難聴のお客様へ
フリーダイヤル
最短20分で駆けつけ!
お急ぎの方!トイレつまりは
専門業者ですぐ解決!
  • 作業料金8,800円~
  • 最短20分駆けつけ
水のトラブルで困ったらまずはお電話ください!
0120-091-053
WEB限定
3,000円
割引
水道局指定店/
深夜・早朝でも対応!
イースマイル公式サイト TOP > トイレつまり・水漏れ・交換修理 TOP > トイレのお役立ちコラム > トイレつまりの直し方7選を紹介!【費用をかけずに自力で直す方法】
トイレつまりの直し方7選を紹介!【費用をかけずに自力で直す方法】:イメージ
つまり

トイレつまりの直し方7選を紹介!【費用をかけずに自力で直す方法】

トイレのトラブルといえば「つまり」。いきなりトイレが使えなくなって、困ったことはありませんか?

たいていは一時的なものだったり、いつの間にか直っていたりするでしょう。しかし場合によっては対処しないと改善されない、もしくは悪化する可能性も。ただ「つまりの直し方を知らない」「何を用意すればいいか分からない」といった人もいるはず。

そこで今回は「トイレつまりの直し方7選」を紹介します。トイレは誰もが毎日使うもの。つまらせると、死活問題になります。軽いつまりならまだしも、完全なつまりは早急に対処しなければなりません。

そんなもしもの時のために、本記事で直し方を学んでおけば、役立つこと間違いなし。今トイレつまりでお困りの方でも、すぐ実践できます。ぜひ参考にしてください。
目次
フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

トイレつまりの直し方を試すべき症状

トイレつまりには様々な種類があります。なるべく症状が軽いうちに、直しておきたいところ。ただつまりかけの状態は、見逃してしまいがちです。

つまりでどういう症状が現れるのか知っていれば、すぐに異変を感じ取れます。特に便器内の溜まっている水がポイント。

つまり修理を実践すべきトイレの状態は、以下の通り。

  • 水位が上がっている
  • 水位が下がっている
  • 水が流れていかない
  • 水を流した際に異音がする
  • 封水に便やトイレットペーパーが含まれている

普段トイレの状態を意識している人は少ないはず。使用する度に便器の状態を見ることで、完全なつまりとなる前に対処できるようになります。

早い段階のつまりなら、処置も簡単。もし悪化させてしまうと、自力でつまりを解消できなくなるかもしれません。トイレをする前と水を流した後など、よく確認するようにしましょう。

水位が上がっている

便器内の水位が上がっている状態は、つまりの中でも非常に分かりやすいです。排水路の途中に便やトイレットペーパーなどが止まることがあります。すると水の通り道が狭くなり、スムーズに排水されません。

完全につまっているわけではないため、徐々に水が流れていつもの水位に戻ります。また原因次第では、時間経過によってつまりが改善され、高くなった水位も元に通ります。

すぐに直ったりその時だけだったりなら、そこまで問題ないでしょう。しかし「何度も繰り返す」「元の水位に戻るのが明らかに遅い」という状態は、つまりが悪化する恐れがあります。早急に解消すべきです。

水位が上がっている症状に関しては、以下の記事で詳しく解説しています。

水位は「封水」としての役割がある

便器内の水位は、必ず一定を保つように設計されているのをご存じでしょうか?溜まっている水は「封水」と呼ばれるもの。排水管から上がってくる悪臭を、生活空間へ飛散させないよう防いでいます。

封水を保つには、排水路を湾曲した構造にせざるを得ません。そのため少し流れが悪くなったり勢いが弱くなったりしてしまいます。要は元々つまりやすい構造をしているということです。

といっても普通に流す分には、何ら問題ありません。すぐに完全なつまりとなる可能性は低いでしょう。それでも無茶な使い方をしていると、すぐにつまりの症状が現れると理解しておくべきです。

封水の状態は、つまっているかどうかの目安になります。異変を感じたら水位を観察してみてください。

水位が下がっている

水位が下がっている状態も異常です。「下がっているなら、そこまで心配はない」と思うのは違います。確かに今すぐ溢れる状況ではありません。しかしつまっているため、水位が下がっていても水や便などを流せば溢れます。

特につまりで水位が下がってるケースは注意してください。排水管に残存している便やトイレットペーパーに封水が吸収されています。

他にもつまりによって流れるのに時間がかかり、真空となった排水管に封水が引かれることも考えられるでしょう。つまりの症状では軽い方なため、すぐに対処すれば問題ありません。

ただし水位が下がっている時は、原因がつまりではない可能性も。詳しくは以下の記事で解説しているので、参考にしてください。

水が流れていかない

完全につまってしまうと、当然水や便は流れていきません。排水管をつまりが塞いでしまうからです。流しても行き場が無く、便器に溜まり続けます。水位が上昇した時みたいに、時間経過で直らないかもしれません。

そのままでは大惨事になるため、早急に対処する必要があるでしょう。しかし水が流れないほどのつまりとなれば、自力で対処するのも難しいです。むやみに直そうとして、悪化させないよう注意してください。

また水が流れないのは、トイレの流す機能に異常が発生している可能性もあります。例えばトイレタンクの故障や、止水栓が閉まっているなど。

水が少なかったり勢いが弱かったりすれば、流れていかないのは当たり前。排水路の湾曲した構造も相まって便を思うように運べず、途中で止まってしまいます。水がちゃんと流れているか、一度確認してみてみましょう。

水を流した際に異音がする

水を流した際、いつもと違う音がしませんか?便器がつまっていると、水の流れがおかしくなった影響で異音が発生。また流し終わった後に、つまりによって溜まった空気が水の中を移動して「ゴポゴポ」と聞こえてきます。

完全につまっているわけではなく、いつも通り使用していれば直るかもしれません。ただし毎回聞こえたり異音が酷くなったりする際は、つまりの解消を実施してください。

異音は見た目が変わらず、つまりだと判断しにくいのが特徴です。またいつもの音とつまった時の音の違いが分からないというのもあるはず。早期発見のためには、日頃から音も気にしておくと良いでしょう。

封水に便やトイレットペーパーが含まれている

封水に便やトイレットペーパーが混じっているのは、排水管の途中でつまっている証拠です。きちんと流れず、封水が溜まる場所に便やトイレットペーパーが残っています。

特に固い便だと、湾曲した排水路を超えられません。流した水によって少し崩れた結果、封水に便が浮いてきます。

便だけがつまりの原因なら、すぐに解消されるので心配ありません。ただ他の異物が邪魔をして、便が流れていかない時は問題です。

そのままにしていても、どんどん便などがつまり続けるだけ。悪化の一途を辿ります。早急に対応しましょう。

フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

トイレのつまりで起こるトラブル

トイレつまりの症状を放っておくと、大きなトラブルに見舞われることがあります。損害が発生して、思わぬ出費に繋がるかもしれません。

「ちょっとしたつまりだろう」と、軽く見ていてはダメ。最悪の事態を想定して、早めの対処を実施すべきです。

油断しないためにも、起こりうるトラブルについて紹介します。主なトラブルは以下の4つ。

  • トイレができない
  • 便器から水が溢れる
  • 故障する
  • 異臭がする

トイレのトラブルは自分だけの問題ではありません。状況次第では家族や周囲に住んでいる人など、多くの人を巻き込みます。トラブルを未然に防いで、被害を大きくしないようにしましょう。

トイレができない

トイレでトラブルが起こると、使用できなくなります。すべてのトイレトラブルが行き着く末路です。トイレは毎日色んな人が必ず使うもの。トイレができないのは死活問題です。つまりが悪化すると、自力で直すのは困難。業者へ依頼することになります。

しかしすぐに業者が来てくれるわけでも、直るわけでもありません。依頼が混んでいたり定休日だったりすることもあるでしょう。

また便器の状態が悪すぎた場合、交換や修理などの時間がかかる工事が必要になるかもしれません。トイレが1つしかない家庭は、自宅以外のトイレに行くことを余儀なくされます。

トイレが使えなくなるリスクは大きいです。少しでも異変を感じたら放っておかず、原因の調査やつまり除去などの対処を行いましょう。

便器から水が溢れる

つまりが悪化すると、便器から水が溢れてしまいます。排水管が完全に塞がれているため、便も水も流れていきません。

どんどん便器に水が溜まっていき、最終的に水漏れに繋がります。「溢れたなら、掃除すればいい」というのは間違いです。

もし知らないうちに溢れていたらどうなるでしょうか?溢れる水には便が含まれています。よって床や壁紙が汚染されたり浸水したりして、張替える必要が出てくるでしょう。

トイレのつまり修理に加えて、張替えの費用まで発生するということです。手痛い出費になるのは容易に想像できるはず。

マンションやアパートに住んでいる人は、さらに被害が大きくなります。便器から溢れた水が隣や下の階に浸水するからです。賠償金を払うのはもちろん、迷惑がかかるのは理解できるでしょう。住みにくくなることも考えられます。

自宅だけでなく周りへ被害を広がらせないためにも、つまりかけの段階で食い止めるべきです。

故障する

つまりがキッカケで、便器や付属品・排水管などが故障してしまいます。そうなるとつまりも含めて、自力でどうにかなる問題ではありません。

ウォシュレットが使えなくなったり便器や排水管から水が漏れたり、様々なトラブルに繋がっていきます。被害がどんどん大きくなっていくということです。

修理や便器・部品の交換など、かかる費用も膨らむばかり。経年劣化や偶発的な故障は仕方ありません。一方つまりによる故障は防げるものなので、無理な使い方をしないよう注意しましょう。

異臭がする

トイレの異臭問題は生活に支障をきたします。つまりによって封水が無くなると、排水管の臭いが便器まで上がってきて、生活空間へ漂う事態に。そうなると食事はできず、色々なものに臭いがついてしまうでしょう。

普通に生活できないため、異臭問題も避けなくてはいけません。トラブル元の「水位が下がる症状」は、つまりかけの状態。よってすぐに直せる段階です。異臭を撒き散らす前に、対処しておきましょう。

トイレがつまる原因

それではつまる原因にはどういったものがあるのでしょうか?つまりを直すには、まず原因を心得なければなりません。

なぜなら原因ごとに合った直し方を選択する必要があるからです。原因は1つだけではない上に、つまりやすさや解消する難易度も異なります。

つまる原因や仕組みを理解することで、スムーズに直せるようになるでしょう。大きく分けて、以下の4つが原因として該当します。

  • 便やトイレットペーパーがつまる
  • 非水溶性の異物を流した
  • 水量や水圧が不足している
  • 汚れが蓄積している

また「なぜつまるか」を知ることで、トイレを使う際に気をつけるべきポイントも分かります。大前提としてつまらせないのが1番大事。意識してトイレを快適に使いましょう。

便やトイレットペーパーがつまる

つまりの原因として最も多いのが便やトイレットペーパーです。そもそもトイレは用を足すところ。基本的に便やトイレットペーパーしか流さないはず。したがってつまりの原因になるのは仕方ないのかもしれません。

とはいえ便もトイレットペーパーも完全なつまりとなる確率は低いです。なぜならどちらも「水溶性」といって、水に溶ける性質を持つから。それでも大量に流せばつまりとなるので注意してください。

非水溶性の異物を流した

非水溶性の異物をトイレに流してしまうと、つまりとなってトラブルが起きます。例えばみんながトイレに持ち込むスマホやこどものおもちゃなど。不用意にも便器へ落とした場合、運が悪いと排水管でつまります。

便やトイレットペーパーと違い、水の影響を受けません。したがって留まり続けます。放っておくと悪化するため、早急に取り除くべきです。

また異物として危険なのは、スマホなどの固いものだけではありません。オムツや生理用ナプキンのような柔らかいものもつまりとなります。

さらに水を吸収する素材が使われており、時間が経つ毎に排水管内で膨張。どんどんつまりが酷くなっていきます。オムツなどは流してしまいがちですが、つまりの原因となるため、必ずゴミ箱に捨ててください。

水量や水圧が不足している

直接的な原因ではありませんが、水量や水圧の不足がつまりを発生させます。便やトイレットペーパーを流しても、排水路の途中で止まってしまうからです。何度も繰り返すとどんどん便などが溜まっていき、酷いつまりになるでしょう。

よくあるのが、大便を小で流す行為。節水する意識は良いことですが、つまってしまえば元も子もありません。自力で直せず業者に依頼すれば、節水で浮いたお金が無駄になります。過度な節水はトイレをつまらせるのでやめましょう。

またトイレタンクの各種部品や、流す機能が故障しているかもしれません。節水していないのに、水の流れが弱かったり水量が不足したりする際は、タンクなどを確認すべきです。原因が分からない場合は、業者のメンテナンスを実施しても良いでしょう。

汚れが蓄積している

便器や排水管に汚れが蓄積していると、つまりの元になります。細い排水管に汚れが溜まれば、便やトイレットペーパーが引っかかってしまうでしょう。

それにこびりついた便の残りや尿石は、中々除去できるものではありません。見えない部分のため、つまりの原因として認識するのも難しいです。

日頃の清掃を疎かにしていると、排水管に汚れが溜まっていきます。パイプユニッシュなどの専用洗剤などを使って、定期的な掃除を行いましょう。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

トイレつまりの直し方7選

トイレつまりは突如として発生します。頻繁に起こるものではないですが、いざという時のためにも直し方を知っておくべき。またつまりの原因と同じく、直し方も1つだけではありません。

それぞれがメリットや特徴を持ち、解消できるつまりが違います。紹介するのは、すべて自力でできる以下の7つです。

  • 放置する
  • ラバーカップを使う
  • 真空パイプクリーナーを使う
  • お湯でつまりを溶かす
  • 直接取り除く
  • 重曹とお酢を使う
  • 洗剤を使う

専用の道具や洗剤などが無くてもつまりは除去できます。ただ、あれば役に立つことは、間違いありません。

もし手元に何も持ってないという人は、いつでも実践できるように準備しておくと良いでしょう。今まさにつまりで困っているなら、できることから試してみてください。

放置する

一旦放置しても、つまりが直ることはあります。時間の経過でつまっているものが崩れたり、やわらかくなったりするためです。例えば便やトイレットペーパーなどが該当。水に溶ける性質を利用すれば、つまりが解消されます。

よっていつもどおりトイレを使っても問題はありません。ただしつまりが悪化しないよう、水の流れや封水の状態をよく確認しましょう。

また水量や水圧が不足して、便が流れきっていない可能性があります。一度トイレの流す機能を調整してみてください。その後放置して直るなら、節水がつまりの原因です。トイレの設定や水量などの見直しも検討してみて下さい。

お湯でつまりを溶かす

お湯を便器内に流すと、つまりが溶けて解消されます。効果があるのは、便などの水に溶けるものです。お湯を使うことで溶けるスピードが早くなります。

40〜60℃のお湯を用意して、ある程度の高さから流しましょう。流す前に封水を除去しておくと、温度の低下を防ぐことができます。

ただし熱湯の使用は厳禁です。便器の素材は陶器ですが、熱湯に耐えられません。したがって熱湯を流すと割れてしまいます。必ず40〜60℃まで冷まして使用してください。

ラバーカップを使う

ラバーカップは、トイレつまりを直す便利アイテムです。押して引いた時の吸引力が、つまりを除去してくれます。力がかかるため、少し酷いつまりにも有効。使用手順を以下に記載しました。

ラバーカップの使い方
  1. 便器に合ったラバーカップを用意
  2. 便器内の水量を調整
  3. ラバーカップを排水口に密着させ、真空状態を作る
  4. ラバーカップを勢いよく引く
  5. つまりが取れるまで3と4を繰り返す
  6. 水を流してつまり除去の確認

ラバーカップは使用してはいけないケースがあります。スマホやおもちゃなどの固い異物を除去するには、不向きなアイテムです。異物がハマって排水管を痛めたり、奥の方へ追いやって取れなくなったりします。

そうなると自力での除去は難しいです。除去できないということは、つまりの悪化にも繋がります。ラバーカップの使用は水溶性のものだけにしましょう。

真空パイプクリーナーを使う

真空パイプクリーナーもトイレつまりを解消するアイテムです。効果や使用法はラバーカップと同様ですが、真空パイプクリーナーの方が高性能。多少のつまりなら、簡単に除去してくれます。

そして非水溶性の異物に対して使ってはいけないのも一緒です。何がつまっているかを確認してから使いましょう。

ペットボトルを利用する

ラバーカップや真空パイプクリーナーが手元に無いかもしれません。しかしどの家庭にもあるもので、代用が可能なのをご存じでしょうか?それが「ペットボトル」です。

準備は「蓋を外す」「ペットボトルの底を切り取る」、この2点のみ。あとは手で飲み口部分を塞ぎながら、トイレの排水口でペットボトルを差し引きしましょう。ラバーカップと同じ原理でつまりが解消されます。

詳しくは以下の記事で解説しているので、参考にしてください。

直接取り除く

つまりの原因が見えている時は、直接取り除くべきです。無理やり流したり放置したりすると、つまりが悪化するかもしれません。

例えば固い異物は便器を破損させ、吸水性の高いオムツや生理用品は排水管の途中で膨張して、便器の脱着を伴う大掛かりな修理になりかねません。

ただし洗浄用のブラシなどを突っ込んで取るのはやめておきましょう。もし先端が折れると、逆につまりの原因となります。ゴム手袋を装着した手で、異物を押し込まないよう取り除いてください。

重曹とお酢を使う

重曹とお酢でつまりを溶かすことができます。割合は重曹が1、お酢が2です。2つを混ぜると化学反応により、炭酸ガスが発生。便やトイレットペーパーを溶かしやすくする効果があります。

どちらも環境に優しく、どこの家庭にも置いてあるはず。トイレだけでなくキッチンやお風呂場の掃除にも使えるため、試してみてください。

洗剤を使用する

洗剤を使用してつまりを解消しましょう。中性洗剤ならトイレットペーパーや便、酸性洗剤は頑固な尿石汚れなどに効きます。

洗剤を便器に使用した際は、すぐに水を流してはいけません。つまりが溶けるといっても多少時間はかかります。1時間ほど放置して、様子を見つつ水を流すようにしてください。

併用するとつまり除去が捗る

併用すると効果が高まるものもあります。例えばお湯でつまりをやわらかくした後、ラバーカップで押し出すなど。何も1つだけに絞って、使用する必要はありません。

自宅につまり解消のアイテムや洗剤があるなら、積極的に使っていきましょう。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

トイレつまりの直し方で注意すべき点

トイレのつまりは、ただ直し方を実施すればいいというわけではありません。下手をするとつまりが悪化したり別の問題を発生させたりします。以下のことに注意して、安全安心につまりを直しましょう。

  • 何がつまっているか特定する
  • 準備を怠らない
  • 洗剤は用法用量を必ず守る

何がつまっているか特定する

つまりは原因の特定が先決。原因によって解消法は違うためです。相性の悪い方法を実施すると、つまりが酷くなってしまいます。つまりトラブルで焦るかもしれませんが、冷静に原因を分析しましょう。

準備を怠らない

解消法を実施する前に、準備を怠らないようにしてください。つまりはトイレ以外へ影響を及ぼすことも考えられます。

例えば水が溢れた時のことを考えて、床や周囲に養生をするなど。他にも水が溢れる可能性を無くすために、止水栓を閉めておくのも大事です。出来る限り被害が広がらないよう工夫しましょう。

洗剤は用法用量を必ず守る

洗剤を使う際は、用法用量を守りましょう。間違った使い方をすると、人体に有害なガスが発生。様々な症状を引き起こすだけでなく、最悪の場合死に至ることも。

あらかじめ換気状態を作り、使用する洗剤は1つだけにしてください。基本的に洗剤は混ぜないよう注意しましょう。

トイレつまりの直し方を試してもダメなら業者に依頼する

もしつまりがどうにもならないなら、潔く諦めて業者に依頼して直してもらうことも検討すべきです。無理に直そうとして悪化すると、便器の故障などでさらなる費用がかかるでしょう。

つまり修理もお金はかかりますが、最小限で済みます。業者の選び方については以下の記事で解説しているので、参考にしてください。

まとめ

トイレのつまりはよくあるトラブルです。毎日使用するので、つまらせると困るはず。そんな緊急事態のために、直し方を知っておくべきです。

ただし大事なのは直すよりも、つまらせないこと。大量にトイレットペーパーを流せば、つまるのは当たり前です。そしてトイレはあくまでも用を足す場所。不要なものを持ち込んだり便以外のものを流したりしてはいけません。

つまらせないよう注意しながら、もしもの時に備えてつまり解消用のアイテムを揃えておきましょう。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する
駆けつけ修理エリアは
全国各地に展開しています

対応エリア

北海道・東北地方
  • 北海道
  • 宮城県
  • 山形県
  • 福島県
北陸・信越地方
  • 新潟県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 長野県
関東地方
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 山梨県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
東海地方
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
関西地方
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
中国地方
  • 岡山県
  • 広島県
  • 島根県
  • 山口県
四国地方
  • 愛媛県
  • 香川県
九州・沖縄地方
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 鹿児島県
フリーダイヤル 各種お支払い方法
ページ上部へ
ページ上部へ