の2点に注意してください。

・壁を完全にキレイにしてから貼る
・壁とパネルの間に水が入らないようにする

貼り付ける前の掃除が甘いと、パネルがはがれやすくなったり、カビなどが発生したりします。コーキング剤で隙間を埋めると、壁とパネルとの間に水が浸入するのを防ぐことができます。コーキング剤が完全に乾くまで数日かかりますが、表面は半日ほどで乾くのでお風呂はすぐに使えます。

タイルの重ね貼り

お風呂のタイルをDIYで貼りかえる場合は、タイルシートを使うと初めての人でも簡単にできます。タイルシートとは複数の小さいタイルを1枚のシート状にしたもので、タイルのように1枚ずつ貼る必要がありません。

いくつかデザインがあり、自分の趣味に合ったものを貼れば、誰でも個性的なリフォームができます。壁などとの間にできる隙間は、コーキング剤で埋めましょう。間違って他のところに貼らないように、マスキングテープを貼って作業を行います。

お風呂のDIYを行うときのリスクとは

お風呂のDIYを行う際は、いくつかのリスクに注意しなければなりません。ここでは、DIYを始める前に押さえておきたいリスクについて見ていきましょう。

ケガのリスクがある

DIYにはケガのリスクがあるので、細心の注意を払って行いましょう。DIYではドバイバーやレンチだけでなく、場合によっては電動のこぎりやカッターなどを使うこともあります。それらは使い方を間違えると、大ケガにつながります。

塗装に使う塗料や下塗り剤も、人体に無害ではありません。狭い空間で作業を行うことになるため、換気もしっかり行いましょう。塗料のような化学物質は有毒であり、引火性もあるからです。

使用する道具や材料、環境に潜むリスクを把握した上で作業を行ってください。

手間がかかる

修理やリフォームをDIYで行う場合は、時間と労力がかかります。使用する道具や材料、部品などの調達から作業まで、すべて自分で行わなければならないからです。

特に初めてDIYに挑戦する人は、想定以上に時間がかかるでしょう。多くのDIYの方法は、インターネットなどで検索すれば出てきます。「容易にできる」と記載されていても、初めて行う作業は慣れていないので、スムーズにはいかないものです。

DIYを行う場合は、以下のような内容を一つひとつ自分で確認しなければなりません。

・そもそもDIYができる箇所か
・材料や道具、部品の規格は間違っていないか
・DIYの手順や方法に間違いはないか
・作業環境に潜むリスクはないか

お風呂場は毎日使うものなので、作業に時間・日数がかかると、家族にも迷惑がかかるでしょう。

失敗する可能性がある

プロではない人がDIYを行うと、失敗することもあります。自分のイメージとは異なる仕上がりになったり、床や壁を傷つけてしまったりすることも考えられます。やり直せるレベルであれば問題ありませんが、場合によっては元に戻せないこともあるでしょう。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

お風呂のリフォームの失敗例

ここでは、お風呂のリフォームの失敗例をいくつか紹介します。同じような失敗をしないためにも、ぜひ参考にしてください。

新しい浴槽が狭い

よくある失敗に「リフォームしたら浴槽が狭くなった」というものがあります。見た目や機能にばかり目が行ってしまい、高さや広さなどのサイズ感を間違えてしまうという失敗です。家族全員が足を伸ばして、ゆったり入れるスペースがあるかどうかを確認してから浴槽を選びましょう。

浴室がカビだらけになる

タイルや床を貼りかえるといったリフォームを行った結果、カビが生えやすくなったという失敗例も少なくありません。現在使用している浴室にカビがないのであれば、材質が合わないのかもしれません。もともとお風呂は湿気が多い場所なので、材質が異なるものを使う場合は十分注意してください。

浴室が寒い

「ゆったりと過ごせるように浴室は広くしたい」と思う人は多いでしょう。しかし広ければ広いほど、浴室は寒くなりやすいといえます。夏場は気にならなくても、冬になると保温力の違いを強く感じるでしょう。また、広くなることで掃除の手間も増えます。

メンテナンスが大変

リフォームの際、「せっかくだから最新の機能を備えたお風呂にしよう」と考える人もいるでしょう。

しかし、機能を追加すればするほどメンテナンスに手間がかかります。最近は、ミストサウナやジェットバス機能があるお風呂もあり、また浴室にテレビを設置することもできますが、それらは本当に必要でしょうか。使うのは最初だけで、その後は使っていないのにメンテナンスだけやっている、ということにならないようにしましょう。

外からの視線が気になる

「リフォームをしたら外からの視線が気になるようになった」という声もあります。開放感を求めるあまり、窓を大きくしてしまったからです。開放感のあるお風呂は魅力がありますが、外からの視線を考慮して、窓の大きさはほどほどにしましょう。

窓を大きくすると窓の上部などが掃除しにくくなる、保温性が低下してお風呂場が寒くなる、といった弊害もあります。

プロの業者に依頼する際のポイント

「DIYはちょっとハードルが高い」という人は、プロの業者に依頼しましょう。ここでは、業者に依頼する際のポイントを紹介します。

見積もりを取る

業者に依頼する際は、なるべく複数の業者から相見積もりを取りましょう。そうすることで、最適な業者を見つけられるからです。見積金額が安すぎる場合は、使用する材質が粗悪だったり、型番が古かったりすることがあるので注意しましょう。相見積もりを取ることでそれらが浮き彫りになり、リスクを低減できます。

相見積もりを依頼する際の主なポイントは、以下のとおりです。

・なるべく同じ条件で見積もりを依頼する
・相見積もりであることをはっきり伝える
・予算もはっきり伝える
・要望をまとめて伝える
・最低3社から、できれば5社以上から相見積もりを取る

同じ条件で見積もりを取得するほうが、業者選びは容易になります。相見積もりであることを伝えることで断りやすくなるだけでなく、他社の提案についてアドバイスをもらうことも可能です。

予算を明確にしておけばその範囲で検討してくれますし、要望や優先度の高いものを伝えておけば予算を効果的に使えます。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

ショールームで実物を見る

リフォームを検討し始めたら、ショールームにも行ってみましょう。実物を見ることでイメージが湧くからです。サイズ感やデザイン、材質、形状などが異なる実物を見ることで、最適なものを見つけやすくなります。

バスタブなどに入ってみれば、サイズ感もはっきりわかるでしょう。家族全員が足を伸ばして入れる広さがあるかどうかも、確認するとよいでしょう。

しっかり説明してくれるかをチェック

業者の担当者が、丁寧にわかりやすく説明してくれるかどうかも重要なポイントです。こちらが素人の場合、見積もりの内訳や工事の概要、相場・材質が適切かどうかを判断できないからです。

そのようなことをこちらが理解できるように説明してくれる業者は、信頼できるでしょう。質問に対して明確に回答してくれるかどうかも、しっかり確認してください。

大幅な値引きには注意

びっくりするような大幅な値引きを行う業者は、警戒したほうがよいでしょう。何か裏があるかもしれないからです。例えば、もともとの金額が高く設定されており、値引きで釣ろうとしている、工事の内容がお粗末である、職人の経験が浅いといったことが考えられます。

また、見かけは安く見えても「工事費用は別途必要」など、不利な条件を小さく記載して目立たないようにしていることもあります。内容や規模にもよりますが、浴室を全体的にリフォームする場合の相場は100万円前後です。費用の相場も、業者を選ぶ際の参考になります。

DIYの腕に自信がないなら、浴室のリフォームはプロの業者に依頼するとよいでしょう。その際は本記事で解説したポイントを意識して、自分に合った業者を選んでください。

まとめ

お風呂場で特定の部位の修理が必要になった場合、不具合が軽度かつ原因が特定できるものはDIYでも修理できます。

修理費用は部位や程度によって大きく変わりますが、蛇口や給湯器の本体などを交換する場合は高くなります。浴室のリフォームでは、壁の塗装やタイルシートの貼り換えなどはDIYでもできますが、取り返しが付かない失敗やケガのおそれもあるため、できれば業者に依頼するほうがよいでしょう。

業者に依頼する際は、よくある失敗をしないように気を付けながら、業者選びのポイントを押さえて後悔のないリフォームにしてください。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

駆けつけ修理エリアは
全国各地に展開しています

対応エリア

北海道・東北地方
四国地方
フリーダイヤル 各種お支払い方法
ページ上部へ
ページ上部へ