難聴のお客様へ
フリーダイヤル
最短20分で駆けつけ!
お急ぎの方!トイレつまりは
専門業者ですぐ解決!
  • 作業料金8,800円~
  • 最短20分駆けつけ
水のトラブルで困ったらまずはお電話ください!
0120-091-053
WEB限定
3,000円
割引
水道局指定店/
深夜・早朝でも対応!
イースマイル公式サイト TOP > トイレつまり・水漏れ・交換修理 TOP > トイレのお役立ちコラム > アパートのトイレつまりが起こったら?解消法や対応手順を紹介!
アパートのトイレつまりが起こったら?解消法や対応手順を紹介!:イメージ
つまり

アパートのトイレつまりが起こったら?解消法や対応手順を紹介!

トイレ掃除は行っているものの、予期せぬトイレのつまりがおこる可能性があります。トイレがつまった原因と、問題を解決するための適切な方法を理解すれば、慌てずに対処できるでしょう。この記事では、トイレのつまりの原因や放置することのリスク、つまりの解消方法、賃貸住宅の場合の対応、水道業者への依頼などについて、詳しく解説します。

目次
フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

トイレがつまる原因とは

いつも使用しているトイレがつまった場合、どのように対応すればよいのでしょうか。トイレのつまりは、水の流れが悪いことや水位の異常などでわかります。正しい対応法を知ることで、大きなトラブルを防ぐことができます。まずは、できる限り早く対応することが大切です。

しかし、慣れない状況に慌ててしまい、迅速な対応ができない人もいるでしょう。それが、大きな問題を招くこともあります。トイレのつまりに関する知識を身に付けておけば、時間をかけずにつまりを解消可能です。軽いつまりであれば、自分自身で対応できる可能性があります。

その場合は水道業者に依頼しなくても済むため、修理費用がかかりません。また、それが適切なトイレの使い方を考えるきっかけになるでしょう。

大量のトイレットペーパーを流した

トイレのつまりは、不溶性のものを流してしまうことでも起こります。トイレは、トイレットペーパーを水で溶かして排水しますが、流す量が多すぎると溶け切らないため、つまる原因になります。トイレットペーパーは水に溶けますが、一度に流す量に気を付けてください。

近年の節水トイレは水量が少ないため、トイレットペーパーの量が多いとつまる場合があります。「トイレットペーパーだからつまることはない」と甘く見ず、適切な使い方を心がけましょう。

固形物を流した

固形物がつまった場合は、どうすればよいのでしょうか。誤って固形物を流しただけでなく、流せると思っていたものが流せないこともあります。例えば、紙おむつやティッシュペーパーを流した場合であってもトイレがつまる場合があります。

紙おむつやティッシュペーパーは、トイレットペーパーと違って水に溶けにくいからです。また、トイレ用のお掃除シートやおしり拭きも、一定の量を超えるとつまってしまいます。このように、水に溶けにくいものをトイレに流してつまらせてしまった場合は、自分で解消するのが難しいケースもあります。

固形物がつまった場合は、固形物の種類を特定し、自分で対応できるか否かを見極める必要があります。自分で対処できない場合は、水道業者に依頼することをおすすめします。固形物の持ち込みを控えることや、流すものが水に溶けるものかどうかを確認することが大切です。

水流が弱まっている

普段通りにトイレットペーパーを流したときに、水流が弱いと流し切れず、つまることがあります。水流の弱い節水トイレを使用する際は、一度に流すことができる量を把握しておくとよいでしょう。

節水トイレは環境に配慮した製品なので、流れる水の量をセーブしています。節水トイレではないのに水流が弱い場合は、トイレの故障を疑いましょう。故障している場合は、正常に水を溜められなくなり、それが水流の弱さにつながることがあります。

止水栓が適切に開いていない場合も、水流が弱くなることがあります。水流が弱い場合は、止水栓の開き具合を確認しましょう。水流が弱くなる原因はいくつかありますが、自分で解決することが難しいケースも多いので、その場合は水道業者に相談することをおすすめします。

フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

トイレのつまりを放置するリスク

一般的にマンションやアパートのトイレは1つなので、放置することはあまりないでしょう。一方、戸建ての賃貸住宅でトイレが複数ある場合は、「トイレのつまりをすぐに直さなくても問題ない」と考えるかもしれません。

しかし、つまりが長引くと大きなトラブルにつながる可能性があります。例えば、設備の故障や汚水の逆流、水漏れによる近隣住民とのトラブルなどが考えられます。

ここでは、トイレのつまりが長引いた場合におこる問題について見ていきます。それを知ることで、被害を最小化する方法も見えてくるでしょう。

トイレの故障につながる

トイレがつまった状態で放置すると、故障することもあります。例えば、便器の水が部品に触れると、故障して使えなくなることがあります。またラバーカップがない場合は、別の道具を使用してトイレを傷つけることもあります。

お湯を流したり、ラバーカップを使ったりすることでつまりを解消できる可能性があります。しかし対応を誤ることは、つまりを放置するのと同じです。つまりの原因である固形物が奥に入り込んで取り出せず、業者に依頼しなければならなくなるケースもあります。

対応を誤ると、別の問題を招くことがあるだけでなく、初期対応よりも修理費用が高くなることもあります。修理不能で交換となれば、一般的に十万円以上のお金がかかります。トイレのつまりは、正しい対応を迅速に行うことが大切です。そのため水道業者に相談し、修理を依頼したほうがよいケースも少なくありません。

汚水が逆流する

トイレのつまりが原因で便器の汚水が逆流し、周囲が汚れてしまうこともあります。トイレは下水とつながっているため異臭が発生するだけでなく、雑菌を多く含む汚水が逆流すれば不衛生になります。逆流した汚水に子どもが触れると、それが原因で子どもが病気になることもあります。

トイレの衛生を保つためにも、「いつでも修理できる」と考えてトイレのつまりを放置せず、早めに対応するべきです。汚水が逆流する前に、水道業者への修理依頼がおすすめです。

下の階への水漏れがおこる

マンションやアパートなどの集合住宅は、水道や下水などの配管を共有しています。そのため、自身の部屋のトイレがつまってしまうと、他の部屋にも問題がおこることがあります。水が逆流すると、近隣の部屋で水漏れが発生する可能性もあります。

水漏れが甚大な場合は近隣住民とのトラブルに発展し、損害賠償を請求されるおそれもあります。上下水道の配管を共有する部屋の水漏れを防ぐためには、トイレのつまりを迅速に解消しなければなりません。

トイレのつまりは近隣住民とのトラブルを招き、それによって退去を余儀なくされるかもしれません。そうならないために、迅速な対応を心がけましょう。水漏れを自力で解決するのは難しいため、水道業者に連絡してすぐに修理してもらいましょう。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

自分でできるトイレつまりの対処法

軽度のトイレのつまりは、自分で解消することもできます。軽いつまりならば、ラバーカップを使ったり、お湯を流したりする方法でも解決できるでしょう。自分で解決できる場合は、水道業者に支払う費用もかかりません。

また短時間で解消できるため、問題も大きくならないでしょう。ここでは、軽いトイレのつまりを自身で解消する方法を紹介します。

ラバーカップを使う

ラバーカップは、トイレのつまりを直せる道具です。日用品店など販売されているため、名称を知らなくても見ればわかる方が多いでしょう。ラバーカップは排水口に押し付けて、引き上げるときの吸引力でつまりを解消します。

そのため、排水口溝に合うラバーカップを使う必要があります。排水口の形を把握し、適合するラバーカップを使いましょう。ラバーカップの使用法は、とても簡単です。

・便器の水位が低い場合は水を加えます。
・ラバーカップを排水溝に押し付けて、力を入れて引き上げます。このとき、水がはねることがあるので注意してください。
・この作業を数回繰り返すと、トイレのつまりを解消できます。

ラバーカップは簡単に使えるので、試してみるとよいでしょう。

ペットボトルを使う

ラバーカップがない場合や緊急の対応が必要な場合は、ペットボトルで代用できます。ただし、ペットボトルをつかって解消可能な原因は限られており、トイレットペーパーや水に流せるティッシュペーパー、排泄物・嘔吐物などです。水に溶けやすいものと考えればよいでしょう。ペットボトルの使い方は簡単です。

・ペットボトルの底から3センチ程度を切り取ります。
・切り取った部分を下にして、ペットボトルを便器の排水口に突っ込みます。
・ペットボトルの口を手でふさぎながら上下に動かし、つまりを解消します。
ただし、この方法はベストではないため、解消できるつまりの種類も限られます。

お湯で流す

トイレットペーパーによる軽度のつまりであれば、お湯で解決できるケースがあります。ただし水位が上がるので、水があふれないように注意してください。手順は以下のとおりです。

・便器の汚水をできる限り排出します。
・お湯を便器にゆっくり注ぎます。これを数回程度繰り返します。
・しばらく放置します。
・その後、水が流れるかを確認します。

お湯を流す方法は効果が高いものではなく、つまりの種類も限られます。

トイレつまりが自力で解消できない場合は?

重度のつまりでなければ、ラバーカップといった道具を使用すれば対応できるケースもありますが、対応が困難な場合は、業者に依頼する必要があります。賃貸住宅では、トイレのつまりが居住者の過失でない場合は、大家さんや管理会社が無償で対応するのが一般的です。

居住者に過失がある場合は、修理代金は居住者が負担することになります。ここでは、トイレのつまりを自分で解決できない場合の対応について見ていきます。

大家さん、管理会社への連絡

賃貸住宅でトイレのつまりが発生した場合は、まず大家さんや管理会社に連絡する必要があります。大家さんや管理会社がトイレを見て、軽度の場合は無償で対応してくれることもありますが、手に負えない場合は業者に依頼します。

原因が居住者にある場合は、原則的に居住者が費用を負担します。賃貸住宅の設備であるトイレはオーナーの所有物なので、居住者が勝手に業者を呼んで修理してもらうのは控えるべきです。知識があまりない状態でトイレを直そうとして壊してしまったら、より修理費用がかさみます。

自分で解消できないと判断したら、すぐに大家さんや管理会社に連絡しましょう。大家さんや管理会社は、困ったことがあれば迅速に対応してくれる頼もしい存在ですが、居住者はトイレのつまりの初期対応について把握していることも大切です。

業者への連絡

持ち家のトイレがつまっても自分で解消できない場合は、水道業者に連絡して修理を依頼しましょう。賃貸住宅の場合は、一般的に大家さんや管理会社が水道業者に連絡してくれます。水道業者は、イレギュラーなつまりにも対処できる技術力を有しています。

年中無休で24時間受付をしているところもあるため、トイレのつまりを迅速に解消できます。水道業者に連絡する際は、複数の業者のサイトを確認して、見積りを取ることが大切です。緊急の対応になるため、料金が適切かどうかを確認することも大切です。

また、事前に見積りが無料であることも確認しておきましょう。賃貸住宅では大家さんや管理会社が業者に連絡してくれるため、安心できる水道業者に依頼できるでしょう。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

業者に依頼するメリット

トイレのつまりが悪化すると、それを解消するための費用は膨らむばかりです。トイレのつまりを解消できなかったとき、場合によってはさらに悪化させるおそれがあります。最初から水道業者に依頼すれば、安全で適切な修理を行ってもらえます。

トイレのつまりは迅速な対応が求められますが、水道業者に依頼すると早期に解消できるでしょう。また、他の箇所も併せて点検してもらえます。信頼できる水道業者を急いで探すのは難しいので、事前にトイレや浴室、キッチンの水回りの修理を依頼できる水道業者を探しておくことをおすすめします。

修理にかかる費用

トイレのつまりの解消を水道業者に依頼した場合、修理費用はいくらくらいかかるのでしょうか。修理料金は、トイレのつまりの原因とつまっている箇所によって変わる水道業者が多いです。つまりの原因とつまっている箇所は作業の難易度に影響し、難易度が高くなるほど修理料金が高くなります。

水道業者によっては高い料金を請求するところもあるため、注意が必要です。信頼できる水道業者がわからない場合は、相見積りを取ることをおすすめします。

トイレの修理費用は誰が負担する?

アパートなどの賃貸住宅に住んでいる場合、トイレの故障を修理する際に水道業者に依頼してかかった費用は、誰が負担するのでしょうか。賃貸住宅のトイレは賃貸住宅の設備であり、居住者の過失ではない不具合も考えられます。

また、居住者は賃貸住宅の管理会社に故障を証明する必要もあります。ここでは居住者、所有者であるオーナー、管理会社が負担すべきトイレのつまりの解消費用について見ていきます。

入居者が負担するケース

「トイレにティッシュペーパーをつまらせた」など居住者に過失がある場合は、水道業者に依頼した際の修理費用は原則的に居住者が負担します。賃貸住宅の設備そのものに問題があり、それによってトイレがつまった場合を除いて、居住者が使用している中で発生したのであれば居住者に責任があります。

居住者は、トイレを丁寧に使うことが大切です。トイレのつまりのほとんどは居住者の責任になりますが、設備に問題があった場合は、居住者は修理費用を負担しなくても済む可能性が高いです。

入居者が修理費用を負担しなくても済むケース

居住者がトイレのつまりの修理費用を支払う必要がないのは、どのような場合でしょうか。不動産業者と賃貸借契約を結ぶ際に保険に加入した場合は、保険会社に連絡すると水道業者が来て対応してくれます。簡単な修理であれば無料で、複雑なつまりの場合は料金がかかります。

しかし、居住者に責任があるかわからない状態で水道業者に依頼し、水道業者がトイレ設備そのものに問題があると判断した場合は、その証拠を示すことで居住者が修理費用の負担を免れることもあります。

賃貸住宅の設備に問題がある場合は、入居者の責任ではありません。大家さんや管理会社に相談することをおすすめします。

まとめ

本記事ではトイレのつまった際の対応方法について解説しました。トイレのつまりは頻繁におこるものではありませんが、おこると非常に困ります。つまった場合でも解消方法を知っていれば大きなトラブルにつながらずに解決できるでしょう。

賃貸住宅の場合は、つまりに対する居住者の責任の有無によって、修理費用の負担者が変わります。信頼できる水道業者であれば、トイレのつまりの原因の証拠を示してくれます。
水道業者の中には、困りごとにつけ込んで高額の料金を請求する悪質業者もいるので注意が必要です。

イースマイルはメーカー問わずさまざまなトイレのトラブルに迅速に対応します。24時間365日受け付けており、見積りは無料なので、トイレのトラブルでお困りの方は、ぜひ気軽にご相談ください。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する
駆けつけ修理エリアは
全国各地に展開しています

対応エリア

北海道・東北地方
四国地方
フリーダイヤル 各種お支払い方法
ページ上部へ
ページ上部へ