トイレのお役立ちコラム
イースマイル公式サイト TOP > トイレつまり・水漏れ・交換修理 TOP > トイレのお役立ちコラム > トイレつまりの修理料金・自分で直す場合と業者に依頼する場合をご紹介
トイレつまりの修理料金・自分で直す場合と業者に依頼する場合をご紹介:イメージ
つまり

トイレつまりの修理料金・自分で直す場合と業者に依頼する場合をご紹介

水回りのトラブルは、生活に大きな影響が出てしまうので、一刻も早く直したいところです。この記事では、トイレつまりを自分で直す場合と業者に依頼する場合、それぞれの料金をご紹介しています。また、トイレのつまりの原因と前兆症状、自分で直したいときに使用する道具や方法も説明しています。さらに、信頼できる業者の選び方もご紹介しますので、トイレのつまりにお困りなら、ぜひ参考にしてください。
目次

トイレつまりの主な症状とその原因

トイレつまりが発覚するときは、「ある日急にトイレの水があふれ出てきてしまった」という場合もありますが、その前兆となる症状が起きていることがほとんどです。

これからご紹介する「前兆」の中に、少しでも当てはまるものがあれば、すでに問題が発生している可能性があるので、早めに対策してください。

つまりの前ぶれとなる症状

<水の流れが悪い>

水の流れが悪いのは、トイレに何か引っかかりがある証拠です。本格的につまってしまう前に、原因を取り除いておかなければなりません。
しかし、タンクに何か物が入っており、それが原因で水量が減り、排泄物を流せないことも考えられます。節水対策でタンクにペットボトルなどを入れている場合は、一度外に出してみましょう。
ペットボトルが流れにくさの原因だった場合、今後は使用しないようにして、別の形で節水を心がけてみてはいかがでしょうか。

<水を流すと水位が上がる>

水を流すと、一旦水位が上昇してから、ゆっくりと引いていくように流れることがありますが、このような場合は、内部でつまりが起きている恐れがあります。「まだ水は流れるから大丈夫」と放置していると、急にあふれ出すこともありますので、すぐに対策をとりましょう。

<異臭>

トイレは通常、水を便器の中にためておくことで、下水のニオイを抑え、虫などが登ってこられないようにしています。しかし、つまってしまうと水がたまりづらく、ニオイが気になるようになります。
日常的にニオイに困っているなら、つまりを疑ったほうがよいでしょう。

<いつもと音が違う>

トイレを流すときに、内部に何かが引っかかっていると、水が変な音をたてて流れます。特に外見からは異常は見当たらなくても、便器内にたまっている水がコポコポと音をたてるように流れる場合は内部に引っかかっている物体が含んでいる空気が原因です。
このように音に違和感を覚えた場合も、早め早めに対策をとるよう心がけましょう。

原因となる物と予防方法

よくつまりの原因として挙げられる物に、トイレットペーパー・残飯・吐瀉物・尿石・流せるティッシュやシート・猫のトイレ用の砂・スマートフォン・ボールペンなどがあります。スマートフォンやボールペンはともかく、物がつまりやすい背景には、水の通り道の構造があります。

便器内にある水の通り道は、一旦上り坂のような形状になり、その後下り坂になります。紙を使いすぎると、その重みで紙がこの坂を登り切れず、つっかえてしまうのです。

これと同じで、トイレに流せるといわれているシートや猫用の砂も、流す量が多すぎると、つまりの原因になります。また、油を含んだ残飯や尿石は、管の内側にこびりついて水が流れにくくなる原因となります。ボールペンはもちろん、つまようじのような小さな物でさえも、つまりを引き起こすことがあります。

つまりを予防するのに大切なのは、たとえ流すことが可能なものでも、一度にたくさん流さないようにすることです。また、流す際は、それに見合った水量で流すことを心がけてください。

異物を誤って流してしまった場合は、何も起こらなくても早めに業者に相談したほうがよいでしょう。

トイレつまりは、自力で直すことができる?

トイレがつまったとき、ほとんどの方がすぐに水道業者へ頼もうとするのではなく、自分で直せないかどうか考えます。業者に依頼すれば、確実に直してくれる一方で、連絡を入れ、日時を相談し、修理料金を支払わなければなりません。

しかし、むやみやたらに自分で直そうとしても、かえって状況が悪化することもあります。そこで、自分で直せるかどうかの判断基準をご紹介します。

<原因にトイレットペーパーが思い当たる場合>

大量に紙を流したことが原因なら、自分で解決できる可能性があります。ボールペンやスポンジなどの固形物を誤って流してしまった場合は、奥まで入り込んでしまうと取り除くのが大変になるので、業者に依頼したほうがよいでしょう。

<スムーズではないが水位が減少している場合>

スムーズではないけれども、ゆっくりと水位が下がっていく場合は重症ではありません。多くの場合、自力で修理することができます。
ただ、この状態であっても、流してはいけない固形物を流している場合は、水道業者に修理を依頼してください。

自分で修理する場合は、まず止水栓を閉めて水が流れないようにします。温水洗浄便座の場合は、プラグを抜いて電源を落とします。

次に壁や床は、汚水が飛び散っても汚れないように、ゴミ袋などを使って養生します。つまっているのに、とにかく流そうとする方を見かけますが、症状が悪化することもあるので直すことに集中しましょう。

自分で直す場合の費用相場

自分でつまりを直す場合、どのように直すかで費用は変わってきます。ここでは代表的な直し方とその費用をご紹介します。

<お湯で溶かす【0円】>

水溶性の紙が内部に引っかかっている場合、水よりもお湯のほうが溶けやすいことがあります。水を沸騰させて流すだけなので、費用がかからないのも嬉しいポイントです。
しかし、沸騰させた熱々のお湯を流すと便器が割れる恐れがあるため、40~60度のお湯を流すようにしましょう。

<重曹・酢を使う【0~600円】>

重曹と酢を混ぜると、二酸化炭素の泡が発生します。この泡でつまりを絡め取って、流すという方法です。
重曹や酢は100円ショップでも販売しているので、あまり費用をかけずに行うことができます。道具を用意したら、まず先にカップ1/4の重曹を入れ、その後カップ1/2の酢を流します。
60分ほど放置してから水で流してください。

<ラバーカップ(スッポン)を使う【100~1,000円】>

ラバーカップは、ベーシックなつまり解消法です。排水口に押し当て、さらに手前に引くことで、つまっていた物を圧力により取り除くことができます。
ラバーカップも100円ショップで売られていて、高いものでも1,000円程度で手に入れることができます。ラバーカップにはいくつか種類がありますが、トイレにフィットする形のものを選ぶとよいでしょう。
使用するときは、トイレ全体をビニールで覆うなどして養生しましょう。

業者に頼む場合の費用相場

上記で紹介した方法でつまりが解消されない場合や、原因として思い当たる物が固形物である場合は、業者へ依頼したほうが、スムーズに解決することができます。ただし、気になるのがその料金です。

業者により料金体系が異なっていたり、見てみないとわからないといわれたりと、事前に料金がわからないと誰もが不安になるものです。

そこで一例として、イースマイルの修理料金をご紹介します。イースマイルでは、出張・見積もり・深夜早朝・キャンセル料金はかかりません。

作業料金の
計算方法
修理料金
+
部品代
+
廃材引き取り料
※必要な場合のみ
トイレトラブルの料金・時間の目安です。作業スタッフが現場でトラブル状況を確認の上、最終のお見積を決定いたします。
スタッフによる出張お見積は無料ですので、お気軽にご相談ください。
作業内容 時間目安 修理料金目安 オプション料金 備考
タンク内 部品交換
(フロートゴム/ボールタップ/サイフォン/レバー/密結ボルト/ダイヤフラム/手洗管等)
40分 ¥3,000~

+部品代
+廃材引き取り料

※必要な場合のみ

タンク内修理(フレキパイプ含む)の場合、
複数箇所の修理はプラス¥3,000までとします。
<参考価格>
●タンク内フロートゴム交換
¥8,000+部品代+廃材引き取り料※
●タンク内ボールタップ交換
¥10,000+部品代+廃材引き取り料※

※必要な場合のみ

タンク脱着は別途費用(¥12,000)がかかります。

密結パッキン交換 40分 ¥3,000 タンク脱着は別途費用(¥12,000)がかかります。
隅付タンク交換 60分 ¥23,000  
密結タンク交換 60分 ¥18,000  
洗浄管交換 60分 ¥15,000  
タンク横 フレキ(給水)パイプ交換 20分 ¥12,000

タンク内修理(フレキパイプ含む)の場合、
複数箇所の修理はプラス¥3,000までとします。

アングル止水栓交換 40分 ¥9,500

主となる作業が別にある場合¥3,000

スパット交換 30分 ¥12,000  
ストレーナー交換 20分 ¥8,000

タンク内修理(フレキパイプ含む)の場合、
複数箇所の修理はプラス¥3,000までとします。

普通便座取付 30分  
ウォシュレット取付 40分 ¥18,000

既存の便座、ウォシュレット取外し含む
電気コンセント新設工事の場合、別途見積り

フランジ交換 60分 ¥15,000  
トイレ脱着 90分 ¥30,000

洋式便器脱着は消耗部品(パッキン、ガスケット等)部品代金、交換作業 含む

タンク脱着 80分 ¥12,000  
便器内詰まり異物除去作業 20分 ¥8,000
~19,000

詰まりの重度や使用する道具(ローポンプ/ハイ・スパッド等)により金額は異なる
<参考価格>
●便器内詰まり(ローポンプ使用)異物除去作業(詰まり中度)
¥15,000
●便器内詰まり(ハイ・スパッド使用)異物除去作業(詰まり重度)
¥18,000

排水管詰まり除去 40分 ¥10,000~

(別途1メートルあたり¥2,000)

5メートル未満の場合はトーラー使用
5メートル以上の場合は高圧洗浄作業を推奨
重度な詰まりの場合は別途御見積
<参考価格>
●排水管詰まり(トーラー使用)
¥10,000
●排水管詰まり(高圧洗浄作業)
¥28,000

小便器尿石除去作業 60分 ¥25,000  
タンク内 部品交換
(フロートゴム/ボールタップ/サイフォン/レバー/密結ボルト/ダイヤフラム/手洗管等)
  • 40分
  • ¥3,000~

    +部品代
    +廃材引き取り料

    ※必要な場合のみ

  • <備考>
    タンク内修理(フレキパイプ含む)の場合、複数箇所の修理はプラス¥3,000までとします。
    <参考価格>
    ●タンク内フロートゴム交換
    ¥8,000+部品代+廃材引き取り料※
    ●タンク内ボールタップ交換
    ¥10,000+部品代+廃材引き取り料※

    ※必要な場合のみ

    タンク脱着は別途費用(¥12,000)がかかります。

密結パッキン交換
  • 40分
  • ¥3,000

    +部品代
    +廃材引き取り料

    ※必要な場合のみ

  • <備考>
    タンク脱着は別途費用(¥12,000)がかかります。

隅付タンク交換
  • 60分
  • ¥23,000

    +部品代
    +廃材引き取り料

    ※必要な場合のみ

密結タンク交換
  • 60分
  • ¥18,000

    +部品代
    +廃材引き取り料

    ※必要な場合のみ

洗浄管交換
  • 60分
  • ¥15,000

    +部品代
    +廃材引き取り料

    ※必要な場合のみ

タンク横 フレキ(給水)パイプ交換
  • 20分
  • ¥12,000

    +部品代
    +廃材引き取り料

    ※必要な場合のみ

  • <備考>
    タンク内修理(フレキパイプ含む)の場合、複数箇所の修理はプラス¥3,000までとします。

アングル止水栓交換
  • 40分
  • ¥9,500

    +部品代
    +廃材引き取り料

    ※必要な場合のみ

  • <備考>
    主となる作業が別にある場合¥3,000

スパット交換
  • 30分
  • ¥12,000

    +部品代
    +廃材引き取り料

    ※必要な場合のみ

ストレーナー交換
  • 20分
  • ¥8,000

    +部品代
    +廃材引き取り料

    ※必要な場合のみ

  • <備考>
    タンク内修理(フレキパイプ含む)の場合、複数箇所の修理はプラス¥3,000までとします。

普通便座取付
  • 30分
  • ¥8,000

    +部品代
    +廃材引き取り料

    ※必要な場合のみ

ウォシュレット取付
  • 40分
  • ¥18,000

    +部品代
    +廃材引き取り料

    ※必要な場合のみ

  • <備考>
    既存の便座、ウォシュレット取外し含む
    電気コンセント新設工事の場合、別途見積り

フランジ交換
  • 60分
  • ¥15,000

    +部品代
    +廃材引き取り料

    ※必要な場合のみ

トイレ脱着
  • 90分
  • ¥30,000

    +部品代
    +廃材引き取り料

    ※必要な場合のみ

  • <備考>
    洋式便器脱着は消耗部品(パッキン、ガスケット等)部品代金、交換作業 含む

タンク脱着
  • 80分
  • ¥12,000

    +部品代
    +廃材引き取り料

    ※必要な場合のみ

便器内詰まり異物除去作業
  • 20分
  • ¥8,000~19,000

    +部品代
    +廃材引き取り料

    ※必要な場合のみ

  • <備考>
    詰まりの重度や使用する道具(ローポンプ/ハイ・スパッド等)により金額は異なる
    <参考価格>
    ●便器内詰まり(ローポンプ使用)異物除去作業(詰まり中度)
    ¥15,000
    ●便器内詰まり(ハイ・スパッド使用)異物除去作業(詰まり重度)
    ¥18,000

排水管詰まり除去
  • 40分
  • ¥10,000~

    +部品代
    +廃材引き取り料

    ※必要な場合のみ

  • <備考>
    (別途1メートルあたり¥2,000)
    5メートル未満の場合はトーラー使用
    5メートル以上の場合は高圧洗浄作業を推奨
    重度な詰まりの場合は別途御見積
    <参考価格>
    ●排水管詰まり(トーラー使用)
    ¥10,000
    ●排水管詰まり(高圧洗浄作業)
    ¥28,000

小便器尿石除去作業
  • 60分
  • ¥25,000

    +部品代
    +廃材引き取り料

    ※必要な場合のみ

・上記の作業料金は、一般家庭向けの設定価格です。
・上記の作業料金は、一箇所あたりの作業料金です。
・上記の作業時間は、標準的な作業の目安時間です。状況によって異なる場合がございます。
・廃材引き取り料として、別途(¥2,000 から¥10,000 程度)頂く場合がございます。
・修理箇所の劣化具合、使用する商品や部品によって価格が異なる場合がございます。
(但し、加工が必要となる作業においては、別途加工代金を頂く場合がございます)

業者はどうやって選べばよい?

いざ業者に頼むことを決めても、次に問題になるのがどの業者に頼むかということではないでしょうか?いくら安く依頼できても、完璧に修理してもらえなければ意味がありません。そのため、信頼できる業者を見極めることは非常に重要です。

まず、作業前に見積もりをしてくれるのか、また見積もりに料金がかからないかどうか、出張料金の有無についても確認しましょう。また何の作業にどれくらい料金がかかったのか、きちんと記載・説明してくれる明朗会計の業者がおすすめです。

電話での対応も判断材料の1つです。また、水道工事を行う業者は、地域の水道局から「指定給水装置工事事業者」の指定を受けている必要があります。業者のホームページに、この記載があるかどうか確かめてから修理を依頼するようにしましょう。

トイレつまりは、いつ起きてもおかしくありません。自分で直せる範囲ならトライしてみてもよいですが、難しそうだと感じたら、早めに業者に依頼しましょう。その際は、作業以外にどんな料金がかかるのか、必ず事前に確認してください。

フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル
ページ上部へ
ページ上部へ
当サイトの価格表示は全て(施工実績内料金を除く)、「税別」表示となっております。実際のご請求には、10%の消費税が加算されますので、予めご了承くださいませ。
Close