トイレのお役立ちコラム
トイレの床からの水漏れとタンクの結露について:イメージ
水漏れ

トイレの床からの水漏れとタンクの結露について

トイレがつまった、水が止まらないなどの症状は、すぐに故障とわかるため素早い対応も可能です。しかし、故障かどうかがよくわからない微かな水漏れなどのトラブルが発生するときもあります。そのような状態を見逃したり放置したりしてしまうと、時間が経ってから大きなトラブルに派生することがあるため、注意が必要です。今回は、トイレの床と便器の間から水漏れしている場合のトラブルについて、原因や修理方法などをご紹介します。
目次

床と便器の間から水漏れしている

トイレの床が濡れていて、「水漏れ?」と思ったことはないでしょうか。給水管の継手などから水が漏れる場合、継手からポタポタ水が落ちる症状が見られますが、そのような症状が見られない場合は、タンクの結露が原因で水漏れが発生しているのかもしれません。
タンクの表面に結露ができると、床に垂れて、床と便器の間から水漏れがしているように見えます。タンクの表面に結露ができていないか確認してみてください。
結露は、例えば、冬などに暖かい部屋の窓ガラスやガラス戸の内側に水滴がつくことで、空気中の水蒸気が冷たい物体の表面に凝縮して水滴となって付着する現象です。
もし結露が発生していた場合は、タンク内部にトラブルが発生していると考えられます。

タンクの結露はトラブル?

通常、タンクは結露ができないように作られています。タンクの内部をご覧になったことのある方はあまりいらっしゃらないかもしれませんが、タンクには、タンクが冷たい水で満たされたとき、タンクの表面に結露ができないよう、内側に防露層が設けられています。この防露層があると、冷たい水が直接タンクの陶器に触れないので、タンクの表面温度が低くならず、結露の発生を防止できます。

防露層は、内側に水が入らないように防露材をコーキングしているのですが、防露材やコーキング剤が劣化すると、陶器と防露層の間に水や空気が入り込み、膨張したり、剥がれ落ちたりすることがあります。このような状態になると、防露層の機能がきちんと働かず、陶器が水で冷たくなり、タンクの表面に結露ができやすくなってしまうのです。

修理はどうするの?

防露層の修理は専門業者に依頼する必要があります。以下では、どのように修理するかについてご説明しましょう。
まず、タンクを取り外し、内部の部品をすべて取り除きます。次に防露層をすべて取り除き、タンクの中を清掃して、内部の部品を設置。最後にタンクを設置します。
内部の部品を設置する場合、防露材などの部品を新品に交換する、これまでの部品をそのまま使う、タンクそのものを交換する、などの選択肢があります。
しかし、従来の部品をそのまま設置する場合は、かみ合わせが悪くなり、正常に作動しない場合もありますので、注意が必要です。修理を依頼する場合には、業者の作業員としっかり相談の上、どちらにするのかを判断してください。
タンクの交換をご希望の場合は、タンクのメーカー、品番を確認し、同じ品番のタンクが現在製造されているかどうかの確認も必要になります。そのため、修理には少し時間がかかってしまうかもしれません。

タンク結露を放っておくと…

タンクに結露ができる状態を放置しておくと、結露が床と便器の隙間に溜まり、カビが繁殖したり、床材が腐食したりする可能性があります。また、防露材がはがれていると、便器に水を流したり止めたりしているフロートバルブに引っかかって、水が止まらなくなるなどの大きなトラブルになりかねません。被害が大きくなってしまうと、対応にはそれなりの費用がかかってしまいます。少しでも怪しいと感じたら、被害が大きくなる前に早めの対応が大切です。
もし、トイレの床と便器の間から水漏れがしている場合、ご自身で修理・交換を行うのは難しいでしょう。そんなときは、無理に自分で直そうとするのではなく、信頼できる水道業者にまかせてしまうのも、1つの手段です。

フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル
ページ上部へ
ページ上部へ