難聴のお客様へ
フリーダイヤル
最短20分で駆けつけ!
お急ぎの方!トイレつまりは
専門業者ですぐ解決!
  • 作業料金8,800円~
  • 最短20分駆けつけ
水のトラブルで困ったらまずはお電話ください!
0120-091-053
WEB限定
3,000円
割引
水道局指定店/
深夜・早朝でも対応!
イースマイル公式サイト TOP > トイレつまり・水漏れ・交換修理 TOP > トイレのお役立ちコラム > トイレつまりが自然に直る時間と可能性とは?自分で対処する方法を紹介
トイレつまりが自然に直る時間と可能性とは?自分で対処する方法を紹介:イメージ
つまり

トイレつまりが自然に直る時間と可能性とは?自分で対処する方法を紹介

トイレつまりには放っておけば自然と解消するものとそうでないものがあります。そこで本記事では洋式トイレにおけるつまりのタイプをはじめ、つまり放置が引き起こすトラブル、自分でできる対処法、トイレつまりが原因で業者に依頼する際の費用相場などついて解説します。つまりで困っている方はぜひ参考にしてください。
目次
フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

トイレつまりが発生しやすい場所は?

洋式便器の場合、トイレつまりが起こりやすい部分は2カ所です。洋式の便器は、一見簡単そうな構造に見えますが、内部は複雑なつくりになっています。そしてつまりの原因になりやすいのが、外からでは見えない「せき(堰)」とせきの先にある「くぼみ」です。

せきは便器にある水が最初に乗り越える部分で、便器内に水をためておく役割があるので少し高さがあります。そしてここを乗り越えられないような大きすぎるものや重たいものが引っかかるとつまる原因になります。

せきを通過した先にあるのがくぼみです。小さく浅いくぼみには常に水がたまっていますが、ここの水に溶けないようなものなどが流れてくると、ここで引っかかってつまりを起こします。

せきとくぼみのどちらの場合であれ、ここに引っかかっているうちにトラブルが解決できればいいですが、この2カ所を通過して下水にいってしまうと、便器を外しての大掛かりな工事になります。そうなると修理費も一気に上がるため、状況が悪化する前に早めに解決するようにつとめましょう。

フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

トイレつまりが自然に直る可能性はある?


はじめてトイレつまりが生じた際には誰しもがどうすればよいのか迷うものです。しかし、つまりの原因によっては放っておけば自然とトラブルが解消してくれる場合があります。そこでこの章では、トイレつまりがおのずと直るケースをピックアップして紹介します。

自然に直るつまり1:大量のトイレットペーパー

トイレットペーパーは水に溶けやすいように作られていますが、多量に消費して一気に流そうとするとつまりを起こします。ですが、トイレットペーパーの性質上、待っていれば水に溶けていくため時間をかければトラブルは解消します。

ただし、海外製トイレットペーパーや粗悪なものを使用しているとスムーズに溶けていかないことがあるため、よくトラブルを起こすようなら商品を変えてみるのもひとつの手段です。

自然に直るつまり2:排泄物

排泄物を一度にたくさん流すとつまりを起こします。また、排泄物が少なくても流れが悪かったり、水量が少なかったりするとつまりに発展します。

しかし人間の排泄物は基本的に水溶性のため、つまったとしても時間が経てばいつものように流せます。

注意したいのはペットのフン(排泄物)です。動物の排泄物は人間の排泄物に比べて水に溶けにくく、トイレで処理するとつまる原因になるため、ペットの排泄物は袋に入れてゴミとして捨てるようにしましょう。

また、消化されずに排出された便や便の中に過剰な脂肪がある脂肪便は通常よりもつまりやすいため、注意が必要です。

自然に直るつまり3:トイレに流せる掃除シートなど

トイレ掃除に便利なトイレ掃除専用シート。その多くのパッケージには「トイレで流せます」と記載されており、活用する方も多いのではないでしょうか。

しかし、これらの専用シートを大量に使って、トイレに流すのだけは絶対にやめましょう。水に流せる製品は便利ですが、トイレットペーパーに比べると溶けづらく、商品によっては少量でもつまりを引き起こしたり、つまり解消までに長時間かかったりします。使用する際はシートをためてから流すのではなくこまめに流して使うか、不安な方は普通にゴミとして捨てるとよいでしょう。

トイレつまりが自然に直るまでにかかる時間は?


前述したような放置すれば直るつまりでは、トラブルを招く「もの」のタイプや大きさ、量が関係してきます。

例えば、トイレットペーパーや排泄物が原因なら、最低でも30分~3時間程度は待ちたいところです。そして流せるタイプのトイレシートやウェットティッシュなどの場合には、半日ほど様子を見るとよいでしょう。

それでも解決できないつまりなら、後述の自分でできる対処法を試すか、専門の業者に修理依頼をしましょう。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

【注意】放置すると危険なトイレつまり!自然には直らないケース


次に放置しても改善しないつまりについて紹介します。このようなケースに見舞われた際は早急に専門業者にお願いするのが望ましいです。

自然に直らないつまり1:固形物

固形物は水に溶けないため、当然ですが放っておいてもトラブルは解消しません。例えば、スマホやケータイ、財布、鍵、タバコ、ペンといった身の回りのもの、洗剤のキャップ、掃除用ブラシといった掃除グッズ、置物や時計といった装飾品など、ふとした瞬間に落としてしまうものには要注意です。さらには子どもがトイレに持ち込むおもちゃなども危険です。

どれも落としただけならまだすくえばどうにかなりますが、便器の中を見ずにうっかりレバーを引いて流してしまうとトイレの奥に入り込んでやっかいなつまりとなります。

特に最近のトイレには使用後に自動で水が流れる機能付きのものがあり、本人が気づかない間に大事なものが流れてしまうことがあります。

自然に直らないつまり2:吸水性の高い・紙おむつや生理用品

紙おむつや生理用品をトイレに常備しておく方も多いのではないでしょうか。ですが、このような商品は水を吸収すると2~3倍に膨らむ性質があるため、万が一トイレに落として流してしまうと、ほかのつまりよりもやっかいな事態を引き起こします。

もし、つまらせてしまったら早急に専門業者にお願いして、迅速に解決してもらいましょう。

トイレの「つまり」と「放置で解消」を繰り返す理由は?

頻繁に「つまり→放置で解消」を繰り返しているなら、何かしらのトラブルがあることを疑ってください。「放置していれば、いつか解消されるから大丈夫」と楽観的な考えだと急に状態が悪化して、業者にお願いしなければならなくなることも。

ここでは「つまり→放置で解消」が繰り返される理由についてまとめましたので、確認していきましょう。

大量のトイレットペーパーを流している

トイレットペーパーの使用量は人それぞれです。中には病気や体質が原因でトイレットペーパーをたくさん使わざるを得ない方もいるでしょう。そのようなケースを含め、日頃から一度にたくさんのトイレットペーパーを流すのが習慣化しているとトイレはつまりやすくなります。

節水を意識しすぎている

節水する意識は大変すばらしいですが、小便、大便に限らず、どんなときもレバーの「小」だけで流すのはやめましょう。このレバーの大と小では水の量が異なり、小では大便をしっかり流しきるだけの水量・水圧がなく、日常的に使っているとつまりトラブルを起こしやすくなります。

特に水の使用量が昔に比べてかなり少ない節水型トイレを使っている方は、レバーの大と小をきちんと使い分けないとつまりをよく引き起こすことになります。

また、トイレのタンクにペットボトルなどを入れて、一回に使う水の量を減らすという節水・節約方法を実践している方はいませんか。これもつまりを誘発させるため、やめましょう。

たしかに水量を減らせば、自然にやさしく、水道料金の節約にもなりますが、万が一このことが原因でつまりが起き、業者を呼ぶようなトラブルに発展したら、一生懸命節約してきた以上の修理費用が必要になることがあります。そのため、トイレでは無理な節水をしないのが賢明です。

排水管がつまりかけている

前述した2つの理由以外に「つまり→放置で解消」を繰り返しているようなら、排水管のつまりを疑いましょう。

例えば、経年劣化で排水管に汚れが付着していたり、気づかない間にものが引っかかって排水管を圧迫していたりすると、水の流れが悪くなり「つまり→放置で解消」が繰り返されます。このような状況になっていると、症状が悪化して排水管としての機能が完全に停止してしまうおそれがあります。

ただし、自分では確認が難しい場所のため、「最近、何かおかしいな?」と少しでも思ったら、迷わず専門業者に排水管の調査依頼をしましょう。

トイレつまりの放置が原因で起こるトラブル


トイレつまりの放置はトイレが使えないという不満があるだけでなく、さまざまなトラブルに発展するおそれがあります。この章では主なトラブルをピックアップして紹介します。

トラブル1:悪臭が発生する

まず分かりやすいトラブルとして「悪臭」が挙げられます。排泄物をつまらせたときはもちろんのこと、トイレは下水管につながっている場所です。

通常時であれば、便器の中に水がたまっており、この水のおかげで下水管の臭いが部屋に充満するのを防いでくれています。

しかし、トイレがつまると水位が下がり、その結果下水の嫌な臭いが部屋に充満しやすくなります。特にワンルームや1Kの一人暮らしタイプの部屋では、トイレと生活スペースが近いため、悪臭によって気分が悪くなることも考えられます。

トラブル2:階下への水漏れ(共同住宅の場合)

マンションやアパートなどの共同住宅の2階以上にお住まいなら、階下への水漏れトラブルにも注意が必要です。

もしもつまった水が漏れてしまった場合には、階下に水がいってしまう可能性があります。しかもこの水はただの水ではなく、本来下水にいくはずだった汚水のため、大変不衛生であり、臭いもよくありません。

場合によっては階下の住人とトラブルに発展したり、多額の賠償金を支払ったりする事態にもなりかねません。

そのため、共同住宅でつまりトラブルが発生した際には、はじめに管理会社や不動産会社などに問い合わせて指示に従いましょう。

トラブル3:下水の逆流

つまりの放置によって、下水の逆流を引き起こすことがあります。逆流とは汚水や便などが便器からあふれ出していく状態のこと。

要するに、便器や床などが汚水で汚れてしまうのです。当然、逆流してくる水には下水も含まれており、さまざまな雑菌が含有されているため、非常に不衛生です。

元の状態に戻すのには、手間も時間もかかり、もし床に汚水が染みてしまったら、床板の貼り直しが必要になります。さらに電気を使っている温水洗浄便座トイレなどの場合には、逆流した水が原因で漏電や感電する危険性もあります。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

トイレつまりを自分で解消したい!おすすめの対処法3選

トイレがつまった際、専門の業者に依頼する方が確実で安心できることはいうまでもありません。そうはいえども、「業者に依頼するといくらかかるか分からない」「わざわざ自宅まで業者を呼び出すのが面倒くさい」という方もいるでしょう。

そこでまずはセルフでつまりを解決してみましょう。自分で解決できるならその方が安上がりですし、業者にお願いするストレスもありません。ここでは、つまり解消に有効な簡単にできるおすすめの対処法を厳選して解説します。

対処法1:ラバーカップ(スッポン)


トイレがつまった際に重宝するのが、ラバーカップです。ラバーカップはホームセンターなどで購入でき、軽度のつまりであればあっさり解消できるため、あると便利なアイテムです。

使い方も簡単で、はじめに便器の排水穴を覆うようにラバー部分をすっぽりとはめ込みます。このとき、ラバーカップのゴム部分が水に浸っていないようならゴムが完全に覆われるまで水を加えます。これはゴムが水に浸っていないと、空気がゴム内に入って効果が薄れてしまうからです。

排水穴に対し、ラバーカップを真っすぐに立てたら、柄の部分に力を加えてゆっくりと下に押して、勢いよく引き抜きます。これを数回繰り返すことで少しずつつまりが改善され、うまくいけばそのまま流れるか、もしくはつまりを引き起こしたものが取り出せる状態になります。

なお、この作業をすると便器にたまっている水がはねるため、便器の周りにビニール袋やいらないタオルなどを敷いたり、ラバーシートを通すための穴をあけたビニールを便座にかぶせるなど、水はね対策をしたりしておくことをおすすめします。

また、手に汚水がつかないように使い捨てのビニール手袋をはめておくとよいでしょう。

軽度の症状ならこれで大抵直りますが、いくら試しても効果がないようなら速やかに専門業者にお願いしましょう。

対処法2:お湯を流す


水溶性のものがつまったなら、便器にお湯を流してみるのも有効な手段です。お湯を使うことで水よりも溶けやすくなり、より早く直すことができます。

やり方はまず50度程度のお湯をバケツ1杯分用意します。100℃近い熱湯を使うと急激な温度変化で配管が傷んだり、便器が破損したりするおそれがあるので避けましょう。

そして用意したお湯をゆっくりと排水穴めがけて流します。つまっている部分をピンポイントで狙うことでより解消に近づきます。

もしも水位が高く、お湯を注いだらこぼれてしまいそうな場合には、便器の水をバケツなどに汲み取ってから行いましょう。

また、お湯を注いで少し待っても大きな塊がまだ残っているようなら、針金ハンガーを伸ばしたものを使って塊をほぐして溶けやすくしましょう。

対処法3:市販の排水管クリーナー(強アルカリ性の薬品)


トイレットペーパー、排泄物が原因のしつこいつまりには、市販の強アルカリ性排水管クリーナーがおすすめです。強アルカリ性はたんぱく質を溶かすため水溶性のもの以外にも嘔吐物や髪の毛などの汚れにも効くので、排水管のつまりにも効果的です。

ただし、このような薬品は取り扱いに注意が必要です。使用する際はパッケージの注意書きを必ず確認し、換気のよい状況で使いましょう。

また、作業中に水漏れや水はねしないように止水栓をしっかりと閉め、電気を使用しているトイレなら、感電しないように電源プラグを必ず抜いてから作業に入りましょう。

なお、軽度のつまりであれば、食器用洗剤と50℃程度のお湯、または重曹とクエン酸(酢)、50℃程度のお湯でつまりを解消できます。

このような薬剤や洗剤などを使ってもつまりが解消されなければ、素人では対応できないため、速やかに業者にお願いしましょう。

トイレつまりが解消されないときは、業者に依頼を

つまりの原因が分からない、自分では対処できないようなら、専門業者にお願いしましょう。業者によっては24時間365日年中無休で1時間以内に駆けつけて対応してくれるところもあるため、早急に直してもらいたいときにもおすすめです。

また、自分で直したくても道具がないときや早朝深夜にトラブルが起こった際にも迷わず業者に問い合わせるとよいでしょう。

ただ、業者に依頼するとなると、やはり気になるのが費用です。業者を選ぶ際のポイントともなるため、費用相場を知っていて損はありません。そこでこの章では、誰しもが気になるトイレ修理の費用相場について解説します。

【費用相場】トイレつまりの修理を業者へ依頼した場合

修理の費用は選ぶ業者とつまりの状態で変わってきますが、一般的に作業料金の相場は軽度のつまりで7,000円前後、中度のつまりで2万円前後が相場です。

ただし、つまり具合によっては、特別な機材が必要になることがあり、そのような場合にはさらに高額になります。

なお、業者によってはこの金額に出張料をはじめ、見積料金、深夜早朝割増、キャンセル料などが必要になります。さらに業者ごとに料金システムが異なるため、「詳細な金額が知りたい」「できるだけ安く修理をお願いしたい」なら、数社から相見積もりをとって比較してから業者を決めるとよいでしょう。

【費用相場】トイレ修理のために便器を取り外した場合

便器の取り外しや交換といった大掛かりな工事が必要な場合には、一般的に2~10万円程度の費用がかかります。特に便器を交換するとなった場合には、便器の処分費や新しい便器の費用も必要になります。

このようにトイレ修理にはお金も時間もかかります。トラブルによっては自分で解決できることもありますが、無理をすると症状が悪化することもあるため、状況を見極めて無理だと思ったら速やかに業者にお願いするのが得策です。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

トイレつまりの予防策


トイレつまりは不便なだけでなく、症状がひどいときには痛い出費にもつながります。そうならないためにも正しくトイレを使うことが大切です。最後に今すぐできるトイレつまりの予防策をまとめましたので紹介します。

トイレットペーパーを大量に流さない

つまりの原因として多いのが、トイレットペーパーをたくさん使って一度に流す行為です。紹介したようにトイレットペーパーはとても水に溶けやすく、つまってしまっても放っておけば直ることが多いです。

しかし、一歩間違えれば業者に頼ることになります。そのため、まずは必要最低限の量を心がけ、やむを得ずトイレットペーパーを多く使うときには、複数回に分けて流しましょう。または温水洗浄便座を活用して使用量を減らすのもおすすめです。

さらにたくさんのトイレットペーパーを使った際には、レバーの「大」を使うようにしてください。水圧・水量が足らない「小」を使うとつまるおそれがあります。使用用途、トイレットペーパー量に応じて、レバーの大・小を使い分けることが肝心です。

タンクに節水用のペットボトルを入れない

タンクには汚物をしっかりと流すための水が入っています。それを節水のためだからとペットボトルを入れてタンクの水を減らすと、水圧・水量ともに足らずにつまるおそれがあります。

せっかく節水、節約のためにと思っても、これが原因で業者を呼ぶことになったら本末転倒です。しかもペットボトルがタンク内の部品にぶつかると不具合が生じたり、トイレタンクが故障したりすることがあります。タンクには余計なものを入れないで十分な水圧・水量で流しましょう。

トイレ掃除をこまめに行う

人の尿には尿素やたんぱく質などの成分が含まれており、トイレについた雑菌によって変化したものを尿石といいます。長い間トイレ掃除をさぼっていたり、古い便器を使い続けていたりするとこの尿石が便器や配管にこびりつき、つまりの原因になります。

また、尿石がこびりつくと便器が黄ばみ、臭いも発生します。そのため、尿石をこびりつかせないためにもこまめなトイレ掃除を心がけましょう。

こまめな掃除はトイレがきれいになるだけでなく、便座や便器の状態を把握できるため、トイレトラブルを最小限に抑えられます。また余裕があれば、年に一度程度、掃除とトイレ点検をかねて、プロの業者にお願いするのもいいでしょう。

トイレにものを極力持ち込まない

トイレトラブルでやっかいなのが水に溶けない・流れないものが原因になることです。

例えば、スマホやケータイをトイレで使おうとして、うっかり便器に落として奥にいってしまった場合には、業者にお願いするしか解決策はありません。

また、鍵やペン、ライター、タバコ、メガネなど身の回りのものが何かの拍子でつまることも多いです。特に小さなお子さんがいる家庭では、保護者が気づかない間に手に持っているものをつまらせてしまうこともあります。

そのため、トイレに入る際は落とすリスクのあるものを極力持ち込まないようにしましょう。

さらにトイレに小物などをディスプレイしている方は、地震や何かの拍子で置物がトイレの中に落ちないように気をつけましょう。

ペットの排泄物を流さない

犬や猫など動物の排泄物は人間の排泄物よりも水に溶けにくいため、トイレに流すのはやめましょう。自治体によっては下水管が詰まることを理由に、トイレでペットの排泄物を流すことが禁止されています。

特に猫を飼っている方の中にはトイレに流しても問題ない猫砂を使っているかもしれませんが、商品によっては多くの水分を含むと固まるような性質があるため十分な注意を払いましょう。

トイレを長く安心して使いたいのなら、ペットの排泄物はゴミとして捨てましょう。

まとめ


つまりの原因が水に溶けやすいものであれば自然と解消されますが、水に溶けないもの、理由が分からないつまりであれば、すぐに業者を呼んだほうが無難です。

特にトイレが「つまり」と「放置で解消」を繰り返しているようなら「一度にたくさんのトイレットペーパーを流さない」「節水・節約のためのペットボトルをタンクに入れない」など、トイレの使い方を見直して、それでもつまるようなら早めに業者にお願いしましょう。

また、自分でつまり解消を目指す際には無理は禁物です。作業中に少しでも「おかしいな?」と思ったら症状が悪化する前にできるだけ早く専門業者に相談しましょう。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する
駆けつけ修理エリアは
全国各地に展開しています

対応エリア

北海道・東北地方
四国地方
フリーダイヤル 各種お支払い方法
ページ上部へ
ページ上部へ