難聴のお客様へ
フリーダイヤル
最短20分で駆けつけ!
キッチンのトラブル 最速で解決
キッチンのトラブル最短20分駆けつけ!
水漏れ・つまり・修理交換
実質料金5,500円(税込)~
お急ぎの方!
イースマイルで最短解決!
フリーダイヤル
イースマイル公式サイト TOP > キッチンつまり・水漏れ・交換修理 TOP > キッチンのお役立ちコラム > キッチンの蛇口・水栓交換は自分でできる?取付手順をプロが解説
キッチンの蛇口・水栓交換は自分でできる?取付手順をプロが解説:イメージ
交換 更新日:2024年6月25日

キッチンの蛇口・水栓交換は自分でできる?取付手順をプロが解説

キッチンや洗面所、お風呂場など、家の中にはいくつもの蛇口があります。なかでもキッチンの蛇口は使用頻度が最も高いとされており、その分劣化しやすい蛇口です。

蛇口が劣化して水漏れするので交換したい、新しい型式の水栓に取り換えたいなど、キッチンの蛇口の交換を考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事ではキッチンの蛇口の交換について、知っておきたい知識や自分で交換する場合に気をつけたいこと、業者に依頼する場合の注意点、交換費用などを紹介します。
目次
フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

キッチンの蛇口を交換する前にまずは確認

キッチンの画像

古くなってきたので新しい設備へ交換を考えているのではなく故障や不具合が原因で交換を考えているのであれば、まずは下記の項目に当てはまらないか確認をしてください。水栓交換を行なうよりも安く解決できる可能性があります。

  • 交換ではなく修理で対応はできるのか
  • この水栓を使用してどれくらい経っているのか
  • 蛇口の詰まりや不具合ではないか

交換ではなく修理で対応はできるのか

もしキッチンの蛇口を取り換えたい理由が水漏れにある場合、まずは修理を考えるとよいでしょう。蛇口の水漏れはコマやパッキン、バルブカートリッジなどの経年劣化、ボルトやナットの緩みなどから生じる場合が多いです。

蛇口の不具合が何から来るのかを見極めてパッキンやバルブカードリッジなどを取り換えたり、ボルトやナットを締め直したりすれば、大抵の場合、問題なく使えるようになるケースもあります。

この水栓を使用してどれくらい経っているのか

蛇口の耐用年数は10年~15年ぐらいといわれています。長い間使っていた蛇口はどこかに破損が見られるケースも多いので、部品を交換しても、ふたたび水漏れを起こす可能性が高いです。

まだ故障をしていない状態でも10年以上使い続けている水栓であれば交換を視野に入れておくとよいでしょう。

蛇口の詰まりや不具合ではないか

水漏れはないけれど蛇口本体がグラグラする場合、経年による錆びや腐食が原因であるケースが多いです。壁についた蛇口がグラグラする場合、壁の中にある配管自体にガタが来ていることも考えられます。

部品が破損していたら交換するだけで対応できますが、他にも不具合を起こしている部分があったり、内部が錆びていたりなど、修理を必要とする箇所が複数あるようなら、本体を取り換えたほうが安く抑えられる場合もあります。

また出てくる水の勢いが弱かったり、多方向に水が飛び散ったりするのは、吐水口の先端キャップ内にあるストレーナーの網に不純物や汚れが溜まったせいかもしれません。使い古した歯ブラシなどで網を掃除することで、水の流れがスムーズになるでしょう。

汚れを取り除いたのに、水流に勢いがない、水とお湯のどちらか一方の流れがスムーズにいかないなどといった場合には、給水管や給湯器に不具合があることが多いです。わからない状態で方針を決めるのではなく、水道業者に相談してみるのも手です。

フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

キッチンの蛇口を選ぶポイント

キッチンの蛇口や水栓には規定があり、そもそも設置ができないものもあります。商品を購入してから取り付けができないなんてことにならないためにも自宅に適した商品を選ぶのが重要です。

水栓の種類

水栓には取り付け位置や給水管の穴の数、ハンドル式orレバー式、タッチレスなどさまざまな型が存在します。ハンドルタイプは使用感によって好きな方を選択できますが、取り付け位置は変更するのに追加工事が必要になるため基本的には行いません。

壁付きタイプはその名の通り壁面に水栓を設置するタイプのものです。ハンドルはツーハンドルとシングルレバーの2パターンの商品があり、単水栓が2つついているものもあります。

台付きタイプはキッチンのシンク周辺に取り付けるタイプで、取付穴が1つのワンホールタイプとお湯と水の給水管が別にあるツーホールタイプがあります。ツーホールタイプの場合は台座で一つの吐水口にまとめられるものもあります。

口径の確認

口径の確認は蛇口の口径と給水管の口径の療法を確認する必要があります。寸法が異なる商品の場合は取り付けができなかったり、水漏れ、グラつきの原因となるので既存のものに合った商品を選ぶ必要があります。交換の前には後継品として交換が可能かどうか、現在設置されている商品の品番と併せて相談してみましょう。

蛇口の機能

最近の蛇口ではただ水やお湯を出すのではなくさまざまな機能が付加されているものもあります。たとえば水の出し方を1本の水流だけでなくシャワーのような吐水ができるようなもの、浄水器を接続できるもの、センサーで止水できるもの、節水機能を持つものなどいろいろあります。新たに蛇口を交換するのであればこれらの機能を持つものに交換をしてしまうのもおすすめです。

商品の価格

高機能なものが高価であるのは当然ですが、単水栓と混合水栓でも金額が異なります。交換にあたってどれほどの金額を予算として考えるかはあらかじめ決めておくとよいでしょう。また、水栓は個人で購入することも可能ですが、水道業者の多くは大量仕入れを行なうことで安く入荷できるルートがあります。商品代+施工費で商品代の定価を下回るようなケースも多々あるため、気に入った商品があればいくらで交換ができるか訪ねてみるのもおすすめです。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

水栓の種類別、自分で交換する手順

ここでは自分でもできるDIYでの水栓交換の方法をプロが紹介します。交換の手順はどの水栓でも基本的には同じですが、作業内容の違いによってワンホール水栓、台付水栓、壁付き水栓の3つを紹介するので、自分で作業をしようと考えている方は参考にしてください。

下でも取り付けの際の注意点を詳しく解説しますが、少しでも難しく感じたり、途中で無理だと感じたりしたら作業を続けず、水道業者までご連絡ください。

ワンホール水栓の交換手順

ワンホール水栓の基本的な設置方法は下記の流れです。詳しい工程については下で紹介します。

  • 商品や必要な工具、資材を用意する
  • 周囲の養生を行なう
  • 止水栓を閉める
  • 既存の水栓を撤去する
  • 新しい水栓を取り付ける
  • 漏水チェックをする

まずは必要な道具を用意しましょう。取り外しに必要なモンキーレンチやドライバー、水道管を切断するのであればパイプカッターも必要です。その他水道管をつなぐためのシールテープや接着剤、出てきた水を拭くためのタオルやバケツも用意しておきましょう。道具の準備ができたら床が濡れないように養生を行います。タオルだけでなくビニールシートのようなものを引き、養生テープで貼っておくとズレないので安心です。

養生が完了したら止水栓を閉めてから作業を行います。止水栓を閉めずに作業をすると水が溢れ出してしまうので、止水栓を閉めて水が止まったことを確認してから水栓を外してください。キッチンの止水栓はシンク下に設置されていることが多いですが、隠蔽配管の場合は壁内にあります。キッチンの下の点検口を開けて閉めてください。万が一止水栓が見つからない場合は元栓を閉めましょう。その間家全体の水が止まることになりますが作業が完了するまで水を止めることができます。

止水が完了したら既存の蛇口を撤去します。まずは蛇口側のナットをモンキーレンチで緩め、給水管と蛇口を取り外します。取り外す際には内部に残った水が出てくるのでバケツなどで受け取りましょう。

取り外したら新しい水栓を取り付けます。結合部が汚れている場合はこのときにきれいにしておきましょう。まずは台座を取り付け、給水管を接続します。逆止弁付きソケットなど必要な部品がある場合は説明書の順に従って取り付けてください。取り付けが完了したら止水栓を開けて通水します。その際に問題なく水は出ているか、接続部などから水漏れしていないかを入念に調べて問題がなければ作業は完了です。

台付水栓(ツーホール水栓)の交換手順

  • 商品や必要な工具、資材を用意する
  • 周囲の養生を行なう
  • 止水栓を閉める
  • 既存の水栓を撤去する
  • 新しい水栓を取り付ける
  • 漏水チェックをする

台付水栓はシンクの下から作業をするためワンホール水栓よりも難易度が高いため無理せず作業を行ってください。また、点検口が用意されていないタイプの場合はキャビネットの取り外しが必要になるので水道業者に依頼するのが無難です。

基本的な工程はワンホール水栓と同じですので道具を用意し、養生と止水まで行ってください。また、接続にフレキシブル管が必要な商品もあるので商品にあったものを用意してください。フレキ管は好きな角度に曲げて使用することができる配管で、これを適切な長さに切って接続します。

壁付き水栓の交換手順

  • 商品や必要な工具、資材を用意する
  • 周囲の養生を行なう
  • 元栓を閉める
  • 既存の水栓を撤去する
  • クランクを取り付ける
  • 新しい水栓を取り付ける
  • 漏水チェックをする

壁付き水栓の交換も準備するものや養生に関しては基本的に同様です。しかし、壁付き水栓の場合はキッチン周辺に止水栓が用意されていることはほぼないため基本的に元栓を閉めて作業を行うことになります。

また、壁付き水栓の場合は既存水栓の撤去の際に注意しなければいけない点があります。これは配管の供回りと言う現象で、取り外す際に壁内の給水管が同時に回ってしまう状態を指します。供回りをしてしまうと配管が外れたり折れたりしてしまい、漏水につながることもあります。壁内の漏水は気づきづらいため被害が大きくなることもあり大変危険なため注意して作業をすすめてください。

壁付き水栓の場合はクランクと呼ばれる部品を先に取り付けます。クランクが取り外せないときにはショートクランクを取り付けることで対応しましょう。クランクの取り付けが完了したらそれに併せて水栓を取り付けます。水栓が水平になるように水平器なども使用して調整しながら固定します。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

自分で取り付けするときの注意点

ここまで水栓の交換方法を解説しましたが、作業前、作業中に気をつけておくべきことを紹介します。安く交換をしようとDIYをしたのにかえって高くついてしまった、漏水させてしまったなんてことがないように必ずチェックしてから作業を進めるようにしてください。

  • 必要な工具や資材を準備する
  • 止水栓を閉めて作業する
  • 無理と思ったら作業を中止する

必要な工具や資材を準備する

自分で施工をするのであれば商品だけでなく工具や資材も用意する必要があります。最低限作業に必要なモンキーレンチやドライバーだけでなく用意する資材によってはパイプカッターなども必要になるのでホームセンターなどで購入しましょう。一部のホームセンターでは工具の貸し出しを行っている店舗もあるので相談してみても良いかもしれません。

また、急なトラブルに備えてバケツやタオルなども用意しておくと安心です。これらは家にあることもありますが、汚れても良いものを使用してください。作業中に足りないものがあると作業を中断して買いに行くなどの手間が発生します。予期せぬトラブルを避けるためにも念入りに準備をしてから作業を始めてください。

止水栓を閉めて作業する

上の手順でも解説したように作業をするときには止水栓を閉めてから作業をしましょう。蛇口を外してしまうと水流を止める術がなく、水が流れっぱなしになります。水道代がかかるのはもちろんですが家中が水浸しになり、階下漏水や床材の腐食などが起こることもあります。注意して作業をしてください。

無理と思ったら作業を中止する

いざ自分でやってみようと思ってもやっている途中で難しく感じたり、わからないことがでてもおかしくありません。そのようなときに自己判断で作業を続けてしまうと施工不良につながる可能性があります。すぐに作業を中断して業者を呼べば被害を最小限に抑えることができるので悪化させる前に依頼しましょう。

イースマイルでは作業途中の状態でも現場を収められる優秀なサービススタッフが全国で待機しています。少しでも不安に感じたらまずはお電話ください。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

業者に蛇口交換を依頼するときの注意点

最後に業者に蛇口交換を依頼するときの注意点や選び方を紹介します。水道は生活に関わるのはもちろん、万が一の事故もあり得るため安心して任せられる業者選びをしましょう。

  • 信頼できる業者を選ぶ
  • 料金を確認できる業者を選ぶ
  • 施工実績の豊富な業者を選ぶ
  • 24時間いつでも対応できる業者を選ぶ
  • キャンセル料や見積料が無料の業者を選ぶ
  • 保証制度を設ける業者を選ぶ

信頼できる業者を選ぶ

各地域の水道局では、政令に定められた基準に基づき、その給水区域内で給水装置の工事を適切に施工できる業者として、「指定給水装置工事事業者」が指定されています。依頼する業者が、お住まいの給水区域の「指定給水装置工事事業者」であるか確認をしておきましょう。

対応スピードや料金、知名度など人によって信頼の基準は異なるため自分が信頼できると感じた業者に依頼するのがよいでしょう。上で挙げた資格は国が定めた基準を満たしている業者のため判断材料にもしやすいです。

料金を確認できる業者を選ぶ

施工前に料金がわかっている業者であれば安心して任せることができるでしょう。多くの業者が作業前に料金を提示してくれますが、追加料金が発生することはないのかなども確認しておきましょう。料金を確認する際には総額費用だけでなく部品代や施工費、処分費、出張費など明細も確認しておくとよいでしょう。

交換料金や修理料金の他、部品代や取り換えた蛇口などの廃材撤去費用など、当社で請け負う際にかかる料金は下記のとおりです。他社との比較・検討に、ぜひお役立てください。

作業料金の

計算方法
修理料金
+
部品代※
+
廃材引き取り料※
※必要な場合のみ
蛇口トラブルの料金・時間の目安です。作業スタッフが現場でトラブル状況を確認の上、最終のお見積を決定いたします。スタッフによる出張お見積は無料ですので、お気軽にご相談ください。
作業内容 時間目安 修理料金目安 オプション料金 備考
単水栓・2ハンドル水栓部品交換
(消耗部品/吐水口等)
20分 ¥8,000
(税込¥8,800)

+部品代
+廃材引き取り料

※必要な場合のみ

主となる作業が別にある場合、又は2ヶ所目以降¥3,000(税込¥3,300)
水栓交換 単水栓 30分 ¥15,000
(税込¥16,500)
洗面蛇口/壁付2ハンドル混合水栓/シャワー付2ハンドル混合水栓/ワンホールシングルレバー水栓/台付シングルレバー水栓等 40分 ¥20,000
(税込¥22,000)
主となる作業が別にある場合、又は2ヶ所目以降¥5,000(税込¥5,500)
シャワー付水栓 ホースヘッド交換 20分 ¥8,000
(税込¥8,800)
主となる作業が別にある場合、又は2ヶ所目以降¥3,000(税込¥3,300)
<参考価格>
●キッチンシャワー付水栓 ホースヘッド交換
¥8,000(税込¥8,800)+部品代+廃材引き取り料(必要な場合のみ)
●浴室シャワー付水栓 ホースヘッド交換
¥8,000(税込¥8,800)+部品代+廃材引き取り料(必要な場合のみ)
ホース交換 20分 ¥8,000
(税込¥8,800)
主となる作業が別にある場合、又は2ヶ所目以降¥3,000(税込¥3,300)
シャンプー水栓 シャワー部交換 30分 ¥15,000
(税込¥16,500)
切替弁 及び 止水弁交換 30分 ¥15,000
(税込¥16,500)
シングルレバー カートリッジ交換 30分 ¥15,000
(税込¥16,500)
レバー部交換 20分 ¥8,000
(税込¥8,800)
断熱(泡沫)キャップ交換 20分
吐水口部パッキン交換 30分 ¥10,000
(税込¥11,000)
吐水口部交換 30分
逆止弁交換 30分 ¥7,000
(税込¥7,700)
アングル止水栓交換 40分 ¥9,500
(税込¥10,450)
分岐水栓取付 40分 ¥12,000(税込¥13,200)~
¥20,000(税込¥22,000)
主となる作業が別にある場合、又は2ヶ所目以降¥5,000(税込¥5,500)
<参考価格>
●分岐水栓取付 単水栓
¥12,000(税込¥13,200)+部品代+廃材引き取り料(必要な場合のみ)
●分岐水栓取付 シングルレバー
¥20,000(税込¥22,000)+部品代+廃材引き取り料(必要な場合のみ)
単水栓・2ハンドル水栓部品交換
(消耗部品/吐水口等)
  • 20分
  • ¥8,000
    (税込¥8,800)

    +部品代
    +廃材引き取り料

    ※必要な場合のみ

  • <備考>
    主となる作業が別にある場合、又は2ヶ所目以降¥3,000(税込¥3,300)
水栓交換
  • 単水栓
  • 30分
  • ¥15,000
    (税込¥16,500)

    +部品代
    +廃材引き取り料

    ※必要な場合のみ

  • <備考>
    主となる作業が別にある場合、又は2ヶ所目以降¥3,000(税込¥3,300)
  • 洗面蛇口/壁付2ハンドル混合水栓/シャワー付2ハンドル混合水栓/ワンホールシングルレバー水栓/台付シングルレバー水栓等
  • 40分
  • ¥20,000
    (税込¥22,000)

    +部品代
    +廃材引き取り料

    ※必要な場合のみ

  • <備考>
    主となる作業が別にある場合、又は2ヶ所目以降¥5,000(税込¥5,500)
シャワー付水栓
  • ホースヘッド交換
  • 20分
  • ¥8,000
    (税込¥8,800)

    +部品代
    +廃材引き取り料

    ※必要な場合のみ

  • <備考>
    主となる作業が別にある場合、又は2ヶ所目以降¥3,000(税込¥3,300)
    <参考価格>
    ●キッチンシャワー付水栓 ホースヘッド交換
    ¥8,000(税込¥8,800)+部品代+廃材引き取り料(必要な場合のみ)
    ●浴室シャワー付水栓 ホースヘッド交換
    ¥8,000(税込¥8,800)+部品代+廃材引き取り料(必要な場合のみ)
  • ホース交換
  • 20分
  • ¥8,000
    (税込¥8,800)

    +部品代
    +廃材引き取り料

    ※必要な場合のみ

  • <備考>
    主となる作業が別にある場合、又は2ヶ所目以降¥3,000(税込¥3,300)
シャンプー水栓 シャワー部交換
  • 30分
  • ¥15,000
    (税込¥16,500)

    +部品代
    +廃材引き取り料

    ※必要な場合のみ

  • <備考>
    主となる作業が別にある場合、又は2ヶ所目以降¥3,000(税込¥3,300)
切替弁 及び 止水弁交換
  • 30分
  • ¥15,000
    (税込¥16,500)

    +部品代
    +廃材引き取り料

    ※必要な場合のみ

  • <備考>
    主となる作業が別にある場合、又は2ヶ所目以降¥3,000(税込¥3,300)
シングルレバー
  • カートリッジ交換
  • 30分
  • ¥15,000
    (税込¥16,500)

    +部品代
    +廃材引き取り料

    ※必要な場合のみ

  • <備考>
    主となる作業が別にある場合、又は2ヶ所目以降¥3,000(税込¥3,300)
  • レバー部交換
  • 20分
  • ¥8,000
    (税込¥8,800)

    +部品代
    +廃材引き取り料

    ※必要な場合のみ

  • <備考>
    主となる作業が別にある場合、又は2ヶ所目以降¥3,000(税込¥3,300)
  • 断熱(泡沫)キャップ交換
  • 20分
  • ¥8,000
    (税込¥8,800)

    +部品代
    +廃材引き取り料

    ※必要な場合のみ

  • <備考>
    主となる作業が別にある場合、又は2ヶ所目以降¥3,000(税込¥3,300)
  • 吐水口部パッキン交換
  • 30分
  • ¥10,000
    (税込¥11,000)

    +部品代
    +廃材引き取り料

    ※必要な場合のみ

  • <備考>
    主となる作業が別にある場合、又は2ヶ所目以降¥3,000(税込¥3,300)
  • 吐水口部交換
  • 30分
  • ¥10,000
    (税込¥11,000)

    +部品代
    +廃材引き取り料

    ※必要な場合のみ

  • <備考>
    主となる作業が別にある場合、又は2ヶ所目以降¥3,000(税込¥3,300)
  • 逆止弁交換
  • 30分
  • ¥7,000
    (税込¥7,700)

    +部品代
    +廃材引き取り料

    ※必要な場合のみ

  • <備考>
    主となる作業が別にある場合、又は2ヶ所目以降¥3,000(税込¥3,300)
アングル止水栓交換
  • 40分
  • ¥9,500
    (税込¥10,450)

    +部品代
    +廃材引き取り料

    ※必要な場合のみ

  • <備考>
    主となる作業が別にある場合、又は2ヶ所目以降¥3,000(税込¥3,300)
分岐水栓取付
  • 40分
  • ¥12,000(税込¥13,200)~¥20,000(税込¥22,000)

    +部品代
    +廃材引き取り料

    ※必要な場合のみ

  • <備考>
    主となる作業が別にある場合、又は2ヶ所目以降¥5,000(税込¥5,500)
    <参考価格>
    ●分岐水栓取付 単水栓
    ¥12,000(税込¥13,200)+部品代+廃材引き取り料(必要な場合のみ)
    ●分岐水栓取付 シングルレバー
    ¥20,000(税込¥22,000)+部品代+廃材引き取り料(必要な場合のみ)
お客様がお手持ちの部品・蛇口交換はプラス¥2,000(税込¥2,200)
・上記の作業料金は、一般家庭向けの設定価格です。
・上記の作業料金は、一箇所あたりの作業料金です。
・上記の作業時間は、標準的な作業の目安時間です。状況によって異なる場合がございます。
・廃材引き取り料として、別途(¥2,000 から¥10,000 程度)頂く場合がございます。
・修理箇所の劣化具合、使用する商品や部品によって価格が異なる場合がございます。
(但し、加工が必要となる作業においては、別途加工代金を頂く場合がございます)

施工実績の豊富な業者を選ぶ

施工実績が豊富である複数のメーカーに対応している業者なら、「高機能の蛇口に取り換えたい」「シンクも新しくしたい」など、さまざまな要望に合った蛇口やリフォーム計画を提案してくれます。希望する機能や予算に応じて施工ができる業者を探しているのであれば実績にも着目して業者を探しましょう。

24時間いつでも対応できる業者を選ぶ

日中お仕事をしている方にとって、平日の昼間に業者に修理してもらうことはなかなか難しいでしょう。24時間いつでも対応できる業者なら、平日の夕方や土日祝日など、自分の都合のよい日時を指定できます。

蛇口交換や水栓交換ではあまり大きな音は出ませんが、壁の開口などを伴う工事の場合は近隣への騒音にも注意して作業をしてくれる業者に依頼するのがおすすめです。

キャンセル料や見積料が無料の業者を選ぶ

業者に見積もりを依頼しても、他社と比較して作業料金があまりにも高額になる場合には、キャンセルすることもありますが、キャンセル料や見積料を請求されるのは嫌なものです。見積もり無料の業者ならキャンセルしても料金がかからないため、気軽に依頼できます。

保証制度を設ける業者を選ぶ

機能性の高い蛇口に交換しても、施工不良ですぐに水漏れしたり、破損したりしたら大変です。保証期間が設定されている業者なら、トラブルが発生しても安心です。

今回は、蛇口を交換する際に知っておきたい知識や自分で交換するときに気をつけたいことなどをご紹介しました。機能的な蛇口に交換すれば、毎日の家事も快適になります。

水まわりの修理は水漏れするおそれがあるので、自分で蛇口を交換するときには、万全の準備をして取りかかりましょう。不安があるようなら、ホームページなどで情報をしっかりと収集して、信頼できる業者に依頼しましょう。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する
駆けつけ修理エリアは
全国各地に展開しています

イースマイルの対応エリア

北海道・東北地方
  • 北海道
  • 宮城県
  • 山形県
  • 福島県
北陸・信越地方
  • 新潟県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 長野県
関東地方
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 山梨県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
東海地方
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
関西地方
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
中国地方
  • 岡山県
  • 広島県
  • 島根県
  • 山口県
四国地方
  • 愛媛県
  • 香川県
九州・沖縄地方
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 鹿児島県
フリーダイヤル 各種お支払い方法
ページ上部へ
ページ上部へ