難聴のお客様へ
フリーダイヤル
最短20分で駆けつけ!
お急ぎの方!トイレつまりは
専門業者ですぐ解決!
  • 作業料金8,800円~
  • 最短20分駆けつけ
水のトラブルで困ったらまずはお電話ください!
0120-091-053
WEB限定
3,000円
割引
水道局指定店/
深夜・早朝でも対応!
イースマイル公式サイト TOP > トイレつまり・水漏れ・交換修理 TOP > トイレのお役立ちコラム > トイレのつまりは水道局指定工事店に依頼しよう!業者選びのポイント解説
トイレのつまりは水道局指定工事店に依頼しよう!業者選びのポイント解説:イメージ
お役立ち

トイレのつまりは水道局指定工事店に依頼しよう!業者選びのポイント解説

トイレのつまりを修理してもらおうと、業者を探しているとき、「水道局指定工事店」という言葉を見かけたことはありませんか?

水道局指定工事店とは、水道局によって適切な水道工事ができるとお墨付きを得た業者のことです。高い技術力のあることが保証されているので、安心して工事を任せられます。

トイレのつまりの修理には、水道局指定工事店でなければ実施できない工事もあります。排水管の交換や汲み取り式トイレの交換など、大掛かりな工事がそれです。

こういった理由から、水道局指定工事店であるかどうかは、業者選びの重要な判断基準となります。

この記事では、トイレのつまりを水道局指定工事店に依頼するメリットや、業者選びのポイントについて解説します。

トイレのつまりでお困りの際は、ぜひこの記事を参考に、安心して任せられる業者を選んでください。
目次
フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

水道局指定工事店とは?

トイレのつまりを修理する専門業者の中には、「水道局指定工事店」と表示しているところがあります。

水道局指定工事店とは、各地域の水道局から指定を受けた業者のことです。トイレのつまりを修理する業者であれば、「指定排水設備工事事業者」として、特別な指定を受けます。

水道局指定工事店に指定されるには、いくつかの要件があります。厳しい要件をクリアした水道局指定工事店は、高い技術力があると見込まれるので、トイレのつまりを修理する際は真っ先に依頼したい業者です。

まずは、水道局指定工事店の特徴について、詳しく解説していきます。

水道局指定工事店は水道工事のスペシャリスト

水道局指定工事店には、大きく2種類あります。

  • 指定給水装置工事事業者
  • 指定排水設備工事事業者

指定給水装置工事事業者は、給水管など給水に関係する設備の修理や交換を行う業者です。一方、指定排水設備工事事業者は、排水管など排水に関する設備の修理や交換を行います。

どちらの事業者も水道局によって指定されるため、水道局指定工事店と呼ばれています。

水道局指定工事店の特徴は、各地域の水道局から十分な技術力があると保証されていることです。業者の規模や歴史、知名度などと関係なく、法令で決められた要件を満たした業者だけが、指定を受けられます。

トイレにまつわる工事の中には、排水管の交換など、水道局指定工事店でなければできないものもあります。そのため、トイレのつまりの修理は、水道局指定工事店に依頼するのが安心です。

水道局指定工事店になるための要件

水道局指定工事店になるには、各地域の水道局が定める要件を満たさなくてはなりません。

ここでは、トイレ工事とかかわりの深い、指定排水設備工事事業者となるための要件について、見ていきましょう。

東京都の例を挙げます。東京都で指定排水設備工事事業者となるには、以下の要件を満たす必要があります。

  • 都の区域内に事業所があること
  • 東京都に登録している責任技術者を、事業所ごとに 1 名以上専任させること
  • 代表者が成年被後見人または被保佐人ではないこと
  • 代表者が破産者であって復権を得ない者ではないこと
  • 代表者が条例の規定による届出がなされていない排水設備の新設等の工事を施行していた場合、その事実から2年を経過していること
  • 代表者が条例の規定により指定を取り消されていた場合、それから2年を経過していること

特に重要なポイントは、東京都に登録している責任技術者を、事業所に1名以上置くことが要件となっている点です。

責任技術者は、排水設備工事責任技術者という資格が必要な専門職です。東京都の場合、専門的な教育を受けているか、1~2年以上の実務経験がないと、受験資格さえ得られません。

責任技術者を必ず1人以上おいているため、水道局指定工事店は、排水設備工事のスペシャリストとして、信頼できるのです。

フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

水道局指定工事店とその他の工事店との違いは?

水道局指定工事店と、その他の工事店との違いは、普通の人ではわかりにくいものです。どちらもトイレのつまりを直すための、基本的な技術は持っているからです。

簡単に直せるトイレのつまりであれば、水道局指定工事店にこだわらず、料金の安い業者に依頼しても、問題ないかもしれません。

しかし、トイレのつまりの修理では、水道局指定工事店にしかできない工事をする場合があります。特別な工事を指定工事店以外の業者に任せた場合、法令違反として処罰の対象となる可能性があり、注意が必要です。

ここでは、水道局指定工事店とその他の工事店の違いについて、詳しく解説していきます。

水道局指定工事店ができること

水道局指定工事店は、その他の工事店にはできない工事を実施できます。

例えば、以下のような工事は、水道局指定工事店だけが行える代表的な工事です。

  • 排水設備の新設、増設または改築
  • 汲み取り式トイレから水洗トイレへの交換

排水設備とは、私有地内の排水を公共下水道へ流すための設備のことです。自宅の敷地内の排水管や汚水ますなどが排水設備にあたります。

排水設備を新しく作ったり、交換したりする工事は、水道局指定工事店でなくては実施できません。

また、汲み取り式トイレを水洗トイレに交換する工事も、指定工事店でなくてはできない自治体が多いです。

例えば、横浜市の条例では、次のように定めています。

排水設備の新設等の工事及び処理区域内におけるくみ取便所の水洗便所への改造工事は、市長の指定する者(以下「排水設備指定工事店」という。)でなければ行うことができない。

引用:横浜市下水道条例第38条

水道局指定工事店ができることは、各自治体によって若干異なります。しかし、上に挙げた2つの工事については、どの地域であっても水道局指定工事店に依頼するようにしましょう。

指定を受けていない工事業者でもできること

水道局指定工事店以外の業者でもできることとしては、以下のような作業が挙げられます。

  • 軽度なトイレのつまりの修理作業
  • トイレの汚れ等を除去する作業
  • 簡単なトイレの交換作業

トイレットペーパーをトイレにつまらせた程度の、軽いトラブルであれば、水道局指定工事店以外の業者が作業してかまいません。個人で修理することももちろん可能です。

トイレの掃除作業についても、問題ありません。トイレをきれいにする作業に大掛かりな工事は必要ないからです。

また、トイレを新品に交換する程度の作業であれば、水道局指定工事店以外の業者でもできます。ただし、排水設備を一新したり、汲み取り式トイレから水洗トイレへ交換したりといった、大掛かりな作業はできませんので、注意してください。

以上、3つの作業は、水道局指定工事店以外の業者でもできます。

しかし、できればこれらの作業も、水道局指定工事店に依頼するのがおすすめです。

簡単に修理できそうなトイレのつまりでも、実は排水管に問題があった、という場合も少なくありません。思いがけないトラブルが起こったときに備え、はじめから水道局指定工事店に依頼しておくのがよいでしょう。

トイレのつまりの修理を水道局指定工事店に依頼するメリット

トイレのつまりの修理は、排水管の交換が必要な場合はもちろん、軽度のつまりであっても水道局指定工事店に依頼するのがおすすめです。

水道局指定工事店に修理を依頼するメリットとして、以下の3つが挙げられます。

  • 技術力が高い
  • 対応できる工事の範囲が広い
  • トラブルの際に自治体に対応を求められる

これら3つのメリットについて、詳しく解説していきます。

技術力が高い

第一に、水道局指定工事店は、その他の業者よりも技術力が高いです。

指定排水設備工事事業者では、必ず責任技術者を1人置いています。責任技術者は、各都道府県ごとに実施される試験に合格することで資格を得られる、専門職です。

責任技術者を必ず1人置くことによって、水道局指定工事店は、専門的な知識を有し、安全かつ確実な施工を実施する技術があることを保証されています。

たとえ簡単に直せそうなトイレのつまりでも、水道局指定工事店に依頼した方が、確実に直してくれるでしょう。

対応できる工事の範囲が広い

第二に、水道局指定工事店は、対応できる工事の範囲が、その他の業者よりも広いです。

トイレのつまりは、簡単な作業で直せるものばかりではありません。トイレの奥の排水設備に問題が生じているために、つまりが起こるケースがあります。

水道局指定工事店ではない業者に修理を依頼すると、排水設備の問題にその場で対処できません。水道局指定工事店にあらためて依頼しなくてはならないため、時間とお金が余計にかかってしまいます。

また、水道局指定工事店ではない業者だと、つまりの原因を見誤り、誤った工事をする可能性があります。特に、排水管や汚水ますにつまりの原因がある場合、知識のない業者だと見抜けないかもしれません。

最初から水道局指定工事店に依頼しておけば、つまりの原因を確実につきとめられる上、排水設備の問題にもその場で対応してくれるでしょう。

トラブルの際に自治体に対応を求められる

第三に、水道局指定工事店との間にトラブルが起こった場合、自治体に対応してもらえます。

水道局指定工事店は、各地域の水道局によって指定された業者です。指定した責任が水道局にあるため、指定工事店との間のトラブルは、水道局に相談することができます。

水道局指定工事店ではない業者とのトラブルは、消費者センターなどに相談しなくてはならず、解決まで時間と手間がかかるでしょう。水道局指定工事店に依頼するのは、こういったリスクを避けることにつながります。

また、各地域の水道局のホームページでは、水道局指定工事店の一覧を公表しています。一覧を利用すれば、水道局指定工事店と偽る悪徳業者を簡単に見抜くことができます。

知らない業者にトイレ修理を任せる際は、水道局指定工事店かどうかをホームページで確認したうえで、依頼するとよいでしょう。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

トイレのつまりの修理業者を選ぶポイント

トイレのつまりの修理業者を選ぶ際は、いくつかのポイントを押さえることが大切です。適当に業者を選んでしまうと、後々トラブルに見舞われる危険性があります。

業者選びの主なポイントは、以下の3つです。

  • 水道局指定工事店であること
  • 料金について事前に見積もりしてくれること
  • 実績が豊富であること

水道局指定工事店であることは、確かに重要な判断基準ですが、それだけで業者を選んではいけません。他のポイントもしっかり踏まえたうえで、信頼できる業者を見つけましょう。

ここでは、業者選びの3つのポイントについて、詳しく解説していきます。

水道局指定工事店であること

1つめのポイントは、水道局指定工事店であることです。

選んだ業者が水道局指定工事店であるかを知るには、業者のホームページをまずは確認してみましょう。たいていの業者では、水道局指定工事店であることをホームページ上で知らせています。

また、指定を受けた地域についても、ホームページに載せている業者がベストです。水道局指定工事店は地域ごとに指定されるため、住んでいる地域の指定を受けていなければ、適切な工事をしてもらえないからです。

さらに、各地域の水道局のホームページでは、水道局指定工事店の一覧を公開しています。選んだ業者の名前を一覧から検索すれば、指定工事店であるか確実にわかります。

トイレの修理業者の中には、水道局指定工事店と偽る悪徳業者もいますので、しっかりとした裏付けをとるようにしましょう。

なお、水道局によっては、問い合わせることで、住んでいる地域の水道局指定工事店を紹介してくれる場合があります。業者選びに迷っているときは、一度水道局に問い合わせてみてもよいでしょう。

料金について事前に見積もりしてくれること

2つめのポイントは、工事内容について事前に説明してくれ、料金を見積もってくれる業者を選ぶことです。

トイレの修理業者とのトラブルで、非常に多いのが、料金に関するものです。高額な修理費用を請求されたり、必要のない工事に対する追加料金を請求されたり、といった被害が報告されています。

こういったトラブルを避けるために、業者選びの際は、必ず出張見積もりを依頼するようにしましょう。見積もりを取る理由は、2つあります。

  • 被害状況を見てもらったうえで、正確な修理費用を把握するため
  • スタッフの対応を見るため

出張見積もりのメリットは、実際の被害状況を見たうえで、正確な料金を見積もってもらえる点にあります。もしも作業後に追加料金を請求されても、見積もりがあれば対抗できるでしょう。

また、現地見積もりにきたスタッフの対応を見ることで、信頼できる業者か見極めることもできます。作業内容についてきちんと説明してくれなかったり、費用についてごまかしたりする業者は、信頼できないので断りましょう。

出張見積もりは、無料で行っている業者が多いですが、中には有料の業者もあります。必ず依頼前に確認してください。

実績が豊富であること

3つめのポイントは、施工実績が豊富であるという点です。

施工実績の豊富な業者であれば、トイレのつまりを確実に修理してくれる可能性が高いです。さらに、住んでいる地域での実績が多い業者であれば、地域の地理的な条件を踏まえたうえで、適切な施工を行ってくれるでしょう。

また、業者の信頼性を確かめるには、口コミを見ることも重要です。口コミの数や星の数だけでなく、内容もしっかりと読んで、信頼できそうな業者を選びましょう。

業者選びの際は、以上3つのポイントを押さえたうえで、自分の都合に合った業者に依頼しましょう。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

トイレのつまりの修理を水道局指定工事店以外の業者に依頼するリスク

トイレのつまりの修理は、水道局指定工事店に依頼するのが安心だということは、これまで解説してきた通りです。

しかし、状況によっては、水道局指定工事店ではない業者に依頼せざるをえないかもしれません。

もちろん、水道局指定工事店でなくても、安全かつ確実な施工をしてくれる業者はいます。けれども、いくつかの理由から、指定工事店以外の業者に依頼すると、トラブルに巻き込まれる可能性があるのも確かです。

ここでは、トイレのつまりの修理を水道局指定工事店以外の業者に依頼するリスクについて、解説します。

トイレのつまりの修理でよくあるトラブル

トイレのつまりの修理では、業者との間でしばしばトラブルが発生します。

代表的なトラブルは、以下のようなものです。

  • 高額請求
  • 工事後の追加請求
  • 手抜き工事

これらのトラブルは、水道局指定工事店以外の業者によって引き起こされることが多いです。

水道局指定工事店は、水道局から指定を受けた業者です。一定の技術力を持っているとお墨付きを得ていることに加えて、事業者名もホームページに公開されているため、上記のような不正行為をしにくくなっています。

一方、水道局指定工事店ではない業者は、水道局の指定を受けていないため、信頼性が低い代わりに、事業の実態を把握しにくくなっています。そのため、不正行為が比較的やりやすい環境にあるのです。

このような理由から、水道局指定工事店ではない業者に依頼するのは、リスクが高いといえます。

ただし、水道局指定工事店だからといって、絶対に不正を侵さないということはありません。水道局指定工事店との間にトラブルが起こった際は、地域の水道局に相談するようにしましょう。

非指定工事店による修理が違法行為にあたる可能性がある

水道局指定工事店ではない業者がトイレの修理を行うと、法律や条例に違反する可能性があるのも、大きなリスクの1つです。

特に注意が必要なのは、給水管や排水管などを交換するような、大掛かりな工事です。

トイレの奥の排水設備の交換などは、水道局指定工事店でなくてはできません。水道局指定工事店ではない業者に施工を任せてしまうと、処罰の対象となる可能性があります。

また、排水管の工事の際は、水道局への届出も必要です。こういった手続きをしないまま施工を行うと、同じく処罰の対象となります。

トイレのつまりは、ちょっとしたトラブルのように見えて、大きな工事が必要となる場合があります。水道局指定工事店ではない業者に依頼していると、気づかないうちに不法行為に加担してしまうかもしれません。

こういったリスクを回避するためにも、修理業者ははじめから水道局指定工事店を選ぶのが賢明です。

まとめ

水道局指定工事店は、各地域の水道局によって指定された業者のことです。排水設備に関する技術と知識を有した責任技術者が必ず1人専任しており、安全かつ確実な施工をしてくれます。

水道局指定工事店には、「指定給水装置工事事業者」と「指定排水設備工事事業者」の2種類あります。トイレのつまりの修理の場合、排水設備工事のスペシャリストである、「指定排水設備工事事業者」に依頼するのがよいでしょう。

トイレのつまりの修理には、排水管の交換など、水道局指定工事店でなくてはできない工事を行う場合があります。指定工事店以外の業者に任せてしまうと、処罰の対象となる可能性があるので、十分気をつけましょう。

水道局指定工事店であることは、業者選びの1つのポイントです。トイレがつまって困っているときは、適当に業者を選ばず、水道局指定工事店であることを確認したうえで、依頼するようにしましょう。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する
駆けつけ修理エリアは
全国各地に展開しています

対応エリア

北海道・東北地方
  • 北海道
  • 宮城県
  • 山形県
  • 福島県
北陸・信越地方
  • 新潟県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 長野県
関東地方
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 山梨県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
東海地方
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
関西地方
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
中国地方
  • 岡山県
  • 広島県
  • 島根県
  • 山口県
四国地方
  • 愛媛県
  • 香川県
九州・沖縄地方
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 鹿児島県
フリーダイヤル 各種お支払い方法
ページ上部へ
ページ上部へ