難聴のお客様へ
フリーダイヤル
最短20分で駆けつけ!
お急ぎの方!蛇口修理は
専門業者ですぐ解決!
  • 作業料金8,800円~
  • 最短20分駆けつけ
水のトラブルで困ったらまずはお電話ください!
0120-091-053
WEB限定
3,000円
割引
水道局指定店/
深夜・早朝でも対応!
イースマイル公式サイト TOP > 水漏れのトラブル TOP > 蛇口のお役立ちコラム > 蛇口(水栓)の種類を詳しく解説!自分で交換する際の手順もご紹介
蛇口(水栓)の種類を詳しく解説!自分で交換する際の手順もご紹介:イメージ
お役立ち

蛇口(水栓)の種類を詳しく解説!自分で交換する際の手順もご紹介

自宅のキッチンやお風呂、洗面所などにある蛇口は、長期間使用することで劣化が進みます。
蛇口の耐用年数は約10年といわれているので、劣化が疑われる場合には交換を検討するのがおすすめです。

しかし、新しく取り付ける蛇口の種類が分からないなど、交換を戸惑う悩みを抱えている方もおられるのではないでしょうか。
そこで今回の記事では、蛇口(水栓)の種類を詳しくご紹介します。

また、交換にかかるコストをなるべく節約したい方のために自分で交換する際の手順についても解説していきます。
交換作業をDIYで行えば、主にかかる費用が新しい蛇口本体の価格のみに絞れます。

蛇口を自分で交換する自信がない場合には、業者へ依頼した場合の費用目安や頼む際に注意すべきポイントなどの項目も参考にしてみましょう。
目次
フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

基本的な蛇口(水栓)の種類は2種類

自宅にある蛇口には、大きく分けて「単水栓」と「混合水栓」の2つの種類が存在します。 単水栓と混合水栓は設置場所や使用用途が異なるので、新しく蛇口を購入する際には注意しましょう。

ただし、現在ついている蛇口がどちらのタイプか判断できない方もおられるのではないでしょうか。 そこで、下記項目では、単水栓および混合水栓の特徴について具体的に解説していきます。 蛇口交換を検討している場合には、使用している蛇口がどちらのタイプかしっかりと確認しておきましょう。

単水栓

「単水栓」は、水またはお湯のどちらかだけが出せるタイプの蛇口です。 基本的に現在単水栓が設置されている場所であれば、同じ単水栓の蛇口の交換が可能です。

ただし、単水栓は1つの蛇口で水とお湯を使い分けることができないので、現在設置されている水栓が混合水栓の場合には注意が必要です。 以下に単水栓の種類を記載しているので、参考にしてみてください。

・横水栓・立水栓 「横水栓」はノズルが可動しないタイプの蛇口で、自宅では屋外に設置されている傾向があります。 横水栓は壁面に付いているのが一般的ですが、「立水栓」は柱に蛇口が付いています。 立水栓も横水栓と同じく、庭や駐車場に設置されている蛇口です。

・散水栓 「散水栓」は、地中に埋めてあるタイプの蛇口です。 玄関わきや駐車場の脇に設置されていることが多く、ガーデ二ングや洗車を行う際に利用できます。

・万能ホーム水栓 「万能ホーム水栓」は、蛇口の吐水口(スパウト)の向きが変えられるタイプです。

・自在水栓 「自在水栓」は、スパウトの向きが水平方向のみ変えられるタイプです。 古民家などの流し台に設置されていることが多く、レトロなデザインを好む方に人気があります。

・洗濯用水栓 「洗濯用水栓」は、洗濯機に給水するために使用する蛇口です。 ホースを接続しやすい形状が採用されており、一般的な蛇口とはデザインが異なります。

・自動水栓 「自動水栓」は、手をかざすだけで水が出るタイプの蛇口です。 近づけた手を本体内蔵のセンサーで感知する構造が採用されており、ハンドルを触らず水を使用できるのが特徴です。

公共の場で見かけることが多いですが、自宅のキッチンやトイレに設置されている場合もあります。 また、自動水栓には単水栓タイプのほか、サーモスタット式混合水栓タイプも存在します。

混合水栓

混合水栓は、水とお湯を混合できるタイプの蛇口です。 浴室・キッチン・洗面台などに設置されており、自宅に付いている蛇口としてはスタンダードなタイプです。 以下に各混合水栓の解説を記載しているので、参考にしてみましょう。

・ツーハンドル混合水栓 「ツーハンドル混合水栓」の構造は単水栓と同じですが、水用とお湯用のハンドルをそれぞれ備えています。 ハンドルを回す度合いによって流量を調節し、吐水されるお湯の温度を変更できるのが特徴です。

・シングルレバー混合水栓 「シングルレバー混合水栓」は、上下左右に動くレバーを備えているタイプです。 ハンドルに連動して水やお湯の水路が開閉し、流量やお湯の温度も簡単に調節できます。 シンプルな形状を採用しているモデルが多く、握力の弱い方でも使いやすいユニバーサルデザインの製品も存在します。

・サーモスタット式混合水栓 「サーモスタット式混合水栓」は、温度を設定する調節ハンドルを備えているタイプの蛇口です。 内蔵されているサーモスタットカートリッジによって、水とお湯の混合量を調節できる設計です。 使用中に給湯器からの給湯温度や水圧に変化があった場合でも、お湯の温度を一定に保てるのがメリットです。

フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

取り付け場所ごとの蛇口タイプ

単水栓や混合水栓などの種類が把握できたら、次は取り付け場所ごとの蛇口タイプを見ていきましょう。 新しい蛇口を自分で購入する場合には、設置場所によって取り付け方法や給水管などが変わるので注意が必要です。 以下の項目で、キッチン・お風呂・洗面所・その他の場所などに対応する蛇口タイプを解説しています。

また、蛇口の取り付け方には、壁付けタイプ・台付きタイプなどが存在します。 以下に各タイプの解説を記載しているので参考にしてみましょう。

・壁付けタイプ 「壁付けタイプ」は、壁面に取り付けるタイプの蛇口です。 混合水栓の場合は水とお湯の給水管が存在しますが、配管間の距離はメーカーが異なっても基本的に同じです。

・台付きタイプ 「台付きタイプ」は、キッチンや洗面台の天板に取り付けるタイプの蛇口です。 台付きタイプの蛇口には、天板に開いている穴の数によってワンホールとツーホールの2種類に分けられます。

キッチン

キッチンに設置されている蛇口には、比較的便利な機能を備えている製品が多く存在します。 購入する際はデザイン性だけでなく、機能性や使用頻度などを考慮して検討しましょう。 以下にキッチンで使用される蛇口のタイプを解説しているので、参考にしてみてください。

・切り替えまたは引き出しシャワータイプ 「切り替えシャワータイプ」は、吐水口付近にレバーやスイッチを備えているのが特徴です。 レバーまたはスイッチを操作することで、簡単に水流をストレートまたはシャワーに切り替えできます。

一方で「引き出しシャワータイプ」は、名称通りシャワーホースが引き出せるタイプの蛇口です。 パイプ内にシャワーホースが内蔵されており、使用する際に簡単に伸ばせます。 シンクの隅を掃除したい場合にも便利なタイプです。

・浄水器内蔵タイプ 「浄水器内蔵タイプ」は、蛇口本体に浄水器を備えているタイプです。 小型の浄水カートリッジを内蔵していることが多く、別途浄水器を購入する手間やコストが削減できます。

・自動タイプ 「自動タイプ」は、センサーによって水の出し入れをコントロールできるタイプです。 キッチンで調理を行う際は手が汚れますが、そのままハンドルを握ると蛇口にも汚れが付着してしまいます。 自動タイプは蛇口に手を触れずに水が出せるので、ハンドル部を洗う手間を省けます。

お風呂

浴室の蛇口といえば洗い場のものがイメージされますが、浴槽用の蛇口を備えている場合や洗い場と浴槽兼用の水栓が付いている場合もあります。

設置場所によって取り付けられる蛇口の種類は異なりますが、浴室に設置する蛇口としてはサーモスタット式混合栓がおすすめです。

サーモスタット式混合栓はお湯の温度を一定に保ちやすく、急激に変化してしまうトラブルを予防できるのがメリットです。 また、お子さんやお年寄りでも給湯温度が設定しやすく、操作性に優れている点でも人気を集めています。

ただし、大型のジョグダイヤルや吐水用のプッシュスイッチ、ユニバーサルデザインなど、製品ごとに備えている機能は異なります。 家族構成や使用環境に応じて選択するように心掛けましょう。

洗面所

洗顔や歯磨き、入浴後のドライヤーなどを行う洗面所の蛇口も使用頻度が高い傾向にあります。 こまめに水を使用する洗面所では、節水効果が期待できるシングルレバー混合栓がおすすめです。 以下に洗面所で使用される蛇口のタイプを解説しているので、参考にしてみてください。

・引き出しシャワータイプ 「引き出しシャワータイプ」は、キッチンと同じくシャワーホースが引き出せるタイプの蛇口です。 洗面ボウルを掃除する際に利用できるほか、洗髪を行う際にも便利なタイプです。

・可動タイプ 「可動タイプ」は、蛇口本体を上方に引き上げられるタイプです。 吐水口の位置を高くできるので、バケツや花瓶に水を入れる際に便利です。 また、吐水口先端を上に向けられるタイプも存在し、洗顔・うがい・目洗いなどにも利用できます。

・自動タイプ 「自動タイプ」は、キッチンと同じくセンサーによって水の出し入れをコントロールできるタイプです。 こまめに水を出し止めできるので、節水効果も期待できます。

その他の場所

キッチン・浴室・洗面所以外にも自宅には蛇口が設置されています。 以下にその他の場所に付いている蛇口の具体的な解説を記載しているので、参考にしてみてください。

・洗濯機の蛇口 洗濯機を使用するには、専用の蛇口にホースを取り付ける必要があります。 洗濯機用の蛇口は基本的に単水栓ですが、タイプは大きく分けて2種類存在します。

「洗濯機用ワンタッチ水栓」は、洗濯機の給水ホースを簡単に取り付けられるタイプです。 一方で「洗濯機用ストッパー付き水栓」は、万が一ホースが外れた際に水が自動で止まる機能が搭載されています。

また、一般的な単水栓を利用する場合は、ホースを蛇口にワンタッチで接続するためのパーツ「ニップル」や給水ホース自体の購入を検討しましょう。

・屋外の蛇口 一軒家の場合は、自宅内だけでなく、玄関わきや駐車場などにも蛇口を備えているケースがあります。 植物への水やりや洗車などに利用する屋外水栓には、ホースが取りつけやすい「カップリング付き水栓」がおすすめです。 また、おしゃれな印象を与えたい場合には、自宅の景観にあった蛇口を選択しましょう。

蛇口を自分で交換する

経年劣化を重ねた蛇口の交換や好みにあわせて蛇口を取り換えたいと考えていても、業者に依頼する費用が心配だという方もおられるのではないでしょうか。 なるべくコストを抑えたい場合には、DIYによる蛇口交換がおすすめです。

自分で蛇口交換にチャレンジすれば、かかる費用を蛇口本体価格のみに削減できます。 以下に蛇口交換の手順を記載しているので、参考にしてみてください。

ただし、蛇口の種類によっては、自分での交換が難しい場合もあります。 事前に蛇口の種類をしっかりと把握しておきましょう。

蛇口交換の手順

蛇口交換をDIYで行う際は、事前に必要となる工具およびアイテムを用意しておくのがおすすめです。 新しく取り付ける蛇口に加えてスパナ・モンキーレンチ・歯ブラシなどが準備できたら、自分での交換にチャレンジしてみてください。

蛇口の交換手順は以下に記載しています。 順番に確認しながら行ってみましょう。

蛇口交換の手順
  1. 止水栓を閉める
    止水栓を閉めずに蛇口を外してしまうと、水が噴き出してしまう可能性があります。 水道の止水栓を時計回りに回し、給水をストップしてから作業にとりかかりましょう。
  2. 付いていた蛇口を外す
    これまで使用していた古い蛇口を取り外します。
    片手で蛇口をしっかりと抑え、反対の手で反時計回りに蛇口を回してみましょう。 固くて回らない場合には、スパナやモンキーレンチなどの工具を利用するのがおすすめです。
  3. サビや汚れを落とす
    古い蛇口が付いていた部分や配管の汚れを落とします。 サビもしっかりとキレイにしておきましょう。 歯ブラシを使用すれば、汚れはキレイに落とせます。
  4. 新しく用意した蛇口を取り付ける
    蛇口を時計回りに回して取り付けてみましょう。 ある程度まで手で回したら、最後は工具を使ってしっかりと締めておくのがポイントです。
  5. 止水栓を開ける
    蛇口の交換ができたら、止水栓を開けて給水してみましょう。 水漏れがないかしっかりとチェックしたら作業は終了です。

蛇口を交換する際の注意点

蛇口交換を自分で行えばコストは削減できますが、いくつか注意すべき点があります。 以下に注意点を記載しているので、デメリットを把握したうえでDIYを行うか決定しましょう。

  • 交換作業に失敗すると水漏れしてしまう可能性がある
  • 無駄なコストがかかる

交換作業に失敗すると水漏れしてしまう可能性がある 交換時に蛇口が破損してしまった場合はもちろん、交換方法を誤ると水漏れのトラブルを招く危険性があります。 蛇口から水が漏れると、ムダな水道料金が発生してしまうので注意しましょう。

無駄なコストがかかる 水漏れが発生してから業者に依頼すると、新たに料金がかかります。 蛇口の交換のみを依頼した場合に比べて、料金が高くなってしまう可能性もあるので気をつけてください。

また、万が一交換時に蛇口が破損してしまうと、新たに業者に依頼する必要がでてきます。 当初から依頼した場合に比べて、かかるコストが増加してしまう可能性があるので注意しましょう。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

蛇口の交換を業者に依頼する

自分で蛇口を交換する自信がない場合はもちろん、手間を省きたい場合には専門業者への依頼を検討してみましょう。 また、蛇口の種類によっては自分での対応が難しい場合もあります。

実績のある水道工事専門の業者であれば、安心して依頼できます。 ただし、どの程度の費用がかかるか気になる方もおられるのではないでしょうか。

以下の項目では、業者への依頼を検討するポイントについて解説しています。 どのような場合に業者への依頼を検討すべきかしっかりと把握しておくと、いざ交換が必要になった際にもスムーズに対応できます。

業者への依頼を検討するポイント

専門の水道業者へ依頼すれば、自分で蛇口を交換した場合に比べて水漏れの危険性を軽減できます。 自分では交換が難しい蛇口をDIYで取り付けようとすると、大きなトラブルを招いてしまうかもしれません。

個人での対応が難しい種類の蛇口は、業者へ依頼して交換してもらうのがおすすめです。 万が一水漏れトラブルが発生すると、ムダな水道料金がかかるだけでなく、床や壁などを傷めてしまう可能性もあるので注意しましょう。

また、できるだけ早く蛇口を交換したい場合にも業者への依頼がおすすめです。 24時間365日対応している水道工事業者もあるので、チェックしてみましょう。

ただし、業者に依頼した場合には、蛇口本体価格に加えて作業料金が発生します。 次の章で蛇口交換を依頼した際の費用目安について記載しているので、参考にしてみてください。

業者へ依頼した際の費用目安

蛇口の交換を専門業者に依頼した際の料金は、取り付け場所はもちろん、蛇口の種類によって異なります。 工賃の目安は、単水栓か混合水栓かにかかわらず10,000~20,000円ほどです。 以下に蛇口本体の価格の目安を記載しているので参考にしてみてください。

  • 単水栓:1,200円~
    グースネックタイプ(アーチ形のデザイン):2,500円~
  • シングルレバー混合栓:6,000円~
    引き出し式:10,000円~
  • ツーハンドル混合栓:6,000円~
    アンティーク風デザイン:10,000円~
  • サーモスタット混合栓:14,000円~
  • タッチレス水栓:35,000円~

ただし、蛇口の種類によっては、料金の差異があります。 センサーの付いたモノや高機能なモノ、引き出し式のシャワーホースを備えたモノなどは価格が高く、製品によっては50,000円程度の料金がかかる場合もあるので注意しましょう。

また、蛇口のみを自分で購入して、取り換えを業者に頼むことも可能です。 自宅で使用される蛇口は、ホームセンターやインターネット通販などでも販売されています。 費用を安く抑えたい場合には、チェックしてみましょう。

業者へ依頼する際の注意点

信頼できる業者に依頼するには、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。 以下に注意点を記載しているので、参考にしてみてください。

  • 相見積もりをとる
  • 出張費用や見積もり費用は無料かチェックする

・相見積もりをとる 見積もりを1事業者のみにしかとっていないと、費用が適正のものであるか判断が難しくなってしまいます。

仕事や勉学で忙しく、見積もりをとる時間が限られてしまう場合は仕方ないですが、可能であれば3社以上から見積もりをとりましょう。 また見積もりをとってもらった際は、細かい費用までしっかりと記載されているか確認しておくのがおすすめです。

・出張費用や見積もり費用は無料かチェックする 業者にもよりますが、見積もりをとるだけで費用が発生する場合もあります。 相見積もりをとる業者で出張費や見積り費がかかるとコストが増加してしまうので、できるだけ無料の業者を選択しましょう。

また、見積もり後に依頼しなかった場合のキャンセル料についても、0円の業者を選ぶのがおすすめです。 出張費・見積もり料金・キャンセル料については、基本的に各業者のホームページに記載されています。

まとめ

自宅のキッチン・洗面所・浴室など、さまざまな場所に設置されている蛇口の交換について解説してきました。 古くなった蛇口は、種類によっては自分でも簡単に交換できます。 ただし、DIYでの取り換えに向いていないタイプもあるので注意しましょう。

自分で交換する手間を省きたい場合やDIYに自信のない場合には、専門業者への依頼がおすすめです。

イースマイルであれば、24時間365日ご対応させていただきます。 出張費や見積り費用のほか、キャンセル料も発生しませんので、まずはご気軽にご連絡ください。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する
駆けつけ修理エリアは
全国各地に展開しています

対応エリア

北海道・東北地方
  • 北海道
  • 宮城県
  • 山形県
  • 福島県
北陸・信越地方
  • 新潟県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 長野県
関東地方
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 山梨県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
東海地方
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
関西地方
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
中国地方
  • 岡山県
  • 広島県
  • 島根県
  • 山口県
四国地方
  • 愛媛県
  • 香川県
九州・沖縄地方
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 鹿児島県
フリーダイヤル 各種お支払い方法
ページ上部へ
ページ上部へ