水漏れ排水管・排水口のお役立ちコラム
キッチンの排水管つまりの予防について:イメージ
つまり

キッチンの排水管つまりの予防について

起きてしまうと面倒な排水管つまり。できれば避けたいトラブルですね。つまりの一番の原因は、実は洗い物をするときについ流してしまう「あるもの」なのです。ここではキッチンでのつまりにフォーカスし、つまりの原因にせまります。また、ついやりがちな間違った対処法や、普段から手軽にできるつまりの予防法もご紹介いたします。
目次

場所によって違う!排水管つまりの原因

キッチン、トイレ、風呂場、洗面所。一般的な家庭にはいくつもの排水管が通っています。毎日繰り返し使って汚れを流している排水管は、つまりのトラブルが多発する場所でもあります。原因はそれぞれですが、トイレではトイレットペーパーや落としてしまった携帯電話など、風呂場では髪の毛や石鹸のカスなどが挙げられます。その中でもキッチンは、他の場所よりもつまりのトラブルが多い場所になっています。

キッチンの排水管つまりの原因にせまる!

一番多いのは「油」

キッチンで洗い物をするとき、つい面倒だったり時間がなかったりして、油をそのまま流しに捨ててしまっていませんか?実はその油がつまりの一番の原因です。油は粘度がとても高く水に溶けないので流れずにべっとりと付着して、徐々に水の引きが悪くなったり、急に排水できなくなったりしてしまうのです。

まだある!つまりの原因

その他にも、食べ物のカスや洗剤の残りが溜まってつまったり、掃除をしているときにうっかりスポンジやビニールを流してしまったり、気づかないうちに割り箸やスプーンが流れて排水管で引っかかっていたりというケースもあります。

つまったらどう対処する?

排水トラップを外してつまり解決!

排水口はゴムパッキンやごみ受け、防臭キャップ、その下に排水トラップがあります。トラップは簡単に取り外せるので、外して掃除したり、異物を取り出したりすることでつまりを解決できる場合が多いです。

してしまいがちな間違った対処法

つまりが起きたら市販のパイプクリーナーを使うという方も多いのではないでしょうか。しかし、それはおすすめできません。つまりかけのときやつまってからパイプクリーナーを使用すると、汚れや異物の隙間に入り込んでますますつまってしまうことがあるからです。つまりかけのときやつまってからの使用はやめておきましょう。
また、奥の方に何かがつまってしまった場合や生ゴミを粉砕して流してくれるディスポーザーがつまった場合などは、強引に直そうとすると壊れることがあります。つまったものや箇所によって修理方法、対処方法も変わってくるので、自分では難しいという場合は水道修理業者を呼んで修理してもらうと良いでしょう。

今日からできる!つまり予防

普段から市販のパイプクリーナーを使う

パイプクリーナーはつまってから、ではなく、つまる前に使うのがコツです。排水口をこまめに掃除することはもちろんですが、普段から周期的に使用して汚れを落としておけば、つまりを予防することができます。

油を流さない

つまりの一番の原因である油を流さないことです。食器に付いた油は拭き取ってから洗うようにしましょう。量が多い場合は新聞紙などを牛乳パックやポリ袋に入れて、そこに冷ました油を流し、染み込ませれば可燃ごみとして捨てることができます。また、市販の凝固剤で油を固めて捨てる方法もあります。

洗い物をした後に水を多めに流す

節水・節約のために洗い物で使う水を少なくしたいという方も多いと思いますが、つまり予防のためには洗い物が終わった後に水を多めに流すことをおすすめします。毎日の積み重ねでつまりをしっかり予防しましょう。

フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル
ページ上部へ
ページ上部へ