難聴のお客様へ
フリーダイヤル
最短20分で駆けつけ!
お急ぎの方!トイレつまりは
専門業者ですぐ解決!
  • 作業料金8,800円~
  • 最短20分駆けつけ
水のトラブルで困ったらまずはお電話ください!
0120-091-053
WEB限定
3,000円
割引
水道局指定店/
深夜・早朝でも対応!
イースマイル公式サイト TOP > トイレつまり・水漏れ・交換修理 TOP > トイレのお役立ちコラム > トイレが臭い原因は?発生箇所ごとの掃除方法や対策を紹介
トイレが臭い原因は?発生箇所ごとの掃除方法や対策を紹介:イメージ
お役立ち

トイレが臭い原因は?発生箇所ごとの掃除方法や対策を紹介

トイレから悪臭が発生して困ってしまった経験がある方もおられるのではないでしょうか。
急にトラブルが起こってしまうと、においの発生箇所や原因、対処法がわからず困ってしまう可能性があります。
トイレの嫌なにおいの元は、蓄積した汚れや雑菌の繁殖、排水管のつまりなどさまざまです。
そこで今回の記事では、トイレが臭う際の原因や発生場所の調べ方、対策方法などについて解説しています。
トイレが臭いと感じている方はもちろん、万が一のトラブルに備えておきたい方も参考にしてみてください。
目次
フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

トイレが臭い原因・発生場所は?


排泄後の一時的なにおいであれば、換気扇を回したり消臭スプレーを使用することで簡単に解消できます。排泄後に時間が経過してもにおいが消えない場合には、ほかの原因を探る必要があるので注意しましょう。トイレで悪臭が発生する原因には、いくつかの種類が存在します。

また、発生場所や対処方法は原因によって異なります。汚れを落とすだけでにおいが解消できるのであれば、自分でも対応ができます。ただし、排水管のつまりが原因となっている場合には、自分で解決できない可能性もあるので気をつけましょう。

自分での解決が難しい場合には、専門の業者へ依頼する方法もおすすめです。以下の項目では、においの発生原因と場所を4つに分類して解説しています。まずはにおいを生み出している元を特定し、具体的な対策方法を検討していきましょう。

尿汚れによるアンモニア臭

トイレが尿で汚れていると、アンモニアの刺激臭がただよってしまう可能性があります。腎臓内で無害な尿素に作り変えられた排泄直後の尿は、あまりにおいはしません。ただし、便器に付着した尿を流さないでいると、繁殖した雑菌によって尿成分が分解されることでアンモニア臭が発生してしまいます。

便座やフタ、トイレの床に飛び散った尿を掃除しない場合も、同様にアンモニア臭が発生する原因になるので注意しましょう。尿の細かな飛び散りは見落としてしまう可能性が高く、汚れが見えていない場合でも付着している可能性があります。

特に男性が立って用を足した場合には、トイレの床や壁など広範囲にわたって目に見えないしぶきが飛び散ります。座って排泄した場合でも、便座の裏側に尿が付着してしまう可能性が高いので気をつけましょう。アンモニア臭を予防したい場合には、便座やフタの裏側、トイレの床、壁なども含めて、定期的に掃除するのがおすすめです。

また、長期間尿汚れを放置すると、尿成分に含まれるカルシウムは固形化して尿石に変化します。尿石は雑菌が繁殖する原因になるだけでなく、固くこびりついて頑固な汚れになるので注意しましょう。

換気扇・天井などのほこり

トイレでは、トイレットペーパーやトイレマットなどを使用するため、思った以上に換気扇や天井にホコリが溜まります。特に換気扇のフィルターがホコリで目詰まりしてしまうと、換気が上手くいかず、トイレ内ににおいがこもってしまう可能性があります。

また、ホコリをエサにしてカビが繁殖してしまうこともあるので注意しましょう。換気扇や天井は高い場所にあるため、掃除する際に手間に感じがちです。定期的な清掃を怠ってしまわないように気をつけておきましょう。

便器内・トイレタンクなどのカビ

便器内やトイレタンクなど水のある場所には、カビが発生する可能性があります。カビはにおいの原因になるだけでなく、健康に悪影響を及ぼす危険性も考えられます。また、ダニのエサになって、繁殖を助けてしまう場合もあるので注意しましょう。湿度が高くなりがちなトイレでは、便器内やトイレタンク以外にもカビは発生します。

壁や床などが黒く変色していないか確認してみましょう。便座の裏は、尿汚れと同じくカビが発生した場合にも見落としがちです。定期的に換気扇のファンやトイレタンク内部などの目に見えない場所もしっかりとチェックし、カビを予防するのがおすすめです。

カビは繁殖してから対応するより、発生しないように予防するのが効果的です。

排水管のつまり・封水不足

トイレの排水管がつまった場合には、排水する際に通常より多くの水が必要になります。排水管のつまりが原因で、においの逆流や虫の侵入を防ぐ封水が不足していないか確認してみてください。封水は便器内に常時溜まっている水のことをいいます。

封水が不足していると、下水管からにおいが上がってきてしまうので気をつけましょう。旅行や出張で留守にし、長期間トイレを使用していないと、封水が蒸発している場合もあります。また、お風呂で大量の水を流した場合にも、封水が減ってしまう可能性があるので注意しましょう。

封水の正常な水位を普段から把握しておけば、減少した際に素早く気づくことができます。さらに排水管がつまったり、破損している場合は、便器と床の間にできた隙間から下水臭が漏れ出てくる場合があります。水漏れの発生がないか、しっかりと確認してみましょう。

漏水はにおいだけでなく、カビの発生や床材の劣化を招く危険性があります。発見した際は、できるだけ早く専門の業者に連絡し、修理を依頼するのがおすすめです。

トイレの掃除用具

便器をキレイにするために使うトイレの掃除用具も、長期間放置しておくとにおいの原因となります。特にブラシケースはトイレ内に設置していることが多く、知らない間に雑菌の繁殖を助けてしまっている可能性があります。

トイレ掃除後のブラシをそのままケースに収納すると、汚水が底部に溜まります。蒸発した汚水が乾燥すると嫌なにおいが発生するので注意しましょう。トイレ用のブラシは、掃除後によく水を切ってから収納するのがおすすめです。

フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

トイレが臭い箇所別の掃除方法・アイテム


トイレ内で悪臭が発生している箇所を特定できたら、次は原因を解消する方法を探っていきましょう。掃除が行き届いていない場合には、汚れの蓄積が悪臭発生の原因になっている可能性があります。まずは、汚れている場所を把握し、掃除を行ってみるのがおすすめです。

以下の項目に箇所ごとの対策方法をご紹介しているので、参考にしてみてください。また、においが取れたあとは、再度悪臭が発生しないように定期的な清掃を心掛けるのがおすすめです。

便器

便器内はトイレの中で最も汚れやすい箇所です。尿・尿石・水アカなどの汚れをしっかりと取り除いておきましょう。以下に便器の掃除方法を記載しているので参考にしてみてください。

掃除を行う際は事前に下記のアイテムを準備しておきましょう。
(トイレ用洗剤・酸性のトイレ用洗剤・ブラシ・雑巾・除菌シート・ゴム手袋)

1、ゴム手袋をはめて便器内にトイレ用洗剤をかけ、ブラシでこする
2、便器の縁やかえしになっている部分もしっかりとこする
3、こすり終わったら、汚れと洗剤を水で流す
4、便器の周りを雑巾や除菌シートで拭く

尿石などがこびりついている場合には、酸性のトイレ用洗剤をかけてトイレットペーパーを貼り、しばらく放置してみましょう。30分放置後に再度ブラシでこすってみてください。汚れが落ちない場合には、洗剤をかけてトイレットペーパーを貼る手順を繰り返してみてください。

トイレを流す際の水流が弱いと、便器内に尿が残存してしまう可能性があります。残った尿が尿石化すると落とす際に手間がかかるので、排泄後は適切な量の水を流すのがポイントです。また、便器を掃除する際は、便座やフタなどもあわせてキレイにしておくのがおすすめです。

以下に便器の外側や便座、フタなどの掃除方法を記載しているので参考にしてみてください。

掃除を行う際は事前に下記のアイテムを準備しておきましょう。
(雑巾・除菌シート・ゴム手袋)

1、固く絞った雑巾や除菌シートを使って、便器の外側・便座・フタを拭く
2、便座やフタの内側、接合部などに拭き残しがないか確認する
3、拭き終わったら、乾拭きする

便座やフタは基本的にプラスチック製です。ホコリが溜まったまま掃除をすると傷がついてしまう可能性があるので、ホコリは取り除いてから水拭きに移りましょう。

便座の裏や便器の縁にカビが発生している場合には、塩素系の洗剤も効果が期待できます。ただし、塩素系洗剤と酸性洗剤を同時に使用すると有毒なガスが発生して危険なので、注意が必要です。

便器と床の接合部・壁

トイレの床や壁からにおいがする場合は、アンモニア臭が床材や壁紙に染み込んでいる可能性があります。また、便器と床の接合部分も尿で汚れやすいので注意しましょう。男性が立って用を足した場合は、思った以上に遠くまでしぶきが飛び散ります。

さらに小さなお子さんがいる家庭では、排泄中に的を外してしまうトラブルも考えられます。特に壁面に尿が付着した場合は、すぐに拭き取らないと壁紙に染み込んでしまう場合もあります。壁紙に染み込んだ尿は簡単には取れないので、こまめな掃除を心掛けましょう。

トイレの壁や床を掃除する方法は、以下に記載しています。掃除を行う際に参考にしてみてください。

また、掃除前に下記のアイテムを準備しておきましょう。
(トイレ用洗剤・除菌シート・雑巾・ゴム手袋・掃除機)

1、掃除機で床のホコリを吸い取る
2、トイレ用洗剤で腰下の壁紙を濡れ拭きする。または、トイレ用の除菌シートで拭く
3、拭き終わったら、乾拭きする
4、換気扇を回して、トイレ内を換気する

アンモニアはアルカリ性なので、酸性のクエン酸を使って掃除するのも効果が期待できます。以下にクエン酸を使用した掃除方法を記載しているので参考にしてみてください。

掃除を行う際は事前に下記のアイテムを準備しておきましょう。
(クエン酸・水・雑巾・ゴム手袋)

1、200ccの水に小さじ1杯のクエン酸を溶かす
2、クエン酸水を雑巾に染み込ませて、壁紙を拭く
3、拭き終わったら、乾拭きする
4、換気扇を回して、トイレ内を換気する

また、定期的な清掃を手間に感じる場合には、消臭機能や防汚機能を備えた壁紙への交換もおすすめです。

ウォシュレット

ウォシュレットは、取扱説明書を参考に取り外したりスライドさせてから掃除するのがおすすめです。特に便器との接合部には汚れが溜まりやすいので、しっかりとキレイにしましょう。以下にウォシュレットの掃除方法を記載しているので参考にしてみてください。

掃除を行う際は事前に下記のアイテムを準備しておきましょう。
(トイレ用洗剤・酸性のトイレ用洗剤・尿石落とし用のたわし)

1、便器との接合部付近にトイレ用の洗剤をかけ、歯ブラシでこする
2、尿石がこびりついている場合には、酸性のトイレ洗剤を噴き付けてトイレットペーパーを貼る
3、2~3分放置して汚れが落ちない場合には、洗剤をかけてトイレットペーパーを貼る手順を繰り返す

尿石がどうしても落ちない場合には、尿石落とし用のたわしを使用するのもおすすめです。ただし、便器が傷ついてしまう危険性があるので、慎重に行いましょう。

トイレタンク

トイレタンクは、水アカで汚れやすいほか、カビが発生しやすい箇所でもあります。水アカ・カビともに雑菌が繁殖する原因になるので、しっかりと掃除しておくのがおすすめです。以下にトイレタンクの掃除方法を記載しているので参考にしてみてください。

掃除を行う際は事前に下記のアイテムを準備しておきましょう。
(メラミンフォームのスポンジ・雑巾・ブラシ・ゴム手袋)

1、タンク上部のフタや手洗い部に物を置いている場合は事前に移動させておく
2、メラミンフォームのスポンジを水で湿らせ、金具や手洗い部をこする
3、こすり終わったら水で流し、固く絞った雑巾でタンク外側もあわせて拭く
4、拭き終わったら、乾拭きする

金具部の根元に汚れがついている場合には、ブラシで軽くこすってみましょう。定期的に行う掃除の回数を減らしたい場合には、トイレ用防汚剤を利用するのもおすすめです。また、普段見る機会のないトイレタンクの中は、カビが発生しやすい場所でもあります。

特に1年以上タンク内を見ていない場合には、フタを開けて汚れていないか確認しておくのがおすすめです。以下にトイレタンク内の掃除方法を記載しているので参考にしてみてください。

掃除を行う際は事前に下記のアイテムを準備しておきましょう。
(トイレ用洗剤・歯ブラシ・ブラシ・ゴム手袋)
1、フタや手洗い部を取り外し、トイレ用洗剤をかける
2、歯ブラシで汚れをこすって落とす

トイレタンク内にはさまざまなパーツがあります。洗剤やブラシを使用するのが不安な場合には、トイレタンク用の洗剤を利用するのもおすすめです。

換気扇・天井

ホコリが溜まりやすい換気扇や天井は、高い場所にあるので掃除を怠ってしまいがちです。ホコリがカビや雑菌の繁殖を助けないようにしっかりとキレイにしておきましょう。以下に換気扇および天井の掃除方法を記載しているので参考にしてみてください。

掃除を行う際は事前に下記のアイテムを準備しておきましょう。
(掃除機・雑巾・ブラシ・ゴム手袋)

1、換気扇のフィルターや天井のホコリを掃除機で吸い取る
2、換気扇のフィルターや天井のホコリを除菌シートで拭く
3、換気扇の内部が汚れている場合には、ファンを取り外して丸洗いする
4、丸洗い後は、しっかりと乾燥させてから元に戻す

また、尿が原因で発生するアンモニアのにおいも上へあがる性質があります。嫌なにおいを取り除くため、換気扇や天井もこまめに掃除するのがおすすめです。

トイレの掃除用具

便器や壁、天井、換気扇だけでなく、トイレを掃除するための用具にも汚れは溜まります。特にトイレ内に設置しているブラシケースには汚水が溜まりやすく、においの原因になる可能性があるので注意しましょう。

以下にトイレ用のブラシケースを掃除する方法について記載しているので、参考にしてみてください。

掃除を行う際は事前に下記のアイテムを準備しておきましょう。
(歯ブラシ・トイレ用洗剤・雑巾・ゴム手袋)

1、ケース内部に溜まっている汚水を捨てる
2、歯ブラシや雑巾、洗剤を使って掃除する

ブラシケースを掃除する手間を省きたい場合には、使い捨てブラシの利用もおすすめです。また、保管時に溜まった汚水にブラシが触れると雑菌が繁殖するので、なるべく底の深い製品を選択するのもポイントです。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

掃除をしても悪臭が消えない場合の原因は?


便器・便座・タンク・床・壁・換気扇などを掃除しても、トイレの悪臭が消えない場合には、汚れが原因でない可能性があります。汚れの蓄積が原因でカビや雑菌が繁殖している場合は、自分でも比較的簡単に対応ができます。

特に排水管がつまったり水漏れが発生している場合には、専門業者に相談する必要があるので注意しましょう。以下の項目では、便器内の封水不足や排水管のつまりによって悪臭が発生している場合の解説を記載しています。

トイレを定期的に掃除しているにもかかわらず、嫌なにおいを感じた場合には参考にしてみましょう。

封水の不足

便器内に常時溜まっている封水は、下水管から虫が侵入したりにおいが上がってくるトラブルを予防する役割を担っています。封水が不足して水位が下がると、トイレ内をどれだけキレイに掃除してもにおいは解消されません。

封水の正常な水位は普段から確認しておくのがおすすめです。水位が下がっていることに気づくのが遅れると、においトラブルの原因特定も難しくなってしまいます。また、旅行や出張で長期間家を空け、トイレを使わなかった場合にも注意が必要です。

蒸発によって封水が減少し、下水管から上がってくる嫌なにおいの侵入を許している可能性があります。帰宅後にトイレで悪臭がした場合は、封水が充分にあるか確認してみましょう。封水の水位減少は、排水管のつまりが原因で起こる場合もあります。

排水管のつまりは、においだけでなく深刻なトラブルにつながることがあるので、早急な対処が必要です。封水の水位をチェックしておけば、排水管のトラブルをいち早く発見できる可能性があります。

排水管のつまり

下水管からにおいが逆流してしまうのを防ぐ封水の水位が下がっている場合には、排水管にトラブルが発生している可能性があります。排水管がつまって封水が減少していると、次回トイレを流した際に便器から水が溢れてしまう危険性も考えられます。

また、つまりによって水が上手く流れず、排水管が破損してしまった場合には、汚水が漏れ出てしまいます。排水管自体からの水漏れはもちろん、トイレと床の境目から水が出ている場合には、排水管のトラブルを疑ってみましょう。

水漏れトラブルは、においだけでなく階下への漏水や床材の劣化を引き起こす可能性があります。排水管のつまりが疑われる場合は、早急に専門業者に連絡してみましょう。加えて、トイレ内にカビが見当たらないにもかかわらず、カビ臭さを感じる場合も注意が必要です。

排水管からの水漏れによって床下に湿気が溜まり、カビが繁殖しているかもしれません。放っておくと、シロアリまで発生する場合があるので注意しましょう。排水管のトラブルは、自分では対応できないことが多いので、水道専門の業者へ対処をまかせるのがおすすめです。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

自分で原因が特定できない場合は業者へ点検依頼がおすすめ


これまでの項目では、トイレで悪臭がただよっている場合の原因や発生場所について解説してきました。自分でにおいトラブルの原因を見つけて対応できた場合はよいですが、においがどこからきているかわからない場合には、専門業者に点検依頼をするのがおすすめです。

専門の業者に点検依頼すれば、においの原因を特定するだけでなく、対応についてもスムーズにまかせられます。点検依頼する際の注意点は、業者によって費用が異なることです。無料で見積もりできる業者であれば、においの原因特定のみであれば費用がかからない場合もあります。

ただし、点検後にトイレのクリーニングや修理、排水管のつまり解消などを依頼する場合には別途費用が発生します。排水管のつまりや水漏れは自分での解決が難しいトラブルです。費用はかかりますが、専門の業者に依頼するのがおすすめです。

まとめ


今回の記事では、トイレに嫌なにおいがする場合の原因や発生箇所、対処法について解説しました。トイレの掃除を怠ると、便器・便座・タンク・壁・床・換気扇など、さまざまな場所に汚れが蓄積します。ホコリや水垢などの汚れを放置すると、カビや雑菌の繁殖を招いてしまうので注意しましょう。

また、飛び散った尿をこまめに掃除しないと、アンモニアの刺激臭が発生してしまうこともあります。尿は長期間放置すると尿石となって汚れを落としにくくなるので、定期的な掃除を心掛けましょう。

ただし、排水管のつまりや水漏れなどによって嫌なにおいが発生している場合には、自分での対応が難しくなります。トイレで水漏れが発生すると、床材の劣化や階下への漏水、シロアリの発生など大きな問題につながる可能性もあるので、早急に対応するのがおすすめです。

複数の業者で相見積もりを取れば、適正な価格で依頼ができます。手間はかかりますが、信頼できる業者に頼むためにも見積もりは複数取るのがおすすめです。においの原因が特定できない場合はもちろん、排水管のつまりや水漏れが疑われる場合には、専門の業者へ依頼してみましょう。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する
駆けつけ修理エリアは
全国各地に展開しています

対応エリア

北海道・東北地方
四国地方
フリーダイヤル 各種お支払い方法
ページ上部へ
ページ上部へ