トイレのお役立ちコラム
イースマイル公式サイト TOP > トイレつまり・水漏れ・交換修理 TOP > トイレのお役立ちコラム > トイレつまりの症状と予兆とは?原因や自分でできる直し方と注意点を解説
トイレつまりの症状と予兆とは?原因や自分でできる直し方と注意点を解説:イメージ
つまり

トイレつまりの症状と予兆とは?原因や自分でできる直し方と注意点を解説

突然トイレがつまったら、多くの人は焦ってしまうことでしょう。しかしそこで間違った対処をしてしまうと、さらに状況を悪化させてしまうかもしれません。また、つまる前には予兆があることが多く、それに気づき、放置しないこともトラブル防止のためには重要です。
この記事では、どんなときにトイレのつまりが起きるのか、その原因や対処方法、注意すべき予兆などをお伝えします。また自分でできる直し方や注意点、業者に任せるべき場合などについても、詳しくご紹介します。
目次

トイレつまりの予兆

トイレのつまりは、なんの前触れもなく突然発生しそうに見えますが、実は徐々に状況が悪化しており、多くの場合で、その予兆とも言える現象が見られます。症状が悪化する前に、いち早く予兆に気が付き、早めに手を打ちましょう。

トイレがつまる理由

トイレがつまるプロセスでは、大きく分けて二通りのケースがあります。ひとつは少しずつ症状が進んでいくケースと、もうひとつは固形物が流れなくなるといった急につまるケースです。

症状が少しずつ進み、段階を経て進んでいくケースでは、多くの場合、その間に予兆的な現象が起こります。「このところ調子が悪いなあ」と思っているうちに、取り返しがつかないほど症状が悪化してしまったという話もよく耳にしますので、気が付いた時点で早めの対応を心がけましょう。

一方、急につまった場合は、その直前に何かの原因があったと考えられます。いずれにしても、次のような状態になったら、つまりの予兆と考えてよいでしょう。

便器からの水の流れが悪い

予兆で多いのが、便器から奥にかけての水の流れが、悪くなっている状態です。これは排水管の中で、問題が生じていると考えられます。

そうは言ってもピタリと止まっているわけでもなく、実生活で困るほどのものではないと、そのまま特に何もせずにやり過ごす方も多いでしょう。しかしそのまま放っておくと、新しくそこに他の固形物を巻き込み、徐々に状態が悪化していきます。

まだこの段階であれば自分で対応できることも多いので、早めに解決を図りましょう。

水位が下がらない

前項の時点で早めに対処しないと、多くの場合で、便器の中の水位が下がらなくなります。本来、水位は元の位置以上には上昇せず、水を流しきった後は速やかに元の位置に戻ります。

しかし排水管の流れに問題が生じると、元に戻るのに時間がかかるようになります。これでは、水の流れるすき間があっても、いつふさがるか分かりません。水位の復帰に時間がかかるほど重症であり、非常に危険な状態と言えます。

最終的には、次に水を流したタイミングで、便器から水があふれてしまいます。

タンクから流れる水が弱々しい

タンクから一気呵成に出て来る水流の強さがなくては、便器の中のものを流し出せません。水流が弱い原因は溜めてあった水の量が少な過ぎるか、あるいは便器に続く水道管に何らかの不具合があるといったことが考えられます。

他には、フロート弁が正常に機能していないなど、何かの部品が故障している場合も考えられます。その原因を突き止め、解決しなくてはなりません。

水を流すと変な音がする

水を流したときに「ボコボコ」や「ポコポコ」などといった、不審な音が聞こえるのも予兆のひとつです。こうした音は、聞こえてくる場所によってさまざまなことを教えてくれます。

たとえば、タンクの方から音が聞こえるなら、便器に至る経路の中で異変が起きている可能性があり、便器から音が聞こえるなら、すぐ近くでつまりが生じ、水流を遮って音を出している可能性があります。

さらに、便器のもっと下の方から聞こえてくるなら、排水管の中が怪しいのではないかと推測できます。もし原因が排水管にあるとなると、深さによっては家全体の問題にもなってきます。

便器からの異臭

普段は感じたことのないイヤな臭いがする。これもトラブルの予兆のひとつで、早期発見に役立ちます。便器や排水管のどこかに排泄物などが引っかかり、それが腐敗して臭いを出している。あるいは、それ自体は腐らない素材でも、水や空気を遮ることで周囲の環境が悪化し、臭いの元になっていると考えられます。

便器内の水の流れと勢い、水位、異音、臭いなど、普段と違うと感じたら、つまりの予兆かもしれません。酷くなる前に対処するためにも、こうした予兆には敏感になっておくとよいでしょう。

どうしてトイレは、ものがつまるの?

そもそも、つまりには何らかの理由となるような物事があります。それらを3つの要素に分類して説明します。大きく分けると「引っかかってしまう形」「水の流れが弱い」「何かがつまる」です。

引っかかってしまう形

つまりが起きる原因を知るには、便器と一体になっている排水管の形を知ることが重要です。具体的には、つまりが起こりやすい2つの場所を知ることです。

まずひとつは、目につきやすい排水口の部分です。この部分を急な角度に曲げることで、便器には水が溜まるようになっています。このおかげで、下水道管を通って虫や臭いが上がってくるのをおさえています。非常に狭くて急な曲がり方をしているので、ものを押し流すのに大きな力が必要となり、バランスが悪いと流しきれなくなります。

もうひとつは、さらに下水道の方に潜ったところにあります。ここにはくぼみがあり、先ほどと同様、水が溜まっています。形が急に変化するため、流したものがここで引っかかってしまうことが多々あります。

水の流れが弱いとき

トイレはタンクから水を流し、便器の中にあるものを排水管へ流し込みます。このとき一気に水流がやって来ないと、中のものを押し出しきれず、先ほど挙げた2つの場所などで引っかかります。

一般的なトイレではレバーやボタンで流れの強弱を選べます。固形物があるのに「小」の方を選ぶと、流れの勢いが確保できずにつまりを生んでしまいます。また節水対策として、ペットボトルなどをタンクに入れておくのも、水の勢いにはマイナスの効果です。

ペットボトル分の水量が減り、水の勢いが弱くなってしまうので、あまりおすすめはできません。また、それらがタンク内部の部品などに引っかかり、故障の引き金にもなる恐れもあります。

異物がはさまる

本来、トイレは正しく使用していれば、そうそう何かがつまることはありません。しかし、あまりにたくさんの量を流したり、物理的に流せない大きさの固形物を落としたりすると、高い確率でつまりが発生します。

つまりの元になるものはさまざまありますが、比率として多いのは何と言っても紙や生理用品です。他には赤ちゃんや介護用のオムツなどもあります。

また意外に知られていないのが、赤ちゃんのおしりふきです。おしりふきには、トイレに流せるものと流せないものがあるため、パッケージなどをよく読んできちんと確認しておきましょう。

その他にも、子供用のおもちゃや掃除道具、ティッシュペーパー、ハンカチ、スマートフォン、ペットのトイレの砂、食べ残しの残飯、トイレに置いてある置物なども、誤って落とすことでつまりの原因になってしまいます。
より具体的な内容は「もう怖くない!プロが教えるトイレつまりの原因と自分でできる対処法」をご覧ください。

トイレつまりをそのままにしておくと…

トイレがつまると生活に大きな支障が出てしまうので、できるだけ早く対応をしなくてはなりません。ここでは予防策なども含めて、自分でできることをいくつかご紹介します。

自然に直る場合と、悪化する場合

つまりが生じても、必ずしも大きなトラブルにつながっていくとは限りません。軽度ならば自然に直ることも珍しくはありません。

たとえば、トイレットペーパーであれば、水に溶ける性質をもっているため、しばらくそのままにしておくと、水で溶けてつまりが取れることもあります。しかしペーパーの量が多過ぎるとなかなか溶けず、そこに新しくトイレットペーパーや排泄物などが流れていき、つまりが蓄積されます。

また、紙おむつなど、よく水を吸う素材の場合、さらに水を吸って膨らんだまま元に戻らなくなり、排水管をふさいでつまることもあります。

トイレのつまりを防ぐには

こうしたトラブルは、できることなら未然に防ぎたいものです。そのためには次のようなことに心に留めておきましょう。

まず、トイレットペーパーは一気にまとめて流さず、ある程度使った時点で、こまめに流します。掃除用のシートなど、「トイレに流せる」と表示されている商品でも、あくまで毎回、使うごとに流していくようにします。

まとめて使ったときは、トイレには流さず、一般のゴミとして捨てるようにしましょう。もちろん、プラスチック製品など水に流すべきではないものを、便器に落とさないことも大切です。

もし、落としたら水を流さないのが鉄則です。そして必要以上に節水はせず、状況に応じてきちんと「大」を使用するようにしましょう。

自分で解消する

まずは自分でできることから検討しましょう。とは言え、自分で処理をすることによって余計に症状を悪化させる可能性もあります。

不安があったり、少し試してみたが上手くいかなかったりした場合は、迷わず専門業者に連絡しましょう。

自分で直すときの注意点

自分でつまりを直せるのは、便座に近い方の排水口のみと考えた方がよいでしょう。より深い部分の場合、便器を外したり、特殊な器具が必要だったりと一般の方が行うには、手に負えないことがほとんどです。

また、自分でつまりを直す時は、以下の準備を忘れずに行うようにしてください。まず、ウォシュレットなどが付いている場合は、感電防止のためにそれらの電源を抜いておきましょう。

修理中も手に触れたり、水で濡れたりしないよう注意します。あらかじめゴム手袋を付けておくと、感電や汚れを防止できるので安心です。

次いで、タンクにつながっている給水管の止水栓を閉めます。ここを開けたままで作業すると、何かの拍子にレバーに触れて水が流れ、便器からあふれることがあります。

最後に、作業中に汚水などが便器の外に出ることに備え、床全体をビニールシートで覆ってください。ビニールシートがなければ新聞紙でも問題ありません。

いずれにしても作業後は丸めて捨てることになりますので、大きなゴミ袋も用意しましょう。

おすすめの直し方

つまりの直し方として一番簡単な方法は、ぬるま湯を流すというやり方です。トイレットペーパーは、お湯によって溶ける速度を早められます。

熱湯を使うと便器を壊す恐れがあるので、ぬるま湯程度が適正です。これでも改善しない場合は、ラバーカップを試してみてください。

通称「スッポン」とも言いますが、ゴムの半球が戻る力を使って空気を動かし、そこに引っかかっているものを取り除くという道具です。これらを試しても改善が見られない場合は、さらに強力な方法として、ワイヤーブラシや高圧洗浄機も候補になります。

ワイヤーブラシは細長い金属の先端を排水口に入れて、直接つまりを除去します。2,000円~5,000円程度で購入できます。

高圧洗浄機は車や家の壁の洗浄などに使われますが、その水圧でつまりを飛ばすことが可能です。ただし、高圧洗浄機は、ひたすら押し込む方向にしか使えないため、固形物だとさらに奥に押し込んでしまう恐れがあります。

難しいときは専門業者へご相談

自分でトイレのつまりを直すのに不安がある場合や、試してみたが効果が出ないという場合、専門業者に依頼するのがおすすめです。自分でなんとかしようして、便器などを壊してしまったら大変です。

深い位置のつまりは、プロの道具や技術が不可欠です。つまりは自然に直ることもありますが、一日様子を見て解決しないようであれば、何らかの対策が必要です。

まずはお湯やラバーカップを使った方法を試してみましょう。それで解決できない場合は、業者に診断してもらった方がよいでしょう。

特に水位が上がったまま、まったく下がってこない場合は、つまりが深刻になっているのですぐに連絡しましょう。実際に作業を依頼する場合は、事前に見積もりや作業の内容を案内してくれる業者が安心です。

技術的な面については、自治体が認定している「水道局指定工事店」や、「給水装置工事事業者」などに該当しているかなどで判断できます。一方、業者の中には、極端に安い料金を提示しておきながら、後から高額な追加請求をしたり、不要な工事や部品の取り替えを強引にすすめたりする業者もいます。こうしたところは避けた方が無難と言えます。

見積もりは、概ね、出張費、基本料金、作業料金などがあり、部品等の修理が必要な場合は、その部品代もかかります。電話だけでは正確な料金は分かりませんので、実際に家まで来てもらう必要があります。

作業時間は、軽い症状であれば30分もかかりませんが、深い場所のつまりなどでは、数時間かかることもあります。見積もりのときには金額だけでなく、所要時間も確認しておくとよいでしょう。

トイレつまりは、便器に物を落とさない、過度な節水は避ける、「大」「小」を正しく使用するなど、基本的なことを守っていれば、未然に防ぐことも可能です。それでもつまってしまったら、まずはぬるま湯やラバーカップなどを試してみましょう。

もし、自分では直せないと感じたら、早めにプロの手を借りるのをおすすめします。

フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル
ページ上部へ
ページ上部へ
当サイトの価格表示は全て(施工実績内料金を除く)、「税別」表示となっております。実際のご請求には、10%の消費税が加算されますので、予めご了承くださいませ。
Close