最短20分で駆けつけ!
水漏れのお役立ちコラム
イースマイル公式サイト TOP > 水漏れのトラブル TOP > 水漏れのお役立ちコラム > 水道が凍結したらどうしたらいい?対策と予防のポイントをおさえておこう!
水道が凍結したらどうしたらいい?対策と予防のポイントをおさえておこう!:イメージ
お役立ち

水道が凍結したらどうしたらいい?対策と予防のポイントをおさえておこう!

寒い日の朝、蛇口をひねっても水が出なかったという経験はありませんか?寒さが厳しくなると増えてくるのが、水道の凍結トラブルです。凍結によって水道管が破裂することもあるため、たかが凍結とあなどってはいけません。

水道管を守るには、水道が凍結したときに行うべき対処法や、水道を凍結させないための予防策を頭に入れておく必要があります。

そこで今回は、水道が凍りやすい条件や場所、水道が凍ってしまったときの対処方法、さらに凍結の予防対策を詳しく解説します。
目次

水道の凍結を判断する目安

蛇口をひねっても水が出てこない場合は、水道が凍結しているのかもしれません。まずはここで水道の凍結しやすい条件や場所を解説するので、チェックしてみてください。

1-1.凍結しやすい条件

水道には、以下のような凍結しやすい条件があります。

・気温がマイナス4度以下になったとき
・長時間、水道を使わないとき
・昼夜問わず、気温が氷点下の日が続いたとき

気温がマイナス4度以下になると、水道管が凍結したり破裂したりするトラブルが発生しやすくなります。また、旅行等でしばらく家を空けるなどし、長い間水道を使わないでいることも水道の凍結を招く条件のひとつです。

真冬日と呼ばれる氷点下の日が続いたときや夜間も水道が凍る恐れがあります。水道の凍結を予防するには、天気予報で気温を確認し、この後の「水道を凍結させないためにできる予防策」で説明するような何らかの対策を打つことが大切です。

1-2.凍結しやすい場所

水道がある場所によっても、凍結するかどうかは変わります。凍結しやすい水道は以下の通りです。

・フレキ管(フレキシブル管)や止水栓がむき出しになっている水道
・外にある水道
・北向きにあるなど、日が当たらない場所に位置する水道
・風の通り道にある水道

家の中にある水道管より、戸外にある水道管のほうが凍結しやすい傾向にあります。中でも、給湯器に直接接続する水道管や、地面から直に配管が出ている場所など、水道管がむき出しになっていると凍結しやすくなるため注意しましょう。

家の北側や日が当たらない場所にある水道管も注意が必要です。日の当たるところでも風が吹きつけるような場所に設置された水道管は、冷たい風にさらされるため日が落ちると凍りやすくなります。

水道が凍結してしまったときの対処法

実際に水道が凍結してしまったら、まず何をしたらよいのでしょうか。対処法を間違えると水道管の破損につながるので、ここからは、水道管が凍結したときの正しい対処法を解説します。

2-1.50度程度のお湯とタオルを使う

水道が凍結したら、水道管自体にお湯をかけて温める方法があります。

ただし、早く溶かしたいからといって熱湯をかけてはいけません。なぜなら、急激な温度差によって水道管や蛇口の破損を招くからです。また、塩化ビニールでできた排水管の耐熱温度は70~80度なので、熱湯をかけると排水管が損傷する恐れもあります。お湯をかけるときは、次の手順で50度程度のお湯を使うことを覚えておきましょう。

【手順】
1.水道管の凍結している場所にタオルを巻く。
2. 50度程度のお湯をゆっくりかける。
3.途中で水道の蛇口をひねり、水が出るかを確認しながら続ける。

タオルの使用には、急激な温度変化をやわらげるとともに、余熱を利用して氷を溶けやすくするメリットがあります。

なお、水道管や蛇口にタオルを巻き付ける方法は凍結予防にも効果的です。普段からタオルを巻いて保温しておけば、むき出しの水道管より凍結しづらくなります。

2-2.防寒水栓柱には直接お湯をかける

防寒水栓柱とは、水道管を囲う筒状の柱です。水道管がむき出しにならないため、凍結予防に効果があります。

防寒水栓柱の水道が凍った場合は、防寒水栓柱にあるビニール製の外フタと発泡スチロール製の中フタをはずし、水道管に直接50度程度のお湯をかけてください。このときも、熱湯をかけないよう注意しましょう。

防寒水栓柱には、水道管の中に水がたまらないよう水抜きできる不凍水栓柱もあります。凍りやすい水道管の水をあらかじめ抜いておくことで、水道管を傷めず安全に凍結予防ができる水栓柱です。

2-3.ドライヤーやカイロを使う

水道管の凍結によってお湯の用意ができないときは、凍結部分にドライヤーの温風を当てる方法がおすすめです。時間はかかりますが、ドライヤーの熱で氷を溶かせます。

また、カイロを当てて凍結部分を温める方法も有効です。ドライヤーは温風をあて続けなくてはなりませんが、カイロを当てる方法であればその場を離れられるメリットがあります。

凍結で破裂してしまったときの対処法

水道が凍結すると、その圧力に耐えられず水道管が破裂する恐れがあります。また、凍結した場所に熱湯をかけてしまった結果、水道管が破裂するケースも珍しくありません。

破裂後の対処法を間違えると床下から大量の水が溢れ出す可能性もあるため、適切な処置が必要です。そこで、凍結による水道管破裂の被害を最小限にする対処法を解説します。

3-1.元栓を閉める

水道が破裂し何らかの処置をする前には、必ず水道の元栓(止水栓)を閉めます。元栓を閉めないで作業すると、水漏れの原因になるからです。

元栓は戸外に埋め込まれているメーターボックス内にあります。フタ部分に「量水器」や「止水栓メーター」などと書いているのがメーターボックスの目印です。

メーターボックスを開けると水道メーターとバルブがあり、バルブを時計回りに回すと水が止まります。ただし、バルブが回しにくい場合は無理に開けようとせず水道業者に依頼しましょう。バルブが破損し、水が止められなくなる恐れがあるためです。

3-2.破裂した部分に応急処置をする

元栓を閉めたら、次の手順で破裂した水道の応急処置をします。処置をする際は怪我や汚れを防止するため、ゴム手袋の着用がおすすめです。

【手順】
1.破裂して水が漏れ出している部分にタオルを巻く。
2.タオルからしみ出てくる水をバケツで受ける。
3.タオルが水を吸いきったら、タオルを替えてさらに水を吸い取る。

水道が破裂した場合、水道に関する知識のない人が分解や修理をするのは、状況を悪化させる恐れがあり危険です。応急処置が終わったら、自治体の水道局や地域の指定給水装置工事事業者に連絡し、プロの技術者による修理を依頼しましょう。

水道を凍結させないためにできる予防策

凍結による水道管の破裂を防ぐには、水道を凍結させない対策が求められます。ここでは、水道の凍結に対する予防策を紹介します。トラブルが起こってから、「やっておけばよかった」と後悔しないよう、ぜひ参考にしてください。

4-1.保温材を使う

水道の凍結を予防するには、まず水道管の保温をします。なるべく費用を抑えたい人におすすめなのは、使い古したタオルを使った保温方法です。

タオルを水道管に巻き付けて、ビニールテープ等で留めます。雨や雪が降ってもしっかり保温できるよう、上からビニール袋を被せたり、水に強いテープを使ったりなどの工夫も必要です。

一方、費用はかかりますが市販の保温材や保温チューブも販売されています。保温チューブとは筒状で片側に切り込みが入ったウレタン素材のものです。切り込みが入っているので水道管にはめ込んで固定でき、簡単に取り付けられます。水道管がむき出しになるのを防ぎ、雨や雪に強いのもメリットのひとつです。

4-2.水抜きをする

寒冷地では多くの人が水道管の中の水を抜いて、凍結を予防しています。この水抜きを行うための装置が「水抜栓」です。水抜栓にはハンドル式と電動式があり、設置場所も家によって異なるので、日頃から設置場所や使い方を把握しておくとよいでしょう。

ハンドル式の場合は、水抜栓を時計回りに回します。最後まで右に回しきると、蛇口をひねっても水が出なくなる仕組みです。屋内だけでなく、屋外も水抜きを行います。

電動式には、水道管内が一定の温度以下になると自動で水抜きを行う自動式と、水抜きボタンを押す手動式があります。操作するリモコンは台所や洗面所、玄関などに設置されていることが多いです。凍結を予防するため、冬の間は電源を切らないようにしましょう。

4-3.水をちょろちょろ出す

水道の凍結を防ぐために、水道の水を出しっぱなしにする方法もあります。だからといって、大量の水を流し続ける必要はありません。蛇口をひねって水を鉛筆の芯くらいの細さにし、ちょろちょろと出し続けることで水が凍りにくくなります。水道を使わない深夜は特に凍結しやすいため、寝る前に水を出しておくとよいでしょう。

ただしこの方法は水道代がかかり、そのまま水を流すと水がもったいないというデメリットもあるため、出した水はバケツに受けて掃除や洗濯に使うことをおすすめします。

大寒波のときは水を流す方法には要注意!
水を細く流しておく方法は、大寒波のときには通用しない場合があります。実際にこの方法で対策したにも関わらず、水道が凍ってしまったという事例もあるからです。水を流す方法は、「凍ってしまうかも?」と感じる程度の気温のときに使えるものと思っておいたほうがいいでしょう。大寒波のときは、水を出していても凍ってしまうリスクがあるので、保温材の使用や水抜きなど他の対策で予防することが重要です。

 

4-4.一晩追い炊きにしておく

寒さが厳しくなると、戸外の給湯器やボイラー付近の水道管が凍結するケースもあります。凍結を防ぐには、約35度に設定温度を下げた状態で一晩中追い炊きをする方法もおすすめです。

追い炊き自動モードがある給湯器なら、電源を入れたままにしておけば温度が下がったタイミングで追い炊きをしてくれます。給湯器内の温度が下がらないので、凍結防止に効果的です。

さらに、給湯器には電源を入れておけば「凍結防止ヒーター」が作動するタイプもあります。詳しくは、給湯器の取り扱い説明書を確認したり、給湯器を扱う水道業者に相談してみるとよいでしょう。

対処や判断に迷ったときは専門業者に連絡を

冬になると水道が凍ってしまうトラブルが多く発生します。凍結を防ぐには保温材を使用したり、追い炊き機能を活用したりする対策が効果的です。

予防策を講じても水道が凍結してしまったときは、水道管を50度程度のお湯などで温めて凍った水を溶かす方法があります。

ただ、処置が思ったようにうまくいかないときや大寒波のときなどは、症状が解決できないこともあるかもしれません。また、凍結によって水道管が破裂したときの対処の仕方は、あくまで応急処置です。知識のない人が分解や修理作業を進めようとすると、状況を悪化させるリスクがあります。

プロの水道業者なら数多くの水道トラブルを解決しているので、適切に対処し、早期の問題解決が可能です。処置の方法や判断に迷ったときは、プロの水道業者への依頼をおすすめします。

フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル
ページ上部へ
ページ上部へ