蛇口のお役立ちコラム
イースマイル公式サイト TOP > 水漏れのトラブル TOP > 蛇口のお役立ちコラム > 個人でも修理ができる業者に頼らない蛇口の水漏れの直し方と原因特定
個人でも修理ができる業者に頼らない蛇口の水漏れの直し方と原因特定:イメージ
水漏れ

個人でも修理ができる業者に頼らない蛇口の水漏れの直し方と原因特定

蛇口の水漏れが起きた場合、業者に依頼すると費用がかかります。状態によっては自分で修理することも可能ですが、そのためには水漏れの原因を特定し、蛇口を分解して修理する方法、交換の必要がある部品などについて知っておく必要があります。この記事では、水漏れしたときの主な原因や、水漏れしている箇所ごとの具体的な修理方法についてまとめています。
目次

水漏れした場合の応急処置

水が漏れたとき、その分の水道代はもちろん請求されてしまいます。少量ならまだしもたくさんの水があふれ出てきた場合は、焦ってどうしたらいいか分からなくなることもあります。

まずは水を無駄にしないためにも、止水栓を閉めて、漏れている水を一旦止めましょう。それからどう対処すればいいのかを、落ち着いて考えましょう。

水漏れの原因とその調べ方

水漏れは、原因が特定できると修理もしやすくなります。ナットの緩みや部品の汚れ、劣化によることが多いのですが、一般の蛇口は大きく分けて「ハンドル式」と「レバー式」の2タイプあり、内部の構造によって水が流れるところも違います。タイプ別にご説明していきます。

主に水漏れする箇所とその原因

温水・冷水用のハンドルが2つある「ハンドル式」の場合、主な水漏れ箇所は、ハンドルの下、水が流れるパイプの付け根、壁と偏心管の間、壁付き蛇口の取り付け部分、吐水口です。

レバーの向きで温水・冷水を調節できる「レバー式」の場合、主な水漏れ箇所は、レバーの下かスパウト周辺です。スパウトとはレバー下部の水が流れる金属部をいいます。

また、蛇口からではありませんが、台所のシンク下にある止水栓の漏れは水浸しになってはじめて気が付くこともあります。

いずれも部品の劣化で水漏れしていることが多く、新しいものに替えれば直る可能性が高いです。替えても直らないときは、本体の故障が考えられます。

修理作業をする前に水道の栓を閉める

自分で修理して直したい場合は、作業をする前に止水栓を閉めて給水を止めます。もし止水栓を閉めずに作業してしまうと、水が噴出して床や周辺が水浸しになる恐れがあります。必ず止水栓を閉め、水が止まったことを確認してから作業するようにします。

台所のシンク下の収納スペースにある、パイプにつながったハンドル式の止水栓は、締めるとその場所の水だけを止めることができます。シンク下の止水栓が見つからない場合は、屋外にある止水栓を締めることにより、住宅全体の水を止めます。

屋外の止水栓は、水道メーターボックスと一緒にある場合や入り口付近の地面に埋め込まれている場合もあり、住宅によって違いがあります。また、止水栓は手で締まるものや、ドライバーを使わないと締まらないものがあります。

ご自宅の止水栓の形状を確認して、対応できる工具を用意しましょう。新しく取り替える部品はホームセンターなどで購入できますが、現在使用している蛇口機器に適合するものを選ぶことが重要です。

修理を始める前に以下の工具を用意しておくと便利です。

・水栓レンチ(蛇口本体を外す)
・ウォーターポンププライヤー、または、モンキーレンチ(ナットを緩める)
・ドライバー(止水栓やハンドルを外す)、
・ピンセット(細かい部品に対応する)

ハンドル式蛇口の水漏れの直し方

水漏れの箇所ごとに、それぞれ推測される原因と直し方をご紹介します。

ハンドル下の水漏れ

推測される原因は、ナット内部の三角パッキンの劣化です。

<直し方(三角パッキンの取り替え)>

・ハンドルの上部中央にある、水の温度を識別する2つの色ビス(赤・青)を外す
・内部に止められているネジをドライバーで外すとハンドルが取れる
・レンチでナットを外す
・ナット裏の三角パッキンを取り替える
・部品を、外した工程と逆の手順で戻す

吐水口の水漏れ

推測される原因は、蛇口内部のパッキン、コマの劣化です。

<直し方(パッキン、コマの取り替え)>

・ハンドル下のナットをレンチなどで外す
・蛇口内部のコマを取り出す(手で難しいときはピンセットを使う)
・コマのナットを外し、パッキン、またはコマごと新品と取り替える
・部品を、外した工程と逆の手順で戻す

注意:ナットを強く締めすぎるとハンドルが固くなります。また、コマにはいろいろな種類があるので、購入する際は前と同じ型を選ぶことをおすすめします。

パイプ付け根の水漏れ

ナットの緩みで水漏れになることもあります。パイプ付け根のナットを調べて、しっかり締まっていれば原因はほかにあります。推測される原因は、Uパッキン・リングの劣化です。

<直し方(Uパッキン・リングの取り替え)>

・パイプ付け根のナットを緩め、パイプを本体から外す
・パイプのナットを移動させて、Uパッキン・リングを付け替える
・部品を、外した工程と逆の手順で戻す

注意:替えのUパッキンは、溝側を本体に向けて接続します。

壁付き蛇口の取り付け部分

推測される原因は、水栓のネジ山部分に巻かれているシールテープの劣化です。

<直し方(シールテープの取り替え)>

・水栓レンチを蛇口本体に引っ掛け、回して外す
・給水管内を掃除する(古いテープなど異物が故障の原因になることもある)
・蛇口本体の根元のシールテープを取り替える
・交換後は本体を取り付け、傾きがないかを確認する

注意:テープは張り気味にして、根元から巻くのがコツです。

壁と偏心管の間の水漏れ

推測される原因は、偏心管のパッキンの劣化です。

<直し方(偏心管パッキンの取り替え)>

・左右の偏心管のナットを緩める
・内部からパッキンを取り出す
・給水管内をブラシなどで掃除する
・替えのパッキンを取り付け、偏心管を戻す

注意:偏心管のナットが固い場合、無理に回そうとすると壁の中の漏水につながる恐れがあります。

レバー式の水漏れをカートリッジ交換で直す方法

レバー式の場合は、流水量を調節するカートリッジやパッキンの劣化がほとんどです。本体の根元部分からの水漏れは、カートリッジとパッキンの劣化が原因と考えられます。

<直し方(カートリッジ、パッキンの取り替え)>

・レバーを外す(はめこみ式とネジ止めのタイプがある)
・スパウトのカバーを外し、カートリッジを新品と交換
(最近のタイプなら手で取れるものが多い)
・部品を元に戻せば修理完了

注意:レバー式の蛇口は、カートリッジや交換方法が機種によって異なります。交換の際はメーカーの純正品を確認しましょう。
新品に替えても直らない場合は、カートリッジ・スパウトを外して、パッキンを新しく取り替えてください。

業者に任せるといくらぐらいかかるのか

業者によって料金が違うため、具体的な金額を示すことはできませんが、基本料金・出張料・部品料・作業料・引き取り料・見積料などが費用としてかかってきます。もちろん作業内容により請求される料金が変わってくるので、詳細は見積もりをしてみないと分かりません。

イースマイルでは年中無休で営業しており、出張料金・見積料金・電話相談料は無料とさせて頂いております。

自分で修理できる目安について

流れ出ている水が少量、部品や修理箇所が外せる、原因が特定できた、直す自信がある、といった場合は、個人で修理しても上手くいく可能性が高いです。逆に水の勢いがすごい、部品が固い、原因が特定できない、直す自信がない、というような場合は、業者に任せた方が無難です。

自分でやったら違う場所から水漏れしたという声もあり、思わぬ水のトラブルにつながる恐れもあります。特に水の出る量が多いときは複数の場所が破損している可能性があります。

ご紹介した直し方を参考に自分で修理することもできますが、故障箇所によっては扱いに注意を要する場合もあります。蛇口の水漏れ対処の参考になれば幸いです。

フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル
ページ上部へ
ページ上部へ
当サイトの価格表示は全て(施工実績内料金を除く)、「税別」表示となっております。実際のご請求には、10%の消費税が加算されますので、予めご了承くださいませ。
Close