最短20分で駆けつけ!
トイレのお役立ちコラム
イースマイル公式サイト TOP > トイレつまり・水漏れ・交換修理 TOP > トイレのお役立ちコラム > トイレのつまりはハンガーで直る?その手順と他に使える道具もチェック!
トイレのつまりはハンガーで直る?その手順と他に使える道具もチェック!:イメージ
つまり

トイレのつまりはハンガーで直る?その手順と他に使える道具もチェック!

トイレのつまりを解消するための専用の道具が家にないときは、手近にある別の道具でも代用できます。たとえば、トイレのつまりを解消するためにハンガーを使用する場合もあります。
ただし、ハンガーを使用して解消できるつまりもあれば、そうでないつまりもあるため注意が必要です。

この記事では、ハンガーをはじめ、身近な道具でトイレのつまりを解消する方法について解説します。トイレがつまってしまった場合は、ぜひ参考にしてください。
目次

トイレがつまる原因

トイレがつまっている場合、複数の原因が考えられます。本来トイレに流してはいけないものがつまってしまうケースもあるため、気をつけなければなりません。ここでは、トイレがつまる原因について4つ、具体的に解説します。

1-1.紙

トイレットペーパーを大量に流すと、トイレのつまりの原因になる場合があります。トイレットペーパーは水に流すとほぐれて溶ける性質がありますが、まとめて流すと便器や排水管でつまる可能性があります。水に流せる掃除用のシートやおしりふきなども、大量に流せばつまってしまうため、一気に流すのは控えましょう。

また、ティッシュペーパーは紙でできていますが水に溶ける性質はないため、トイレに流してもほぐれません。ティッシュペーパーを誤ってトイレに流してしまい、つまりを誘発するケースもよくあります。

1-2.食べ残し

食べ残した食品をトイレに流した場合も、つまりの原因になる恐れがあります。

少量であればつまらずに流れていく場合もありますが、食品に含まれる油は溶けないだけでなく排水管の中で固まってしまう可能性があります。また、排泄物は食べ物が消化されて流れやすい状態になっているものの、食べ残しは固形物なので水に流れにくいです。

ですから食品は、基本的にトイレに流してはいけません。

1-3.異物

トイレに異物が落ち、つまりが発生するケースもあります。

トイレで用を足した際にポケットからボールペンやカイロなどが落ち、気づかないうちに流してしまう人もいます。爪楊枝のように小さな異物でもつまりを引き起こす原因になるため、落とさないよう十分に注意しなければなりません。

1-4.尿石

つまりの原因になりそうなものを流した覚えがないにも関わらずつまりが発生しているときは、便器や排水管に尿石がたまっているのかもしれません。

尿石は、尿に含まれているカルシウムイオンが尿素やたんぱく質と結合して固まったものです。尿石がかたまりになって便器や排水管にたまると、つまりの原因になります。時間が経つほど固くなるため、対処が遅れると自力でつまりを解消するのが難しくなります。

尿石が固まると臭いの原因にもなるので、こまめな掃除できれいに取り除くことが大切です。

手軽に用意できる道具でトイレつまりを直すやり方

トイレがつまった場合、なるべく早めに対処する必要があります。つまりの症状が軽度であれば、専用の道具がなくても、ハンガーなど手軽に用意できる道具を活用してつまりを解消することが可能です。そこで、次のような、ご家庭で用意しやすい道具でトイレのつまりを直す方法を紹介します。

2-1.ハンガーでトイレつまりを直す

ハンガーを使用すれば、途中につまっているものを押し出したり崩したりしてつまりを解消できる可能性があります。
トイレのつまりを解消するために使用できるのは、針金でできているハンガーです。ハンガーを伸ばして輪を作り、先端を丸くしましょう。こうすることで針金の先で便器の表面が傷つくのを防止できます。

丸くしたハンガーの先端を排水管に向けて差し込み、少しずつ動かしていきます。上下左右に小刻みに動かしながら、つまりの原因がどこにあるのか探してください。つまりの原因を見つけたら、それをほぐしながら押し込んでいきましょう。
ある程度ほぐれたら、バケツに汲んだ水を便器に流してつまりが解消されたか確認します。流れが改善されていれば、つまりも解消されている証拠です。

ただし、この方法が使えるのは、トイレに流してもいいものがつまりの原因になっていた場合のみです。異物が詰まっている場合は押し込むのではなく、取り出してつまりを解消しなければならないため、ハンガーは使用しないようにしましょう。

2-2.ペットボトル

便器や排水管に紙や便がつまっている場合、つまりの解消のためにペットボトルを使用する方法があります。

ペットボトルの底から3cm程度を切り落とし、そのまま排水管の入り口部分に差し込みましょう。作業中に水が跳ねる可能性があるため、あらかじめゴム手袋を装着したほうが安心です。
ペットボトルの口の部分を手でふさぎ、ラバーカップ(スッポン)のように押したり引いたりします。このときは、ペットボトルの切り口で便器を傷つけないよう注意が必要です。何度も繰り返すとつまりの原因となっていたものが引き上げられ、水の流れがよくなります。うまくいけば、水流によりつまりの原因を押し流すことが可能です。

ただし、つまりの症状がひどい場合や、つまりの原因が異物である場合は、ペットボトルを使用する方法は使えません。

2-3.重曹と酢

トイレットペーパーや尿石などによるつまりは、重曹と酢で解消できる場合もあります。

4分の1カップの重曹を入れたら、さらに2分の1カップの酢を入れましょう。その後、50度程度のお湯を便器の半分程度の水位まで入れます。少しずつ泡立ってくるため、約1時間そのまま放置してください。この泡の正体は炭酸ガスで、汚れを落とす効果も期待できます。
1時間が経過したら、バケツに水をくんで高い位置から便器に流しましょう。水がスムーズに流れていけば、つまりが解消しているとわかります。

ただし、症状がひどい場合に重曹と酢を使用すると、泡がトイレから溢れる恐れもあります。この方法は、異物のつまりには効かないため、つまりの原因をよく確認したうえで試してみてください。

2-4.50度程度のお湯とバケツ

トイレットペーパーなど水に溶けるものがつまってしまったときは、バケツに50度程度のお湯をくんで流すだけでつまりを解消できる可能性があります。

まずは灯油用のポンプなどを使い、便器にたまっている水を抜きましょう。そのうえで、まずはバケツに水をくんで流し、流れが改善しなければ50度程度のお湯を流します。2~3回繰り返したら、再びバケツから水を流してつまりの具合を確認しましょう。

なお、便器は陶器でできており、熱すぎるお湯を注ぐと割れる恐れがあるため気をつけてください。熱湯を流すと排水管を傷める原因にもなります。

また、あくまでもこの方法はつまったものをお湯で溶かす方法なので、水に溶けにくいものがつまっている場合には行ってはいけません。水に溶けにくいものに対してこの方法を行うと、つまりの原因がさらに奥へ押されて症状が悪化するリスクがあります。

2-5.洗剤とお湯

トイレットペーパーや便などが原因となっている軽度のつまりであれば、洗剤とお湯を組み合わせることで流れを改善できる場合もあります。

100ccの食器用洗剤を便器に流したら、50度程度のお湯をゆっくりと注ぎましょう。お湯は便器の半分を満たす程度まで注ぎます。20分程度放置して水位が下がっていた場合、50度程度のお湯をさらに流します。スムーズに流れていけば、つまりが解消されているサインです。

ただし、そもそも食器用洗剤はトイレのつまりを解消するためのアイテムではないため、必ず効果が出るとはいえません。勢いよく水やお湯を流すと泡があふれて掃除の手間もかかるので、試すときはあくまでも自己責任で慎重に行いましょう。

2-6.割りばし

水に流せるものがつまってしまったときは、割りばしでほぐしてつまりを解消するのもひとつの方法です。

灯油用のポンプなどを使って水位を下げたうえで、排水管の入り口から割りばしを入れます。つまりの原因を見つけたら、少しずつ突いてほぐしていきます。
ほぐれにくいときは、50度程度のお湯を便器に注いで1時間程度そのまま放置しましょう。そのうえで再び割りばしを入れて突くと、ほぐれやすくなります。

万が一、異物が詰まっていた場合は引っ張り出す必要があります。その場合、割り箸では、慎重に手を動かしても取り出せない可能性があるので、つまり解消の作業は業者に任せたほうがいいでしょう。

2-7.ビニール袋

トイレットペーパーや便など水に流せるものがつまってしまった場合、ビニール袋で拳を覆ったうえで排水管の入り口から出し入れすると、つまりを解消できる可能性があります。こうすることで、ラバーカップ(スッポン)を使用するときのように、排水管の中の水圧を変化させられるからです。

異物がつまっている場合は、ビニール袋をかぶせた手で異物を取り出す方法もあります。ただし、つまりの症状がひどい場合や、つまりの原因が手の届かない排水管の奥にある場合は、この方法では対応できない可能性が高いです。

つまりの状態によっては解決できないこともある

つまりの原因や症状によっては、この記事で紹介した方法では問題を解消できない場合があります。

具体的には、水に溶けない固形物がつまっている場合は、つまりを解消できない可能性が高いです。また、水に溶けるものであっても、排水管の奥でつまっていると、自力で解決することが難しいケースも少なくありません。

明らかに固形物がつまっているとわかるときは、無理に自分で解決しようとせず、専門の業者に相談したほうが無難です。

また、トイレだけでなく、キッチンや風呂場などの排水にも問題があるときは、全体に共通する問題が生じている可能性もあります。その場合はトイレのつまりだけを直そうとしても根本的な解決にはなりません。自力でつまりの原因を解消するのは難しいため、早めに業者に相談して原因にあわせた対処をしましょう。

つまりへの対処が遅れると危険を招く

トイレのつまりを放置していると、トイレの故障を誘発しかねません。トイレがつまった状態が続くと、水があふれて電気系統に水がかかり、トイレの故障やトイレ以外の修繕も想定されます。
こうなってしまうと、つまりを解消する費用よりも故障を直す費用のほうが高額になりがちです。手間や費用の負担を避けるためにも、つまりはなるべく早めに解消したほうがいいでしょう。

つまりによって、単に水があふれるだけでなく便器の中の汚物が逆流するケースもあります。便器は下水とつながっているため、逆流すればトイレの室内に雑菌があふれてしまいます。
たくさんの水があふれた場合、トイレ以外の部屋や下の階にも被害が出る懸念があります。特に集合住宅では隣人に迷惑がかかる恐れもあるため、そうなる前に早めに対策しておくほうが賢明です。

トイレつまりは業者に頼んで根本から解決を!

トイレつまりの症状が軽ければ、専用の道具がなくても、ハンガーなど身近な道具を使って自分で解決できる可能性があります。しかし、状況によっては自分でつまりを解消するのが難しいケースもあるため、適切な判断をしましょう。

確実にトイレのつまりを解消するためには、業者に依頼して原因を根本から取り除く必要があります。業者にトイレのつまり解消を依頼すると次のようなメリットが期待できます。

・スピーディにつまりを解消できる
・どのような原因にも適切に対応できる
・トラブルを最小限に抑えられる

トイレのつまりを放置すると、水があふれたり電気系統に水がかかったりなどさまざまなトラブルにつながる恐れがあります。業者に依頼すれば専門的な技術に基づいて正しい判断をしてもらえるため、トイレのつまりにまつわるリスクを回避できて安心です。

トイレつまりの対処で判断に迷ったときは、無理に自分で解決しようとせず、なるべく早めに業者へ連絡して適切な対処をしてもらうことをおすすめします。

フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル
ページ上部へ
ページ上部へ