難聴のお客様へ
フリーダイヤル
最短20分で駆けつけ!
お急ぎの方!給湯器修理・交換は
専門業者ですぐ解決!
  • 作業料金8,800円~
  • 最短20分駆けつけ
水のトラブルで困ったらまずはお電話ください!
0120-091-053
WEB限定
3,000円
割引
水道局指定店/
深夜・早朝でも対応!
イースマイル公式サイト TOP > 給湯器の修理交換 TOP > 給湯器のお役立ちコラム > 給湯器エラーコード032の原因と対処法!修理費用の相場を紹介
給湯器エラーコード032の原因と対処法!修理費用の相場を紹介:イメージ
お役立ち

給湯器エラーコード032の原因と対処法!修理費用の相場を紹介

エラーコード032は自分で簡単に対処できるケースが多いエラーです。

ただし一部自分で対処できないことが原因になっていることがあるので注意しましょう。

この記事ではエラーコード032の原因や対処法、もし修理が必要になった場合の費用の相場についてわかりやすく紹介します。

エラーコード032の原因や対処法がわからず困っている方は参考にしてください。
目次
フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

給湯器のエラーコード032は排水栓の閉め忘れ!

給湯器のエラーコード032は、湯はり時に浴槽の排水栓を閉め忘れていることを検知したときに表示されるエラーです。

具体的な原因や対処法については後述しますが、基本的には排水栓を閉めて再度運転すればエラーは解消されます。

ただし、排水栓の閉め忘れ以外でもエラーコード032が表示されるケースもあるほか、それぞれの対処法について知っておくと今後同じエラーが表示されたときにも焦らずに対応できるでしょう。

以降で、エラーコード032の具体的な原因や対処法についてわかりやすく紹介するので、この機会に理解しておくことをおすすめします。

メーカーによってエラーコードの内容は違う?

給湯器にはさまざまなメーカーがありますが、基本的にメーカー間でエラーコードの表記と内容は統一されています。

エコキュートのような一部の給湯器では別途エラーコードが設定されていますが、エラーコード032が表示された場合、その内容はメーカー問わず基本的に「排水栓の閉め忘れ」と考えて問題ありません。

フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

給湯器のエラーコード032が表示される具体的な原因

エラーコード032が表示される具体的な原因は、紹介したとおり排水栓の閉め忘れです。

排水栓を閉めずに自動運転を押すと、そのままお湯が排水されてしまうため、それを検知してエラーコード032が表示されます。

非常にわかりやすい内容のため、自分で対処できる方も多いと思いますが、一方で排水栓の閉め忘れ以外でもエラーコード032が表示されるケースもあるので一緒に覚えておくと良いでしょう。

排水栓の閉め忘れ以外でエラーコード032が表示される原因については次の項目で詳しく紹介します。

給湯器エラーコード032で排水栓の閉め忘れ以外の原因とは?

排水栓の閉め忘れ以外でエラーコード032が表示されるケースとしては、下記のような場合が考えられます。

  • 循環アダプターの詰まりや取り付け不良
  • 配管の凍結
  • 部品の故障

それぞれについて、以下で詳しく紹介します。

①循環アダプターの詰まりや取り付け不良

自動湯はりや追い焚き機能がある給湯器では、お風呂の浴槽と給湯器にお湯を循環させるために「循環アダプター」という器具が付いています。

循環アダプターに髪の毛などの異物が詰まっている場合、循環時に水量が足りずエラーコード032が表示されるケースがあります。

また、循環アダプターを取り外した状態で自動湯はりをした場合などには故障の原因となるため注意しましょう。

②配管の凍結

最低気温がマイナスになるなど、冷え込みが厳しい時期には配管が凍結することがあります。

凍結によって湯はりができない場合も水量が足りずエラーコード032が表示されることがあります。

しかし、配管の凍結は故障ではないので、凍結が解消されるまで待つと自然にエラーコードも解消されます。

③部品の故障

ここまで紹介した排水栓の閉め忘れ、循環アダプターの詰まりや取り付け不良、配管の凍結のどれにも該当しない場合、何かしらの部品が故障している可能性があります。

故障が考えられるのは、水流スイッチ、追いだき循環ポンプ、電装基板などがありますが、もし部品の故障の場合は業者への修理依頼が必要となります。

そのため、原因がわからない場合を含め、部品の故障が原因と考えられる場合には業者に修理の依頼を出しましょう。

修理を依頼する業者の選び方などについては後述しているのでそちらを参考にしてください。

給湯器のエラーコード032の対処法

エラーコード032の対処法を、排水栓の閉め忘れが原因の場合、それ以外が原因の場合に分けて紹介します。

排水栓の閉め忘れが原因の場合

まず排水栓の閉め忘れが原因の場合は、排水栓を閉めて再度自動湯はりをするだけで解消するはずです。

エラーコード032は基本的に何かしらの理由で循環口までお湯が貯まらず、それを検知して表示されるエラーです。

そのため、排水栓を閉めて再度通常どおりにお湯をはればエラーコード032は解消されます。

排水栓の閉め忘れ以外が原因の場合

紹介したとおり、エラーコード032が表示される排水栓の閉め忘れ以外の原因もあります。

それぞれ原因に応じた対処法を簡潔に紹介すると下記のとおりです。

原因 対処法
循環アダプターの詰まり・取り付け不良 不純物を取り除く、循環アダプターを正しく取り付ける
配管の凍結 凍結の解消を待つ
部品の故障 業者へ修理依頼が必要

前述のとおり、凍結は故障ではないので、凍結が解消されることで自然とエラーコードの表示も解消します。

一方で部品の故障の場合、専門知識のある業者へ修理依頼を出しましょう。

循環アダプターに異常がある場合には、それぞれに応じた方法で対処します。

もし循環アダプターに髪の毛やゴミが詰まっている場合には一度循環アダプターを外し、フィルターを歯ブラシなどで掃除しましょう。

その後、正しい方法で取り付けることでエラーが解消するはずです。

給湯器のエラーコード032が改善されない場合は修理が必要

紹介した原因別の対処法でエラーが解消しない場合や、そもそも原因がわからない(判別できない)場合には業者に点検・修理を依頼しましょう。

給湯器は修理にあたって資格が必要になる場合があるほか、知識がない方が自分で分解すると火災や火傷などの事故に繋がる可能性があるため注意が必要です。

そのため、安全にエラーを解消するためにも有資格者が在籍している専門知識を有した業者へ修理依頼することが大切です。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

給湯器エラーコード032の修理にかかる費用の相場

修理が必要な場合、どのくらいの費用が発生するか気になる方も多いと思います。

給湯器の大手メーカーであるノーリツ(NORIZ)の公式サイトを参照にして紹介すると、エラーコード032に伴う修理にかかる費用の目安は16,500円〜50,000円です。

ただし、あくまでもエラーコードの番号をもとにした費用の目安であり、実際にかかる費用については故障の箇所や修理の内容によって異なる場合があります。

また、依頼する業者が設定している出張料や修理費用も異なるため、修理を依頼する場合にはまず見積もりを取ることが大切です。

給湯器エラーコード032で修理を依頼する業者

自分で対処できない場合、修理を依頼する業者としては「メーカー」や「給湯器専門業者」があります。

続いては、メーカーと給湯器専門業者のどちらを選べば良いかという基準について詳しく紹介します。

保証期間中ならメーカーがおすすめ

基本的に使用している給湯器がメーカー保証の期間中であればメーカーへ修理依頼がおすすめです。

修理の内容にもよりますが、無償で交換できる可能性があるので、保証期間内であればまずはメーカーに問い合わせましょう。

無料で利用できるメーカー保証の期間は一般的に1年間〜2年間ですが、購入してから一定期間であれば有料で延長保証に加入することもできます。

メーカー 標準保証期間(無料) 延長保証(有料)
ノーリツ 1年間
※BL認定品は2年間
5年間/7年間/10年間
リンナイ 1年間
※BL認定品は2年間、対象商品は所有者登録で最大3年間
3年間
パロマ 2年間
※所有者登録によって最大5年間
5年間/7年間/8年間/10年間

使用している給湯器のメーカー保証期間内であれば、メーカーへ連絡して保証が適用できるか確認してみましょう。

メーカー保証を有効活用することにより無償で修理できる可能性があります。

ただし、もしメーカー保証期間外の場合や、保証の対象外となる場合、メーカーに修理を依頼しても満額の修理代が発生するほか、費用面でのお得さはほとんどありません。

メーカーに修理を依頼するメリット・デメリットを簡潔にまとめると下記のとおりです。

メリット ・製造会社のため安心して依頼できる
・一定のサービスの質が保証されている
・製品に対する知識が豊富
・専門業者を探す手間が省ける
・保証期間内であれば修理費用を抑えられる
デメリット ・保証期間をすぎると修理代が満額かかる
・割引キャンペーンなどがない
・修理・交換はそのメーカーの製品に限られる
・修理・交換業者はメーカー委託になる
・対応時間が限られている場合が多い

上記のように、メーカーは製造会社という安心感はあるものの、もし修理に費用がかかる場合には割引などのキャンペーンがありません。

特に下記のようなケースではメーカー保証期間中でも保証の対象外となるので注意しましょう。

  • 不当な扱いによる故障
  • 使用上の誤りや不当な修理・改造による故障
  • 機器以外の要因で起こった故障
  • 施工上のミスなどに起因する故障
  • 消耗品に起因する故障

もしメーカー保証期間外の場合や、保証の対象外となる場合には、次に紹介する給湯器専門業者への修理依頼をおすすめします。

保証期間外なら給湯器専門業者がおすすめ

給湯器専門業者とは給湯器の修理・交換を専門としてサービスを提供している業者全般のことを指します。

メーカーとの大きな違いとして、24時間年中無休で臨機応変に対応してくれる業者があることや、部品代がメーカー小売希望価格よりも割引されて提供されているなどの点があります。

そのため、もしメーカー保証期間外である場合や、保証の対象外になるのであれば、給湯器専門業者に依頼した方がメリットが多い可能性があるでしょう。

給湯器専門業者に依頼するメリット・デメリットを簡潔にまとめると下記のとおりです。

メリット ・割引キャンペーンなどがある
・メーカーよりコストを抑えられる可能性がある
・サービスやアフターケアが充実している
・24時間年中無休で対応してくれる業者もある
デメリット ・業者が多いため比較・検討に手間がかかる
・悪質な業者もあるため注意が必要

メリットが多い反面、質の低いサービスや、見積もりとは異なる高額な請求をしてくる悪質な業者を選ばないように注意することが大切です。

以降で安心して依頼できる業者選びのポイントを紹介するので、給湯器専門業者に依頼することを検討している方は参考にしてください。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

安心して依頼できる業者選びのポイントとは?

数ある給湯器専門業者のなかから安心して修理を依頼できる業者を選びたい場合、下記のような点に注目してみましょう。

  • 24時間年中無休で対応可能か
  • 連絡してから駆けつけまでが早いか
  • 水道局指定の安心できる業者か
  • 資格保有者が在籍する業者か
  • 実績豊富で知名度が高いか
  • 出張料金や見積もり料金は無料か

自分の都合に合わせて臨機応変に対応してくれる点を重視するほか、悪質な業者を選ばないためには水道局指定の優良業者かつ実績豊富で評判の良い業者を選ぶことが大切です。

水道局指定の業者は各自治体のホームページで掲載されているため、お住まいの地域の自治体ホームページで確認してみると良いでしょう。

上記の項目に該当する業者から選べば「見積もりとは全然違う高額な請求をされた」というようなトラブルに発展する業者を選ぶ可能性を低くできます。

【まとめ】給湯器エラーコード032の状況別の対処法はこれ!

まとめると、給湯器のエラーコード032は基本的に排水栓の閉め忘れです。

ただし、水量が足りていないことを検知して表示されるエラーなので、循環アダプターの詰まり・取り付け不良、配管の凍結、その他部品の故障などもエラーの原因として考えられます。

それぞれの対処法を簡潔に紹介すると下記のとおりです。

原因 対処法
排水栓の閉め忘れ 排水栓の閉めて再度試す
循環アダプターの詰まり・取り付け不良 不純物を取り除く、循環アダプターを正しく取り付ける
配管の凍結 凍結の解消を待つ
部品の故障 業者へ修理依頼が必要

もし部品の故障や、原因がわからない場合には、紹介した安心できる業者選びのポイントを踏まえて業者を選び、修理を依頼しましょう。

複数の業者からまずは見積もりを出してもらい、そのなかから選ぶと良いでしょう。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する
駆けつけ修理エリアは
全国各地に展開しています

対応エリア

北海道・東北地方
  • 北海道
  • 宮城県
  • 山形県
  • 福島県
北陸・信越地方
  • 新潟県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 長野県
関東地方
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 山梨県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
東海地方
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
関西地方
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
中国地方
  • 岡山県
  • 広島県
  • 島根県
  • 山口県
四国地方
  • 愛媛県
  • 香川県
九州・沖縄地方
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 鹿児島県
フリーダイヤル 各種お支払い方法
ページ上部へ
ページ上部へ