難聴のお客様へ
フリーダイヤル
最短20分で駆けつけ!
お急ぎの方!お風呂つまりは
専門業者ですぐ解決!
  • 作業料金8,800円~
  • 最短20分駆けつけ
水のトラブルで困ったらまずはお電話ください!
0120-091-053
WEB限定
3,000円
割引
水道局指定店/
深夜・早朝でも対応!
イースマイル公式サイト TOP > お風呂つまり・水漏れ・交換修理 TOP > お風呂のお役立ちコラム > お風呂の床をキレイにする方法は?汚れごとのおすすめ掃除術を紹介!
お風呂の床をキレイにする方法は?汚れごとのおすすめ掃除術を紹介!:イメージ
お役立ち

お風呂の床をキレイにする方法は?汚れごとのおすすめ掃除術を紹介!

「お風呂の床の汚れが落ちなくて困っている」、このようなお悩みをお持ちの方は多くいらっしゃいます。実は汚れにはいくつかの原因があり、それぞれに最適な掃除道具と手順を知る必要があります。

掃除の際に床を傷めないための注意点や予防策、専門業者の選び方についてもまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。
目次
フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

お風呂の床掃除をする前に知っておきたい汚れの種類


お風呂掃除を始める前に、まずは汚れの種類を知っておきましょう。お風呂で発生する汚れは大きくわけると4種類あります。

カビ系・石鹸カス・皮脂汚れ・水垢が代表的な汚れの原因です。以下でそれぞれを詳しく解説します。

1. 黒カビ

お風呂でよく発生するのが、ポツポツと黒い斑点のように見える「黒カビ」です。壁と床との境界部に黒い汚れがある場合は、黒カビと断定できます。

黒カビの正式名称は、「クラドスポリウム」といって、湿度の高い場所に発生する性質を持っています。温度が20~30℃、湿度が70%以上の環境を好むため、お風呂場はカビにとっては最適な生息場所です。

黒カビは皮脂や石鹸カスなどを栄養源として育つため、お風呂場の汚れを放置しておくと、それらを養分にして繁殖します。増殖を防ぐには、お風呂場を常に清潔に保ち、黒カビを見つけた場合にはすぐに除去することが大切です。

2. 赤カビ

シャンプーボトルの底に、「ピンク色のヌメり」を発見したことはないでしょうか。
赤く平べったいピンクのヌメリが、「赤カビ」のことで、黒カビよりも高い繁殖能を持っている点が特徴です。

カビと呼ばれていますが、実は「ロドトラル」という酵母菌の一種で、水分だけでも増殖する性質を持っています。皮脂や水垢などの汚れを栄養にして繁殖する性質もあるため、放っておくと知らない間に広がってしまうので注意が必要です。

また、赤カビが黒カビの養分となり、汚れを増長させるケースもあります。人体にはほぼ無害ですが、広範囲に繁殖する前に掃除しておくとよいでしょう。多くの赤カビは、流水で簡単に落とせます。

3. 石鹸カス

「石鹸カス」は、その名の通り石鹸のカスが貯まった汚れのことです。石鹸カスの汚れの種類は「金属石鹸」と「酸性石鹸」の2種類に分類されます。

どちらの汚れも、浴室の床に溝がある場合に発生しやすくなります。金属石鹸も酸性石鹸も、そのままにしておくと黒カビや赤カビの原因となるため、注意が必要です。

金属石鹸は、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムと、石鹸の油脂が反応して発生します。お風呂場の壁や床に白くこびりついている汚れや、鏡に付く白いウロコが代表的な例です。

金属石鹸は頑固で取りにくい性質で、水で流すだけでは落とせません。アルカリ性の性質を持っているため、反対の性質である酸性の洗剤を使えば落とせます。

一方、皮脂汚れと石鹸の油脂成分とが合わさってできるのが、酸性石鹸です。体を洗った際に出る皮脂汚れがお風呂場に残ることで発生します。金属石鹸と異なり、酸性石鹸は黒っぽくべたべたしているのが特徴です。

酸性石鹸は名前の通り酸性の性質を持っているため、反対のアルカリ性の洗剤を使用することで取り除けます。

4. 皮脂汚れ

「皮脂汚れ」は、体や頭皮を洗った際に出る皮脂がお風呂場に残ることで発生する汚れのことです。少し光沢があるような見た目をしているのが特徴です。

皮脂とは、乾燥や紫外線から体を守るためにとても重要な役割を担っていて、すべての人の体に存在しています。浴室だけでなく、衣類の汚れの原因にもなりやすいことから、多くの人はあまり良い印象を持っていないかもしれません。

しかし、皮脂に は水分を保つ機能や皮膚の細菌の繁殖をおさえる働きもあると言われており、人体に必要な成分です。皮脂汚れはそれ自体が汚れになるだけでなく、黒カビや赤カビの栄養となりカビを増殖させる原因になります。入浴の際には、都度汚れをしっかりと洗い流しておくとよいでしょう。

5. 水垢

水垢は、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムが原因で発生します。一般的な水道水にはカルシウムやマグネシウムと呼ばれる「ミネラル成分」が入っていて、これが蒸発した際にできるのが水垢です。

水垢は白っぽく水たまりのように広がることが多く、シミやウロコのようにも見えます。アルカリ性の性質を持っているため、酸性の洗剤で中和 させると落としやすくなります。

フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

お風呂に汚れがつく原因とは


毎日、水を流しているのになぜか汚れが付いてしまうお風呂場ですが、その原因はどこにあるのでしょうか。以下では、なぜお風呂に汚れが蓄積しやすいかを解説しています。

お風呂後に水が残っている

汚れが発生する代表的な原因は「お風呂に水が残っている」ことです。習慣的にいつも水が残っている状態が続くと、風呂場の湿度が高くなります。こういった状況は黒カビや赤カビの発生原因になります。

お風呂場に水を残さないことが重要ですが、自然乾燥では不十分です。なぜなら水の蒸発速度は小さいため、待っていてもなかなか水分が飛ばないからです。

ある実験でコップ一杯に入れた水の蒸発を観察したところ、6日間で約10mm しか減らなかったという記録があります。温度や空間の広さなどの環境にもよりますが、お風呂場の水を自然乾燥させるには時間がかかることを知っておきましょう。

お風呂場の水分を無くすためには、自分で何らかの対処を行う必要があります。たとえば、お風呂場の壁や床の水滴を雑巾で拭き取ったり、吸水効果のあるスポンジを使ったりするのも有効です。

シャンプーなどがしっかりと洗い流せていない

シャンプーやボディソープがしっかりと洗い流されていない場合、石鹸カスの原因になります。これを放置すると石鹸カスとして汚れが溜まるだけではなく、黒カビや赤カビの養分になるため、洗い残しを見逃さないようにしましょう。

身体からは洗い流したつもりでも、壁やタイルの溝など床の細かいところにシャンプーが残っていることがよくあります。お風呂が終わった後に、シャワーで床をしっかりと洗い流すことが大切です。

皮脂汚れが洗い流せていない

皮脂は体を守るために不可欠な存在なので、完全に除去することはできません。皮脂はすべての人間にあるものなので、入浴のたびに汚れを排出していると理解しましょう。

皮脂汚れ自体を無くすことはできないので、都度汚れに対応していくしか方法がありません。シャンプーの汚れと同様に、お風呂後はしっかり床を洗い流すことを徹底しましょう。皮脂もカビの栄養素となるため、できるだけ汚れの残らないように衛生的に保つことが大切です。

お風呂後に換気をしていない

入浴後に換気をしないと、浴室内の湿度が上がりカビが繁殖しやすくなります。黒カビや赤カビは湿度の高い場所を好む性質のため、お風呂場はカビにとって最適な環境です。

「浴室乾燥機」がある場合は活用して、浴室内の湿度を下げてください。もし浴室乾燥機がない場合は、雑巾や給水スポンジなどを活用してお風呂後の水分を取り、窓を開けて通気しておきましょう。そのほかには、扇風機を使って風を送るのも効果的です。

換気をする際には、入浴後に浴室全体に冷水をかけて、温度を下げると効果的です。このように工夫をすることでお風呂の湿度を下げられます。

各お風呂汚れに対する掃除方法


それぞれのお風呂汚れに最適な掃除方法を解説していきます。汚れの性質は大きくわけると「酸性」と「アルカリ性」の2種類です。どちらのタイプなのかを把握しておかないと、まったく効果のない掃除方法になってしまいます。

黒カビ・赤カビ・水垢・石鹸カスなど、各性質にあった掃除方法を理解しておきましょう。以下で詳しく解説します。

黒カビ・赤カビ・皮脂汚れには重曹を活用する

黒カビ・赤カビ・皮脂汚れはいずれも酸性汚れです。酸性汚れを落とすにはアルカリ性の洗剤を使う必要があります。

今回は重曹を使った掃除方法を紹介します。重曹は自然由来の成分なので、化学物質が苦手な人でも取り入れやすい素材です。準備するものは「重曹・水またはお湯・スプレーボトル・ブラシ」の4点です。

以下を参考に、重曹を用いた掃除を試してみてください。

1.床の汚れをさっと水で洗い流す
2.水またはお湯100mlに対して、重曹5gをスプレーボトルに入れて混ぜ合わせる
3.出来上がった「重曹スプレー」を床に散布する
4.30分~1時間程度、放置する
5.放置後、ブラシで汚れ部分を優しくこすりカビや皮脂汚れを落とす
6.シャワーで重曹水と汚れを洗い流しながす

一般的な汚れであれば、この工程である程度取り除けます。しかし、頑固な汚れの場合はさらに強力な「重曹ペースト」が有効です。

重曹ペーストは「重曹2:水:1」の割合で混ぜあわせたものです。使用方法は重曹水と同じですが、ペースト状のとろみがあるため、しっかりと付着して汚れも引き剥がしてくれます。

※とくに多い「黒カビ」の撃退法や対策については、以下の記事も参考にしてみてください。
→ 「お風呂の黒カビ汚れの落とし方は?効果的な掃除方法を紹介!」

石鹸カス・水垢にはクエン酸を活用する

石鹸カスや水垢の汚れはアルカリ性のため、反対の酸性の洗剤を使って汚れを落とします。とくに、こすってもなかなか落ちない場合にはクエン酸が効果的です。クエン酸は柑橘類にも多く含まれる酸性成分を持つ粉末で、ドラッグストアやインターネット通販で簡単に手に入ります。

準備するものは「クエン酸・水・スプレーボトル・ブラシ・キッチンペーパー」の5点です。

以下を参考に、クエン酸を用いた掃除を試してみてください。

1.水200mlに対して、水5gをスプレーボトルに入れて混ぜ合わせる
2.出来上がった「クエン酸スプレー」を汚れている箇所に吹きかける
3.キッチンペーパーにもクエン酸スプレーを吹きかける
4.キッチンペーパーを汚れの部分に重ねて貼る
5.1~2時間程度、放置する
6.キッチンペーパーをはがしてブラシで汚れを落とす
7.シャワーで全体を流して汚れを落とす

頑固な汚れほど、長時間置いた方が効果的です。以上の手順で汚れが落ちなかった場合は、再度キッチンペーパーでパックをして、時間を置いてからこすってみてください。

注意点として、酸性の成分は「塩素系洗剤」と混ぜると有毒ガスが発生します。大変危険なため、決して併用しないように注意してください。

全ての汚れにはお風呂用洗剤を活用する

どんな汚れにもオールマイティに使えるのは「中性洗剤」です。市販品の多くも中性の成分を含むものが多いです。中性洗剤の特徴は、アルカリ性の汚れと酸性の汚れ、どちらにもある程度効果がある点です。

中性洗剤で汚れを落とすためには、「水もしくはお湯、お風呂用の中性洗剤、ブラシ」の3点を用意してください。

手順はシンプルで、汚れている箇所に中性洗剤を塗布してブラシでこするだけです。汚れがある程度浮き上がったら、しっかりと水かお湯で洗い流しましょう。洗剤の流し残しも、再び汚れが溜まる原因となってしまうことがあるので、隅々まで流水をかけることがポイントです。

日々の掃除には、手軽に使える市販の中性洗剤が便利です。酸性やアルカリ性の洗剤に比べて洗浄力は劣りますが、毎日こまめに掃除を行っていれば、カビが発生したり、汚れが蓄積したりする状況は回避できます。無理なくできる掃除方法を選ぶことで、ストレスなく毎日の掃除に取り組むことが大切です。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

お風呂の床を傷つけないための注意点


お風呂掃除に使う洗剤を把握したところで、次に掃除の際の注意点についても知っておきましょう。

お風呂掃除の際に、「床や壁を傷つけてしまった」というトラブルはよく発生します。床が傷つくと、見た目の悪化だけでなく、その溝から新たな汚れの原因が生まれてしまう可能性があります。

床を傷つけないために注意すべきポイントは、「床を強くこすらないこと」と「適切な掃除道具を使うこと」の2点です。以下で詳しく見ていきましょう。

注意点1. 床を強くこすりすぎない

頑固な汚れはつい、ゴシゴシと力任せにブラシでこすりたくなります。しかし、お風呂場には意外とデリケートな素材が多く、思った以上に簡単に傷ついてしまうことを知っておきましょう。また、一旦傷つくと、そのくぼみに汚れが溜まるという悪循環が生まれます。

床を傷つけないためには、できるだけ「浴室専用」と記載のあるブラシやスポンジを選ぶことが重要です。とくにおすすめなのは「目地ブラシ」です。タイルの目地や溝に沿って汚れを落とせるため、過度に力を入れる必要がなく、素材を傷つける恐れもありません。

目地ブラシは100均やドラッグストアなどで手軽に入手できるので、ぜひ購入を検討してみてください。

注意点2. 適した掃除道具を用いる

お風呂の床を傷つけないためには、上記でも触れたように、最適な掃除用具の選定も必要です。掃除道具とはブラシやスポンジだけでなく、洗剤や漂白剤も含めたすべての商品のことです。

たとえば、メラミンスポンジは一見柔らかそうに見えますが、ステンレス部分に使うとすぐに傷がついてしまいます。ステンレス製の毛先が強いブラシは床や壁の素材を傷つけやすいため、注意しなければなりません。

また、浴室内の床に色や模様がある場合は、漂白剤の使用は避けたほうが無難です。漂白剤を使うと、色や模様が抜けてしまう可能性があるためです。

賃貸物件の場合も、漂白剤や強いアルカリ性や酸性洗剤の使用は避けた方が良いでしょう。これらの洗剤は効果が強いため、プラスチックや金属、大理石といった素材を変色させたり腐蝕させたりする原因になります。退去の際に原状復帰できなくなる可能性があるため、強い洗剤の使用は十分注意してください。

どうしても使いたいという場合は、目立たない箇所で色落ちしないか確認したうえで、短時間・少量の使用におさえておきましょう。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

お風呂掃除の頻度について


お風呂掃除の頻度について、目安となる日数を紹介します。

床汚れの中で最も発生が早いのは赤カビで、2日ほどで発生します。そのため、赤カビの発生を防ぐには2〜3日周期で掃除をするのが最適です。しかし仕事や家事などで忙しく、頻繁に掃除できないという人も多いでしょう。

無理なく掃除を続ける目安として、1週間程度の周期がおすすめです。もちろん、毎日掃除ができればより清潔を保てますが、高いハードルを設定すると挫折してしまうこともあります。まずは1週間に1度の掃除を習慣づけましょう。

1週間に1度でもしっかりと掃除に取り組めば、ひどい汚れが溜まるのを防いで、浴室を清潔に保てます。

お風呂の床掃除を業者に依頼をする際のポイント


自分で汚れを取ることが難しい場合には、専門業者へ依頼をすることも検討してみてください。費用はかかりますが、自分で掃除を行うよりも格段にきれいになります。

ただし、業者選びは慎重に行わなくてはなりません。以下に、信頼のできる専門業者を見分けるポイントを記載しました。参考にして、優良な掃除業者を探してみてください。

ホームページの作り込み具合

ポイントの1つ目は「ホームページの作り込み具合」です。ホームページを見れば、専門業者が集客に力を入れているのか判断できます。

分かりやすいホームページを用意することは、依頼するお客さまのことを考えている証拠です。たとえば、明確な料金設定を見やすく表示していたり、過去の依頼実績を公開したりすると、安心感が持てます。

ホームページを持たない個人経営の業者の場合は、大手の紹介サイトに登録しているケースも増えています。口コミや施工件数を確認し、信頼できる業者か判断しましょう。複数社のホームページや個人実績をチェックして、比較してみるのがおすすめです。また、実際にメールやチャットで問い合わせをしてみて、顧客対応を確認するのもよいでしょう。

対物賠償保険に加入しているか

ポイントの2つ目は「対物賠償保険の加入」をしているかどうかです。

対物賠償保険とは、他人の物を傷つけた際に保険料が支払われる保険です。お風呂掃除の際には、タイル割れや給湯器の破損などのトラブルが生じる可能性があります。万が一の事故があっても、保険に加入している業者であればきちんと対応してくれるでしょう。

対物賠償保険に加入しているかどうかは、ホームページなどで確認できます。依頼する前に、万が一の際の補償面について確認しておくとよいでしょう。

料金が適正であるか

ポイントの3つ目は「料金の適正性」です。

お風呂掃除の費用は、浴室の状態や広さによっても異なりますが、12,000〜20,000円前後が目安です。相場より高い場合は、特別な洗剤を使用していたり、他社では行っていないサービスがついていたりすることもあります。費用そのものだけでなく、その費用に見合った価値があるのかをチェックしてみましょう。

上記の相場料金に加え、汚れがひどい場合や、エプロン内部洗浄などオプションを付けると追加料金が発生します。おおまかな料金はホームページで確認できますが、具体的な料金を知りたい場合は事前の見積もりを依頼できます。

見積もりだけであれば無料で行ってくれる業者もあるので、問い合わせてみてください。掃除内容や料金、対応などをよく比較して業者を選びましょう。

お風呂の床をキレイに保つ方法について、理解が深まったでしょうか。日々の疲れを癒やしてくれるお風呂は、できるだけ清潔を保ちたいものです。自分に合った方法で、無理なく掃除やメンテナンスを行いましょう。

まとめ


お風呂の床汚れには黒カビ、赤カビ、皮脂汚れ、石鹸カスなどがあり、それぞれに適した掃除方法を知っておくことが必要です。

具体的な掃除手順もお伝えしましたが、自分の力では落としきれないという汚れがあれば専門業者に依頼することも検討してみましょう。

「イースマイル」は年中無休・24時間対応のため、忙しい人でも時間を気にせず依頼することが可能です。深夜早朝でも追加料金は不要で、出張費や見積代金が無料な点もうれしいポイントです。多数の実績を持つイースマイルなら安心して依頼できます。ぜひ一度ご相談ください。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する
駆けつけ修理エリアは
全国各地に展開しています

対応エリア

北海道・東北地方
四国地方
フリーダイヤル 各種お支払い方法
ページ上部へ
ページ上部へ