蛇口のお役立ちコラム
イースマイル公式サイト TOP > 水漏れのトラブル TOP > 蛇口のお役立ちコラム > 蛇口の水漏れ原因はパッキン?どう対処する?
蛇口の水漏れ原因はパッキン?どう対処する?:イメージ
お役立ち

蛇口の水漏れ原因はパッキン?どう対処する?

蛇口のトラブルで多いのは水漏れです。蛇口周辺に水が溜まり、きちんと締めているつもりでもポタポタと水が落ちて止まらなかったり、周辺が濡れてしまったり。
水漏れの原因は、蛇口の種類によって違うことをご存知ですか?また、後付けの浄水器や分岐用水栓も要注意です。蛇口を定期的にメンテナンスしてトラブルの発生を防ぎましょう。
目次

気になる蛇口の水漏れ、その原因は?

台所やお風呂など住宅内にいくつもある水道。蛇口を閉めてもポタポタと水が出ている、蛇口の根元から水が漏れている、といった水漏れトラブルを発見した際は即座に対処したいですね。ストレスにもなりますし、余分に水道代もかかってしまいます。ではその原因は何が考えられるのでしょうか。

消耗部品(パッキンとカートリッジ)の錆びや劣化を疑おう!

水漏れの原因は、蛇口の種類によっても異なります。ハンドル式のものであれば、パッキンの消耗劣化とゴミや錆びによるつまりが挙げられます。対して、近年増えているシングルレバー式混合水栓であれば、どの部分から水が漏れているか、事前によく確認してください。水は先端やレバー部分から、または本体の根元部分のどちらか、あるいはその両方から漏れているはずです。先端やレバーの場合はカートリッジの消耗劣化、本体根元から漏れている場合は、カートリッジとパッキン両方の消耗劣化が考えられます。
水漏れで困った場合は、ご自宅の蛇口に応じて一度部品を確認されると良いでしょう。

浄水器や分岐用水栓を後付けしていませんか?

シングルレバーの蛇口に後から浄水器や分岐止水栓を取り付けている方はいませんか?
先端に浄水器を付けると重くなってしまいます。また、後から分岐金具を取り付けると蛇口や部品が摩耗するためどちらも噛み合わせが悪くなってしまうことがあります。水漏れの原因にもなってしまうので注意しましょう。さらに後付けは改造扱いになるため、メーカーの保障適用外になってしまいます。

水漏れの対処法

水漏れが発生した場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。軽度な水漏れなら直ちに水が使えなくなるわけではありませんが、放っておくと被害の拡大に繋がってしまいます。出来るだけ早く修理することをおすすめします。

考えられる原因の多くは消耗部品(パッキンやカートリッジ)の摩耗劣化です。部品はホームセンターでも販売されていることが多いので、自分で交換される際はメーカーや型番をきちんと調べて用意しましょう。交換する時は、必ず止水栓を閉めてから行うようにしてください。

交換したのに直らない!?

消耗部品を交換しても改善しない場合は、違う場所から水漏れを起こしている、または修理がうまくいっていない、ということも考えられます。修理の際は、水漏れ箇所を見極めることが重要です。また、内部が錆びてガタついているとパッキンを変えても水漏れが発生してしまいます。もし自分には手に負えないと感じたら、思い切って業者への修理依頼や交換を検討しましょう。

パッキンを長持ちさせる方法は?

水漏れの原因にもなってしまうパッキンの消耗劣化。最初の取り付け時に良かれと思ってきつく締めすぎてしまうと、余分な負荷がかかるため劣化のスピードが速くなってしまいます。緩すぎず、適度に締めるのがポイントです。
また、パッキンにゴミが溜まっても劣化が進んでしまいます。重曹などを使って日頃から掃除するようにしましょう。

このように、正常な取り付けとこまめな掃除をすればパッキンの劣化速度を遅らせることができます。トラブルが起きてしまうと蛇口の寿命も短くなり、生活が乱されてしまいます。定期的なメンテナンスを心がけ、パッキンを長持ちさせましょう。

フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル
ページ上部へ
ページ上部へ