難聴のお客様へ
フリーダイヤル
最短20分で駆けつけ!
お急ぎの方!水漏れトラブルは
専門業者ですぐ解決!
  • 作業料金8,800円~
  • 最短20分駆けつけ
水のトラブルで困ったらまずはお電話ください!
0120-091-053
WEB限定
3,000円
割引
水道局指定店/
深夜・早朝でも対応!
イースマイル公式サイト TOP > 水漏れのトラブル TOP > 水漏れのお役立ちコラム > 水道を止めたときにする大きな音!原因は「ウォーターハンマー現象」かも
水道を止めたときにする大きな音!原因は「ウォーターハンマー現象」かも:イメージ
お役立ち

水道を止めたときにする大きな音!原因は「ウォーターハンマー現象」かも

水道の蛇口を閉めたとき、大きな音が聞こえたことはないでしょうか。もしかすると、その音はウォーターハンマー現象かもしれません。ウォーターハンマー現象を放置するとトラブルに発展する可能性があるため、適切な対処が求められます。本記事では、ウォーターハンマーが起きる原因や放置するリスク、具体的な対処法などを解説します。
目次
フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

ウォーターハンマー現象とは?

ウォーターハンマー現象とは、水道を止めたときに大きな音が聞こえる現象です。蛇口を勢いよく閉めたときに「コンコン」や「ドンッ」といった音を聞いた経験がある方も多いのではないでしょうか。

蛇口から水を出しているときは、給水管の中を水が勢いよく流れていますが、それを突然止めることで内部の圧力が変化して配水管内で衝撃と音が発生します。

また、水柱分離と呼ばれる現象が発生して大きな音が鳴るケースもあります。流れていた水が突然止まると内部の水が分離し、圧力が低い場所ができてしまいます。この圧力が低くなっている場所に向かって両側から水圧がかかり衝突すると大きな音がします。

余談ですが、車やバイクのエンジンに水が侵入した状態で始動し、内部が高圧になった結果パーツにダメージをもたらす現象もウォーターハンマーと呼ばれます。

フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

ウォーターハンマー現象が起こる場所

この現象はさまざまな場所で発生します。給湯器や食器洗い機、全自動洗濯機などのほか、トイレの給水が止まったときに発生するケースも少なくありません。ここではウオーターハンマー現象が起きる可能性のある場所について紹介します。

給湯器

給湯器は、水に熱を加えるための機器で一般的に屋外に設置されています。配水管から給湯器に水が流れ込み、内部の加熱された配管を通ることでお湯に変換される仕組みです。

給湯器はウォーターハンマー現象が起きやすい代表的な機器です。使用中に今まで聞いたことのない音が聞こえたのであれば、当該現象が発生しているかもしれません。給湯器で発生した場合、センサーや本体の故障につながることもあるため注意が必要です。

食器洗い機

キッチンで炊事中に異音が聞こえたら、食器洗い機でウォーターハンマー現象を疑いましょう。まず、自動的に食器の洗浄を行ってくれる便利な食器洗い機は、プログラムによって制御されています。

蛇口につないでおけば制御プログラムが自動的に水を使用してくれますが、食器洗い機に備わっている給水弁を閉じる過程で、配管内部で圧力変化が起きて当該現象が引き起こされるケースがあります。

全自動洗濯機

現在は、ひと昔前に比べて全自動洗濯機も随分と安価になりました。
機種によっては、衣類の乾燥まで行ってくれる便利な家電ですが、大きな衝撃音に悩まされるケースも少なくありません。

まず、全自動洗濯機を稼働するとプログラムに従って自動的に給水が始まります。洗濯に必要な量が溜まると自動的に水が止まりますが、その際に給水管内部の圧力変化が引き起こされます。

ウォーターハンマー現象が起こる原因は?


ウォーターハンマー現象が起こる原因は、給水管内部の圧力変動と水柱分離です。冒頭でも少し触れましたが、ここで改めて当該現象が発生する原因をきちんと理解しておきましょう。

圧力変動

第一の原因が給水管内部の圧力変動です。蛇口を開けて水を出しているときは、一定の圧力で水は流れます。ここで急に蛇口を閉めると、それまで蛇口を通して外に逃げていた吸水管内の圧力が行き場を失います。

また、蛇口を閉めると同時に流れていた水が即座に止まるわけではありません。そのため、配水管内部で圧力変動が引き起こされた後、全体の圧力が同じになるように推移します。

あまりピンとこない方向けに、車で走行している様子で例えてみます。普通に走行しているときに急ブレーキを踏む状況を考えてみてください。車は停止しても、体は大きく前のめりになるはずです。シートベルトをしていなければ、車外へ放りだされるほどのエネルギーを感じるでしょう。

給水管内部で、これと同じ状況が起きているとイメージするとわかりやすいのではないでしょうか。蛇口を勢いよく閉める行為は急ブレーキと同じく、水の勢いを止めます。その結果、勢いがついたまま行き場をなくしてしまったエネルギーが衝撃と音を発生させます。

水柱分離

もうひとつの原因は、水柱分離と呼ばれる現象です。蛇口を閉めると流れていた水は止まろうとしますが、同時に慣性によって先へ進もうともします。

このとき、止まろうとする水と進もうとする水の間でエネルギーの分離が生じて負圧が発生してしまいます。エネルギーは高い場所から低い場所に流れる性質があるので、エネルギーが低い負圧の場所に向かって前後から流れたエネルギーが衝突して衝撃を生み出します。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

ウォーターハンマー現象を放置するとどうなる?

コンコンと連続音が聞こえる、ときどき大きな異音がするといった状態を放置してしまうとトラブルに発展してしまう可能性があります。ここではウォーターハンマー現象を放置することで発生しかねないリスクについて解説します。

水道管から水漏れが起こる

ウォーターハンマー現象の発生によって給水管にダメージが加わります。外側で聞こえている音がそれほど大きくなくても給水管内部では強い衝撃が発生しているので、特に老朽化している給水管は衝撃によって破損してしまうかもしれません。

ひび割れや破裂によって生じた水漏れは、常に水を無駄に流してしまうので、水道料金が跳ねあがる危険があります。他にも水道管の劣化を早めるため、交換時期が早まる可能性もあります。

壁の内側で水漏れが起こる

給水管は、壁内や床下などを通っています。そのため、ウォーターハンマー現象によって給水管がダメージを受けて生じた水漏れが、見えない壁の内側や床下で発生するリスクもあります。
壁内や床下で水漏れが発生した場合、すぐに気がつくのは至難の技です。

軽微なひび割れで、少しずつ漏れているようなケースでは、なおさら気づけないでしょう。水道料金の金額が高くなっていることから水漏れに気づくケースも少なくありません。

また、壁の内側で水漏れが発生するとシミの原因になってしまいます。壁の下地材である石膏ボードに浸透し、壁紙にもダメージを与えてしまうでしょう。給水管の修理をしない限り、シミは広がってしまいます。対応が遅れると広範囲の壁紙や石膏ボードを張り替える羽目になってしまうので注意が必要です。

近隣トラブルにつながる

ウォーターハンマーの放置によって近隣トラブルに発展する場合があります。特に賃貸アパートやマンションなどの集合住宅は、上下左右に人が住んでいることも多いため、大きな音がうるさい、眠れないといった苦情が発生しかねません。

また、頻繁に大きな音が出ていると、近隣の方に嫌がらせをしていると勘違いされる恐れもあります。その結果、近所の方と関係性が悪化してしまい、住みづらくなってしまうこともあるでしょう。

万が一、給水管が破裂して水漏れを起こしてしまい、階下の方に迷惑をかけてしまうリスクも考えなければなりません。階下に住んでいる方の私財が水に濡れて破損したとなると、損害賠償責任を負わされる、大家から修理費用を請求されるといった可能性も出てきます。

このようにウォーターハンマー現象を放置してしまうと、さまざまなリスクが発生します。もし、ウォーターハンマー現象が発生している自覚があるのなら、今からでも適切な対策を講じましょう。次章からは具体的な解消法や防止方法などについて解説します。

ウォーターハンマー現象が起きたときの解消法

ウォーターハンマー現象が発生しているのであれば、できるだけ早めに対処することをおすすめします。「そのうち何とかしよう」とのんびりしていると、給水管が破裂してしまうまで放置してしまいかねません。具体的な解消法は水撃防止器の取り付けに尽きます。

水撃防止器を取り付ける

その名の通り、水撃防止器は給水管内部で生じた水撃を受け止める装置です。ウォーターハンマー防止器とも呼ばれています。特殊な緩衝体で衝撃を緩和する装置で、不快な音の軽減にも役立ちます。

水撃防止器には、ハンドルタイプや連結タイプがありますが、取り付けが簡単なのは前者です。蛇口のハンドルを外して付け替えるだけなので素人でも問題なく取りつけられるでしょう。なお、ハンドルタイプの水撃防止器は、そのまま水道の蛇口ハンドルとして使用できます。

取り付け方は簡単です。まずは元栓や止水栓を閉めましょう。水が出ないことを確認したら、次に蛇口のハンドルを取り外して防止器と交換します。あとはハンドルを固定して作業終了です。

なお、水撃防止器は給水管内部の衝撃を和らげるのには効果的ですが、確実に音を消せる消音装置ではありません。配管の支持方法や建物の構造などによっては、音が止まらない可能性もあるため注意が必要です。また、逆止弁や減圧弁を使用してウォーターハンマーを抑える方法もあります。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

ウォーターハンマー現象の予防策


リスクを考えると、ウォーターハンマー現象が起きないように対処するのが一番です。実は、ちょっとした工夫でウォーターハンマー現象の予防が可能です。ここでは代表的な予防策を2つピックアップしました。

ゆっくりと蛇口を締める

蛇口を急に閉めると、給水管内部の急激な圧力変動を引き起こしてしまうため、蛇口をゆっくりと閉めることを意識しましょう。特にレバー水栓の場合は、レバーの上下動作だけで蛇口の開閉ができてしまうため、急激な圧力変化が起こりやすい傾向にあります。レバーを操作するときも、できるだけゆっくり動かすように心がけてください。

水道管の元栓をきつく締める

水道の元栓を少し絞ると水圧を弱められます。水圧が弱くなれば、水の流れが急に止まったときの圧力変動が小さくなるため、ウォーターハンマー現象の抑制に効果を発揮します。

なお、水道の元栓をきつく締めすぎてしまうと、家で使用している水道すべての水圧が弱くなるため注意が必要です。シャワーの水圧が弱くなる、風呂に湯を張るのに時間がかかる、といった弊害が生じた場合は元栓の締めすぎが原因です。

そのため、元栓を絞るときは数回にわけて行い、水圧の変化を見つつ進めることをおすすめします。少しずつ絞りながら水圧が弱くなりすぎず、ウォーターハンマーが起きないポイントを見つけましょう。

ウォーターハンマー現象の修理は依頼できる?


ウォーターハンマー現象が発生しているのに対策を後回しにしてしまうと、突如大きなトラブルに巻き込まれる恐れがあります。

自身である程度の対策はできますが、不安な方は専門業者へ相談したほうがよいでしょう。水周り工事の専門業者なら、ウォーターハンマーの解消も手掛けています。

プロならではの知識とノウハウで対処してくれるため、安心して任せられます。

ウォーターハンマーへの適切な対処方法は、住宅のタイプや起きている場所などで異なりますが、水道について熟知していないと判断もできません。

誤った対処をしてしまうと被害が大きくなってしまう恐れすらあります。少しでも不安があるのなら最初から専門業者に相談して、修理の必要性も含めてアドバイスをしてもらいましょう。

まとめ

ウォーターハンマー現象は、水道を利用している限り誰もが遭遇する可能性があります。すぐには影響がなくても、放置することでさまざまなリスクを招くおそれがあることを理解しておきましょう。

ウォーターハンマー現象への対処として有効なのは、水撃防止器の取り付けです。また、蛇口をゆっくり閉める、元栓を絞るなども有効なので試してみるとよいでしょう。あまり改善が見られない、もっと根本的に解決したいと考えるのであれば、専門業者への依頼が安心です。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する
駆けつけ修理エリアは
全国各地に展開しています

対応エリア

北海道・東北地方
四国地方
フリーダイヤル 各種お支払い方法
ページ上部へ
ページ上部へ