難聴のお客様へ
フリーダイヤル
最短20分で駆けつけ!
お急ぎの方!排水管・排水口
つまりは専門業者ですぐ解決!
  • 作業料金8,800円~
  • 最短20分駆けつけ
水のトラブルで困ったらまずはお電話ください!
0120-091-053
WEB限定
3,000円
割引
水道局指定店/
深夜・早朝でも対応!
イースマイル公式サイト TOP > 排水管・排水口のトラブル TOP > 排水管・排水口のお役立ちコラム > 下水清掃の費用・業者依頼時の注意点は?自分でできる排水管の清掃・予防法を紹介!
下水清掃の費用・業者依頼時の注意点は?自分でできる排水管の清掃・予防法を紹介!:イメージ
お役立ち

下水清掃の費用・業者依頼時の注意点は?自分でできる排水管の清掃・予防法を紹介!

自宅に設置されている下水管に汚れが蓄積すると、嫌な臭いの発生や水漏れなどの原因になる可能性があります。
トラブルが起きてからでは対処に困ってしまうので、事前に下水管の洗浄を検討している方もおられるのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、下水管の清掃方法や業者へ依頼した際の費用相場などをご紹介します。
自分で排水管を清掃する具体的な方法だけでなく、予防法についても解説しているので参考にしてみてください。
目次
フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

下水・下水管とは?


下水管とは、家庭から排出される汚水や生活雑排水を流すために設置されている配管のことです。家庭内には、キッチン・洗面所・トイレ・浴室などさまざまな場所に下水管が設置されています。場所によって構造は異なりますが、一般的には下水と部屋の空気を区切るための仕組みが採用されているので把握しておきましょう。

基本的な構造を理解すれば、自分で掃除できないこともありませんが、慣れていない場合には専門の業者に依頼するのがおすすめです。以下の項目では、下水掃除を依頼した際の費用相場について記載しています。続いて依頼する際の注意点や業者の選び方についても解説しているので、参考にしてみてください。

フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

下水清掃の費用相場はいくら?


下水管の清掃を業者に依頼した際の費用相場は、17000~60000円程度とさまざまです。一戸建てやマンション、アパートなどによって料金が異なるほか、依頼する業者によっても費用が左右されるので注意しましょう。

高額に感じる場合もありますが、専門的な知識を有したスタッフによって清掃作業が行われるだけでなく、「高圧洗浄機」による強力な洗浄も期待できます。

しっかりと下水管の汚れを落としたい場合には、専門業者への依頼を検討してみましょう。注意点は次の項目で詳しく解説しています。依頼する際にしっかりと把握しておくのがおすすめです。

下水清掃を業者へ依頼する場合の注意点や選び方は?


下水清掃を依頼できる業者は多数存在するので、どの業者を選んでよいか迷ってしまう方もおられるのではないでしょうか。以下に、実際に依頼する際の選び方や注意すべき点を記載しているので参考にしてみてください。

1、見積もりや出張費用がかからない業者を選ぶ
見積もりや出張費用を請求する業者に頼んでしまうと、洗浄作業にかかる料金に納得がいかない場合でもいくらかの費用を支払う必要が出てきます。

2、ホームページに掲載されている料金システムが明確な業者を選ぶ
細かい部分までしっかりと記載されている業者であれば、安心して依頼できます。

3、洗浄作業後のアフターサービスが充実している業者を選ぶ
下水管洗浄後に水漏れや悪臭などトラブルが発生した場合でも、丁寧に対応してくれる業者がおすすめです。

4、実績のある業者を選ぶ
ホームページに年間の施工数などが掲載されており、実績の確認できる業者を選びましょう。

5、担当するスタッフの対応で選ぶ
スタッフの態度や言葉遣いがしっかりしているかも確認しておくのがポイントです。

6、複数の業者に見積もりを依頼する
複数の業者から、金額や担当者の対応などに納得できるところを選択するのがおすすめです。

下水清掃の流れ


下水管の清掃を業者に依頼した場合は、高圧洗浄機を使用するのが一般的です。ただし、清掃する際の流れは、戸建住宅と集合住宅で異なるので注意しましょう。

戸建住宅は排水管が横に通っていることが多くつまりやすいですが、集合住宅は管理会社によって定期的なメンテナンスが行われており、汚れが蓄積しにくい傾向にあります。

集合住宅の場合は、事前に管理会社による次回配管洗浄日を把握しておくとよいでしょう。以下の項目では、下水清掃の流れを戸建住宅と集合住宅に分けて記載しているので参考にしてみてください。

戸建住宅の場合

戸建住宅は、マンションやアパートなどの集合住宅に比べて排水管に汚れが溜まりやすいので注意が必要です。定期的に専門業者に清掃を依頼し、つまりを予防するように気をつけておきましょう。以下に戸建住宅での下水管清掃手順を記載しているので、参考にしてみてください。

1、業者によるヒアリングを受ける
清掃する下水管の使用状況を伝え、疑問点などを質問してクリアにしておきましょう。

2、通水を確認する
水の流れや音を確認して排水状況をチェックします。

3、住居や家具が傷つかないように養生を行う

4、汚れのレベルを確認する
排水管の一部を取り外し、どの程度汚れているか観察します。

5、高圧洗浄機を使用して清掃する
基本的には、屋外に設置されている排水桝から高圧洗浄のホースを挿入して汚れを落とします。

6、排水管や排水トラップを元に戻す
あわせて水漏れがないかもチェックします。

集合住宅の場合

集合住宅では、基本的に管理会社によって下水管の定期的なメンテナンスが行われています。通常はすべての住戸をまとめて清掃しますが、個人で依頼する際は清掃できる範囲が限られます。また、共有スペースの下水管が汚れている場合には、つまりを解消できない可能性があるので注意しましょう。

以下に集合住宅での下水管清掃手順を記載しているので、参考にしてみてください。

1、管理会社や管理組合に連絡し、次回の下水管清掃日程を確認する
次回の定期メンテナンスが近い場合には、無理して個人で下水管清掃を行う必要はありません。

2、管理会社や管理組合に下水管清掃の旨を伝えておく
排水管がつまっている疑いがあれば、管理会社が業者へ依頼してくれる場合もあります。

以下の流れについては、戸建住宅と共通です。
ただし、集合住宅の場合は、高圧洗浄のホースを排水口から挿入するのが一般的です。
3、業者によるヒアリングを受ける
4、通水を確認する
5、住居や家具が傷つかないように養生を行う
6、汚れのレベルを確認する
7、高圧洗浄機を使用して清掃する
8、排水管や排水トラップを元に戻す

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

下水つまりが起きた場合の対処法は?


下水管の汚れを長期間放置していると、つまりなどのトラブルが発生してしまいます。汚れの蓄積によって下水管がつまると、嫌な臭いがただようだけでなく水漏れなどの大きなトラブルにつながってしまう可能性があるので注意しましょう。

ただし、定期的なメンテナンスの必要性は把握していても、仕事や学業に忙しいと掃除に時間をさけないケースも考えられます。以下の項目では、排水管がつまってしまった場合の対処法を解説しています。つまりが悪化すると業者に依頼した際にかかる費用が高くなる場合もあるので、早急に対応するのがおすすめです。

特定の箇所でつまりが起きた場合

自宅内には、キッチン・浴室・洗面所などさまざまな場所に排水管が設置されています。誤って排水口に固形物を流してしまった場合などは、一箇所の排水管でつまりが発生することがあります。その場合は、つまりの原因となっている固形物を取り除くことで問題が解消される可能性が高いです。

水を流したりパイプクリーナーを利用したりする前に、まずは、固形物が取り除ける場所にあるか確認してみましょう。自分で取り除けるのであれば、速やかに固形物を除去するのがおすすめです。

複数の箇所でつまりが起きた場合

自宅内にある排水管の複数でつまりが起きている場合は、排水設備に問題が発生しているかもしれません。排水設備の故障や排水桝の汚れが原因の場合もあるので注意しましょう。複数箇所でつまりが発生すると、1つの排水口を洗浄してもトラブルが解消されない可能性があります。

特に大量の水を排水口に流した場合は、別の場所からあふれてしまうことがあるので注意しましょう。複数箇所のつまりは個人での原因特定が難しいので、専門の業者に依頼するのがおすすめです。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

【場所別】下水つまりの原因・清掃方法・予防策


下水管のつまりは、原因によって清掃方法や予防策が異なります。誤った対処法を実施すると、症状が悪化してしまう可能性があるので注意しましょう。以下の項目では、下水つまりの原因・清掃方法・予防策を場所別に記載しています。

自分で下水管の清掃を行う場合に参考にしてみてください。また、掃除の方法にはいくつかの種類が存在します。市販の洗剤を使ったり自宅にある物を利用するなどの方法を解説しているので、好みの洗浄方法を選択してください。

屋外

屋外に設置されている排水管がつまる原因としては、土砂や落ち葉など、固形物の蓄積が考えられます。室内から排出された油脂・洗剤カス・石鹸カス・髪の毛などによって排水管が汚れている場合は、固形物がつまりやすいので気をつけましょう。

土砂や落ち葉が排水管に流れ込まないように注意するのが最善の予防策です。一戸建住宅には、一般的に排水管の点検口として排水桝が設置されています。屋外の排水管を掃除する際は、排水桝から行う点を把握しておきましょう。以下に清掃の手順を記載しているので参考にしてみてください。

1、排水桝のフタを開ける
2、排水桝内に蓄積している表面の汚れを取る
3、排水管の先についているエルボを外す
4、排水桝の下に沈んでいる汚れを取る
5、散水ホースを使って、排水管の洗浄を行う
6、エルボや排水桝のフタを元に戻す

トイレ

トイレの排水管は、汚れがつまりに直結しにくい特徴をもっています。ただし、流した排泄物が便器の出口付近で止まってしまうトラブルは起こる可能性があるので注意してきましょう。

水に溶けない物は流さず、溶ける物であっても1度に大量に流さないのがつまりの予防策としておすすめです。また、過度な節水を行うと、排泄物が流れにくくなるので気をつけましょう。トイレの排水管を掃除する方法は、いくつか存在します。

以下に各清掃方法を記載しているので参考にしてみてください。

汚れに触れず洗浄する場合
1、市販のトイレ排水管用洗剤を容量を守って注ぎ込む
2、取扱説明書を参考にしてある程度の時間放置する
3、水が流れるか確認する

自宅にある物を利用して洗浄する場合
1、重曹を排水口周辺や内部にかける
2、重曹をかけた上にクエン酸をかける
3、ぬるま湯を少しずつかける
4、発泡したら、30分~1時間ほど放置する
5、水が流れるか確認する

固形物や水に溶けない物など、トイレには流してはいけない物が原因の場合は、これらの方法では解消できません。手の届く場所に見えていれば、ゴム手袋を装着して慎重に取り除きましょう。目視では確認できない場合は、無理をせず水道修理業者へ相談してください。

洗面所

洗面所の排水管がつまる原因としては、石鹸および化粧品に含まれる油分や歯磨き粉による汚れの蓄積が考えられます。また、排水口に流れ落ちた髪の毛によって汚れが悪化する可能性もあるので注意しましょう。毛髪は流れてしまう前に拾い集めておくのが重要です。

また、アクセサリーやヘアピン、カミソリなどの固形物を誤って流してしまわないように気をつけましょう。洗面所の排水管を掃除する方法は、いくつか存在します。以下に各清掃方法を記載しているので参考にしてみてください。

汚れに触れず洗浄する場合
1、排水管に45~50℃ほどのお湯を流して、油汚れや皮脂汚れを浮かす
2、市販のパイプクリーナーを容量を守って注ぎ込む
3、取扱説明書を参考にしてある程度の時間放置する
4、水が流れるか確認する

自宅にある物を利用して洗浄する場合
1、重曹を排水口周辺や内部にかける
2、重曹をかけた上にクエン酸をかける
3、ぬるま湯を少しずつかける
4、発泡したら、30分~1時間ほど放置する
5、放置後に45~50℃のお湯をかけて、泡を洗い流す

アクセサリーやヘアピン、カミソリなどの固形物がつまっている場合は、これらの方法で解消することは出来ません。さらに奥へと流れてしまわぬよう、水を流すことは避け、早めに業者へ相談しましょう。

洗濯機

洗濯機の排水管がつまる原因としては、衣類の繊維や髪の毛の蓄積が考えられます。また、洗濯機周辺のホコリが排水口に流れ落ちてしまう場合もあるので、しっかりと掃除しておくのがおすすめです。さらに洗濯機に備えている糸くずフィルターを使用のたびにメンテナンスしておけば、つまりの予防に効果が期待できます。

加えて、洗濯物には異物が混ざらないように心がけましょう。洗濯機の排水管を掃除する方法は、いくつか存在します。以下に各清掃方法を記載しているので参考にしてみてください。

汚れに触れず洗浄する場合
1、排水ホースを取り外す
2、市販のパイプクリーナーを容量を守って注ぎ込む
3、取扱説明書を参考にしてある程度の時間放置する
4、水が流れるか確認する

自宅にある物を利用して洗浄する場合
1、重曹を排水口周辺や内部にかける
2、重曹をかけた上にクエン酸をかける
3、ぬるま湯を少しずつかける
4、発泡したら、30分~1時間ほど放置する
5、放置後にバケツに汲んだ水で泡を洗い流す

浴室

浴室の排水管がつまる原因としては、石鹸・シャンプーなどのカスのほか、髪の毛や皮脂汚れの蓄積が考えられます。また、浴室の場合は臭気や虫の侵入を予防する排水トラップもつまりやすいので注意しましょう。予防策としては、入浴後に髪の毛を拾い集めてゴミ箱へ捨てるのがおすすめです。

また、掃除する際は石鹸やシャンプーのカスが残らないようにしっかりと洗い流しましょう。浴室の排水管を掃除する方法は、いくつか存在します。以下に各清掃方法を記載しているので参考にしてみてください。

汚れに触れず洗浄する場合
1、排水管に45~50℃ほどのお湯を流して、油汚れや皮脂汚れを浮かす
2、市販のパイプクリーナーを容量を守って注ぎ込む
3、取扱説明書を参考にしてある程度の時間放置する
4、水が流れるか確認する

自宅にある物を利用して洗浄する場合
1、重曹を排水口周辺や内部にかける
2、重曹をかけた上にクエン酸をかける
3、ぬるま湯を少しずつかける
4、発泡したら、30分~1時間ほど放置する
5、放置後に45~50℃のお湯をかけて、泡を洗い流す

キッチン

キッチンの排水管がつまる原因としては、食材や料理から出る油分の蓄積が考えられます。油分が排水口に流れると、排水管内を狭くして水の流れを妨げてしまうので注意しましょう。

キッチンの排水管トラブルを避けたい場合には、鍋やフライパンなど調理に利用したアイテムはもちろん、食器などに付着している油脂を拭き取ってから洗うのがおすすめです。加えて、ゴミ受けや排水トラップなどもこまめにメンテナンスしておきましょう。

キッチンの排水管を掃除する方法は、いくつか存在します。以下に各清掃方法を記載しているので参考にしてみてください。

汚れに触れず洗浄する場合
1、排水管に45~50℃ほどのお湯を流して、油汚れや皮脂汚れを浮かす
2、市販のパイプクリーナーを容量を守って注ぎ込む
3、取扱説明書を参考にしてある程度の時間放置する
4、水が流れるか確認する

自宅にある物を利用して洗浄する場合
1、重曹を排水口周辺や内部にかける
2、重曹をかけた上にクエン酸をかける
3、ぬるま湯を少しずつかける
4、発泡したら、30分~1時間ほど放置する
5、放置後に45~50℃のお湯をかけて、泡を洗い流す

スプーンなどのカトラリーや調味料の蓋などの固形物がつまっている場合は、これらの方法で解消することは出来ません。さらに奥へと流れてしまわぬよう、水を流すことは避け、早めに業者へ相談しましょう。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

下水清掃のメンテナンスがおすすめ


使用状況や環境にもよりますが、下水管清掃頻度は一般的に3~5年に1回が適切といわれています。清掃を怠っていると汚れが蓄積してしまい、下水管はつまってしまいます。下水管のつまりは、悪臭や水漏れなどのトラブルを引き起こす可能性があるので注意しましょう。

下水清掃のメンテナンスは、定期的に行うのがポイントです。専門の業者に依頼した場合には料金がかかりますが、数年に1度の出費なので、自分で掃除する手間を省きたい場合には検討してみましょう。

まとめ


今回の記事では、下水管の清掃についてご紹介しました。下水管の汚れを放置すると、つまりの原因となるので注意が必要です。定期的なメンテナンスを行うように心がけましょう。自分で掃除を行う自信のない方や手間を省きたい方は、専門業者への依頼がおすすめです。

事前に費用相場や依頼時の注意点などを把握しておくとスムーズに依頼できるでしょう。また、依頼する際は、複数の業者に見積もりを取るのもポイントです。複数業者をしっかりと比較して、信頼できる業者に依頼しましょう。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する
駆けつけ修理エリアは
全国各地に展開しています

対応エリア

北海道・東北地方
四国地方
フリーダイヤル 各種お支払い方法
ページ上部へ
ページ上部へ