難聴のお客様へ
フリーダイヤル
最短20分で駆けつけ!
お急ぎの方!トイレつまりは
専門業者ですぐ解決!
  • 作業料金8,800円~
  • 最短20分駆けつけ
水のトラブルで困ったらまずはお電話ください!
0120-091-053
WEB限定
3,000円
割引
水道局指定店/
深夜・早朝でも対応!
イースマイル公式サイト TOP > トイレつまり・水漏れ・交換修理 TOP > トイレのお役立ちコラム > トイレ掃除の頻度はどのぐらいが最適? 掃除が一番楽になる頻度を解説!
トイレ掃除の頻度はどのぐらいが最適? 掃除が一番楽になる頻度を解説!:イメージ
お役立ち

トイレ掃除の頻度はどのぐらいが最適? 掃除が一番楽になる頻度を解説!

トイレは毎日使う場所なので、どうしても汚れます。ただ、実際どのくらいの頻度で掃除をすべきなのかよく分からない方も多いでしょう。そこで本記事ではトイレ掃除の最適な頻度に加え、トイレに付きやすい汚れと落とす方法を解説します。おすすめの掃除グッズや掃除負担を減らすコツも紹介しているので、最後までご覧ください。
目次
フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

トイレ掃除の最適な頻度はどのぐらい?

トイレ掃除の最適な頻度は「使用頻度」と「居住人数」で大きく変わります。ここではトイレ掃除の頻度について、具体例を挙げながら紹介します。トイレの中でも重点的に掃除すべき場所についても確認しましょう。

トイレ掃除の頻度は使用頻度に比例

当然のことですが、トイレの使用回数が多ければその分掃除が必要な頻度は上がります。

例えば一人暮らしの場合、トイレの使用回数は少ないはずです。そのため、週に1回の掃除で問題ないでしょう。

夫婦の二人暮らしや在宅勤務が多い場合、使用回数は一人暮らしの場合より多くなるため、週に2回以上の掃除がおすすめです。

居住人数が3人以上の場合、トイレが汚れるペースはさらに早くなります。できれば1日おきか、最低でも週2回は掃除の時間を確保することが必要です。

日中はトイレを使用しない環境であれば、週1回の掃除で事足りるかもしれません。ただ、日中誰かが家にいる場合などは、週1回以上の掃除を意識しましょう。

場所によって違う最適な掃除の頻度

一口にトイレといっても、場所によって汚れ度合いは変わります。汚れやすい場所は頻繁に、汚れづらい場所はたまに掃除をすることで時短につなげられるでしょう。

汚れやすい場所として「便器の表面」が挙げられます。1日で汚れてしまうこともあり、理想としては毎日簡単で良いので掃除しておきたい場所です。

トイレの「床・壁」は、便器の表面と比べて汚れづらい場所です。そのため掃除の頻度は少なく、週に1回程度でも問題ないでしょう。

「タンク内・換気扇」の掃除も欠かせません。タンクを掃除しないと、内部にカビが発生します。また、トイレットペーパーをちぎるだけでホコリが発生するので、換気扇も汚れます。汚れていることに気付きづらい場所ですが、月に1回の頻度で掃除をすることが大切です。

トイレ掃除の本当の大変さは「頻度×時間」

トイレ掃除は「頻度が少ない」=「楽」ではありません。逆に「頻度が多い」=「大変」でもありません。トイレ掃除の本当の大変さは、「頻度」×「時間」といえます。

月に1回1日かけて大掃除をするのと、毎日2~3分こまめに掃除をするならば後者のほうが楽だとイメージしやすいでしょう。

掃除の頻度が少ないと、汚れがこびり付いた状態になり落とすのに労力がかかります。そうならないためにも、場所ごとに最適な頻度で掃除をするようにしましょう。

トイレ掃除、頻度は少なくとも月1回

面倒に思いがちなトイレ掃除であっても、居住人数や使用頻度に関わらず、最低でも月に1回は行いましょう。掃除をしない期間が1ヵ月を超えると「尿石・カビ」が発生し、市販の掃除用具では汚れを落とせないケースが発生するためです。

また尿石汚れ・カビ・水垢汚れ・雑菌汚れがあるトイレは不快に感じるはずです。清潔なトイレを保つために、最低でも月に1回は掃除の時間を作るように心がけてください。

フリーダイヤル
「ホームページを見た」で3,000円割引! フリーダイヤル

まず敵を知る!トイレ掃除で防ぐべきもの

ここからはトイレの「汚れ」について解説します。汚れの特性を知り、原因を理解することでトイレ掃除に役立つでしょう。

真っ先になくしたいニオイ

トイレ掃除をする際、真っ先になくしたいのが「ニオイ」です。消臭剤・芳香剤を置けば一時的にニオイを消せます。しかし、それでは本質的な解決になりません。

異臭を放つ主な原因は「アンモニア」です。アンモニアは体内で生じ、のちに無害な尿素となるので排泄直後はそこまで臭くありません。しかし、すぐ流さず放置すると尿素は再びアンモニアへ変化します。

つまり、排泄した尿が「床・壁」や「便器表面」に飛び散ったまま放置することで、ニオイが発生するのです。後述しますが、尿石やカビも悪臭の原因となります。

黄ばみの正体は尿石

いつの間にかトイレが黄ばんでいる……。それは尿石が原因です。尿石とは、尿に含まれているリン酸カルシウムと尿素・タンパク質などが細菌の働きで結合したものです。

尿石の厄介なところは固まっていること。ブラシでこすっても落としづらく、掃除に手間がかかります。また、一度便器に尿石ができると細菌の繁殖に拍車がかかり、汚れやすくなってしまいます。

発生した尿石は除去しなければいけませんが、厄介な汚れなので尿石を発生させないようこまめに掃除をすることが大切です。

黒ずみだけじゃないカビ

最後に紹介する汚れが「黒ずみ」です。この黒ずみの正体はカビで、見た目が汚いだけではなく悪臭の発生源になります。また、カビは湿気の多い場所で繁殖します。そのため、常に水があるトイレはカビにとって絶好の場所です。

カビの厄介な特徴は、「タンク・換気扇・つなぎ目・隅」など発見しづらい場所にも発生することです。

さらにカビが成長すると胞子になり、空気中に飛び始めます。吸い込むと喘息・肺炎を引き起こす原因にもなる厄介な汚れです。

トイレ掃除の頻度と負担を減らすためにできること

ここからは、トイレ掃除の頻度と負担を減らすコツを4つ紹介します。どれも簡単なことなので、ぜひ試してみてください。

湿気がこもらないようにする

1つ目のコツは、湿気対策をすることです。湿度が高い状態を保ち続けると、カビが発生したりホコリが溜まりやすくなったりと、掃除が大変になります。また、悪臭の元にもなります。

便器内の水が湿気の原因であるケースが多いため、トイレの蓋は常時閉めるようにしましょう。また、基本的な対策として「窓を開ける」「換気扇を回す」こともあわせて行いましょう。

トイレ空間は極力シンプルに

2つ目のコツは、トイレ内を整頓することです。単純ですがトイレ内に物が多いと邪魔になり掃除が大変になります。

壁にポスターやカレンダーを貼ってある場合も注意が必要です。飛び散った尿がかかり、ニオイが移る可能性があるためです。さらに、物の上や間にホコリが溜まりやすくなります。

トイレ空間は極力シンプルにして長居しないようにしましょう。トイレで長い時間過ごすのは、健康にも良くありません。前述のとおり、トイレ内に発生したカビを吸い込んでしまう可能性もあります。

ひとりでにキレイになるグッズを使う

3つ目のコツは、ひとりでにキレイになるグッズを使うことです。手間をかけずにキレイにできるグッズは様々な種類があり、タンク内に薬剤を投入するものや、手洗い部分に設置するものなどがあります。

流すたびに薬剤が便器内を洗浄するので、掃除の効率化につながります。使用する薬剤の主成分は漂白剤と界面活性剤がありますが、より洗浄力の強い漂白剤のほうがおすすめです。漂白剤には液体・固形タイプがあり、どちらもタンク内へ投入しても問題ありません。

家族の協力を取りつける

4つ目のコツは、家族の協力を取りつけることです。理想は家族全員で掃除の分担をすることでしょう。しかし仕事や家事で忙しく、うまくいかないのが現実です。そこで、家族ができる最低限のことをお願いし、トイレを清潔に保つ協力をしてもらいましょう。

例えば「男性は座って用を足す」「掃除用具を用意しておき、便座を汚した際は自分で掃除をする」などが挙げられます。ほかにも便座に座る前に除菌シートで拭いてもらうことで、汚れやすい便座をキレイな状態で維持可能です。

前述した「トイレの蓋を閉める」「窓を開け、換気扇を回す」もあわせて家族に行ってもらえば、その分掃除の負担はグッと減らせます。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

トイレ掃除に必要な道具

ここからは、トイレ掃除に必要な道具を5つ紹介します。それぞれの用途や特徴を理解して、必要な道具をそろえましょう。

今や必携!トイレ掃除シート

今やトイレ掃除に欠かせないのはトイレ掃除シートです。トイレ内のほとんどの場所を掃除できるため、非常に便利です。

市販のもので問題ないので常備しましょう。掃除シートは使い捨てのため、雑巾とは異なり使うたびに洗う手間がかかりません。

トイレ掃除シートを購入する際は、厚手のしっかりしたものを選ぶのがおすすめです。安価な薄手のものだと一度の掃除で何枚も必要になったり、しっかり掃除できなかったりといったデメリットがあります。

家族にお願いして、用を足したあとは掃除シートを使って簡単に掃除してもらうのもよいでしょう。

家族にも使いやすいものを!トイレブラシ

2つ目はトイレブラシです。距離を取りながら便器内の掃除ができる、トイレ掃除の必需品です。様々な種類があり、立てかけておくタイプであればケース付きがおすすめです。

また、先端部分は「硬めのブラシ」と「やわらかいスポンジ」タイプに分かれます。ブラシタイプは頑固な汚れを落としやすく、毛先が固く持ちがいい一方、スポンジタイプは抗菌コーティングが施された便器で活躍します。

最近ではヘッド部分が使い捨てのトイレブラシもあり、ヘッド部分が新品なので効率よく掃除できるのがポイントです。

トイレブラシはすぐ手に取れる場所に保管し、清潔感のあるものを備えておきましょう。家族がトイレを汚したときに、自ら処理する環境づくりにもなります。

オールマイティな中性洗剤

3つ目はトイレ用の洗剤です。洗剤の種類は、酸性・中性・アルカリ性があり、おすすめは中性です。

中性洗剤は刺激がそこまで強くありません。そのため、トイレのあらゆる場所で利用できるのがメリットです。

酸性は強力で、アルカリ性はカビ・黒ずみを除去する際に活躍します。ただし、温水洗浄便座やペーパーホルダーのプラスチック部分を傷める可能性があります。

また、洗剤は「スプレータイプ」がおすすめです。広範囲にササッとスプレーでき、汚れが溜まりがちなフチ裏にも洗剤が留まりやすいため、簡単にお手入れが完了します。

あなたを守るゴム手袋

4つ目はトイレ掃除をする際に必須のゴム手袋です。洗剤・薬品を扱うトイレ掃除では、肌荒れを防ぐためにも着用しましょう。

手袋を着用することで抵抗感なく素早く掃除ができます。ゴム手袋にも様々な種類があり、時短が優先であれば使い捨てタイプがおすすめです。

すみずみのお掃除に古い歯ブラシ

トイレ掃除シートやブラシでは届きにくい場所で活躍するのが、古い歯ブラシです。例えば「便器のフチ裏・便器と床の接点・温水洗浄便座のノズル」などが、届きにくい場所です。歯ブラシは細いので、普通の掃除グッズでは届かない場所にも届きます。

注意点として、間違えてトイレに流さないことと、普段使っている歯ブラシと間違えないことに気をつけましょう。目印を付けておくと分かりやすいです。

最後の手段!酸性洗剤/漂白剤

定期的に掃除をしていれば、ここまで紹介した掃除グッズで清潔な状態を保てます。しかし、掃除が不十分な場合や行き届いていない場合、酸性洗剤・漂白剤などの強力な洗剤が必要になります。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

頻度別にみるトイレ掃除の仕方

ここからはトイレ掃除を「毎日・短時間」「毎週」「毎月」の3つに分け、それぞれの頻度ですべき掃除内容を紹介します。

毎日・短時間の掃除の仕方

トイレ掃除の基本である便座・便器は、毎日掃除したい場所です。

便器の目立つ汚れをブラシでサッと落としたり便座に付いた汚れをシートで拭いたりなど、短時間でできる簡単な内容で良いので続けることが大切です。簡単な掃除をこまめに続けることが、こびりつき汚れなどの防止につながります。

週1回の掃除の仕方

週に1回は洗剤を使って便座・便器を隅々まで掃除しましょう。床・壁・ドアも汚れている可能性が高いため、掃除シートで拭いてください。

また、ペーパーホルダー・マット・スリッパなどの備品や小物も汚れるので、あわせてお手入れします。

週に1回まとめて掃除をするのが楽な方もいますし、曜日ごとに少しずつ行った方が楽だと感じる方もいるでしょう。性格や時間の配分に合わせて掃除のやり方を変え、自分が最も楽だと思う方法で行うことが大切です。

月1回の掃除の仕方

月に1回掃除をしたい場所としてタンク内部があります。常に水が溜まっているため、カビが発生しやすい場所です。

タンク内部の掃除方法は2つあります。1つ目はトイレタンク内に専用の洗浄剤を投入する方法です。固形タイプや粉末タイプの洗浄剤をタンクに投入し、数時間放置するだけで完了するため手軽に行えます。

もう1つの方法はタンク蓋を外して掃除する方法で、手順は下記のとおりです。

1.トイレの止水栓を止め、タンク内部の水を抜く
2.タンク蓋を外す
3.タンク蓋の表側と裏側を洗って水気を拭き取る
4.タンク内部の汚れに中性洗剤をかける
5.タンク内部の汚れをスポンジや歯ブラシでこすり落とす
6.キレイにしたあと、止水栓を開けてタンクに水を溜める
7.乾燥させたトイレ蓋を元の位置に戻す

タンク内部を洗う際は中性洗剤を使いましょう。洗浄力が高いからと塩素系漂白剤を用いると、ゴム製の部品や鉄製の配管を傷めてしまいます。また陶器製のタンクにヒビが入る恐れがあるため、熱湯をかけないように注意してください。

掃除をかなりさぼってしまったトイレの掃除方法

ここからは掃除を長期間さぼってしまった場合の掃除方法を紹介します。

こびりついた尿石の落とし方

しっかり掃除を行わないと尿石が便器や便座にびっしり付き、ブラシでこすっても簡単には落とせない状態になります。その場合は洗剤や薬剤を使いましょう。

尿石はアルカリ性のため、酸性洗剤の使用が適しています。

尿石の部分に酸性洗剤を塗布し、ブラシやスポンジでこすりましょう。ただし、この方法で落とせるのは付着してそこまで時間が経っていない場合に限ります。頑固な尿石汚れには「尿石専用剤」を用意してください。

広範囲に広がった頑固な尿石汚れの除去には、トイレットペーパーを使いましょう。尿石周辺部分の水気を取り、トイレットペーパーで覆います。その上から酸性洗剤・尿石専用製剤をかけ放置し、汚れの内部まで洗剤が浸透するようにすることで、尿石を分解できます。

それでも落ちない場合は、サンドペーパーで削る方法があります。しかし、便器本体を傷つけてしまい、修理が必要になる可能性もあるので要注意です。

室内を覆ってしまったカビの落とし方

カビは時間が経過することで、こするだけでは取れない汚れに変化します。また、カビは「床・壁・タンク内・窓枠・換気扇」と様々な場所に発生する厄介な汚れです。ここからは、場所ごとにカビの落とし方を紹介します。

床・壁

床や壁に付いたカビは、中性洗剤を使い落としましょう。タンクの後ろ側などは届きにくい場所なので、伸縮モップを利用すると便利です。

タンク内

前述のとおり、タンク内はトイレタンク洗浄剤を投入してカビを落とします。数時間放置すると、タンク内の汚れが取れます。ただ、この方法では水に浸かった部分しかキレイになりません。

そのため、タンク蓋を外しての掃除も必要です。注意点として、タンク蓋を外す前に必ず「止水栓」を止め、水が流れ出ないようにしましょう。

蓋を外したら、中性洗剤を使ってタンク内のカビをスポンジや歯ブラシでこすります。タンク蓋の裏側もカビが付いているケースがあるため、忘れずに掃除しましょう。

窓枠

窓枠に付いたカビ落としには、ウェットティッシュ(アルコール成分有り)を利用しましょう。それでも落ちない場合は「カビ取り剤」や「重曹+クエン酸」を使います。

カビ取り剤を使う際は、キッチンペーパーなどにカビ取り剤を含ませてカビ部分に貼ります。カビを取り除いたあとは、カビ取り剤が残らないように窓枠部分を水拭きすることも大切です。

カビ取り剤の種類によっては窓枠が変色する可能性があるため、使用しても問題ないかあらかじめ確認してください。

換気扇

換気扇の場合、布で乾拭きするだけでもカビを落とせます。乾拭きだけで取れなかったカビは「カビ取り剤」や「重曹+クエン酸」を使って落としましょう。

壁紙やタンクなどは塩素系のカビ取り剤が使えないケースがあり、その場合もカビの除去に「重曹+クエン酸」を活用できます。

トイレ掃除で落ちない頑固な汚れは業者に依頼も

自分だけではどうしようもない汚れがトイレに付いている場合は、専門の業者にクリーニングを依頼することを検討しましょう。

汚れを長期間放置したトイレは、一般の方では手に負えません。また、専用の掃除機器がないと手が届かない部分もあります。プロにクリーニングを依頼することで、隅々まで徹底的に清潔になることが期待できるでしょう。

トイレの汚れをそのまま放置することで、カビが発生し人体に影響が出る恐れもあります。一度プロにしっかりとクリーニングしてもらい、以後はこまめに掃除することを心がけるとよいでしょう。

まとめ

トイレ掃除の頻度は使用環境によって大きく変わります。トイレ内の場所によって汚れる度合いは変わるため、それぞれ適した頻度で掃除をすることが大切です。

また、そもそもトイレを汚さない環境作りも重要です。汚した場合はすぐに処理することで、こびりつき汚れを防げます。掃除は、汚れに応じた掃除グッズや洗剤を選んで効率的に行いましょう。長期間放置したトイレはプロにクリーニングを依頼することも選択肢の1つです。

トイレ掃除は週1回、最低でも月に1回は行うことをおすすめします。とはいえ実際のところは、2〜3分程度の時間を取って毎日掃除するのが最も楽な方法です。頑固な汚れを発生させないよう、こまめな掃除を心がけましょう。

フリーダイヤル
24時間・365日対応の
イースマイルに相談する

駆けつけ修理エリアは
全国各地に展開しています

対応エリア

北海道・東北地方
四国地方
フリーダイヤル 各種お支払い方法
ページ上部へ
ページ上部へ