最短20分で駆けつけ!
水漏れ排水管・排水口のお役立ちコラム
イースマイル公式サイト TOP > 排水管・排水口のトラブル TOP > 水漏れ排水管・排水口のお役立ちコラム > ベランダの排水溝つまりをスッキリさせたい!対処と予防のポイントを解説
ベランダの排水溝つまりをスッキリさせたい!対処と予防のポイントを解説:イメージ
つまり

ベランダの排水溝つまりをスッキリさせたい!対処と予防のポイントを解説

ベランダの排水溝がつまっていると、雨の日にベランダが水浸しになったりして気になりますよね。これでは不衛生な感じがして気持ちよくベランダを使えません。

ベランダの排水溝のつまりは不衛生なだけでなく、家の中や近隣の家にまで深刻な被害が及ぶこともあるのです。

この記事では、排水溝がつまる原因や、つまりを放置するリスクについてわかりやすく解説します。また、すぐに実践できるつまりの解消法や作業をするときの注意点、日頃からできるつまり予防策についても紹介します。つまりが気になる方は、ベランダを安心して使うためにぜひ参考にしてください。
目次

ベランダの排水溝がつまる原因

ベランダの排水溝がつまる主な原因は、
・木の枝や枯れ葉
・ホコリ
・砂や土

などです。

排水溝設備の周りには、水の入り口である排水溝と、水の通り道である排水管があります。排水溝と排水管はつまりやすい物が異なるため、症状の解消にはそれぞれに合わせた方法を行うのがポイントです。

木の枝や枯れ葉は台風や落葉の季節などに風によって運ばれ、排水溝を塞ぐように溜まってつまります。

ホコリがつまるのは、主に洗濯物が原因です。シワを伸ばすために洗濯物を振ると、付着していたホコリが落ちて排水溝に蓄積し、つまりの原因になります。

砂や土は風で飛んできたり、ベランダに置いてあるプランターなどから流れ出たりしてつまりの原因になります。少量の砂や土なら水で自然に流れますが、乾いて排水管内部にこびりついた砂や土は水の通り道を狭くして、つまりを誘発してしまうのです。

排水溝のつまりを放置するリスク

排水溝のつまりを放置すると、排水溝や排水管だけでなく、ベランダ全体や家の中にも被害が出ることがあります。集合住宅では階下の家にも影響があるので注意が必要です。

排水管のつまりを放置すると起こる症状をおさえておきましょう。

2-1.排水溝付近で生じる症状

排水溝がつまると、水が排水溝から排水管へ流れにくくなって排水溝周りに溜まります。つまりを放置すると、大雨のときにベランダに水が溜まって水位が上がり、プールのようになった水がベランダ側の窓から屋内に流れ込むかもしれません。

築年数の経った建物では、ベランダ側の壁と窓の間にひびが入っていることもあります。ひびが低い位置にあれば、水位が窓まで達しなくても屋内に水が染み出すことも考えられるので注意が必要です。

また、大量の水が溜まって排水溝に水圧がかかり、排水溝とその下の排水管の接合部から水が染み出すことがあります。これが屋内に入ると雨漏りが起きる可能性もあるのです。

2-2.雨漏りになって懸念される症状

ベランダを建築するときはベランダの床材にシートや塗料で防水加工を施し、水の染み出しや雨漏りを予防します。

しかし、ベランダの点検やメンテナンスを定期的に行わないと、紫外線や雨水によって防水加工は劣化してしまいます。その状態で排水溝がつまり、ベランダに水が溜まったままになると、水が床材や壁材にまで染み込んで雨漏りが起きるので気をつけなくてはなりません。

ベランダの雨漏りを放置していると水が屋内にまで染み出し、壁材が腐食したりカビが発生したりすることがあります。集合住宅の場合は階下の部屋にまで浸水して、被害を拡大させてしまう可能性もあるでしょう。

ベランダの排水溝のつまり解消法

ここからは、自分でできるベランダの排水溝のつまり解消法を紹介します。家庭にある道具や購入しやすいアイテムを使って手軽にできる方法です。効率的に解消できるように作業をする順番に紹介するので、ぜひ試してみてください。

3-1.つまりの原因を取り除く

つまりの原因は排水溝から入り込むので、症状を解消するためには、まず排水溝周りをきれいにしましょう。手を排水溝に入れるので、怪我防止に軍手を用意してください。

ベランダの排水溝には目皿などのカバーをかぶせたタイプと、カバーのないタイプがあります。

カバーのある排水溝であれば、カバー上のゴミなどを手で取り除きましょう。排水溝の奥がつまっているときは、カバーのすき間からワイヤーなど柔軟性のある棒で突き、解消できるか試してみます。

カバーを外せるタイプやカバーなしのタイプであれば、排水溝に手を入れて、入り込んだゴミなどをできるだけ取り除いてください。手で届かない部分はトングなどを使って取り出しましょう。

3-2.排水管を掃除する

排水溝のゴミを除いてもつまりが解消されないときは、ベランダの排水管に原因があると考えられます。排水管のつまりを手で除くのは難しいので、ラバーカップやワイヤーブラシなどを使うのがおすすめです。

排水溝がつまって水がベランダまであふれているときは、ラバーカップが効果的です。水の通り道になる排水口にぴったりと密着するようカップを押しあて、数回上下させましょう。勢いよく動かすのがコツです。排水管内部に水圧をかけてつまりの原因を動かし、つまりを解消します。

ラバーカップでつまりを解消できない場合や、水が排水管内にのみ溜まっている場合は、パイプ用のワイヤーブラシを使いましょう。先端を排水溝から排水管へ入れ、つまりに突き当たるまで奥に進めます。先端が突き当たったら、つまりを削るように押し引きしたり、ワイヤーブラシのハンドルを回したりして動かしてください。

ラバーカップやワイヤーブラシを使った後は、水を流してつまりが解消できたか確認します。まだ水の流れが悪いなら再度作業を行うか、専門業者への相談を検討しましょう。

掃除をするときの3つの注意点

つまりを早く解消しようと、やみくもに掃除するのはおすすめできません。ベランダの排水溝や排水管の掃除には、方法や事前の準備などにいくつかの注意点があります。

押さえておくべき3つの注意点を確認しておきましょう。

4-1.パイプクリーナーで解決は期待できない

液体パイプクリーナーなどの洗剤類では、ベランダの排水溝のつまり解消は期待できません。

液体パイプクリーナーの主な成分は水酸化ナトリウムや次亜塩素酸ナトリウムです。水酸化ナトリウムは油汚れを分解し、次亜塩素酸ナトリウムは髪の毛などのタンパク質を分解します。

ベランダの排水溝のつまりは主に土や枯れ葉によって起こるため、そもそも液体パイプクリーナーで解消できる汚れではありません。台所用の中性洗剤なども、汚れを浮かす作用はあってもつまりを溶かす作用はないものです。

自分でつまりを解消できないときは、独断で薬剤を使わず専門の業者に依頼するほうが賢明でしょう。

4-2.近隣への配慮を忘れない

排水溝周りの土やゴミを取り除くと、周囲にホコリが舞うことがあります。また、つまり解消にラバーカップやワイヤーブラシを使うと、水が周囲に飛び散ることも考えられるでしょう。

家同士の距離が近い戸建てや集合住宅の場合、こういったホコリや水の飛び散りで近隣に迷惑をかけることがあります。ベランダの排水溝のつまりを解消するときは、近隣や階下に連絡をしておくといいでしょう。風の強い日や洗濯物の出ている時間帯は避ける配慮なども必要です。

連絡が難しいときは、ベランダの隙間をビニールシートなどでふさいで掃除すると、ホコリや水の飛び散りを軽減できます。

ベランダに水を流してデッキブラシで掃除するときなども、近隣や階下への配慮を忘れないようにしましょう。

4-3.固いもので無理に突かない

ベランダの排水管は塩化ビニル素材を接合して作ってあるため、棒など固いもので無理に突くと破損したり、接合部が外れたりするおそれがあります。

排水管が破損すると水をきちんと排出できなくなり、近隣や階下の家に水が降りかかる心配もあるので気をつけましょう。

つまりを突くときは、ワイヤーなど柔軟性があり排水管を傷つけにくい道具を使うのがポイントです。ワイヤーを使うときは先端を丸めておくと、配管に刺さることがなく安心して作業できます。

ベランダの排水溝をつまらせないための予防法

ベランダの排水溝のつまりは、日頃のちょっとした心がけや便利なアイテムの活用で予防できます。日頃からしっかりケアしておけば、排水溝の掃除もグッと楽になりますよ。

以下では、手軽にできる排水溝つまりの予防法について紹介します。

5-1.排水溝のカバーを変える

ベランダの排水溝には、多くの場合は目皿などのカバーがついています。カバーのデザインが平面型だと、枯葉などが上に溜まるのでつまりが起きがちです。

可能であれば、山型やドーム型のカバーに変えてみましょう。カバーに傾斜があるため異物が上に乗りにくく、水の通り道を塞ぎません。カバー周りの一箇所に枯れ葉などが溜まっても、他の箇所から排水できるのでつまり予防に効率的です。

また、水の通り道である排水溝の溝にトンネル型のカバーをかける方法もあります。溝に落ちたゴミなどが水に流されて排水溝に溜まるのを防止できるので、つまりが起きにくくなるでしょう。

5-2.排水溝にフィルターをかける

台所用の水切りネットなどを利用し、ベランダの排水溝にフィルターをかけてつまりを防ぐ方法もあります。不織布のような目の細かい素材なら、砂などの小さな異物もシャットアウトできて便利です。

排水溝カバーを外せる場合はフィルターをカバーの下に挟み、外せない場合はカバーの上にかけてワイヤーなどで固定しましょう。誤ってフィルターを排水管に落とすとつまりの原因になるので、しっかり固定するのがポイントです。

また、水の通り道となる排水溝の溝に網状のストッパーを置く方法もおすすめです。水と一緒に流れる枯葉などのゴミをせき止め、排水溝に異物が溜まるのを防止できます。

5-3.土が流れにくいプランターにする

プランターの土は、植物に水をやる度に少しずつベランダに流れるので、排水溝に入ってつまりの一因になります。

これを防ぐには、プランターを土が流れにくい不織布などの素材に変えるといいでしょう。それが難しい場合は、使用しているプランターの底に目の細かいネットを敷く方法もあります。

排水溝の近くにプランターを置かないこともつまり対策のひとつです。プランターと排水溝の距離が遠ければ、流れ出た土が排水溝につまる前に対処しやすくなります。

5-4.定期的に掃除をする

多くの場合、ゴミや枯葉などの異物はまずベランダに落ち、風や雨水の影響で排水溝に入ります。ベランダを日頃から掃除しておけば、つまりの原因が排水溝に入る前に対処できるでしょう。

箒(ほうき)やちりとりを使って定期的に掃除し、排水溝の状態もこまめに確認してください。掃除をしやすいように、ベランダにものを置きすぎないことも意識しましょう。

カバーやフィルターを活用しても、掃除を怠ってゴミが増えれば効果は半減してしまいます。掃除は2週間に1度程度の頻度を心がけるといいでしょう。

ベランダの排水溝は日頃のメンテナンスで快適に

ベランダの排水溝は、ベランダに入った水が階下や近隣に流れ出すのを防ぐ設備です。排水溝のつまりを放置すると、階下や近隣に水の被害が拡大するおそれもあります。

つまりが起きた場合はそのままにせず、排水溝や排水管の掃除などで対処してください。ただ、無理に対処すると排水管の破損などでかえって大きな被害が出ることもあります。つまりが改善されないときは、専門業者へ相談しましょう。

知識や経験が豊富な専門業者であれば、つまりを安全に解消できます。ベランダの状況にあったつまり対策のアドバイスも受けられ、再発を防止できる点もメリットです。

つまり対策には日頃のメンテナンスも心がけて、清潔なベランダを快適に使えるように工夫しましょう。

フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル
ページ上部へ
ページ上部へ