最短20分で駆けつけ!
水漏れのお役立ちコラム
イースマイル公式サイト TOP > 水漏れのトラブル TOP > 水漏れのお役立ちコラム > 水道管が破裂した!?すぐできる応急処置と適切に対処するポイントとは?
水道管が破裂した!?すぐできる応急処置と適切に対処するポイントとは?:イメージ
お役立ち

水道管が破裂した!?すぐできる応急処置と適切に対処するポイントとは?

水道管の破裂は急に起こるため、どのように対処すればいいかわからずパニックになる人も多いです。しかし、突然のトラブルとはいえ適切に対処しなければ、水漏れの被害が拡大してしまいます。水道管が破裂したときは応急処置をしたうえで、速やかに専門の業者へ修理を依頼しなければなりません。

この記事では、水道管が破裂した場合の応急処置の方法とともに、適切に対処するために押さえておきたいことを解説します。必要な対処を着実に行い、被害を最小限に抑えられるようにしましょう。
目次

家の水道管が破裂したときの対処法

水道管が破裂したときは、慌てずに対処することが大切です。被害をなるべく広げないためにも、次の解説を参考にしながら必要な作業を適切に行えるようにしましょう。

1-1.止水栓を閉める

水道管が破裂してしまったら、最初に止水栓を閉めましょう。止水栓を閉めれば水の流れも止められるので、水漏れの被害を最小限に抑えられます。止水栓は水道メーターの近くにある場合が多いです。

止水栓のレバーはドライバー式、ハンドル式、内ネジ式などいくつかのタイプにわかれています。いずれのタイプでも、通常は右に回せば閉めることが可能です。

水道管が破裂した際に止水栓の位置がわからなかったり、固くてうまく操作できなかったりするときは、無理に自分で対処せず業者に相談しましょう。

1-2.タオルやテープで補修する

破裂した箇所に手が届く場合は、自分で応急処置ができます。

使い古したタオルなどを用意し、水道管が破裂した箇所に巻きつけ、テープを使用してしっかり固定してください。こうすることで、水漏れによる被害を抑えやすくなります。

水漏れで水道管の周囲が濡れているときは、水を拭き取っておきましょう。そのうえで破裂した水道管の下にバケツを置くと、漏れた水で再び周囲が水浸しになるのを防げます。また、水道管に巻きつけたタオルがある程度水を吸ったら、新しいタオルに交換してください。

なお、これはあくまで応急処置です。応急処置をしただけでは水道管の状態自体は改善されないので、なるべく早く根本的な修理ができるよう手配しましょう。

1-3.水道業者に連絡する

水道管が破裂している可能性があるときは、すぐに業者へ連絡して修理を依頼してください。知識がないなかで自力で修理をしようとすると水道管の損傷が広がったり、水漏れにより他の設備にも影響が出たりする恐れがあります。

自分で行うのは応急処置だけにして、状況が悪化する前に業者へ相談しましょう。

水道管が破裂したときの症状

水道管が破裂すると、水周りにはさまざまな症状が現れます。

たとえば、屋内で水漏れが発生すると、床全体が水浸しになってしまいます。トイレで水漏れが発生すれば、汚物を含む水が逆流して室内が汚れる可能性もあるので要注意です。床だけでなく、壁や家財にも影響する恐れがあります。

また、屋外の水周りで水道管が破裂するケースもあります。屋外の水漏れはわかりにくいため、気づいた頃には広範囲が水浸しになっているかもしれません。

水道管が破裂すると水道管以外の場所にも被害が及んでしまうため、なるべく早く対処することが大切です。

水道管が破裂する原因

水道管が破裂する原因は、状況によってさまざまです。先ほど触れた症状やここで説明する状態に当てはまる場合は、水道管が破裂している可能性が高いです。ここで解説する原因をしっかりチェックして、水道管の破裂にいち早く気付けるようにしておきましょう。

3-1.経年劣化

水道管は時間が経つと少しずつ劣化していくため、それが破裂の原因になる場合があります。

水道管の寿命の目安は10~15年程度です。ただし、水道管の太さや素材に加え、水道の使い方によっても寿命は変わっていくので、使用し始めてから10年程度で破裂する場合もありますが、数十年経っても問題なく利用できている場合もあります。

水道管の大部分は壁の中や地下にあって見えないため、予防や対策が難しいのが実状かもしれません。水道管が壊れて水が漏れている場合、水道代がそれまでより高くなる可能性もあります。この後に「修理費用が心配なときに検討してほしい制度」で説明している制度もあるので、トラブルに伴ってかかる費用が心配なときは念頭に置いておくといいでしょう。

3-2.凍結

寒冷地で水道管が凍結すると、破裂の原因になります。水は凍ると体積が増え、水道管を内側から圧迫するためです。

水道管の内部の水が凍結するのは、主に気温がマイナス4度を下回ったときだといわれています。日陰にあったり冷たい風が吹き付けていたりすると、気温がマイナス4度まで下がっていなくても水道管が凍結することがあります。

水道管が凍結しないためには、しっかり対策しておくことが大切です。たとえば、水道管に保温チューブを被せたり、水道の水を少しだけ出して流しっぱなしにしたりする方法があります。

具体的な対策方法については、こちらの記事「水道が凍結したらどうしたらいい?対策と予防のポイントをおさえておこう!」で詳しく説明していますので参考にしてください。

3-3.地震

地震の衝撃が強く加わると、水道管を破裂させる原因になります。特に、長く使用していて劣化が進んでいる水道管であれば、小さな地震でも亀裂が入る可能性があります。水道管が新しくても、地震の規模によっては破裂に至る恐れもあるため注意が必要です。

地震で水道管にどれほどの衝撃が加わるかは、実際に地震が起こってからでないとわかりません。地震発生時は、揺れが収まった段階で自宅の水道管が破裂していないかしっかりチェックしましょう。

水道管は自分では確認できない部分も多いので、不安なときは専門の業者に相談することをおすすめします。

破裂した水道管に対処するときの注意点

水道管が破裂したときは、専門的な処置が必要です。自分の力では修理できない作業があり、状況によっては相談先を選ぶ必要もありますので、ここで確認しておきましょう。

4-1.有資格者でないとできない作業・工事がある

水道管の破裂を修理するには、給水装置工事主任技術者や水道技術管理者などをはじめとする資格が必要です。

また、単に資格があればいいわけではなく、水道局により指定を受けている業者でなければ作業や工事ができません。なぜなら、水道管の工事は他の建物にも影響を与える可能性があるため、法律や自治体ごとの取り決めを守って対応する必要があるからです。

ですから、水道管が破裂したときに自分で対処できるのは、基本的に応急処置のみとなるわけです。

水道管の破裂を自分で修理しようとすると、さらに被害が広がる恐れがあります。症状を最小限にくいとめて近隣住人にも迷惑をかけないようにするためには、資格を持つ業者に依頼して迅速に対処してもらうことが大切です。水漏れに気がついたら応急処置をして直ちに業者へ連絡し、すぐに必要な作業や工事を進めてもらいましょう。

4-2.適切な相談先が異なることがある

戸建て住宅に住んでいて水道管が破裂したら、資格をもつ業者に連絡して修理の依頼ができます。

一方、マンションに住んでいる場合、自分の判断だけで修理できるのは専有部分のみです。共有部分にある水道管が破裂してしまったときは、自分で直接業者に依頼するのではなく、管理会社に修理を依頼する必要があります。専有部分と共有部分の境界はマンションによっても異なるので、管理会社に確認してください。

どこに連絡すべきか判断できないときは、有資格者のいる業者などに相談してみましょう。ルールを守って正しく対処している業者は、それぞれの状況に適した対応方法をきちんと教えてくれます。

修理費用が心配なときに検討してほしい制度

水道管の破裂を修理するとなると、まとまった費用がかかります。そういった場合に利用できる制度もあるので、積極的に活用を検討してみてはいかがでしょうか。

ここでは、水道管が破裂した際に利用できる制度について解説します。

5-1.減免制度

水道管が破裂したときに市町村の下水道局が指定している業者を選んで修理を依頼すると、水道料金が減免される制度があります。

この制度を利用するためには、修理業者に申請を依頼する必要があります。業者が申請業務に対応していないときは、業者から申請書を受け取って自分で下水道局へ提出しなければなりません。審査に通ると翌月から減免が適用されます。

水道管の破裂による減免制度の利用条件の1つは、わざと水道管を破裂させていないことです。また、凍結が原因で水道管が破裂した場合は、減免制度を利用できません。

地域によっても減免される金額は異なるため、不明点があれば市町村の下水道局に問い合わせてください。

5-2.火災保険

凍結が原因で水道管が破裂した場合でも、火災保険の補償により修理費用を補填できる場合があります。火災保険では具体的にどのような補償を定めているのか紹介します。

5-2-1.水濡れ補償

水道管が凍結して破裂した結果、建物や家財が水に濡れて使用できなくなった場合に適用されます。単に水道管が破裂しただけでは適用されないので、建物や家財に影響がなかったときには水道管そのものの修理費用も補填できません。

一方、建物や家財などに大きな被害が出た際には補償を受けられるため、メリットがあります。水道管が破裂すると大きな被害が出るケースも少なくないので、条件に該当するときは忘れずに申請して補償を受けましょう。

5-2-2.水道管凍結修理費用保険

水道管が凍結によって破裂したときに修理費用を受け取れます。ただし、修理費用として支払われる保険金には制限があるため、契約内容をよく確認しましょう。

なお、古い火災保険を契約している場合、水道管凍結修理費用保険が含まれていない可能性があります。特に寒冷地に住んでいるのであれば、水道管が凍結して破裂したときに備えるためにも一度契約内容を見直しておくと安心です。

水道管の破裂は安心できる指定業者に相談を

水道管が破裂したときは、焦らず冷静に対処することが重要です。市町村の下水道局が指定している業者に連絡し、速やかに修理してもらいましょう。指定業者に相談すれば適切に修理ができ、水漏れの被害も最小限にとどめられます。

どの業者に相談するかを決めるときはホームページもチェックし、実績や技術力の高さを確認しましょう。また、減免制度をスムーズに利用できるよう配慮している業者を検討するのもポイントです。

水道管の破裂を防止するには、定期的なメンテナンスも必要となります。今後、水道管が破裂しないようにするためにも、メンテナンスの相談にも乗ってくれる業者を探すことをおすすめします。

安心して相談や依頼ができる業者を選び、適切に対処してもらいましょう。

フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル
ページ上部へ
ページ上部へ