最短20分で駆けつけ!
トイレのお役立ちコラム
イースマイル公式サイト TOP > トイレつまり・水漏れ・交換修理 TOP > トイレのお役立ちコラム > トイレつまりはペットボトルで直せる?そのコツと他のつまり解消法もまとめて確認
トイレつまりはペットボトルで直せる?そのコツと他のつまり解消法もまとめて確認:イメージ
つまり

トイレつまりはペットボトルで直せる?そのコツと他のつまり解消法もまとめて確認

トイレの水がつまって使えなくなると、とても困りますよね。集合住宅の場合は他の家に水漏れなどの被害を出す可能性もあります。トイレのつまりを直す代表的な道具は「ラバーカップ(スッポン)」ですが、自宅に用意がない人もいるでしょう。

実は、トイレのつまりはペットボトルなど、家庭にある道具で解消できる場合もあるのです。この記事ではトイレつまりの原因や、解消するために必要な道具と準備、自分でできる解消法について解説します。
目次

トイレつまりの原因

トイレの水が流れる主な仕組みは、タンクなどから便器に水を流し込み、排泄物などを排水管に押し流すというものです。しかし、排水管に何かがつまると水がスムーズに流れず、水位の上がりすぎや異音などのつまり症状が起こります。

トイレつまりの原因は主に「水に流れないもの」「水に流せる・溶かせるもの」の2種類です。流れないものには生理用品やおむつ、スマホなどの雑貨類が挙げられます。流せる・溶かせるものは排泄物やトイレットペーパー、水に流せるおしりふきなどです。

このうち、ペットボトルを使ってトイレつまりに対処できるのは「水に流せる・溶かせるもの」がつまった場合となります。トイレつまりを防ぐには、流しにくいものは水量「大」で流す、トイレットペーパーをたくさん流さないなど、日頃の習慣も重要です。

トイレつまりを解消する前の準備

トイレつまりを効率よく解消するには、あらかじめ道具を揃えて下準備を行っておくことが大切です。準備が不十分だと危険な場合もありますので、以下の段落で説明するポイントをよくおさえ、安全に作業を行えるようにしましょう。

2‐1.あらかじめ用意するもの

用意する道具は主に、空のペットボトル、バケツ、水や50度程度のお湯、重曹と酢(クエン酸)、洗剤、針金ハンガー、ビニール袋、ゴム手袋、マイナスドライバーなどです。どの道具を使うかは、このあとに説明するつまり解消法によって異なります。床などが濡れたときのため、雑巾もあると便利です。

空のペットボトルはトイレの排水口と同程度の太さのものを準備しましょう。バケツは、水や50度程度のお湯を入れたときに持ち上げられるサイズを使います。針金ハンガーはほぐして使うため、柔らかいものがおすすめです。ビニール袋はレジ袋などを2枚用意します。

2-2.事前に行っておくこと

作業の前に、
・マイナスドライバーで止水栓を閉める
・窓やドアを開けて、換気扇を回して換気する
・温水洗浄便座(ウォシュレット・シャワートイレ)の電源プラグを抜く
・便器に溜まった水を汲み出す

などの準備を行いましょう。

止水栓を閉めるのは、作業中にタンクの水を流してしまわないためです。止水栓は多くの場合、壁や床からトイレタンクへの給水管についています。タンクレストイレの場合は、台座部分を探してみましょう。温水便座がついている場合は、タンク用の他に温水便座用の止水栓もあるので、間違わないよう気をつけましょう。

洗剤や重曹などを使うときの換気のため、窓やドアを開けておくだけでなく換気扇も回しておきましょう。温水便座の電源プラグを抜くのは、作業中の誤作動を防ぐためです。濡れた手で触ると感電の危険があるので、必ず乾いた手で抜いてください。また、便器の水の水位が高い場合は、通常の水位になるまでバケツで水を汲み出しておくと、つまり解消作業が楽になります。

家にあるアイテムでトイレつまりを解消するやり方

ここで紹介するトイレつまり解消法は、家にあるアイテムでできる、手軽な方法ばかりです。それぞれに使い方や手順などのポイントがあります。解消法で使うアイテム別に、手順や注意点、解消できるつまりの種類などを解説していきますので、確認しておきましょう。

3-1.ペットボトル

まず、フタを取ったペットボトルの底から3cmほどの部分にカッターやハサミを入れ、ぐるりと切り、底の部分を切り落とします。ケガ防止のため、軍手などで手を保護しておきましょう。

加工が終わったら手にゴム手袋をはめ、切り取った部分を下にしたペットボトルを便器の排水口に差し込み、前後に押し引きを繰り返します。このとき、ペットボトルの口は指や手のひらで塞ぐのがポイントです。

これにより、ペットボトルがラバーカップ(スッポン)と同じ働きをし、水を逆流させることでつまりが解消されます。押し引きの際は水が逆流したり跳ね返ったりするため、手には手袋をつけ、床はビニールシートなどで保護するといいでしょう。

この方法で解消できるのは、排泄物やトイレットペーパーなど、水に流せる・溶かせるものがつまった、軽度のつまり症状です。スマホやおもちゃなど水に流せない固形物や、大量のトイレットペーパーなどがつまった重度のつまりの場合は解消できません。

3-2.水とバケツ

まずは、便器に溜まった水を通常の水位になるまで汲み出します。次に、バケツに水を汲み、便器の排水口に向けて細い滝を作るように、なるべく高い位置から水を注ぎましょう。排水管につまった紙類などを水流でほぐすイメージです。

バケツの水を注いでも水位が上がらなくなったら、つまりが解消されたサインと見てよいでしょう。水位が上がるようなら溜まった水を一度汲み出し、再びバケツの水を注ぎます。つまりが解消されないうちにタンクの水を流すと、便器から水が溢れる可能性があるので注意してください。

この方法で解消できるのは、トイレットペーパーや流せるおしりふきなど、水に溶ける紙類がつまった場合です。おむつやスマホなどの固形物によるつまりは解消できません。

3-3.50度程度のお湯とバケツ

水でつまりを解消できない場合は、50度程度のお湯を使う方法をおすすめします。水よりも50度程度のお湯の方が、つまったものをほぐす効果が高いためです。

作業の際は先に、便器に溜まった水を汲み出します。次になるべく高い位置から、バケツに汲んだ50度程度のお湯を排水口に細く注ぎましょう。つまった紙類などがふやけるように、30分〜1時間ほど放置するのも効果的です。

つまりが解消しない場合、溜まった水を汲み出して再度50度程度のお湯を注ぎます。熱湯など高い温度のお湯を使うと便器が割れる可能性があるため、必ずお湯の温度は50度程度にしましょう。

この方法で解消できるつまりは、水の場合と同様、水に流せる紙類がつまった場合です。固形物や生理用品、おむつなどのつまりは解消できません。

3-4.重曹と酢(クエン酸)

重曹と酢(クエン酸)を混ぜると炭酸ガスの泡が発生します。この炭酸ガスと50度程度のお湯を併用すると、より効果的につまりを解消できます。

ポイントは、重曹と酢(クエン酸)の比率を1:2にすることです。重曹と酢(クエン酸)が多すぎると便器から泡が溢れるため、重曹は計量カップ1/4、酢(クエン酸)は計量カップ1/2程度を使いましょう。また、換気を行うことも重要です。

まず、重曹を便器の排水口の水に入れ、次に酢(クエン酸)を入れます。泡が立ち始めたら50度程度のお湯を入れ、1時間ほど放置します。

この方法で解消できるのは、排泄物やトイレットペーパーなどが原因のつまり症状で、スマホなどの固形物やおむつによるつまりは解消できません。

3-5.洗剤とお湯

食器用などの液体洗剤と50度程度のお湯を使う方法もあります。方法は、便器に溜まった水を通常の水位まで汲み出し、排水口に洗剤を100ccほど入れ、50度程度のお湯を便器の半分まで注ぐというものです。そのまま20分ほど放置し、水位が下がっていたらタンクの水を流してみましょう。

複数の洗剤を混ぜると有毒ガスが発生することもあるため、必ず同じ洗剤を使います。また、陶器製でない便器など、一部の洗剤が使えない便器もあるため、トイレメーカーの説明書を確認してください。

この方法で解消できるのは、トイレットペーパーなど流せる素材による軽度のつまりや、排水管の手前付近で起こるつまりです。重度のつまりや固形物のつまりは解消できません。

3-6.針金ハンガー

針金ハンガーをワイヤーブラシのように使い、つまりをほぐす方法もおすすめです。

まず、ペンチを使って針金ハンガーを棒状にし、先端に輪を作ります。その輪を排水口から奥へ入れてつまりの原因を探しましょう。つまりの原因にあたったら、ハンガーを小刻みに動かしてつまったものをほぐします。つまったものが小さくなると、便器に溜まっていた水が流れていくでしょう。水が流れ始めたら、バケツに汲んだ水をゆっくりと便器に入れ、流れがスムーズになったか確認します。

この方法で解消できるのは、排泄物やトイレットペーパーなど、トイレに流してよいもののつまりです。スマホなど固形物のつまりにこの方法を使うと、奥に押し込んでしまい状況が悪化するので注意しましょう。

3-7.ビニール袋

ビニール袋2枚とゴム手袋を使い、ラバーカップと同じ原理でつまりを解消する方法もあります。

あらかじめ便器の水は通常の水位まで汲み出しておきましょう。次に、ゴム手袋をはめた手を拳にし、2枚重ねたビニール袋の中に入れ、ビニール袋ごと拳を便器の排水口に入れます。つまりが解消されるまで拳の押し引きを繰り返しましょう。

このとき、ゴム手袋をしていないと逆流した水で手が汚れてしまいます。また、つまりが解消されて流れ始めた水に、ビニール袋が流されないよう注意しましょう。

この方法で解消できるのは、トイレットペーパーや流せるおしりふき、排泄物などのつまりです。固形物のつまり、排水管の奥の重度のつまりなどは解消できません。

自分では解消できないトイレつまり

ここまでで紹介した方法を試してもつまりが解消しない場合は、業者への依頼を検討してみましょう。トイレットペーパーや排泄物など流してよい素材であっても、大量に流すと重度のつまりが起きるので、自分での解消は難しくなります。

また、無理に自分で解消しようとすると、つまりの原因を奥に押し込んでしまい、つまりの症状が悪化することも懸念されます。特に、スマホやおもちゃなどの固形物、生理用品やおむつなど「水に流れない・溶かせない」もののつまりの対処には要注意です。つまりの原因に心当たりがない場合も、知らないうちにポケットなどから固形物を落とした可能性があるので気をつけましょう。

固形物が排水管を傷めると、水漏れなど別の水トラブルに発展するケースも考えられます。こういった場合は自分で対処せず、業者に依頼することをおすすめします。

無理に対処するのは危険!そのときは業者に相談を

トイレつまりは、ペットボトルや針金ハンガーなどを使って自分で解決できるケースもあります。ですが、トイレつまりに無理に対処すると、より深刻な事態になったり、便器や排水管が傷ついたりする恐れがあります。トイレを長時間使えなくなると、生活への影響も心配です。

自分で対処するのが難しいときや自信がないときは、業者へ依頼しましょう。つまりの原因を調べ、原因に合わせた対処をしてくれるので、設備を傷める心配がなく安心です。業者に頼むとトイレの点検も行うので、つまりの再発防止や、部品の劣化による水もれなどのトラブルを早期発見できる点もメリットです。

トイレつまりが起こったら、まずは原因を調べ、業者への依頼が必要かを適切に判断しましょう。

フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル
ページ上部へ
ページ上部へ